06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

神戸・明石間メバリング釣行 ~春到来、水温上昇~ 


01-P4080035.jpg
 年度の切り替わりの時期は常であるが、雑多な色々なことが公私ともに押し寄せて吹き溜まり、うまく流れていくこともあれば、吹き溜まったままの状態で新たな年度に流れ込んで、何故か不思議に霧散して見えなくなるものもあるし、場合によっては膨張して大事に至るものもある。薄紅色の花弁を見上げる機会が徐々に減りつつも、ここ最近の天気が味方して、昨年よりは随分と長い間、心を癒してくれる。桜を見上げて飲み干す酒は、年度の切れ替えには相応しく、相乗効果で場を盛り上げてくれる。時折、風に揺られてヒラヒラ舞い散る花びらが視界に入ると、感嘆の声をあげつつ何故か中年オヤジが一様にセンチメンタルになるのは、酔いどれのせいか、もしくは単に重ねた年のせいか。


02-P4120080.jpg
 同じ遺伝子を持つソメイヨシノが途絶えつつあると言う。挿し木によって遺伝子を繋いできたソメイヨシノであるが、遺伝子にも”賞味期限”があるらしく、既に遺伝子が劣化して限界に達しているとか。更には遺伝子が同一であるということは、綺麗なソメイヨシノを完璧に複写することが可能である一方で、多様性の欠如が、感染症を引き起こせば、一気に拡散して壊滅に至るとか。職場に新たな風が吹き込まれた。当然ながら多様性に溢れている。前途洋々である。


03-P3260015.jpg
 「濃厚鶏白湯ラーメン」。ラーメンと言えば豚骨醤油をおいて他に無いと思いつつ、真面目にラーメン人生を歩んできたものの、我が固定観念を一気に覆すラーメンが現れた。オシャレ感を前面に出そうとしているやたらデカい器が媚びを売っている感じがして冷めた気持ちになるが、更に追い討ちをかけるように細長くて流麗なラインが特徴的なオシャレなレンゲを手に取って、心静かにスープを啜る。何たることであろうか、塩分が程良く効いていて、鶏の美味さがジュワリと舌に拡散し、そして散りばめられた胡椒が舌を絶妙に刺激する。濃厚で強力なスープが食欲を加速する。中太麺を啜ると、濃厚なスープを纏いつつツルリツルリと気持ちよく滑り込み、麺を噛み締めれば、モチモチとした食感の後に小麦の味が溢れだす。鶏肉叉焼、肉団子、煮卵ともに絶妙である。何より水菜のシャキシャキ感と清涼感が、まったりしがちな濃厚系スープをキリリと引き締めている。美味い。

麺処 こなこね
住所:兵庫県神戸市灘区桜口町4-4-3
     ウェルブ六甲道3番街3番館
 電話:078-855-2939
 営業:11:00~14:00、17:00~21:00
 休み:不定


04-P4150115.jpg
 海水温が14度に上昇し、そろそろ神戸港湾奥部にも根魚達が戻ってきているのではないかと予想して、夕暮れ時の神戸港へと車を走らせる。世間の釣果を確認すると、メバルが好調であるようだが、未だにメバルのポイントを絞り込むことが出来ず難儀している。過去の経験から、何となくメバルが好む場所は理解しつつも、そのような場所を探しきれていないことが貧釣の原因である。何より引き出しが少ないのも貧釣に拍車をかけているのだが。早々に準備を整えて、ポイントに立つ。風が柔らかく流れているが、ライトリグの操作を邪魔するるほどではない。午後10時半頃が満潮の潮止まりであり、今は潮が十分に効いている時間帯である。ジグヘッドを護岸沿いに投じて、底を取ってから微速でジグヘッドを進める。二投目。一定の速度で底を漂うジグヘッドに、クッ・・・と何かに触れたような小さなバイト。そのままの速度を保ちつつ、リールのハンドルを回し続けると、グググッ・・・と重量感。素早くフッキングを入れると、ロッドティップが綺麗に入り、躍動感でロッドが揺れる。まずまずのカサゴ。幸先が良い。


05-P4150118.jpg
 護岸沿いを進む。再現性を確認すべく、上げ潮の影響を受けて、潮が当たりやすい同じような場所にジグヘッドを投じて、同様にジワジワと微速で底付近を攻める。時折、底付近に転がっている牡蠣殻などの小さな障害物にジグヘッドが接触して、その動きが止まってしまうが、その場合にはロッドを立てて軽くラインテンションを加えると、クンッと跳ねるようにしてジグヘッドが外れてくれる。この瞬間は、リアクションバイトを誘うべく、ラインの動きを止めてカーブフォールでバイトの間を演出する。ツンッ・・・ククク・・・っと明確なバイト。素早くロッドで応対してフッキング。サイズは小さいものの、狙いどおりにカサゴを捉えることに成功する。


06-P4150119.jpg
 場所を少し変える。真冬の産卵期には、カサゴやタケノコメバルの良型が反応した場所である。良く見れば、夜光虫の吹き溜まりになっているようで、ラインの動きに応じて青白い幻想的な光が揺れる。過去の実績から、狙いめとなる護岸沿いをタイトに攻めるも一向に反応はなく、攻めるべくポイントの傾向を掴むヒントとなる。潮当たりが良い場所に戻り、再度、護岸沿いや基礎捨て石の駆け上がり付近を丁寧に攻める。護岸沿いで小型ながら2匹のカサゴを捉えることに成功する。魚の数が少ないのかバイトは単発である。


07-P4150122.jpg
 場所を移動しつつ、護岸沿いを中心にジグヘッドを投じていく。護岸前面に捨て石が散らばっているエリア。護岸から少し離れた位置にジグヘッドを斜めに投じて、底を確認した後にジグヘッドを捨て石に接触させつつ丁寧に探る。ジグヘッドが石に引っ掛かり、一定の速度でのリーリングが困難であるが、石に引っ掛かったジグヘッドが外れる際の跳ね上がる動きが魚の捕食本能を刺激する・・・はずである。海藻に接触したかのうような柔らかい振動が手元に伝わる。ロッドの角度を変えて、ラインテンションを高めると、鈍重な動きがロッドを大きく曲げる。ドラグがジリジリとなり、良型であることが分かる。護岸沿いに揺れるワカメのような海藻にラインを巻き込まれないように、手を突き出して、魚の動きを制御する。やりとりの後に一気に引き抜くと良型のカサゴ。23㎝。


08-P4150125.jpg
 更に潮当たりが良い場所に移動する。突堤に沿って基礎捨て石が前面に広がっていて、条件的には良さそうに感じるが、海藻が邪魔をしてジグヘッドを狙いのトレースラインに乗せることが出来ない。辛うじて小型のカサゴを1匹追加するも、後が続かず。元の場所に戻り、まずまずのカサゴを1匹追加する。ヘッドライトで海面を照らすと、小さな魚のようなエビのようなものが群れている。


09-P4150127.jpg
 念のため表層から中層付近を攻めて、カサゴ以外の魚の状況を探るも、残念ながら反応は皆無。潮位が高くなり、潮の動きが徐々に緩慢になってきている。底付近を丁寧に攻めて、小型のカサゴを2匹追加するも、更に状況が良くなるとは思えず、潮時と判断して納竿とする。更に水温が高くなれば、湾奥部に魚が戻り、楽しい釣りが展開出来るに違いない。今後に期待である。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月15日(土)午後7時~午後9時
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、気温:20度、水温:14.2度
 ポイント:神戸港
 釣果:計9匹(カサゴ9匹)(全てリリース)

10-P4150130.jpg
 ツ抜け達成ならず。

■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
11-20170415.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~海にも春よ訪れろ~  |  和歌山紀北チニング釣行 ~動かぬ潮を攻めた結果~ »

コメント

こんにちは

忙しそうですね~
白湯ですか~美味しいですよね
清湯の醤油系も好きなのでたまりませんね

最近齢のせいか豚骨醤油がちょっぴりきつくなってきたので
この系統はたまりません
ラーメンちょっぴり我慢しているのでなおさら・・・食いたい!

釣りも行けてるみたいなので安心しました!

yutkun #- | URL | 2017/04/17 12:41 * edit *

yutkunさん、こんにちは。

今の時期はどうしてもバタバタしてしまいますねぇ。ようやく少し落ち着いて、自由奔放な行動がとれそうです。水温があがってきたので、これからの季節が楽しみです。


今までに美味い鶏白湯スープに出会ってなかったので、こちらのラーメンを啜った瞬間に感嘆しました。舌が変になったかと思い、再確認のため別の日に啜ってみましたが、やはり美味かったですよっ。私も徐々にアッサリ系にシフトしているのかも知れませんね~。

donfan #mQop/nM. | URL | 2017/04/18 12:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/422-07e397fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)