10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

和歌山紀北シーバス釣行 ~難攻不落のサヨリパターン~ 


 和歌山で生活するようになった4月以降、新たなポイントを開拓すべく・・・と言うよりも、知っているポイントがそもそも皆無であったこともあり、地図を眺めたり、ネットの情報を調べたり、足を運んだりと、我ながら粘り強く、時間をかけてポイント開拓に励んでいるところであるが、偶然にも夏頃に発見した小河川の河口には、チヌやキビレが、まさにウヨウヨと遊泳していて、これは間違いなくいけると確信していた。しかしながら、護岸の足場が高いため、一段下がった水叩き部分まで下りないと釣りにならず、しかもその水叩きは潮位によって水没したり露出したりで、釣りが出来る時間帯が限定されていた。更には、ランディングネットを持たずに釣りをしていたこともあって、そのうちに・・・切り札的に・・・っと言う気持ちで時間を過ごしていた。先日、ランディングネットを導入したこともあって、土曜日の夕方に様子を見がてら、軽くロッドを振ることにしたのだが、そこで衝撃的な光景を目の当たりにすることになる。


 完全に陽が暮れて、東の空に煌々と輝く下弦の月が、川面に揺らめきながら黄色く落ちる頃、大量の水をバケツで空から放ったかのような大きな音が、河口部の至る所で聞こえる。最初は、何の音なのか分からずに不安を感じたが、月光が煌びやかなこともあり、すぐにそれが、ベイトが追われている音であることに気が付く。ベイトが逃げ惑う際に生じる豪雨のような音の後には、ゴボッ、バシャ、ドバッ・・・っと、シーバスの捕食音が際限なく響く。その回数が尋常では無い。シーバス用のルアーを持参しなかったことを悔やみつつ、止む無くチヌ用のジグを投じつつ、シーバスにとっては饗宴であり、捕食されているベイトにとっては震撼の時間帯を呆然としながら眺めていたが、実に1時間半ほどにも亘り、ボイルが継続していた。こんな光景は過去に見たことが無い。


01-Pc110228.jpg
reed, Albatross 150FG
http://reed-lure.com/


 地元の老練なる釣り師に偶然にも出会い、色々な話を伺うことが出来た。ベイトはサヨリであるとのこと。言わずと知れた、難攻不落と言われるサヨリパターンというやつである。早速、日を改めて、釣具屋に足を運んで、ハードルアーを吟味することになるのだが、ここ最近、正確には過去5年で、ヒラスズキ釣行を計画した際に、ハードルアー(プラグ)を3本ほど購入した記憶はあるものの、ジグ以外のハードルアーとの付き合いを随分とご無沙汰していることが分かり、更には釣具店に所狭しと並ぶハードルアーの種類に圧倒されつつも、事前調査の甲斐もあって、ようやく選び出したハードルアーがこの2本。サヨリパターン攻略のために開発されたアルバトロスというルアー。水面直下数センチしか潜らず、動きは微妙なウォブリングで、ウェイトは固定重心で、トレブルフックが4本並び、微妙な湾曲がセクシーな、何とも変わったルアーである。


02-Pc110236.jpg
 日曜日の夕刻、満潮からの下げの時間帯を狙って、いざ出陣。夕暮れ時と下げ潮とのシンクロで雰囲気は抜群である。人工的な構造物の隙間が作り出す潮だまりには、モクズガニだろうか。腕に生えた毛のようなものが柔らかく動く。


03-Pc110239.jpg
 夕暮れとともに、潮が効きだすと、シーバスが周囲を徘徊しているのか、魚が逃げ惑う音が辺り一面に轟き、時折、単発ではあるものの豪快なボイル音が聞こえる。風で海面が乱れているものの、豪快な白い水飛沫が弾けるのが見える。これはいきなりにしてチャンス到来である。少々焦りつつ、入魂でルアーを投じていく。風向きが悪く、非常にキャストしずらいが、アップクロス、クロス、ダウンクロスと、様々な方向にルアーを投じては、流れを横切るようにトレースしたり、ドリフトさせるように大きな弧を描くようにトレースしたり、流れを遡上するようにゆっくりとトレースしたり。しかし、ヒットするのは、ベイトであるサヨリである。しかも油断すると、簡単にスレ掛かりしてしまい、釣りにならない。


04-Pc110241.jpg
 サヨリを本命として狙っているのなら、さぞ嬉しかろう状態であるものの、照準はあくまでシーバスである。どの方向にルアーを投げ入れても、コツッ・・・ゴッ・・・コツコツっと毎度サヨリに接触するため、その瞬間にはラインテンションを抑えて、サヨリがフックに掛かることを軽減すべく神経を使うが、そんなことはお構いなしに次々にサヨリが掛かる。老練の地元釣り師の言葉を思い出した。師曰く、サヨリパターンの時は、サヨリがフックに掛かると釣りにならないため、フックをカドニウム製の針先が甘いものに変えて使用するとのことで、そんな針でも、貪欲にサヨリを捕食するシーバスなら、しっかりとフッキング出来るとのこと。どんな釣りでも一朝一夕には成らないということを思い知る。


05-Pc110242.jpg
 この時ばかりは、トレブルフックの多さと、日本の技術、すなわち鋭利な針先を恨めしく思う。シーバスの捕食音が激しく続く。


06-Pc110244.jpg
 気分を変えて、チニングに変更する。5gのジグを取り出して、ややダウンクロスに投じる。ラインにサヨリがコツコツと接触するため、まるでバイトが分からないが、カツカツカツっと明らかに鋭いバイトを感知して、反射的にフッキングを入れると乗った。サヨリでは無いことは明白である。小型のキビレだ。これに気を良くして、移動しながらジグを投じていくが、その後、ワームを真っ二つに引きちぎられる鮮烈なバイトを感知するも、噛みどころが悪かったのかフッキングに持ち込めずチニングを終了する。


07-Pc110246.jpg
 目の前の激しいボイルは未だ継続している。再度、ハードルアーに変えて、サヨリパターンを攻略すべく、ルアーを投げ入れては慎重に探るも、ロッドの先端を揺さぶるのは相変わらずサヨリである。時にサヨリのダブルヒットと言うことも。すでにシーバスも満腹であろう、こんな状態で、わざわざルアーを選んではくれまい。試しにヘッドライトを海面へ灯してみると、その瞬間に逃げまどうサヨリの軍団、その後ろを悠々と泳ぐ巨大な銀鱗が数匹。まだシーバスは、虎視眈々と捕食の機会を狙っているようであるが、吹き付ける北風が身体の芯まで冷やし、集中力を失ったために納竿とした。


 不思議と虚脱感はなく、むしろ満足感に満ちている。目の前に見た、自然の圧倒的な力強さのせいだろうか。気が付けば、黄金色に煌々と輝く月は、見上げるまでの高さになっている。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年12月11日(日)午後5時~午後7時30分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、北東の風強く、気温:11度~9度
 ポイント:某河川の河口
 釣果:キビレ1匹 25cm、スレでサヨリが十数匹(リリース)

■使用タックル
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン10lbs

■使用ルアー、リグ
(1)シーバス用
 ・reed, Albatross 150FG, 12.8g, サヨリレンズホロ
 ・reed, Albatross 150FG, 12.8g, ブラックキャンディー
(2)チニング用
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
 ・Cross Factor, Chinu Maru 5.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
08-20161211.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

瀬戸内海キャスティングゲーム ~ショアから狙うは鰤~ 

 釣友M氏から瀬戸内海某所で大物が釣れているとの情報が入り、平日の仕事前の一振りは、1日の幕開けを煌びやかにする心躍るひと時にもなるし、空振りすれば、その日を疲労困憊状態で心折れながら耐え抜かないといけないし、限られた時間で成果を出すことが難しいなと逡巡した後に、やはりM氏の折角のお誘いを断るわけにもいかずと判断し、釣行を決意した。
 前日は午後10時前には眠りの体制に入り、午前3時、やおら起き上がり出発の準備に取り掛かる。何故か仕事の前は絵的にも最悪の寝起き姿であるが、遊びの前の寝起きは我ながら後光が輝きそうなほど清々しい。車に道具を積み込んで、昨夜の余韻が残る街中を突き抜けて一路西側へと進路を取る。


05-20150911_10.jpg
 夜明けとともに煌びやかな1日が始まる。実は今週は3日も釣行したのだが、この写真は別の日のもの。

 午前4時過ぎに現場に到着し、程なくしてM氏と合流する。辺りはまだ暗く、ひんやりした潮風が心地良い。時合は夜明けとともに始まるとのことで、タックルを準備したうえで談笑しながら適宜を待ちつつイメージトレーニングに余念がない。午前5時、東の空が明るんできた。シイラ用の過剰な性能を備えたタックルで、ペンシルベイトをぶん投げる。久しぶりのキャスティングゲームということもあるが、そもそも体力・腕力の衰えによって、ロッドを振りかぶって振り抜く動作が、これまた大変である。通常はもっとスマートなタックルを使用するのが是であるが、いかんせん中間のタックルが無いのでやむを得ない。

01-20150908_02.jpg
 狙いよりは随分と小さいけれども、丸々と太ったメジロ。

 午前5時30分、M氏の予告通りに沖合100mほどのところで乱舞が始まった。黒い海に白い水飛沫が立ち上がる。潮流が効いているせいもあって、徐々に小魚の群れが岸側に押し込まれて、それを追うようにして乱舞が近づいてきている。ペンシルベイトに少しだけアクションを付けて早巻をしていると、ゴツンと明らかに大物のバイトがあるも、一瞬だけロッドに負荷が加わり、ドラグがジジジっと唸ったかと思うとフックアウト。程なくしてM氏のロッドが大きな弧を描く。ルアーが届く範囲で乱舞が始まっている。すかさずルアーを投入して、高速トゥイッチを入れると、即座にゴツンっと強烈なアタリ。少しためてからロッドを立てると、しっかりと負荷が伝達される。小型のGTとも対峙出来るスペックのタックルであるため、相手に主導権を与えず一気に引き寄せて、そして先に獲物を捕獲したM氏にランディンをしてもらう。明石海峡で豊富なベイトを捕食して、丸々と太ったメジロが横たわった。横を見渡すと、別の数人のアングラーもメジロを捕獲していて、中には90cmを超える鰤を捕獲した者もいる。まだボイルが起こっているが、徐々に遠のいていることもあって、満足のうえで終了。

 さぁ、帰宅してから仕事へ。


02-20150908_01_01.jpg
 定番の刺身。脂の乗りが半端ではない。残念ながら刺身を食べることが出来ないので、私の出番は魚を捌くところまで。


04-20150911_07.jpg
 鰤もあがっているとの情報があり、9月10日(木)及び11日(金)も釣行するが、乱舞は無く、敢え無く撃沈してしまう。今週の睡眠不足は激しく、生活に支障があるため土日は大人しく体力温存に充てることに。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年9月8日(火)午後4時30分~午前6時20分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:曇り、気温22度、北風
 ポイント:神明間某所
 釣果:メジロ61cm

■使用タックル
 Rod: G Craft FDS-882GJ-EXH
 Reel: Shimano 2013 Stella 8000HG
 Handle: Studio Ocean Mark, NO LIMITS08SW10000/8000
 Line: PE3号(Unitika Power Jigging)
 Leader: Silver Thread FC 40lbs.

■使用ルアー
03-20150908_06.jpg
 Daiwa SALTIGA Dorado Slider 14F, 40g
 ベイトが鯵ということだったので、アジカラーをチョイス。すでに廃版になっている。


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20150908.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

淡路島(だいたい)一周ドライブ釣行 ~初夏の砂浜、キス、天ぷら~ 

 午前3時50分、まだ暗い神戸を出発。国道2号線を西に向けて走る。湊川ICで阪神高速に乗り、第二神明を経由し、神戸淡路鳴門自動車道を南下する。夏至の夜明けは、夕刻に街中でライトが灯されるかの如く、垂水からの長いトンネルを抜けて、明石海峡が現れると、すっかり朝。明石海峡、淡路島を眼下に、快調に飛ばす。この段階で、本日の目的地を決めておらず、どのICで下りるか、悩みながら走る。一気に淡路島の南端まで下ってから、ポイントを探しながら北上するもよし、その逆もあり。

 そういえば、キス釣りは夜が明けて、陽が昇る前までが時合であるなと、今更ながら思い出し、マックのアイスコーヒー片手に、悠長にドライブを楽しみつつ南下している場合では無いと判断。淡路島の北西にある北淡ICで下りる。垂水からこのICまでで1200円。すぐに播磨灘が見えてきた。県道31号線沿いに、砂浜を探しながら南下すること数分、良さそうな砂浜をすぐに発見。2名ばかりの、いかにもキス狙い風の釣り師の姿もあり、若干の焦りと、釣れる場所を早くも発見した安堵を感じつつ、そそくさと準備。この瞬間が一番ワクワクする時間でもあり、ワラワラと焦る時間でもある。


01-20130629_33.jpg
 いかにも釣れそうな砂浜・・・に見える。


02-20130629_20.jpg
 第一投目から本命のキス。やや小型。東から微風が吹いていて、遠投するのに完璧な状況。やや肌寒くて、長袖のシャツを羽織る。


03-20130629_39.jpg
 更に外道のフグももれなく一緒に。


04-20130629_29.jpg
 仕掛けを投げ込むたびに、確実に何らかの魚信があり、普段の生活では有りえない、高い集中力を長時間キープ。陽が昇ると、コチが頻繁に反応するようになってくる。相変わらず外道の王様のフグの猛攻も一向に止まず。長袖のシャツを脱ぎ捨てて、なお、真剣モード持続中。


05-20130629_23.jpg
 またもや今更ながらキス釣りの基本と言うか、鉄則と言うか、狙うべき場所を思い出した。砂地にも当然ながら起伏があり、キスは起伏の山の部分の沖側、つまりは駆け上がりに身を潜めて餌を待ち伏せしている。と言うことで、天秤の重さをロッドで慎重に感じつつ、抵抗を感じたら、その後、少しだけラインを巻き取って、仕掛けを駆け上がり部分にドンぴしゃりに置くと、本命の反応が多くなってきた。そして、遂に本日の最大魚がコレ。22cm。


06-20130629_42.jpg
 3時間ほどでこの釣果。キス11匹。コチが5~6匹、フグ大漁。


07-20130629_45.jpg
 再び県道31号線を南下。気になる港があると、次回の釣行のために確認。アオリイカ狙いの釣り師が大勢いたが、釣果を確認したところ、全くダメだとのこと。


09-720130629_53.jpg
 津井港。石積みの昔ながらの護岸が素敵だ。防波堤内の船溜まりには、小さな魚が泳いでいる。鰯や鯵などの小魚が港内に入ってくれば、大型のフィッシュイーターも捕食のために入ってくるだろうなと想像を巡らせる。小型のジグヘッドで周辺を軽く探ってみるが、反応なし。時間と潮を見計らって来れば、きっとそれなりの釣果が期待出来るだろう。


10-20130629_56.jpg
 県道25号線を南下していると、風車が。


11-20130629_58.jpg
 淡路島最南端の地に道の駅「うずしお」。レストラン、土産店があり、大盛況。行き当たりばったりで走っていたため、この道の駅に到着する直前にパンを食べてしまい、淡路島バーガー(牛肉と玉ねぎが淡路島の特産品)を食べることが出来ず。


12-20130629_63.jpg
 道の駅から鳴門海峡大橋の袂まで下りることが出来る。徒歩で5分ほど。絶景。


13-20130629_69.jpg
 良い感じの海岸が広がっている。この場所に下りていくことも可能だが、それなりの装備が必要。ここでも軽く、ミノー系ルアーを投げてみるが、案の定反応なし。30分ほどで撤収。


14-20130629_71.jpg
 これが激ウマ。「そのまんまちりめん」((株)うずのくに南あわじ)。試食品を食べる手が止まらず困る。
もしやこちらで通販が可能かも。
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/gr32


15-20130629_72.jpg
 淡路島最南端から北上することに。国道28号線で淡路島の南東部分をショートカットして、洲本市の街中を通過して、津名港へ。港内側、港外側も釣りが出来る環境。


16-20130629_73.jpg
 鯵が凄い。


17-20130629_80.jpg
 ほどなくしてエイが悠々と泳いできた。


18-20130629_85.jpg
 午後5時前になり、本日の淡路島(だいたい)一周釣行を終えて、一路、神戸へ。


19-20130629_86.jpg
 昆布と塩で〆る。魚が小さすぎて、捌くのに難儀。


20-20130630_03.jpg
 刺身。


21-20130630_05.jpg
 定番の天ぷら。


■釣行データ
 釣行日:平成25年6月29(土)
 潮回り:中潮
 天気:晴れ
 時間:午前3時50分発~午後5時半帰宅
 ポイント:淡路島
 釣果:キス11匹

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

六甲山を越えると自然がいっぱい ~川遊び、そして釣り~ 

 三宮から新神戸トンネルを抜けて箕谷インターを下りて、更に走ること数十分。街の喧騒から逃れるかの如く、アクセルを踏む。六甲山を越えただけで、そこには大自然が広がっている。


01-20130602_01.jpg
 田植えシーズンのため、川の水は若干の濁りが入っているが、偏光グラス越しに川面に目をやると、無数の小魚が泳ぎ回っている。


02-20130602_12.jpg
 川の水はひんやりと冷たくて気持ちが良い。網を片手にエビの捕獲に精を出す。


03-20130602_03.jpg


04-20130602_05.jpg
 葦の根元を網でガサゴソと探ると、多い時には10匹近いエビを捕獲することが出来る。


05-20130602_06.jpg
 素早く動き回る魚が偶然にも網に入った。何と鮎の稚魚ではないか。


06-20130602_16.jpg


07-20130602_29.jpg
 太腿までまくり上げた短パンをビショビショに濡らしながら、2時間ほど川遊びをした後に近くの野池に移動。今回は、捕獲したエビを餌にして、延べ竿で小魚を狙うことに。


08-20130602_24.jpg
 ウキの頭がピョコピョコ動いた後に、スーっと消し込まれ、そして柔らかい延べ竿が大きな円弧を描く。お目見えしたのは、ブルーギル。


09-20130602_20.jpg
 実は非常に綺麗な魚だ。

 バス1匹、ブルーギル5匹を釣り上げて納竿。童心に帰り、無心に遊んで気が付くと、時計の針は午後7時前。“やばい、遊び過ぎた・・・お母さんに怒られる”と子供達と目を合わせ、そして片づけをして喧噪の街へとハンドルを切った。


テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

兵庫県神戸市 兵庫埠頭でサビキ釣り~ウルメイワシ大漁~ 

 買い物のついでに兵庫埠頭の様子を見に行ったところ、サビキでイワシが大漁。昨年も8月初旬に兵庫埠頭でマアジが大漁だったこともあり、子供達と釣りに出かけることに。念のために潮回りを確認すると大潮。午前6時に起床して、車に道具を積み込んで兵庫埠頭に。


 最新の釣果情報は、フィッシング・マックスのHPで頻繁に更新されているので、釣れている魚種や釣法を確認した後に釣行出来るので非常に有り難い。兵庫埠頭の釣果は、“神戸ハーバー店”の釣果情報が充実している。店舗でも丁寧に最新の情報や仕掛けを教えてもらうことが可能。

フィッシング・マックス
http://fishingmax.co.jp/


01-P9170106.jpg
 兵庫埠頭に到着したのは午前6時半。すでに車がびっしりと並んでいる。隙間を見つけて、車を留める。兵庫埠頭は、ポイントが広く、車を横付け出来るので非常に便利。また、数か所に公衆トイレが設置されている。



02-P9170093.jpg
 サビキを投入すると、すぐに反応あり。


03-P9170111.jpg
 釣れた魚を確認してみると、メザシとして有名なウルメイワシであった。8時頃まで爆釣モードが続き、子供達二人が釣り上げる魚を外す作業、外した魚をバケツに入れて鱗を取る作業、クーラーボックスに投入する作業、そしてサビキのカゴにオキアミを入れる作業・・・・と、完全に子供達は大名釣り状態に反して、私はひたすら労働状態。


04-P9160079.jpg
 あぁ、疲れた。


05-P9160065.jpg


06-P9170124.jpg
 本日の釣果。乾燥してメザシ状態になったウルメイワシを見たことがあったが、思えば生の状態のウルメイワシを初めて見たような気がする。何とも綺麗な魚だ。釣れた瞬間のウルメイワシは、もっと銀鱗が輝き更に綺麗だ。


07-P9170123.jpg
 2時間足らずでこの釣果。長男が使用していたサビキ仕掛けは、釣り開始早々にトラブルがあり、交換しようものの予備のサビキ仕掛けをすっかり自宅に忘れてきたことが判明し、交換することも出来ず、止む無く、サビキの針が2本の状態で頑張ってもらった。完全な状態であれば、更なる釣果であったであろう。


08-P9170011.jpg
 フライ。


09-P9170009.jpg
 シソ、生姜、ネギたっぷりのナメロウ。今までの釣魚料理の中で一番美味しかったと大好評。


10-P9170017.jpg
 定番の煮付け。



■釣行データ
 釣行日:平成24年9月17(月)
 潮回り:大潮
 天気:晴れ、30度前後
 時間:午前6時30分~午前8時30分
 ポイント:兵庫県神戸市 兵庫埠頭
 釣果:ウルメイワシ約190匹、アジ3匹、カタクチイワシ1匹.


■潮汐
20120917kobetide.png

出典:Tide736.net(http://tide736.net/

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]