06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

炎のホルモン、祝杯の仲間、新たな生活のスタート 

 年度の切り替わりのこの時期は、出会いと別れが交錯する季節であり、毎年、淡いピンク色の花弁がこの季節の景色をうまい具合に彩ってくれる。ここ数年は、職場の仲間を送る側であったが、今回は5年ぶりに逆に送られる立場となった。それでなくとも年度末・年度初めの懇親会と称する宴の多さは1年を見渡しても郡を抜いているのに、今年はなおさらに多い。連日連夜は当たり前で、ダブルヘッダーも度々のこと。神戸での送別会は、遂に今夜で最後となる。

01-P4010063.jpg
 今夜の懇親会は、来るべくGWの釣行の作戦会議を兼ねて、私の他に東京に旅立つ釣りバカ1名を含む、釣りの精鋭(正確にはバカ)4人での送別会&懇親会と相成った。会場は、元町駅近くの岩崎塾。午後5時の開店と同時に席に着く。

炭火焼肉 岩崎塾
兵庫県神戸市中央区元町通1-14-2
TEL: 078-391-7829
http://www.yakiniku-iwasakijyuku.com/


02-P4010068.jpg
焼肉 盛り合わせA(1kg) 2,030円
(ミノ・ハート・小ヅラ・赤セン・センマイ・小腸等)

 まずは生ビールとホルモンの盛り合わせ。以前は、もっと分量が多くて、なおかつ値段も安かったとのことであり、ここ最近の物価の上昇を鑑みれば止むを得ないと思うが、初めてこの盛り合わせとご対面する私にとっては、十分な迫力である。あまりにもナマナマしいために、やや食欲がそがれてしまうが、いざ、真っ赤な炭火の網にこれらのホルモンを置くと、なんとも食欲を刺激する芳香が煙と音とともに漂うのである。


03-P4010070.jpg
 じゅわじゅわ~っと、脂が滴り落ちて、炭火でじゅじゅっと炙られ、さらに煙がふわりと舞い上がり、周囲に美味い香りが漂い、今か今かと待ちわびながら、会話に花を咲かせながら、生ビールをぐびぐび飲みながら時間がずんずんと進む。熱々に焼けたホルモンを満を持して口に放り込むと、野性味のある鋭く濃厚な味と香りに、じゅわりと脂が攻めてきて、さらに噛みしめれば、時に弾力感に溢れて、時にザラリとした食感が現れたり、時にぬるりと脂まみれであったりと、全方位から攻め立てる味を満喫することができる。


04-P4010075.jpg
焼肉 盛り合わせB(600g) 1,710円
(ロース100g or 上ハラミ 100g &ミノ・ハート・小ヅラ・赤セン等500g)

 さらに盛り合わせを追加。午後6時半ごろになると店内は満席で、至る所で煙が立ち上がり、会話が盛り上がっている。


05-P4010072.jpg
 会話も食事もお酒も順調に進んで、午後8時頃にすべてを満喫して終了。午後9時前から別の懇親会に合流して、ここでも麦酒と焼酎を満喫して、午後11時頃に二次会をお開き。


06-P4010082.jpg
山笠ラーメン
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-4-1 山笠ビル1F


07-P4010079.jpg
 二次会を終えてからの麺類は、実に至福の時間の到来であり、塩分やコレステロールなんてこの際どうでも良いやといつになく強気になりつつ、固めの細麺を啜り、濃厚な豚骨を啜り、叉焼を頬張り、一気に完食するのである。気の合う仲間との時間を楽しみながら、着実に親交が深みを帯びてくる瞬間を実感しながら、神戸の夜は更けていく。

 さぁ、初めての単身赴任が始まる。和歌山でも公私共に頑張るか。
スポンサーサイト

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.7 ~吉家~ 


01-20160313_01.jpg
 少し肌寒く、温かいものを食べたくなったので、本日のランチはこちら。春の気配が近づき、神戸の街中は多くの観光客で賑わっている。

吉家
神戸市中央区山本通2-14-20アンカーハウス2F
TEL 078-222-8090
http://www.udon-yoshiya.jp/


02-20160313_03.jpg
 ランパスによると、“手打ちの本格讃岐うどんと創作メニューが自慢の同店。今回はもちもちの食感とのど越しが心地良い「釜揚げうどん」に「せせり天」を添えて提供する。コリコリした歯応えが特徴の「せせり天」は、鶏のせせり肉を丸1日和風ダシに浸け込んでから作る。味がしっかりついているのでそのまま食べてもいいがソースタイプのゆず胡椒を合わせるのもオススメ。“とのこと。

 ランパスに何度も登場しており、更には自宅から徒歩で行けるということもあり、過去に何度も訪れているが、思い返せば半年ぶりの来店。地元人にも観光客にも人気がある店なので、昼時は少し待たなければならない。


03-20160313_10.jpg
せせり天釜揚げ
880円→500円

 注文をして10分も経たないうちに湯気をもうもうとあげて釜揚げが登場した。ダシに薬味を投入して、そして湯船に浸かる純白のうどんを箸でそろりと取り出して、慎重にダシにつけてから啜ると、うどんのツルツルの喉越しと、もちもち絶妙な柔らかさ、濃厚な和風ダシ、そしてやや遅れてから葱が香り、胡麻が弾け、生姜が抜けて、一丸となって完璧な調和を見せる。これほどまでに美味い釜揚げうどんをかつて食したことがない。お次は、せせり天にレモンをギュッと絞り、そのまま口に放り込んでじっくりと噛みしめれば、サクサクの衣を突き破って、柔らかい鶏肉が姿を現して、ジュワジュワと鶏の脂が溢れ出して、和風ダシがグイグイと押し寄せてくるではないか。美味いを連呼しながら、ダシを飲み干して、あっと言う間に完食にて、ご馳走さまでした。


04-20160313_13.jpg
 たまらん美味さ。うどんの美味さを実感するのなら、釜揚げうどんに限る。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★★☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★★☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.7
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ136店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成28年2月20日~平成28年5月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1780円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.7 ~小麦の実り 灘本店~ 


01-20160305_10.jpg
 牡蠣のシーズンもあと僅かということなので、今日のランチはこちら。

小麦の実り 灘本店
神戸市灘区下河原通3-1-3
TEL 078-805-3090


02-20160305_02.jpg
 ランパスによると、“同店自慢の麺とダシが存分に楽しめる「ぶっかけうどん」の新メニューが登場。国産小麦のみを使用した麺は毎日手打ちで作り、もちっとした中にコシがある食感に仕上げる。「伊吹イリコ」など素材にこだわったダシも香り豊かで絶品。「牡蠣天」は、広島産の新鮮なカキを4個ものせる。あっさりしたダシにまろやかな自家製のタルタルが絶妙に合うので、絡めて味の変化も楽しんで。“とのこと。


03-20160305_04.jpg
牡蠣天のタルタルぶっかけ
880円→500円

 いきなり熱々の牡蠣天にレモンを絞りタルタルをたっぷりつけて、勢いよくかぶりつくとサクサクの衣がザクリと割れて、中から滋養に満ちた濃厚な海の香りが押し寄せてきて、大きく噛みしめるとジュワジュワと牡蠣の旨味が押し寄せてきて至福の時が訪れる。ダシを器に流し込んで、薬味を投入して、慎重に麺を取り出して啜ると、エッジの効いたうどんが物語っているように強烈な歯応え。ダシを静かに啜ると、ダシの香りがふわりと漂って、舌全体でダシを捉えれば、ジワジワと旨味が染み込んでいく。以前よりダシが濃くなったような。いやはや美味い。


04-20160305_07.jpg
 弾力が凄すぎる麺。ランチを満喫してご馳走さまでした。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★☆☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.7
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ136店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成28年2月20日~平成28年5月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1780円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.7 ~神戸産直マルシェ~ 

 01-20160312_10.jpg
 本日のランチはこちら。三宮の繁華街サンキタ通りの北側にある猥雑で怪しいお店が多いエリアの一角に、場違いなように鮮やかでオシャレな雰囲気のお店がある。周囲をピンク色に囲まれているので、ご家族連れ、子供連れ、もしくは恋人とこのお店に行こうとすると、場所を間違えたのではないかとたじろぎ、場合によってはいらぬ誤解を招いてしまう可能性があるが、事前にコースを熟考のうえ堂々と闊歩して頂きたい。

産地とお客様をつなぐ
神戸産直マルシェ
神戸市中央区北長狭通1-6-11 西脇ビル1F
TEL 078-392-7003


02-20160312_02.jpg
 ランパスによると、“五つ星ホテル出身のシェフが手掛けた本格フレンチの味をリーズナブルな価格で楽しめる同店。こだわりの地タマゴを3個も使って作るとろとろのオムレツと、バターの香りが食欲をそそるチキンライスのオムライスには自慢のデミグラスソースがたっぷり。さらにサクサクのチキンカツをのせてボリュームも十分に。バルならではのハイテーブルでオシャレなランチタイムを過ごしてみては。“とのこと。

 1階はカウンター内に調理場があって、良い香りが充満して活況を呈しているが、満席ということで地下1階にあるテーブルに案内して頂いた。1階の喧騒とは異なり、人が少なく非常に落ち着いている。店内を見渡すと、壁には様々な美味そうなメニューが貼ってあり、夜に訪れてもきっと良い時間を過ごせるだろう。


03-20160312_04.jpg
 別料金でスープを注文。150円。ポテトとほうれん草などを材料にしているとのことで、丸こいスプーンでお上品にスープを口に運ぶと、柔らかいポテトとクリームの芳醇さが充満して、追ってほうれん草の仄かな香りが広がり、舌全体を使って、神経を集中して、味を堪能すべし、と思える味である。美味い。


04-20160312_08.jpg
チキンカツオムライス
1,080円→500円

 程なくしてオムライスが登場する。まずはボリュームが見事である。チキンカツのサクサクさ、卵のフワトロ感、お馴染みチキンライスの純粋なる美味さ、そして少し大人びたソースが全体を引き締める。素直に直球で美味い味である。何気にプチトマトを口に放り込むと、何ということか、ちゃんとオーブンで焼かれていて、何やらオリーブオイルのような香りが鼻から突きぬけて、まるでケチャップのような深みで攻めてくるではないか。このひと手間が嬉しい。いやはや、思いのほか満足してご馳走様でした。

 怪しげなエリアでなければ、自然とお客さんが入る店だろうなと感じるとともに、これぞランパスを使うべきお店なんだろうなと思いつつ、ピンク色の呼び込みの声を聞きながら店を後にした。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★☆☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★★☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.7
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ136店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成28年2月20日~平成28年5月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1780円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.6 ~Nature Dining CUReHA~ 



01-20151220_02.jpg
 本日のランチは、三宮の繁華街にあるこちら。酔いどれて脳味噌が半分とろけた状態で二次会もしくは三次会で飲みに来たことがあるものの、昼間に来るのは初めて。

Nature Dining CUReHA
神戸市中央区長狭通2-11-5、グランドコーストビルB1F
TEL 078-391-3625


02-20151220_03.jpg
 お店は地下1階にある。隠れ家的な感じが良い。夜の時間帯には、良心的な価格のワインの飲み放題があり、十数種類の赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングが飲める。いずれも自分で瓶から注がないといけないが、自分の好みに合わせたワインをその時々の気分で楽しめるのが良い。ただ、いつも酔いどれ状態で来るのでワインの味が良く分かっていないのが勿体ない。


03-20151220_05.jpg
 ランパスによると、“ヨーロッパ圏の料理を日本人好みにアレンジしたメニューが楽しめる同店。今回掲載の「CUReHAビスクライス」は、甲殻類の旨味を抽出した、濃厚でクリーミーな「ビスクソース」を「ターメリックライス」に合わせたランチ。旬の野菜に、プリプリとした「エビのフリット」が添えられ、見た目も華やかな一皿に仕上げている。ドリンクは日替わりで自分でグラスに注ぐセルフドリンク形式。“とのこと。


04-20151220_07.jpg
CUReHAビスクライス 1000円→500円
 初めて食べるビスクライス。ライスにソースを絡めて口に運ぶと、濃厚な甲殻類の味が浸みわたり旨味がジワジワと攻めてくる。しんなり野菜が口中を和らげてくれて丁度良い。エビのフリットは表面サクサク、中のエビはプリプリ。女性には丁度良い分量とお上品な味。ご馳走様でした。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★☆☆☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.6
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ110店、おやつ15店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年11月21日~平成28年2月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1680円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.6 ~西安刀削麺 金穂~ 

01-20151128_11.jpg
 本日のランチはこちらへ。車でこの店の前を通過することが多々あり、開店した時に“刀削麺”の文字を横目に少しは気になっていたが、結局、足を運ぶ機会無く、ランパス掲載をきっかけに食してみることに。過去のランパス経験から総合的に判断して、期待が出来ないことは承知であるが近いので取りあえず。

西安刀削麺 金穂
神戸市中央区下山手通6-2-6
TEL 078-360-8188


02-20151128_07.jpg
 ランパスによると、“中国西部地域で日常的に食される「刀削麺」を看板に掲げ、県庁近くに今年6月にオープン。そんな同店が今回は、一般的なラーメンで初登場。海鮮ダシを効かせた「とんこつ醤油」と、ニンニクと生姜の風味が立った「塩とんこつ」のいずれかが選べ、半チャーハンと日替わり小鉢がセットに。ラーメンはどちらもあえてシンプルに作り、クセがなく食べやすい仕上がり。“とのこと。


03-20151128_08.jpg
塩とんこつ、半チャーハン、日替わり小鉢 850円→500円

 注文して5分ほどで素早く料理が運ばれてきた。まずは蓮華でスープを啜ると、塩味が効いているが、何処へ行ったのか豚骨の風味は感じられず、インスタントラーメン(塩ラーメン)の味。麺は生麺のようであるが、限りなく乾麺に近い印象。叉焼は、豚肉の野性味溢れる味わいで、これは好き嫌いが分かれるところ。炒飯の味は、素材そのものの味だけで、特に調味料を使っていない感じで、ミックスベジタブルが心もとない程度に入っている。小鉢はシソが入ったモヤシ炒め。予想通りの残念なランチになってしまった。


04-20151128_13.jpg
 嵐の二宮君のお蔭で、三宮の東の方にある二宮神社がすっかり有名になっているが、実は三宮の街中には三宮神社もあるし、兵庫県庁の近くには(マンションに挟まれて分かりにくいが)四宮神社もある。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★☆☆☆☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★☆☆☆☆
(3)店のサービス(接客):★☆☆☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.6
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ110店、おやつ15店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年11月21日~平成28年2月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1680円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.6 ~虎と龍 六甲道店~ 


01-20151127_01.jpg
 今日のランチはこちら。目的の別のラーメン店が満席で待ち時間が長そうだったので、少し場所を変えてこちらへJR六甲道駅の北側にある。店の佇まいが渋いが、一歩間違えれば薄汚くなってしまうので、その加減には絶妙の技巧を要すると思われる。

虎と龍 六甲道店
神戸市灘区永手町3-2-8 高千穂ビル1F
TEL 078-858-0147


02-20151127_04.jpg
 ランパスによると、“豚骨一筋にこだわる同店の看板メニューは、その真髄がしっかりと味わえるコッテリ系「久留米の龍」と、軽めの風味に仕上げたアッサリ系「博多の虎」。今回はそのいずれかにご飯が付いた「ラーメンセット」が、ワンコインで登場。臭みの原因となるアク取りを丁寧に行うことで、スープはコクがありながら独特のクセはなし。“とのこと。


03-20151127_07.jpg
 ラーメンセット(コッテリ系の久留米の龍) 800円→500円

 最近はもっぱら女性でもオシャレに食事が出来るラーメン店が増えたが、こちらのお店は真っ向から勝負するかの如くの雑然とした店内にごちゃごちゃと物が溢れている。店員の女性の方がとても気持ちの良い笑顔なので、店内の雑然さが何とか緩和されているように感じる。
 注文をすると5分足らずで素早くラーメンが登場する。博多で本場のラーメンを食べる時には当たり前のことだと思われるが、麺の硬さが細かく選べて、ピリ辛の高菜があり、ゴマがあり、紅生姜があり、替え玉があり、更には500円を越えてはならぬと聞いたことがある。


04-20151127_08.jpg
 細めの麺を固めに茹でて頂いたので、麺にシャッキリとした鋭い硬さがあり、濃厚な豚骨スープとの絡み具合も丁度良い。スープは、王道の豚骨スープで、やや豚骨特有の鼻腔を刺激するぬるんとした臭みがあるが、好きな人には堪らないであろう芳香が漂い、強めの塩分がしっかりと味を引き締めている。高菜とゴマが博多ラーメンを彷彿としていて、10年ほど前に本場の博多で食べたラーメンを想起する。紅ショウガを入れ忘れたことを後で気が付き、少し残念であったが、麺とスープのバランスが美味いラーメン。叉焼は、脂部分がゴムのように硬くて、スープの温度にも馴染もうとせず、少し食べただけで胸焼けしそうなものだったので、こちらは私の好みでは無かった。でも、久しぶりに本格的な博多ラーメンを頂けたので感謝。ご馳走様でした。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★☆☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★☆☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.6
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ110店、おやつ15店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年11月21日~平成28年2月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1680円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.6 ~やみつき亭 ご縁家~ 



01-20151123_02.jpg
 今日のランチはこちら。昨日に引き続き三宮地下街の激戦区にあるお店。香ばしい匂いが漂ってきていて、すでに空腹が刺激される。券売機でランパス専用のチケットを購入して、席が空くのを待つこと5分。元気なお店の方が案内してくれる。

やみつき亭 ご縁家
神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザB1F


02-20151123_03.jpg
 ランパスによると、“さんぷらざB1Fに今夏オープンした丼専門店。「やみつき丼 鶏」は、注文を受けてから油でさっと揚げた鶏もも肉を特製の甘辛味のタレにイン。さらに直火で炙り、皮目をパリッと中はジューシーに仕上げて完成。タレと鶏肉、ご飯の相性が抜群で、箸を止めることなく食べ進めてしまう。“とのこと。


03-20151123_05.jpg
 5種類のトッピングがあり、お勧めの組み合わせなどが記載されている。


04-20151123_08.jpg
やみつき丼 鶏 並盛、スープ730円→500円

 マヨネーズで縦横無尽のストライプを描き、いざ喰わん。まずは鶏肉を口に運ぶと、衣部分がサクッと弾けて、そして中からジュワリと脂が滴り、そして柔らかい鶏肉が迸り、甘辛いタレが口中に充満する。間髪入れずに白米を投入し、追って温泉玉子を箸でかき混ぜて黄身にコーティングされた白米を追加投入すると、鶏肉、ご飯がマヨネーズの酸味とも見事に調和して、鼻の穴が開き、咀嚼して嚥下する頃には至福の笑みに変わる。さっぱりしたスープと肉の下に隠れているキャベツが爽やかさを演出しながら、口中をリセットしてくれるので加速度的に箸の動きが早くなり、ランパスに記載されているとおりに一気に平らげてしまう。食に訴える、直球勝負の激ウマ料理であった。ご馳走様でした。


05-20151123_11.jpg
 帰り際に北野坂にある“クロ鯛BIO”なるお店で、クロワッサンたい焼きを購入する。こちらもランパスを利用することが出来て、たい焼き3個が750円から500円になる。説明によれば、腸内をヘルシーにする乳酸球菌が入っているとのことだが、油ギッシュなクロワッサン生地が著しく説得力を低下させているような気がするし、粒あん大好き派としては、餡子が少ないのが残念でならぬ。私は普通のたい焼きの方が美味いと思ってしまった。きっと、元気はつらつな若者向けのたい焼きなんだろうな。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★★☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.6
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ110店、おやつ15店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年11月21日~平成28年2月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1680円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.6 ~糀屋~ 


01-20151122_19.jpg
 ランチパスポート(三宮、元町、神戸、六甲)の第6弾が発売されたので、またもや購入。思えば1年以上もランパスにお世話になっていて、大雑把に集計したところ、第1弾~第5弾が利用することが出来た1年3カ月間で、実に160回以上も利用をしていることが判明し、今更ながらヘビーユーザー化していることに気が付いた。最近は、平日に職場の近くでランパスが利用できる店が限られていることもあって、使用する回数が随分と減ったものの、未だに重宝をしている。
 第1弾~第2弾の頃と比較すると、当時のように豪快に値引きをしてくれるお店は殆ど姿を消してしまっているが、利用できる店舗数が増加して、利用できる範囲も広がり、更にはスイーツも登場していて、未だに魅力がある。土日祝日に利用できる店舗が少なくなってしまっているのは、残念であるが。



02-20151122_04.jpg
糀屋
神戸市中央区三宮町2-11-1-A15 センタープラザ西館B1F
TEL 078-391-6662

 さて、第6弾ランパスの最初のお店はこちら。飲食店が多く激戦区であるセンタープラザで、何と15年もの間、商売を続けておられるという点で圧倒的な安心感がある。

 過去にランパスを使用した際の経験則で確実に避けたいお店は、①本来は飲み屋専門であるがランチ営業を開始したお店、②一見本格的そうな中華料理店、③オシャレ重視な内装で料理の価格設定が高すぎるお店。過去に食事をして後悔したのは、大概この3つのいずれか、もしくは複数に当てはまる。


03-20151122_07.jpg
 ランパスによると、“今年で15年目を迎える同店から神戸セレクションにも認定された「すじ玉丼」がランパスに登場。厳選した国産牛すじを手間暇かけて下処理し、秘伝の甘辛い醤油ダシでじっくり煮込む。1日寝かせた牛すじは口の中でとろけてしまうほど柔らかい。優しい味わいで「おふくろの味」として多くの常連から愛される。“とのこと。

04-20151122_09.jpg
すじ玉丼(並盛)、味噌汁 800円→500円

 席について注文をすると、ものの5分ほどで料理が出てきた。見た目からして実に美味そうであるが、その前に既に美味そうな香りが漂っている。空腹が猛烈に刺激され、ワラワラしながら箸を割り、その箸でほわほわ状態の柔らかな卵を素早く捉えて口に運び、更に卵を掻き分けて牛すじを口に運ぶと、ネギの清涼感が溢れ、卵の優しさに包まれ、牛すじの甘辛く濃厚で芳醇な脂がジュワリと攻めてきて、更に白米を放り込むと、出汁の奥深さも手伝って見事な完全調和にて口中が満たされる。実に美味い。特に牛すじが美味い。しっかりとした関西風の味付けで、牛すじとは思えぬ柔らかさと肉本来の旨味と、ジューシーな脂身のコンビネーションは完成の域に達していて、参りましたと言う他ない。ボリューム感も丁度良く、ランパス第6弾の滑り出し成功である。ご馳走様でした。


05-20151122_14.jpg
 今回のランパスには、和菓子も登場している。控えめな甘さが良い。定番おはぎ3個+季節のおはぎ3個で500円。

おはぎ珠家
神戸市中央区三宮町2-11-1-147 センタープラザ西館1F
TEL:078-331-2801


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★★☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.6
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ110店、おやつ15店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年11月21日~平成28年2月19日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1680円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

ランチパスポート神戸版Vol.5 ~Leaf Tea Café HIKARI~ 

01-20151101_09.jpg
 本日のランチはこちら。サザンモールの東端にある。ランパスに掲載されているお店には、駐車場がないところが多いが、こちらはショッピングモールに立地していることもあり、駐車場の心配はない。

Leaf Tea Café HIKARI
神戸市灘区新在家南町1-2-1 サザンモール六甲
TEL 078-862-9619


02-20151101_01.jpg
 ランパスによると、“「店名のように、温かい気持ちになるランチを楽しんで欲しい」との思いが込められたほっこりカフェご飯。メインの「チキントマト煮込み」は、チキンの旨みとトマトの優しい酸味が絶妙にマッチした一品。仕上げに生クリームを加え、まろやかなコクをプラス。旬のキノコもたっぷり味わえる。“とのこと。

 日曜日の正午前なのに店内はガラガラで、一抹の不安を抱えるが後に杞憂に終わる。


03-20151101_04.jpg
 チキンときのこの田舎風トマト煮込みプレート(チキントマト煮込み、スパニッシュオムレツ、サラダ、十五穀米ご飯、デザート、珈琲)1080円→500円

 チキントマト煮込みは、素材がゴロゴロ入っていて、トマトの爽やかな酸味と鶏肉の旨味、野菜本来の味が楽しめる。料理のバランスが良く、健康に気を使っている方には、これだという料理。年甲斐も無く、未だに肉食で脂身大王の私には、少し物足りなかったが、女性には大人気の様子。


04-20151101_07.jpg
 あまり期待していなかった珈琲。ふと店内を観察するとカウンターにサイフォンが並んでいて、一杯ずつ丁寧に煎れておられる姿が見える。これは期待出来るぞと思い、珈琲を静かに啜ると、まずは珈琲の温度が完璧で、苦み、酸味も尖っておらず非常にバランスが良い。珈琲豆の種類が分かるほどの味覚や知識は持ち合わせていないが、大好きなマンデリンを全体的に優しくしたような味わい。最後の一滴まで飲み干した。いやはや、ここ最近飲んだ珈琲で最も美味しかった!大好きな昼下がりに向けて、最高のランチでした。ご馳走様でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★★☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★★☆
(3)店のサービス(接客):★★★★☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸版 Vol.5
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:ランチ103店、おやつ15店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年8月25日~平成27年11月20日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1400円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]