08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山サーベリング釣行 ~超短時間、時合を狙い撃てっ~ 


 最近このパターンが多くなってきている。歳を重ねると目覚めが早くなると言うが、これがそうなのかどうか分からないが、足が異様にモゾモゾして気持ち悪くて、思わず目が覚める。片目を開けて、時計を確認すると午前3時30分。まさか平日のこんな早朝から釣りに行くバカはおるまい。しかもまだ1週間が始まったばかりの火曜日。今週を乗り切るためには、まだまだ体力の温存が必要だ。布団を抜け出したついでに、念のため、あくまで念のため、ほんの参考のためにと、パソコンを立ち上げて、天気と潮汐を確認する。晴れ、ほぼ無風、中潮、新月に向かう月齢、満潮からの下げっぱな、そして夜明け。完璧な時合が到来しつつある。ほんの5秒ほど、心の葛藤をしてから、素早く身支度を整えて、釣り道具を引っ提げて、車のエンジンを始動して、まだ夜の支配が続く街中を駆け抜ける。バカである。我ながら本当にバカである。


01-P9270262.jpg
 午前4時30分、釣りを開始する。徹夜で太刀魚を狙っているという、(時間ならなんぼでもありそうな)年配の方々に話を伺うと、昨日の夕方から太刀魚の反応が全然無かったものの、たった今、本当に今、太刀魚が餌に反応し始めて、時合が到来しているとのこと。ヘッドライトの光の線が交錯して、そして太刀魚がギラギラ踊っている。”ホンマにええタイミングに来たなぁ~”っと。狙い通りである。

 第一投目を投じる。すでに太刀魚の活性が高まっていると判断して、5秒だけジグを沈めてゆったりとした動作で、かつロッドをシャクる時には鋭く、緩急をつけて、表層を意識してジグをスライドさせる。いきなりの痛烈なバイト。ロッドにガツンっと衝撃があり、合わせを入れるものの、すぐにフックアウト。もしくは、そもそもフックアップしていなかったのかも知れない。幸先が良い。まだ太刀魚は沖合を回遊しているということが判明し、ジグを遠投したうえで、表層を意識してジグを操作する。惜しいバイトがあるも、なかなか乗らず時間がズルズルと過ぎる。既に午前5時を過ぎている。トレースするレンジを変えながら、太刀魚の泳層を探るべく、粘り強く、ロッドをシャクる。表層をスライドするジグに、グンッと鋭いバイト。素早くフッキングを入れると、ググググ・・・っと太刀魚の引き。一気に引き寄せて、まずは1本目。


02-P9270264.jpg
 餌釣り師もポロポロと太刀魚を上げている。今日は平日のため、釣り師の数が少なく、それ故にジグを投じる方向も、多少は融通が効く。薄っぺらいイチゴショートぐらいの鋭角の隙間で、ジグを投じては、シャクリを続ける。ジグを遠投して、5秒、シャクリを開始して、10回目ぐらいのスライドで、グググ・・・っとバイトあり。素早くフッキングを入れて、一気に寄せて抜きあげる、1本目も2本目も、シングルのリアフックが下顎を完全に捉えている。ダブルのアシストフックよりも、フックアップの確率が高いように感じる。


03-P9270266.jpg
 夜が明けてきた。惜しいバイトが何度かあるが、なかなか乗らず。餌釣り師達のロッドが曲がる頻度が明らかに少なくなってきている。そろそろ時合が終了したかと思いながら、3投目の”最後の一投”。少しレンジを下げながら、丁寧にシャクリを続けていると、ゴンッっと明確なバイト。一気にフッキングを入れて、あとは一気に巻き上げる。本日3本目。午前5時30分、時合が終了したと判断して、素早く撤収。山から緩やかに流れてくる空気が冷たくて気持ちが良い。清々しい火曜日が始まった。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年9月27日(火)午前4時30分~5時30分
 潮回り:中潮、下げっぱな
 天気:時れ、気温:21~24度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 3本(F3)

■使用タックル
(1)サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
 ・Cultiva D-AX 15g
 ・JACKALL Booster Head 10g、14g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
 ・JACKALL EZ Dart 3inch、3.5inch(Clear Silver Flake、Pink Silver Flake)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20160927.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山中華そば探訪(31) ~福井食堂~ 

01-P9250255.jpg
 本日のランチはこちら。繁華街がある”ぶらくり丁”の中の猥雑な店に囲まれつつ佇んでいる正統派な雰囲気が漂う昔ながらの食堂。繁華街や商店街が近くにあることもあって、周囲には大きな規模の駐車場がある。これらの駐車場は、30分50円、60分100円と非常に安いので有難い。

福井食堂
 住所:和歌山県和歌山市新雑賀町71
 電話:073-433-4722
 営業:11:00~20:30
 休み:火曜


02-P9250245.jpg
 早朝から太刀魚釣りに繰り出していたこともあり、正午を待たずして既に空腹なので、午前11時の開店後すぐに暖簾をくぐってみると、少し気恥ずかしい一番乗り。店内は広くて、古い雰囲気ながらも清潔感があり整理整頓が行き届いている。店の奥のショーケースには、良心的な価格の小皿料理が豊富に並んでいて、何とか貴族のようなチェーン店系の居酒屋よりも、遥かに安くて、美味そうな料理が揃っているので、少人数の飲み会の場としては、こちらの方がイイのではないかと思う。


03-P9250242.jpg
 壁には、麺類、丼物等の短冊がズラリと並んでいる。これらを気にしながらも中華そばを注文する。


04-p9250241.jpg
 短冊や壁に貼り付けられたメニューに、チャーシューメンが無く、お店の方に”中華そばの叉焼増しって出来ますか?”と尋ねると、”あっ、チャーシューメンねっ。出来ますよっ”と気軽に応じて頂けるのであります。中華そばが550円で、叉焼増しは200円。


05-P9250248.jpg
 「中華そば、叉焼増し」750円。”うちらは和歌山中華そばの老舗です”的なお店とは異なり、ちゃんと蓮華もお茶も出して頂ける。たとえ中華そばが庶民の食べ物と言えども、特に1000円近くの料金を取る店なんかは、客商売なので是非とも蓮華とお茶(もしくは冷水)ぐらいは(三田のアウトレットのフードコートみたいに広いと別だけど)店側で出して頂きたい、また当店を見習って頂きたい、と力強く思いながら、いざスープを啜らん。豚骨と鶏ガラがベースになっているものの、鶏ガラと醤油が前面に出ていて、豚骨の香りは奥深くに漂う感じ。胡椒が効いていて、濃いめの醤油と相まって、輪郭がくっきりとしている。美味い。メンマは少し癖があるが、”うそっ、冗談でしょ?”的な本数ではなく、太くて良い歯応えのものが10本近くも入っていて、もう脇役とは言わさんぞ、と言わんばかりである。


06-P9250249.jpg
 お次は麺。中細のストレート麺で、茹で加減はやや柔らかめであるが、温度の高いスープに負けず、最後までしっかりと適度な硬さを保っている。この麺、スープと良く絡み、麺自体にスープの味が付いているのではないかと錯覚するほど。ツルツルと喉越しが良い。


07-P9250253.jpg
 お次は叉焼。肩ロースの叉焼でやや厚めに切られたものが7枚。脂身が皆無で、もしやボソボソ叉焼ではないかと不安が過るが、やはり確かに同系列のモソモソ叉焼ではあるものの、塩味が効いていて、何故か甘い柔らかい味もして、咀嚼を繰り返すと、豚肉の野性味ある味がグイグイと絞り出され、ジワァ~っと染み出てくる感じで良い。脂身の多い叉焼を食べるとすぐに気持ちが悪くなる胸焼け野郎(私のことです)には、ちょうど良いのかも知れないが、でもやはり厳しく過酷な漁労の後は脂身が欲しいのであります。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:福井食堂
「チャーシューメン」
 ◇お値段:750円
 ◇トッピング:叉焼、ワケギ、メンマ、蒲鉾
 ◇麺:中細ストレート
 ◇スープ:くっきり豚骨鶏ガラ醤油
 ◇叉焼:豚肩ロース叉焼7枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:繁華街にある老舗の食堂
--------------------------------------------------------------------------------

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

和歌山サーベリング釣行 ~攻略の糸口は見えず~ 


01-P9250233.jpg
 午前3時、アラームの音とともに起床。昨日が猛烈な睡眠不足であったこともあり、遠足前のちびっ子のように寝付けなかったり、心躍り過ぎて変になったり、早く目が覚めるようなこともなく、予定どおりの時刻に静かに目覚め、そして素早く準備を整えつつも、鍋から細い滝を落として珈琲を煎れて、そのマグカップを片手に車に乗り込む。道中でガソリンを給油したり、コンビニに立ち寄ったりしつつ、午前4時頃に現地に到着。潮汐予測によれば、夜明けの時間帯に潮が下げている状態とのことで、それほど状況は悪くなさそうである。

 夜通しで太刀魚を狙っていたであろう釣り師が複数いる。左右に声をかけてから、間に入れてもらい、まずはパンを齧って、珈琲を啜って、達人の域に達したかの如くの落ち着き具合で海を眺める。先行者に聞くと、真夜中(恐らく満潮からの下げっぱな)に一瞬だけ時合があったが、あとはサッパリとのこと。本当の達人では無いので、早くも焦りを感じつつ、とにかくジグを投げ入れてはシャクリを繰り返す。餌組もルアー組も誰しもロッドは曲がらず、刻一刻と時間が過ぎる。


02-P9250235.jpg
 黒い山の稜線の上に、分厚い鉛色の雲が覆い被さり、そして数分後には大粒の雨。レインジャケットのフードを被って、パタパタと頭を打つ雨音を聞きながら、シャクリを繰り返す。バイトは無い。東の空が明るんできた。既に午前5時を過ぎている。ようやく、餌釣り師の電気ウキに反応が出て、ロッドが空を切りながら高く持ち上がり、大きな円弧を描いて、そしてサーベルがギラギラと舞う。ジグを遠投して、10秒沈めてから、控えめのワインドでジグを左右にスライドさせながら太刀魚を誘う。約50回ロッドをシャクると、同じく約50回リールのハンドルを回すと、ケミホタルの光が足元に見える。約30回、ロッドをシャクッたところで、ゴンッ・・・グググ・・・っと太刀魚の明確なバイト。素早くロッドを立ててフッキングを入れる。ようやくの1本。

 周囲の餌釣り師は、ポツポツ釣れているが、ルアー組は苦戦している。手前で明確なバイトがあるも、あぁ無念、フッキングが上手く決まらず。時合は、僅か30分ほどで終わり、皆の動きが緩慢となり、そして夜が明けて新たな1日が始まった。思わず、餌釣り(引き釣り)に移行しようかと心が揺らぐが、もう少し、今の釣りを頑張ってみよう。


03-P9240231.jpg
 昨日の夕方に空を見上げると、飛行機雲が空を大きく横切って二分していた。雨の兆候であったのか。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年9月25日(日)午前4時15分~5時45分
 潮回り:長潮、下げ
 天気:曇り時々雨、気温:21~24度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 1本(F3)

■使用タックル
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
 ・Cultiva D-AX 15g
 ・JACKALL Booster Head 10g、14g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
 ・JACKALL EZ Dart 3inch、3.5inch(Clear Silver Flake、Pink Silver Flake)
04-P9250236.jpg

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20160925.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山中華そば探訪(30) ~幸龍創房~ 

01-P9240221.jpg
 本日のランチはこちら。和歌山城の西側、和歌山県庁の近くにあって、しかも国道24号沿いにあるので、さぞ分かりやすかろうと思いきや、お店の前に遠慮なく横断歩道が重なり、見事な死角になっていて、相当な注意力を払っていないと、いとも簡単に通過してしまい路頭に迷う。

幸龍創房(こうりゅうそうぼう)
 住所:和歌山県和歌山市雑賀屋町東ノ丁64
 電話:073-424-3611
 営業:11:00~18:00
 休み:日曜、祝日


02-P9240223.jpg
 平成28年6月に開店した新進気鋭のラーメン店。可愛らしい女性の店長さんと店員さんの二人で切り盛りされている。和歌山では珍しく、味噌ラーメンを売りにしているとのことで、看板メニューは”海老味噌ラーメン”。この時点で、おやっ?北海道っぽいな・・・、新千歳空港のラーメン屋が軒を連ねているところに海老押しのラーメン店があったぞと思いきや、店内になるラーメン雑誌で当店が紹介されていて、それによると”本場、北海道で単身修行し、地元和歌山では珍しい味噌ラーメン専門店をオープン”とあり、なるほどなぁと一人で関心するのである。


03-P9240211.jpg
 店内は、落ち着いたボーカル重視の洋楽が流れていて、およそラーメン店とは思えぬオシャレな雰囲気が漂っている。女性が一人でも入りやすい雰囲気をコンセプトにされているらしく、なるほどBARのようでイイんじゃないでしょうか。しかし、あまりに女性や恋人達ばかりになると、オヤジ系一人では入りずらくなるので、やや困るなと一抹の不安を抱きつつ、静かに待つ。
 確かに、いかにも和歌山中華そば然とした薄汚い店も趣があってさぞ宜しいが、知らぬオッサンやオバサンと肩を寄せ合って啜るラーメンンは、なんだか侘しさが倍増して宜しくなく、ましてやカップルでとなると更に宜しくないので、近頃、このような小奇麗なお店が流行るのであろう。でも、美味しくなければ話は別ですが。


04-P9240212.jpg
・・・だそうです。注文は、入り口付近の券売機で購入して、チケットを渡すシステム。


05-P9240214.jpg
 「味噌チャーシューラーメン」950円也。まずは蓮華で心静かにスープを掬い、そして啜る。豚骨ベースに甘めの濃厚味噌が懐深く構えていて、時間差で唐辛子のピリ辛が程よく刺激を与えてくれるので、蓮華の上下が止まらなくなってしまう。器の底には擦ったゴマが待ち構えていて、更には豚肉ミンチを甘辛く炒めたものも器の底に隠れているので、これらを混ぜ合わせながら再度スープを啜ると、奥深さが増して、呼応して美味さが増してたまりません。シャキシャキした青葱の清涼感、昆布の旨味が凝縮されたかのような瑞々しいメンマがサクサク絶妙に融合している。とある中華そば店のような、メンマ2本・・・みたいなことはなく、トッピングの脇役どころか主役になれるんではないか、と思えるほどの存在感であります。


06-P9240216.jpg
 中細のストレート麺。濃厚なスープに良く絡んで、麺自体のモチモチ感も相まって、美味い。麺の分量はやや多めなので有り難い。


07-P9240217.jpg
 お次は叉焼。ロース肉の叉焼であろうか、見た目に脂身は無いが、赤身の間にサシが入っているのか、噛み締めるとシットリしていて豚肉の旨味がジュワジュワ出てきて、濃厚なスープとのコントラストが秀逸。塩味も適度に効いている。欲を言えば、チャーシューメンと銘打っているので、しかも夏目漱石さん1枚を投げ打つ高級ラーメンなので、もう少し、叉焼の枚数を奮発して頂きたく候。もしくは安くして頂きたく候。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:幸龍創房
「味噌チャーシューラーメン」
 ◇お値段:950円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、メンマ、玉子
 ◇麺:中細ストレート
 ◇スープ:ピリ辛濃厚豚骨味噌
 ◇叉焼:ロース叉焼5枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:非常に美味い。お値段がもう少し安いか、叉焼の分量が多ければ★4つ。
--------------------------------------------------------------------------------

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

和歌山サーベリング&エギング釣行 ~今日も二兎を追う~ 

 土曜日の朝に早く目覚めると随分と得した気分になるのだが、またしても遠足前日の幼稚園児のように、今回は不覚にも午前1時過ぎに目が覚めてしまい、布団の中でグルグル回転しながら妄想に耽るも、なかなか眠りに就くことが出来ず。眠りの周期から完全に離脱しているらしいので、午前3時過ぎに本格的に起床。仕事のある平日は、瞼が引っ付いてどうにもならないが、何故か休日はスパッと目が覚めてしまう。本当に不思議なものである。新聞配達のバイクの音を遠くで聞きながら珈琲を煎れる。素早く準備を整えて、いざ出陣。


01-P9240196.jpg
 午前4時30分に現地に到着。昨夕から徹夜で釣りをされている強者の方々と談笑しつつ、時合を待つ。干潮の潮止まりが午前6時半頃なので、午前6時頃までが勝負になるであろう。時合までに時間があるとノンビリ構えていると、既に太刀魚の活性が高まっているらしく、電気ウキがフラフラ揺れながら、そして懐中電灯に照らされたサーベルが舞っている。脱兎の如く、釣りを開始する。昨日の反省から、なるべく早い段階で太刀魚の泳層を捉えるべく、ジグを遠投して、着水後に何秒で底に到達するかを確認したうえで、下の層から上の層へと順番に探っていく。餌釣り師達の竿は頻繁に曲がっている。焦りを感じつつも、動きが雑にならないように注意しながら、ロッドを大きく縦にシャクって、ジグを大きく左右にスライドさせる。ジグを投じて、着水後に5秒だけ数えて、ロッドをシャクるとグンッと太刀魚のバイトあるも乗らず。しかし、泳層が分かればこっちのもの。バイトを確認した周辺にジグを再度投じて、大きくスライドさせると、グググン・・・っとロッドに反動があり、今回は無事にフッキング。F3サイズ。


02-P9240197.jpg
 何度かバイトがあるも、なかなか乗らない。ワームを確認すると、鋭利な刃物で切りつけたかの如く、鋭く、そして深い傷が何本も入っている。餌釣り師の挙動も参考にすると、やはり太刀魚の泳層は表層付近まで上ずっているようだ。更に太刀魚が反応を示す場所が刻々と変わり、一度バイトがあったからと言って、その場所に固執するとバイト無縁の辛い時間を過ごすことになる。開始直後は近場での反応が多く、今は、しっかりと遠投しないと反応がない。微風を背負いながらジグを遠投して、5秒沈めてからシャクリを繰り返すと、数回のスライドで太刀魚の反応を感知するも、相変わらずフッキングに至らず。ジグを素早く回収して、バイトがあったポイントに投入して、ジグを大きくスライドさせると・・・ググググ・・・ようやく乗った。またもやF3サイズながら、嬉しい1本。その後も頻繁にバイトがあるも、乗せることが出来ず、予想した通りに午前6時頃になると太刀魚の反応が無くなったために、一旦、撤収。しかし、我ながらヘタクソである。


03-P9240202.jpg
 一昨日に見つけておいたアオリイカのポイントに移動する。干潮からの上げっぱなを狙う作戦なので、少し時間に余裕がある。車のハッチを跳ね上げて、ラゲッジルームの縁に腰かけて、ぬるくなった珈琲を啜りつつ、アンパンを齧りつつ、朝の穏やかな時間を過ごす。午前7時前、エギングを開始。海水の透明度は随分と回復したようで、偏光グラス越しに点在する岩々を鮮明に確認することが出来る。雰囲気的には最高の岩場であるが、四方八方に餌木を投じるもアオリイカの追尾を確認できず。歩いて移動しながら、餌木を次々に投じていく。小さな突堤を発見する。突堤の根元には、捨て石が敷き詰められていて、深場からのアクセスも良く理想的なポイント。捨て石の法尻に居着くアオリイカを誘い出すイメージで、餌木をしっかりと沈めてから、緩急織り交ぜつつ適宜を待つ。濃紺にぼんやりと餌木のオレンジ色が見える頃、ロッドをシャクッた瞬間に、ズンっとロッドに負荷がかかり、時間差で黒煙が漂う。ようやくの1杯。


04-P9240203.jpg
 同じトレースラインで更に1杯を追加。


05-P9240205.jpg
 先日の台風で漂流してきた木切れ等が海面に漂い始めて、餌木を操作することが非常に難しくなってきている。つまりは、潮が動き始めた証拠にもなるのだが。別の突堤に移動して、ラインにゴミが引っ掛かったり、餌木のカンナが木切れを拾ったりしつつ、消波ブロック際を悶絶しながら攻めて、何とか1杯を追加。 いまいち釣果を伸ばすことが出来ないままに、時間が過ぎ去り、更には漂流物が邪魔になり、釣りどころでは無くなってしまい、敢え無く、納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年9月24日(土)午前4時30分~6時、午前6時45分~8時30分
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温:28度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:太刀魚 2本(F3)、アオリイカ 3杯

■使用タックル
(1)サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2)エギング用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)餌木
 ・YO-ZURI、アオリーQ 2.0号(6.0g)
(2)ワインド用ワーム
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm、Glow など

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20160924.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山エギング釣行 ~欲張りに二兎(サーベル)を追う~ 



 早朝の釣果に納得が行かずに、午睡にて体力を回復したうえで、夕刻の時合を目指して、再び釣り場へと車を走らせる。温かい珈琲が恋しい季節になり、車で移動する時には、特に釣り場へと向かう時には、ボトルに入れた珈琲が欠かせなくなり、お気に入りの音楽との組み合わせで、カスカスの心がグイグイ満たされていく。


01-P9220184.jpg
 午後5時過ぎにポイントに到着する。すでに太刀魚狙いの餌釣り師が万全の体制でもって、来るべき時合を待っている。彼ら餌釣り師が、釣りの動作に入るまでは安心してアオリイカを狙うことが出来る。港外側には夕方の捕食のために回遊している太刀魚が居ると判断して、港内側の別のポイントに餌木を投入する。通常、隣り合ったポイントで、アオリイカと太刀魚が同時に釣れることは、あまり無いが、深場と浅場、もしくは港外側と港内側と言うように、アオリイカと太刀魚が競合しない場所では、二兎を追うことも可能となる。と言うことで、港内側の目ぼしいポイントに餌木を投入する。3投目、アンダースローで軽く投げて、そして沈めた餌木の後方に、アオリイカを確認する。早くも攻撃色に変わりヤル気十分である。ラインを巻き取らずに、餌木を縦の動きで大きくシャクると、二度目のシャクリの後にアオリイカが餌木に一気に詰め寄ってバイト。幸先よく、アオリイカの捕獲に成功する。

 しかしながら後が続かない。ふと周囲を見渡すと、薄暮の景色にグアニン色素に身を包んだサーベルがギラギラと舞っている。


02-P9220187.jpg
 素早くタックルを持ち替えて、ジグヘッド+ワームを遠投して、ワインド釣法にて太刀魚を誘う。餌釣り師達の赤色や緑色の電気ウキが次々に沈んでは、長いロッドが大きな弧を描き、そして不規則に揺れ動く電気ウキとともに太刀魚が舞う。焦りを感じながら、粘り強くロッドを振る。ジグヘッドを沈める深さを変えながら、太刀魚の泳層を掴もうと必死であるが、なかなかバイトが無い。表層から底までは、ジグヘッドが20秒ほどで到達するので、5秒であったり、10秒であったり、20秒であったり、7秒であったり・・・8秒であったり・・・。
 遠くにジグヘッドの着水を確認してから数えること10秒、粘り強くワインドを繰り返していると、シャクりあげたロッドがグンッと弾かれて、そして独特の重量感がロッドに乗る。素早くロッドを立てて、一定の速度でリールのハンドルを巻きつつ、丁寧にやりとりをすると念願の太刀魚が舞う。サイズはF3であるが、嬉しい1本である。

 その後に二度、”10秒の泳層”で痛烈なバイトがあり、大いにロッドが弾かれるも、太刀魚のバイトが下手くそなのか、それとも私の腕が悪いのか(どちらかと言うとこちら)、いずれもフッキングに持ち込むことが出来ずに、素早くアタリが遠のく。気が付けば、辺りはどっぷりと日が暮れて、おまけに山の稜線に黒い雲が立ち込めて、ポツポツと雨粒が落ちてきて、更なる粘りの釣りを展開しようにも、それを阻止するかの如く、大粒の雨がボタボタと落ちてきたために、敢え無く、納竿とした。


03-P9220192.jpg
 

■釣行データ
 釣行時間:平成28年9月22日(木)午後5時~7時
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温:28度
 ポイント:和歌山下津某漁港
 釣果:アオリイカ 1杯、太刀魚1本(F3)

■使用タックル
(1)エギング用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2)サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)餌木
 ・YO-ZURI、アオリーQ 2.0号(6.0g)
(2)ワインド用ワーム
・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm、Glow

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20160922.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山中華そば探訪(29) ~龍王亭~ 


01-P9220183_20160923210738eca.jpg
 ようやく辿り着いたお店がこちら・・・でした。中華料理っぽい店名にギネスの看板が不思議な印象。

龍王亭
 住所:和歌山県和歌山市美園町4-82
 電話:073-431-2086
 営業:11:30~15:00、17:00~23:00
 休み:月曜(祝日の場合営業)

 これまでに和歌山中華そば探訪に気合を入れ過ぎたせいで、昼間に営業をしてる目ぼしい中華そば店には、既にほぼ行ってしまったこともあり、いざという時の応用が効かない状態になっている。今日、まずは”伊佐味”と言うお店に向かったものの、店の扉には”しばらく休みます”との趣旨の張り紙。ならばと車のアクセルを吹かせて”中華そばのぶちゃん”へと向かうも、店を目の前に見ながらJRの線路に遮られ、ようやく見つけた踏切も一方通行のため対岸に渡ることが出来ず、止む無く、ぐるぐる大きく迂回して、ようやく”のぶちゃん”を発見するも、後少し(距離にして5m)のところでまたもや一方通行の壁。この際、無理にでも行ってしまおうかと思った矢先に、絶妙なタイミングでパトカーが登場して、スピーカーを使って”え~、この先は通れません、一方通行でぇすっ”と交通ルールに則ったごもっともなご指摘を頂きまして、無念の撤収をする羽目になり冒頭の言葉へと繋がる訳であります。危うく、交通ルール違反で捕まってしまうところだったので、良しとせねばなるまい。


02-P9220176_20160923210740ef4.jpg
 時刻は12時過ぎ。2人掛けと4人掛けのテーブル席がそれぞれ2卓とカウンター席がある。店内をやや雑然としていて、よく言えばアットホームな雰囲気、悪く言えば単純に片付いていない印象。


03-P9220177_20160923210741907.jpg
 和歌山中華そばの店には無いメニューがある。特筆すべきは”学生ラーメン”と”ギネス”。


04-P9220178_20160923210742a61.jpg
 「チャーシューメン」820円也。いつものように、まずはスープを啜る。鶏ガラと豚骨の合わせスープで、塩分は控えめで、存在感も控えめ。モヤシを炒める際に使用したサラダ油であろう匂いが妙に前面に出ていて違和感がある。スープの温度は高め。店主の方が、非常に人懐っこくて、あれこれと話をしてくれるのは良いが、食べることに集中できずにやや困る。


05-P9220181_20160923210744ab8.jpg
 お次は麺を啜る。中細のストレート。程よい茹で加減で、ツルツルと気持ち良く啜れて、噛み応えも良い。スープが薄いせいか、スープとの絡みはあまり良く無いような印象。


06-P9220182_201609232108483ff.jpg
 そして叉焼。やや厚切りのものが5枚。割箸で掴むと、そのしっかりとした状態が良く分かるが、一気に口に放り込むと、腿肉なのか脂身は皆無で、赤身主体で鶏肉(胸肉)に似た食感でモソモソとしている。程よく塩分が効いている。脂身の多い濃厚叉焼を食べると、直ちに胸焼けする向きの軟弱者(私のことですが)には、ちょうど良いのかも知れないけれど、やはり少しは脂身が欲しいなぁと思うのであります。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:龍王亭
「チャーシューメン」
 ◇お値段:820円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、モヤシ
 ◇麺:中細麺ストレート
 ◇スープ:輪郭ボンヤリ鶏ガラ豚骨
 ◇叉焼:モソモソ腿肉叉焼
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:お粥のようなラーメン
--------------------------------------------------------------------------------

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

和歌山エギング釣行 ~迷い、太刀魚に翻弄され~ 


 ふと目が覚める。時計を確認すると午前3時過ぎ。普段なら1分ほどで再び深い眠りに引きずり込まれるところ、右へ左へ寝返りを打ちつつ、あれこれ妄想して、こんな時に限って仕事でやり忘れたことをピンと思い出し、でも明日になったら完全無欠に忘れているんだろうなと思いつつ、時計を再度確認すると午前4時。眠るのを諦めて、歯を磨き、顔を洗い、潮汐を確認し、天気を確認して、熱々の珈琲を煎れて、素早く着替えて、釣り道具を車に積み込んで、いざ出発。朝の冷たい空気に、珈琲の香りが揺らめく。

 午前5時、某漁港に到着。数日前の台風の影響で海水が濁っている。過去の実績ポイントに素早く餌木を撃っていくが、開始早々にライントラブルに見舞われ、早くも膝をつく。PEラインを30mほど無駄にしてしまい、更にはショックリーダーを結びなおす羽目になり、ゴソゴソやっているうちに、ふと夜空を見上げると既に東の空が明るんできている。著しくテンションが下がる。一番の時合に何をやっているんだか。辛うじて気を取り直して、釣り進む。先行者に様子を伺うと、太刀魚が好調とのこと。小さなボックスに1本だけ忍ばせておいたワインド用のジグヘッドを取り出して、エギングからサーベリング方面へと素早く変更する。活性の高い太刀魚がウロウロ回遊しているとなれば、獰猛なアオリイカと言えども遠慮せざるを得ない。


01-P9220153.jpg
 ジグヘッドを投じて、ボトムまで沈めてから縦のシャクリで上下左右に大きくスライドする躍動感ある動きを演出する。明確なバイトが何度もあるが、上手く乗せることが出来ず。一度だけフッキングに成功するも、途中で痛恨のバラシ。メタルジグに変更して、広範囲を攻めてみると、こちらでも何度か痛烈なバイトがあるも乗せることが出来す。海面では、小型のフィッシュイーターが賑やかに動き回っていて、小さなベイトがザザザッと逃げ回っている。まさに時合か。我がロッドにも遂に躍動感が・・・っと思ったら、やけに軽い。何たることか、鯵のスレ掛かり。精根尽きて、別の場所に移動する。


02-P9220169.jpg
 急峻な地形の山肌には、濃緑のミカンがたわわに実っている。私が子供の頃には、甘さを十分に備えつつ、それと対峙するかの如くの鋭い酸味を併せ持った緑色のミカンが売られていたが、最近は、めっきり見かけなくなってしまった。ミカンの産地である和歌山であれば、店頭で、もしくは道端で、そんなミカンに出会えるかも知れない。


03-P9220171.jpg
 山の斜面にへばりつくようにして、緑の木々の隙間を縫って移動することが出来るトロッコ。


04-P9220154.jpg
 場所を移動して午前7時に釣りを再開。餌木を追い風に乗せて遠投して、25秒ほどじっくりと沈めてから、縦のシャクリから開始して、ラインを半分ほど回収したところでトゥイッチングに変える。偏光グラス越しに、2杯のアオリイカが餌木を追尾している様子を確認する。そのうちの1杯の体色が攻撃食に変わりつつあるが、警戒心が強く餌木との距離を一定に保っている。体色の明滅を見ていると、まだチャンスはありそうだ。一度、餌木を回収してから、再度、ピッチングでアオリイカの奥に投じて、柔らかくリアクションを入れると、体色が白色から黒色に変わり、戦闘態勢に入ったと同時に、オレンジ色の餌木が、スッとスライドする。その瞬間を逃さずにフッキング、と同時に黒煙が広がる。幸先よく1投目でアオリイカの捕獲に成功する。


05-P9220157.jpg
 餌木を投じる方向を変えて、アオリイカの反応を伺う。シャローエリアに投じた餌木を10秒ほど沈めたところで、ラインに違和感。リールのハンドルを回しながら様子を伺うと、グィンっと引っ張られるようなバイト。素早くロッドを立てて、フッキングを入れる。早くも2杯目のアオリイカ。これで流れに乗ったかと思いきや、2度の惜しいバイトがあるも、フッキングのタイミングが合わず、海中に盛大な黒煙を残して、見事に撃沈する。


06-P9220159.jpg
 空は鈍色に変わり、小さな雨がポツリポツリと落ちてきた。潮が止まり、これぞ潮時と判断して納竿とした。その後、2時間ほどかけて、新たなポイントを開拓した。沖合に良さそうな岩が点在している見るからに良さそうな雰囲気であるが、台風の影響で岸際に大量の漂流物が押し寄せており、これらが無くなる頃に再訪すれば好機は訪れよう。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年9月22日(木)午前5時~6時30分、7時~8時30分
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温:24~28度
 ポイント:和歌山下津某漁港、某突堤
 釣果:アオリイカ 2杯(全てリリース)

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)餌木
 ・YO-ZURI、アオリーQ 2.0号(6.0g)
 ・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)
 ・YO-ZURI、アオリーQ RS 2.0号(改)
 ・YO-ZURI、アオリーQ RS 2.0号(8.6g、沈下速度 3秒/m) など
07-P9220162.jpg

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
08-20160922.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山ラーメン満足度ランキング 

和歌山ラーメン満足度ランキング

【なぜ故に】
 平成28年4月から仕事の都合で和歌山市に単身赴任することになり、止む無くと言うよりも、必然的な流れで”和歌山中華そば”を啜る機会が度々訪れて、その際に、特に地元の人達は、それぞれ贔屓にしている中華そば店があり、またその嗜好や趣のベクトルが様々であることが分かり、ならば折角の機会と捉えて、自分好みの和歌山中華そばを発見すべく、神戸に戻らない週末を利用して色々な店を探訪することにした。週に1回の頻度で探訪すれば、年に50店舗ほど足を運ぶことが出来る計算になる。和歌山市観光協会が配布するパンフレット”中華そばとラーメン食べ歩きマップ”によると、和歌山市内に50店舗ほどあるらしく、更に和歌山市に隣接する紀の川市、岩出市、海南市等にも複数店舗あるとの情報を含めると、1年以上は探訪を楽しむことが出来る。
 巷の評価が高い老舗で”和歌山中華そば”を最初に食べた時には、美味さのツボを理解することが出来ず、頭に?マークが並んでいたが、何度も食べることで、美味さの方向性が少しずつ分かってきたような気がする。和歌山市における単身赴任生活が複数年に及んだ場合、1つの店に複数回、足を運ぶことが出来るので、そうなると自身の味覚の順応や新たな発見などによって、満足度は変わるのかも知れない。そんな変化も楽しみたいと思う。

和歌山市観光協会「和歌山中華そば・ラーメン」
http://www.wakayamakanko.com/gurmet/grumet1.html

【評価の考え方】
 下記の評価は、あくまで”満足度”であるので、単純にラーメンの美味さだけを評価しているものではない。いずれのお店でも、真剣勝負で心を込めて1杯のラーメンに入魂されていることは一目瞭然である。ド素人が評価するのは誠に僭越ではあるものの、旅行や出張などで和歌山を訪れた方が、複数ある店舗から1杯を選ぶのは至難の業であるに違いなく、確かに世には食べログなどの情報が溢れていて、それを見ればある程度の良し悪しの判断はつくと思うが、それらの情報は、先行する評価に流されて評価が重なっている向きが否めない。和歌山市に住んでいるという地の利を活かして、老舗であるとか、食べログで評価が高いとか、雑誌の特集で頻繁に紹介されているとか、そのようなノイズを排除して、ニュートラルな状態で評価をしてみるとどうなるか。やはり食べログの評価と似たような結果になるのか。味はもちろんのこと、それに見合う価格であるかどうか、店の雰囲気、居心地の良さ、店員の接客、盛り付け、清潔さなど、実際に店に足を運んで、スープを啜り、麺を啜って、叉焼を噛みしめて、器の底を確認してから、自分の感覚で満足度を★の数で評価しているものなので、”世間の評価と異なるではないか”、”もっと評価が高いはずだ”、”そもそも和歌山中華そばを理解していない”などのご意見が多々あるのは百も承知であるが、これはあくまで”オレスタ的”に私が勝手に評価したものなので、悪しからず。

【弱めのポリシー】
 各店様々なメニューがあると思われるが(実際には、老舗の和歌山中華そばのお店では、頑固一徹なのか問答無用なのか味のバリエーションは1つだけの店が多く、サイドメニューとして早寿司、茹でたまご、おでんが用意されていることもある)、なるべく一定の評価がしたいので、店側から選択を求められた場合を除いて、麺の硬さ、麺の太さ、スープの濃淡、脂の増減、青葱の調整はせずにデフォルト状態で注文することとして、一方で、各店の本気度、意気込み、サービス精神、盛り付けを分かりやすく判断する手段として、出来る限りチャーシューメン(もしくは特製中華そば、もしくは肉増し)を注文することとした。これには、我が肉体的限界との対峙となり後々後悔してしまうことになるが、サービス精神が旺盛なお店でチャーシューメンを注文すると、器一面にビッシリと脂多めの叉焼が敷き詰められており、壮観な光景にこの上ない満足感に満ち溢れるものの、食べ始めて5分、叉焼を3枚ほど食べると早くも胸焼けしてしまい、かといって入魂の叉焼を残してしまうのはとても申し訳ないと思い、眉間に皺を寄せつつ、下唇を突き出して、必死の形相で嚥下を繰り返すことになり、およそ美味いものを食べている表情とも思えぬ苦悩の旋律に見えてしまうこともあるが、まぁ全てのお店を一巡するまでは、とりあえず”チャーシューメン(特製中華そば)”で探訪する所存であります。

【評価】
 星の数が多いほど満足度が高いお店です。★の数が3つ~5つのお店については、一巡してから再訪して、もう一度じっくりと賞味したいと考えており、★1つ~2つのお店については、もう二度と訪れたくないと思う店であります。

【探訪した店の数】
・28店舗(平成28年4月~9月)



星5つの満足度!【★★★★★】

05-P5140012丸花
店名:丸花ラーメン
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-277.html
「醤油豚骨ラーメン」
 ◇お値段:650円+180円(肉増し)=830円
 ◇トッピング:叉焼、ホウレン草、白葱、海苔、うずら卵
 ◇麺:モチモチ中太麺、やや縮れ
 ◇スープ:濃厚クリーミィ豚骨醤油
 ◇叉焼:巨大肩ロース叉焼 4枚
 ◇満足度:★★★★★
 ◇その他:おろしニンニクを入れると美味さ倍増



星4つの満足度!【★★★★☆】
(探訪した順に並んでいます。)

04-P9110113清乃近鉄
店名:清乃 近鉄百貨店和歌山店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-335.html
「近鉄限定 煮干しブラック、叉焼増し」
 ◇お値段:950円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、メンマ、玉葱
 ◇麺:平打ち太麺ストレート
 ◇スープ:煮干し出汁、濃厚醤油
 ◇叉焼:脂身濃厚トロトロ叉焼5枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:濃厚豚骨スープを混ぜたいっ

04-P9100083丸美mio
店名:和歌山中華そば 丸美商店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-334.html
「特製中華そば」
 ◇お値段:780円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、蒲鉾、メンマ
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:濃厚でまろやか豚骨鶏ガラ醤油
 ◇叉焼:トロトロ柔らか叉焼7枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:味、値段、雰囲気、満足度高し

04-P9030093丸山塩屋店
店名:まるやま中華そば 塩屋店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-329.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:850円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、蒲鉾
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:うっすら豚骨くっきり醤油
 ◇叉焼:腿肉叉焼12枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:今のところ醤油系では一番旨い

04-P8070046しま彰
店名:しま彰
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
「中華そば 叉焼増し」
 ◇お値段:650円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:濃厚くっきり豚骨醤油
 ◇叉焼:細長の豚バラ叉焼6枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:価格が良心的で美味い

04-P7230131うらしま
店名:うらしま
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-313.html
「中華そば 1.5玉」
 ◇お値段:650円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱
 ◇麺:中細、ストレート
 ◇スープ:豚骨濃厚醤油
 ◇叉焼:豚バラ叉焼 3枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:無念、肉増し出来ず

04-P6190029丸大
店名:中華そば まるだい(〇大)
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-295.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:細麺、ストレート
 ◇スープ:濃厚豚骨醤油(醤油きっぱり)
 ◇叉焼:脂こってり豚バラ叉焼 7枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:珍しく替え玉あり

04-P6050040丸田屋次郎丸店
店名:中華そば丸田屋次郎丸店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-290.html
「特製中華そば」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中細麺、ストレート
 ◇スープ:まろやか豚骨醤油
 ◇叉焼:美味さ凝縮の三元豚バラ叉焼 5枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:全体のバランス抜群

04-P5050232ひしお
店名:湯浅吟醸醤油ラーメン 麺屋ひしお
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-271.html
「特選煮干し豚骨ラーメン」
 ◇お値段:720円+240円(叉焼増し)=960円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、もやし、かいわれ、豆板醤
 ◇麺:モチモチ中太麺、やや縮れ
 ◇スープ:トロトロ濃厚豚骨醤油+煮干、背脂たっぷり
 ◇叉焼:極厚豚バラ肉、脂身少なめ 6枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:次回は「紀州湯浅吟醸醤油ラーメン」を食すべし。

04-P4230008清乃有田
店名:和 dining 清乃
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-266.html
「和歌山ラーメン」
 ◇お値段:700円+250円(叉焼増し)=950円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、葱、煮卵
 ◇麺:細めストレート
 ◇スープ:トロトロ濃厚豚骨醤油(醤油濃いめ)
 ◇叉焼:厚切りホロホロ脂多め 5枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:次回は「有田ブラック」を食すべし。




星3つの満足度!【★★★☆☆】
(探訪した順に並んでいます。)

03-P9160131ラグマン
店名:ラグマン本店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-337.html
「豚骨醤油ラーメン、叉焼増し」
 ◇お値段:800円(600円+200円)
 ◇トッピング:叉焼、青葱、玉子
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:塩分強めの濃厚醤油
 ◇叉焼:脂身濃厚トロトロ叉焼9枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:麺が惜しい

03-P7240148丸京
店名:丸京(〇京)中華そば
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-315.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中太、ストレート
 ◇スープ:豚骨醤油
 ◇叉焼:薄い豚バラ叉焼が丼一面に
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:

03-P7150037アロチ丸高
店名:アロチ本家 丸高中華そば
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-306.html
「特中華そば」
 ◇お値段:900円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中細、ストレート
 ◇スープ:豚骨醤油
 ◇叉焼:豚バラ叉焼 小さいものが11枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:お値段高め

03-P7090081土屋商店
店名:中華そば土屋商店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-302.html
「肉増し中華そば」
 ◇お値段:750円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、鳴門巻き
 ◇麺:中太麺、ストレート
 ◇スープ:あっさり鶏ガラ醤油
 ◇叉焼:醤油味しっかり豚バラ叉焼 7枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:醤油好きなら和歌山ブラック

03-P6260028丸山小松原店
店名:まるやま中華そば 小松原店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-298.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:850円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ2本、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中細麺、ストレート
 ◇スープ:あっさり豚骨醤油
 ◇叉焼:薄切りロース?叉焼 8枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:懐かしい味

03-P6250072丸高六十谷
店名:丸高中華そば 六十谷店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中細麺、ストレート
 ◇スープ:豚骨醤油(醤油きっぱり)
 ◇叉焼:薄切り豚バラ叉焼 8枚
 ◇満足度:★★★☆☆(★4つに近い)
 ◇その他:おでんあり

03-P6180092山為
店名:山為食堂
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-292.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:1000円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、蒲鉾
 ◇麺:太麺、ストレート
 ◇スープ:濃厚豚骨醤油
 ◇叉焼:脂こってり柔らか豚バラ叉焼 6枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:値段やや高め

03-P6040014やぐら
店名:三代目やぐら和歌山中華そば
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-289.html
「特製極上中華そば」
 ◇お値段:700円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:細麺、ストレート
 ◇スープ:豚骨醤油
 ◇叉焼:醤油味しっかり豚バラ叉焼 6枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:生醤油にこだわりあり

03-P5290052ばり馬
店名:新和歌山ラーメン ばり馬
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-286.html
「濃にんにく」
 ◇お値段:853円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱
 ◇麺:細麺、ストレート
 ◇スープ:どろり濃厚豚骨、背脂たっぷり
 ◇叉焼:ホロホロ豚バラ叉焼 1枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:麺は”バリカタ”で注文すべし

03-P4170131楠本屋
店名:楠本屋
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-264.html
「豚そば」
 ◇お値段:750円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、葱、蒲鉾
 ◇麺:細めストレート
 ◇スープ:サラサラ豚骨醤油(醤油濃いめ)
 ◇叉焼:柔らかホロホロ薄切り 5枚
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:



星2つ【★★☆☆☆】
(探訪した順に並んでいます。)

02-P9040039丸繁
店名:まるしげ中華そば店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-331.html
「中華そば」
 ◇お値段:750円
 ◇トッピング:叉焼、青葱、蒲鉾、メンマ
 ◇麺:中細麺ストレート
 ◇スープ:ふんわり不思議系
 ◇叉焼:叉焼と言うよりかは塩味豚肉
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:良さを理解できず

02-P8100148大福軒
店名:中華そば 大福軒
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-325.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:塩分強めの豚骨醤油
 ◇叉焼:腿肉叉焼5枚
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:

02-P8080075幸太郎
店名:京橋 幸太郎
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-322.html
「幸太郎ラーメン、叉焼増し」
 ◇お値段:910円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:ぼんやり化学調味料系豚骨醤油
 ◇叉焼:細長の豚バラ叉焼8枚ほど
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:微妙過ぎる

02-P8060277味
店名:味 中華そば
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-319.html
「チャーシューメン」
 ◇お値段:810円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、鳴門巻き
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:ふんわり豚骨醤油
 ◇叉焼:細長の豚バラ叉焼5枚
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:喫煙可能なので困る

02-P7100014正善
店名:中華そば専門店 正善
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-304.html
「特中華そば」
 ◇お値段:750円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:細麺、ストレート
 ◇スープ:豚骨醤油
 ◇叉焼:豚バラ叉焼 小振りなものが6枚
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:分量かなり少なめ

02-P5280006丸三
店名:丸三(○三)中華そば
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-284.html
「特製」
 ◇お値段:750円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中細麺、ストレート
 ◇スープ:濃厚豚骨(臭い)
 ◇叉焼:豚バラ叉焼 7枚
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:なし

02-P5040193井出商店
店名:井出商店
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
「特製中華そば」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、葱、蒲鉾
 ◇麺:中細ストレート
 ◇スープ:サラサラ豚骨醤油
 ◇叉焼:薄切り脂多め 7枚
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:混雑時は避けるべし



星1つ【★☆☆☆☆】

01-P5150009丸宮車庫前
店名:元車庫前 丸宮(○宮)中華そば
http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-280.html
「中華そば」
 ◇お値段:650円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中細麺、ストレート
 ◇スープ:さっぱり豚骨醤油
 ◇叉焼:ロース叉焼 3枚
 ◇満足度:★☆☆☆☆
 ◇その他:旨みのツボが理解できず


以上

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~久しぶりの神戸港~ 


 またもや大型台風が襲来する可能性があるとの予報。祝日や連休を利用して、朝から晩まで耐久エギング釣行の予定であったが、シトシト濃密な雨に打たれつつロッドを振るのは、さすがに楽しさ半減でむしろ修行のようになってしまうため、敢え無く諦めて、その代わりに夜の神戸港へと車を走らせる。風が少し吹いているが、肌にまとわりつくような湿気を帯びているせいで、汗がジワリと染み出してくる。久しぶりの神戸港は、いつもと変りなく煌びやかな夜景に包まれている。


01-P9170145.jpg
 午後8時、釣り開始。潮汐表によれば、すでに満潮から下げの時間帯だが、満潮位付近で波打つラインが、護岸側面のコンクリートにユラユラ揺れているところをみると、まだ潮が効いていないことが分かる。上げ潮に乗って漂流し、集積したナイロン袋や木切れやペットボトルなどの夥しいゴミが数か所に溜まっていて、狙いたいポイントが制約される。ゴミを避けながら、護岸沿いをジグヘッドで攻める。サヨリの群れが海面で群れていて、スッと切れるような波紋が至るところで見える。護岸沿いに投じたジグヘッドをボトムまで沈めてから、ロッド操作でリフト&フォールを演出して魚を誘う。程なくして、微細なバイトの後にジワリと重みを感知して、ラインスラッグを取った後に、グンッとフッキングを入れる。ロッドが曲がる。底を切った後はゆっくりとやりとりをしてから、最後に引き抜く。妖艶な体色に白い斑点を身にまとったカサゴだ。


02-P9170146.jpg
 小さなバイトは頻繁にあるものの、これがなかなか乗らない。ハゼか、キスか、小メバルか。素早く、ポイントを移動しながら、次々にジグヘッドを投じるも、まだ潮の動きが悪いのか、そもそも狙いの魚が居ないのか、時間だけが過ぎていく。潮通しの良い先端部分に移動すると、湾奥にひしめき合っていた浮遊ゴミが、線になって動き出した。潮の動きが活発化している。ジグヘッドをボトムまで落とし込んでから、細かいシェイキングで誘いながら、微速で動かしていると、ツン・・・っとバイトがあり、即座にラインを張って抵抗を確認したうえで一気にフッキング。乗った。小型ながらカサゴ。


03-P9170147.jpg
 更に潮通しの良いポイントで、護岸沿いにタイトにジグヘッドを落とし込み、ロッド操作を駆使して、小刻みなシェイキングを繰り返しながら、時折、”間”を入れつつ微速前進。クンッっとバイトを察知し、ラインを張り詰めると、ツーっと滑るような動き。素早くフッキングを入れると、今度はラインテンションが抜けるような動き。潮に乗って魚が走っている様子。ロッドを切り返し、ラインを一気に巻き取って、躍動感ある引きを堪能してから抜きあげると、やはりカサゴ。


04-P9170148.jpg
 同じラインを通して、久しぶりのメバル。流石にカサゴより遊泳力に優れ、フッキングの後のやりとりは、より躍動感がある。背中が張り出していて、精悍な顔つき。相変わらずボトム付近でツンツンと突っつくようなバイトが多発するも、相変わらず乗せることが出来ず。


05-P9170149.jpg
 カサゴを1匹追加。潮が動き出し、いよいよこれからか・・・っと期待するも、潮の動きが強くなると逆に魚の反応が遠のき、同時に集中力を維持することが難しくなり、素直に納竿とした。昨年の今頃の行動を確認すると、釣友とともにショアからのキャスティングでブリを捕獲すべく、毎朝、明石海峡方面に繰り出していた。ふとメールを確認すると、その釣友から今年もそのシーズンが到来したとの連絡。釣行の思い出が、季節の移り変わりを知るひとつになっている。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年9月17日(土)午後8時~午後10時
 潮回り:大潮、下げ
 天気:曇り、気温:28度、水温:27.2度
 ポイント:神戸港
 釣果:計5匹(カサゴ4匹、メバル1匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.0インチ、パールホワイト
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky (#104 Clear Green Holo)

(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0g~2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20160917.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]