FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

神戸・明石間メバリング釣行 ~メバルよりカサゴ~ 

01-P7020200.jpg
 ポイントに到着すると上げっぱなの潮が効いて、まるで川のように上下に躍動している。試しにフロートリグを放り込んでみると、あっと言う間に流されていく。かなりの激流だが、雰囲気は悪く無い。暗くなれば、この潮流に乗って大量のメバルが接岸するであろうと、前向きに予想する。


02-P7020203.jpg
 午後7時、釣りを開始する。夏至を過ぎたばかりで、驚くほどに明るい。この場所では、完全に暗くならないとメバルが反応しない傾向にあるので、まずはジグヘッドリグを主体にしてカサゴを狙うことに。潮流の影響を受けにくい場所を中心に、ジグヘッドを投じて、そして5秒ほど沈めてから、ロッドを立ててティップを振動させながら誘いをかける。時折、ジグヘッドが海藻に接触するが、軽く揺さぶって回避すると、この瞬間が魚にとっては魅力的なのかバイトの再現性が高い。コンッと明確なバイトを捉える。ロッドが柔らかい分、魚への違和感が少ないものの、魚に動きを与えてしまい海藻に巻かれてしまう危険性もあるため、ドラグを固く締めて、ロッドを立てて一気に勝負をつける。小型ながら、最初の一尾は嬉しい。場所を少しずつ変えながら、ジグヘッドを投じていくと、次々にバイトがある。乗るバイトもあれば、何故か乗らないバイトもある。後にワームの切れ具合から、フグの仕業であることが分かる。


03-P7020210.jpg
 刻一刻と空の色が変化する。思わず見とれてしまう美しさに、しばしロッドを置いて空の撮影に専念する。技量のせいもあり、実際の美しさの半分も表現出来ていないのは非常に残念だが、この夕焼けを見ることが出来ただけでも、遠くに足を運んだ価値はある。釣れなくても良いかとさえ思えてしまう。いや釣れないと困る。


04-P7020214.jpg
 カサゴの反応はすこぶる良く、ジグヘッドを投じると結構な確率で反応があるが、バイトを掛けることが出来るか否かは別の問題であり、思いの外、数を伸ばすことが出来ない。そろそろメバルが接岸する時間かなと思い、フロートリグを結んだタックルに持ち替えて、目ぼしいポイントにリグを送り込むが全く反応が無い。ツンッと触れるバイトすら無い。


05-P7020216.jpg
 カサゴを狙う釣りが面白く、ついつい底周辺を探ってしまう。ロッドの柔軟性を利用して、1.5gのジグヘッドを出来る限り遠くに投げ入れて、そして少しだけラインを送ってから5秒から8秒の幅でジグヘッドを沈めて、ラインを整えてからロッドを立て、ジグヘッドに小さな振動を与えながら誘いを入れる。グンッ、と痛烈なバイト。ラインを巻き取ったところで、なかなかの重量感。このサイズが海藻に突っ込んでしまうと、もう身動きが取れなくなる。ロッドを高く掲げて、ラインを全く出さずに一気にラインを巻き取っていく。なかなかの良型のカサゴだ。


06-P7020219.jpg
 忘れた頃にメバルを狙うが、この優柔不断、中途半端が良くないのか、相変わらずメバルの反応を捉えることが出来ない。カサゴ狙いに興じている間に、メバルの時合が終わったのかも知れない。もしくは降り続いている雨の影響かも知れないし、使用しているワームが駄目なのかも知れない。午後9時を過ぎると、魚の活性が明らかに悪くなり、カサゴすら反応しなくなる。粘りに粘って、最後にカサゴを掛ける。更に粘れば、いずれメバルの時合が到来する可能性もあるが、明日も仕事があると考えると、急激に戦意を喪失して納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:令和元年7月2日(火)午後7時~午後9時30分
 潮回り:大潮、上げ(激流)
 天気:曇り、ほぼ無風、気温:24度、水温:21.5度
 ポイント:神明間某漁港
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: VARIVAS Violente VLL-82-T
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs、6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Daiwa Beam-Stick 2.2inch、1.5inch、Pearl White
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
(2) ジグヘッド
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g
スポンサーサイト

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~凪でメバルを釣りたい~ 

01-p6280180.jpg
 釣行前に小腹が空いたので、成長期の高校生ではあるまいにマクドナルドへ。「ダブルチーズバーガーのパティを倍」にて420円也。所謂、夜マックである。これに珈琲やサイドメニューを加えると1000円近くになるが、ラーメンを啜った方が正解だったのかも知れないと思うのも時既に遅しであり、どこぞの斜塔のように歪んで佇む堂々たるシルエットを眺めた後に、本能のままにかぶりつく。肉汁が溢れ出てくるようなことは無いが、しっとり柔らかくて素直に美味い。満足したような、虚しいような、微妙な心境で店を後にする。


 午後7時、釣りを開始する。今日の潮回りは若潮で、夕暮以降は満潮位付近でダラダラと動いているのか動いていないのか判別付かないような範囲で海面が上下する。しかも雨後と言うこともあり、海水に濁りが入ればあまり期待は出来ないが、梅雨時期の貴重な釣行の機会を逃す訳にはいかない。南西からの風が容赦なく吹き付け、南側に面する明石界隈の海岸線には白く波が打ち付けている。嵐の前のような鈍色の重たい雲を眺めながらロッドを振る。吹き抜ける潮風が気持ちが良いが、風向きを計算したうえでロッドを振らないと釣りにならない。


02-p6280187.jpg
 風向きを考慮してジグヘッドを投じていく。完全に暗くなるまでは、カサゴに狙い絞って、ジグ単で足元を集中的に探っていく。風が邪魔をして、思い通りにジグヘッドを操ることが出来ないが、前面に広がる被覆ブロックの法尻付近でクンッと明確なバイトを捉える。障害物に入り込まれないように、ドラグを止めて一気に寄せる。カサゴだ。


03-p6280188.jpg
 河豚の猛攻に耐えながら辛うじて2匹目。その後も、被覆石をタイトに攻めてポツポツとカサゴがロッドを曲げる。


04-p6280191.jpg
 陽が沈めば風も収まるであろうとの楽観的な考えは呆気なく蹴飛ばされ、むしろ余計に威力を増している。前回の釣行でメバルの反応が良かった場所にジグヘッドを投じたいが、風が邪魔をしてどうにもならず、風に歯向かわずに辛抱強くジグヘッドを操作する。20mほど先まで広がる被覆石の切れ目あたりで痛烈なバイト。躍動感あふれる動きに、思わずメバルではないかと期待をするが、姿を現したのはカサゴであった。


 釣れない時間が続く。もう帰ろうか。


05-p6280193.jpg
 フロートリグを投入して、海藻の切れ目付近を集中的に攻めるがメバルの反応は無い。目先を変えて、何気に沖側にフロートリグを遠投する。岸際よりも沖の方が波動の影響は少なく、フロートリグから伝わる抵抗でもそれが分かる。ツッ・・・と、メバルのバイトらしき違和感。何かの浮遊物に触れただけかも知れない。再度、同じような位置にフロートリグを投げ入れて、丁寧にリールのハンドルを回すと、ツッ・・・クンッ・・・っとバイト。間髪入れずにロッドに負荷を掛けると、グググっと躍動感。小型ながら待望のメバル。


06-p6280194.jpg
 続いてもう1匹。風と潮の影響が少ない位置に居るようだ。


07-p6280196.jpg
 更にもう1匹。よし、再現性を掴んだ、っと暗闇で右腕を上げたのが良くなかったのか、ここぞとばかりに風が強くなり、同調して波がザブザブと激しくなり、精根尽きて敢え無く撤収と相成った。


■釣行データ
 釣行時間:令和元年6月28日(金)午後7時~午後9時30分
 潮回り:若潮、上げどまり
 天気:曇り、南西の風、気温:26度、水温:21度
 ポイント:神明間某漁港
 釣果:計8匹(メバル3匹、カサゴ5匹)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: VARIVAS Violente VLL-82-T
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs、6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Daiwa Beam-Stick 1.5inch、KIRAMEKI-Clear
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
(2) ジグヘッド
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~ヘッドライト照射軍団にも負けず~ 

 今日は久しぶりにメバルに照準を合わせて明石方面へと車を走らせる。須磨のあたりから国道の車線数が少なくなり、JRと山陽電鉄の線路に道路が挟まれて、左手に明石海峡がお目見えする辺りでは、車線数が1つになり、必然的にボトルネックとなり激しい渋滞が起こる。イライラしてもしようがないので、覚悟を決めて赤いランプの列を眺めながら、珈琲を啜りながら、アクセルとブレーキを交互に踏みながら、踏み違いをしないように注意を払いながらノロノロと進む。

 午後7時前、現場に到着する。まだ明るくて時合までには時間がある。干潮からの上潮と、明石海峡を行き来する船舶の航跡波とで、海岸線に波が打ち付けて白く砕けている。今日の昼間に神戸港の海を覗き込んだ際には、随分と濁りが入っていたが、こちら明石の海は透明度が高い。以前より海藻が減ったようにも見えるが、むしろ釣りをするには程よい密度で茂っている。今日は、迷い彷徨い、そして右往左往して自滅しないように、フロートリグのタックル1本に絞り込んでいる。


01-P6220154.jpg
 ダイワの0.5gのジグヘッドに、同じくダイワのビームスティック1.5インチ、煌クリアーから開始する。陽が落ちるまでは、魚に違和感を与えないようになるべく自然な色合いで誘ってみる作戦。過去の経験から、現在の状況がクロメバルを狙う環境には無いことから、手前の海藻付近を重点的に探ることにする。フロートリグを軽く投げ入れてから、沈んでいる岩などの障害物をワームが掠めるようにゆっくりと丁寧にリールのハンドルを回す。一定の速度で引いてみたり、ストップ&ゴーで誘ったり。数投目、ワームが岩の横を通過した瞬間にバイト。ラインを海藻に絡まれないように、やや強引に引き寄せて、本日1匹目のメバル。


02-P6220156.jpg
 水深2m以浅を集中的に誘うと2匹目。早い時間帯に釣果を得ることが出来て、心に余裕ができる。


03-P6220158.jpg
 陽が落ちてきた。

 いよいよ時合に突入するのかと思いきや、怪しげなバイトが数回あるも喰いが浅くて乗せることが出来ない。空を雲が覆い、また月明かりも無い。ワームをインパクトのあるパール系に変えてみるも状況が好転することは無い。もしやと思い、前回の釣行で反応が良かったジャッカルのペケペケのクリアー赤ラメに変える。


04-P6220161.jpg
 狙いが奏功し、先ほどは反応しなかったメバルが一発目で反応する。これで流れに乗ったかと思いきや、餌釣り師4名が近くで電気ウキを流し始める。真横で生き餌を使われると非常に厳しい。しかも強烈なヘッドライトを灯したままキョロキョロする系の素人集団であり、ライトが目に入ると視界が奪われるし、海面をギラギラと照らされては魚も散ってしまう。非常に過酷な環境での釣りを余儀なくされる。


05-P6220166.jpg
 活性が高まったのか、ワームの選択が良かったのか、更にメバルを追加する。針掛かりしている位置を見ると、躊躇なく捕食していることが分かる。背中の盛り上がりが素晴らしい。

 不躾な素人餌釣りヘッドライト照射軍団の際限ない攻撃に耐えながらも、平常心を保ちつつ(時に心乱れながら)釣りを続行する。餌釣り集団の赤い電気ウキの動きから、潮流を把握することが出来るのは唯一の利点ではあるが、これ以外は迷惑でしかない。強烈ヘッドライト目潰しで、平衡感覚を失ってしまいながらも、粘り強く、フロートリグを投じていく。時折、海面がバシャッと弾けている。メバルのライズだろうか。


06-P6220169.jpg
 フロートリグの性能を発揮せぬままに、至近距離でメバルが反応する。


07-P6220173.jpg
 浅場を攻めすぎてカサゴを間に挟んでしまうも、更にメバルを追加する。

 午後9時を過ぎて、メバルの反応が一気に悪くなり、場所を変えながら30分ほど粘るも力尽きて納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:令和元年6月22日(土)午後7時~午後9時30分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:曇り、北西の風、気温:24度、水温:20度
 ポイント:神明間某漁港
 釣果:計8匹(メバル6匹、カサゴ2匹)

■使用タックル
(1) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: VARIVAS Violente VLL-82-T
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs、6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Daiwa Beam-Stick 1.5inch、KIRAMEKI-Clear
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
(2) ジグヘッド
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~ライトゲームで心を癒すしかない~ 

01-P6060100.jpg
 期間限定で「チームラボ」の作品の展示があるということで姫路市立美術館へ。足を踏み入れると、そこにはデジタルテクノロジーを駆使した幻想的な空間が広がっている。まるで波が生き物のように荒々しく次々に押し寄せて躍動する。感心して見入っていると、船酔いのようになり気持ち悪くなってしまうという痛恨。陸上なのにアネロンが必須であったとは。


02-P6060108.jpg
 蕾が膨らみ、花が咲き、そして散っていく。


03-P6060124.jpg
 食べログの評価では、姫路市内で最も評価が高いというラーメン店へ。鶏白湯ラーメンが1200円。結構な値段に驚きつつも、心静かにスープを啜り、続いて麺を啜る。日本人のみならず外国人観光客によって席が埋まっていく様子を眺めていると、一見さん相手だからこそ、この強気な価格、貧相な内容でもやっていけるのだろうなと思いつつ、引き続き、麺を啜る。果たしてこの店の常連客なんているのだろうか?今更ながら和歌山ラーメンの美味さ、安さ、気軽さ、懐の深さを知る。


04-P6060125.jpg
 姫路市内のアーケードを歩いていると楽し気なトリックアートが。


 5月以降、早朝のショアゲームに精を出していたものの、カタクチイワシの巨大な群れの位置を把握しているのに、何故かシーバスやサゴシ等の大型魚の姿は無く、いや姿があった筈だが掛けるに至らず、いつしかパターンを見失い、同時に自信を失い、過去に例が無いぐらいの撃沈が続いていた。何故かイシモチが釣れて、遂には巨大なエイにラインを切られて完全に戦意を喪失した。今日は、何とか魚の躍動感を味わいたいと考えて、ライトタックル片手に夜の神戸港へと繰り出すことに。

 完全に暗くなった午後8時から釣りを開始する。釣り人の姿は無い。満潮位で海の鼓動が止まっているように見えるが、南西の方向から吹き付ける風のせいもあり、海面の夜景は激しく歪んでいる。護岸沿いを中心に、ジグヘッドを投じていく。風に負けず辛うじて1.5gのジグヘッドを操作するが、PEラインが白線流しのように揺らいでいる。場所を移動しながらジグヘッドを投じていくが、バイトらしき反応が無く、時間が過ぎていく。釣行前に昔の手帳を取り出して、今と同じ時期の様子がどうだったか確認すると、やはり今の季節、毎年のように悶えていた。


05-P6190139.jpg
 護岸沿いにジグヘッドを投じて、表層、中層そして底層とおおまかに分けて探っていく。ジグヘッドの着水を確認した後に、丁寧にラインを送り込んで底まで落とし込む。ラインの弛みを整えて、ジグヘッドが護岸際スレスレに通るようにロッドの位置を調整しながらゆっくりとリールのハンドルを回す。ロッドの先端に微振動を与えながら、時にジグヘッドを跳ね上げてイレギュラーな動きを演出する。極僅かに、ツッ・・・と違和感を察知する。極小のメバルがワームを啄ばんだ時のような不明確なものだ。神経を集中して、そのままリールのハンドルを回すと、ほんの一瞬、抵抗が軽くなる。ロッドを手前に引き付けてラインを張ると、ジワリと重量感。間髪入れずにラインを巻き取り、ロッドの負荷を増すとラインがスーッと走る。タケノコメバルにありがちな動き。障害物にラインを巻き込まれないように、ロッドのバット部にしっかりと負荷を移して、一気にラインを巻き取っていく。異変に気が付いたのか、一気に魚が走ると同時にロッドが曲がる。海中にギラリと銀鱗が翻る。


06-P6190140.jpg
 ランディングネットに収まったのはキビレ。


07-P6190141.jpg
 更なる釣果を期待して、キビレやチヌ狙いに転じる。微細なバイトを捉えて、ヨシ2枚目と嬉々とするも、貧相なロッドの曲がり具合からして狙いとは違う。辛うじて撃沈を回避したものの、再現性を掴むこともなく、敢え無く午後9時半に納竿とした。6月下旬に大阪で開催されるG20に備えて、各地の海上保安庁の巡視船が神戸港に多数集結している。普段の神戸の街並みとは少し違うが圧巻の光景である。


■釣行データ
 釣行時間:令和元年6月19日(水)午後8時~午後9時30分
 潮回り:大潮、上げどまり
 天気:晴れ、気温:20度、水温:22度
 ポイント:神戸港
 釣果:計2匹(キビレ38cm、タケノコメバル1匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g、2.0g

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~夜明けの時合は短い~ 

01-P4271588.jpg
 毎年、ゴールデンウィークになると北野坂を完全に閉鎖して開催される花の祭典インフィオラータ。散歩がてらに北野坂に向かってみるも、早朝に雨がパラついて作業が遅れたのか、まだ準備中。芝生が敷き詰められた道路には、下絵が描かれた大きなキャンバスが並んでいる。


02-P4271602.jpg
 作業を眺めながら珈琲を楽しむことに。窓から差し込み陽射しが温かくて気持ちが良い。


03-P4271591.jpg
 花の絵が完成するまでには、まだ随分と時間がかかる様子なので、道路脇の花壇に咲く花を愛でて撤収する。


 日付が変わって日曜日の午前3時、明石方面に向けて出発する。気温は9度。この季節にしては驚くほどに寒く、温かい珈琲を啜ると身体の芯にジワリと染み込んでいく。午前4時過ぎにポイントに到着し、早速釣りを開始する。北風が吹いて、体感温度がグッと下がるが、念のために着込んだ防寒着に救われる。夜明けまでの時間はごく限られている。前回の釣行を参考にして、反応が良かった場所を中心にフロートリグを投じていく。漁船のエンジン音が遠くに響いている。沖合には潮目が走り、それが徐々に近づいてきている。雰囲気は良さそうだ。


04-P4281608.jpg
 メバル23㎝。

 前回の釣行で反応が良かった海藻エリアの切れ目付近をクリアー系のワームで集中的に探る。タダ巻きで誘ったり、ストップ&ゴーで誘ったり、軽くトゥイッチングを入れたり、一投一投を大事にしながら丁寧に探ていく。徐々に東の空が明るんできた。残された時間は少ない。ワームをガルプのベビーサーディンに変える。色はクリアーベースに黒と赤のラメ。フロートリグを潮目付近に投げ入れて、一定の速度で引く。ロッドから伝わる感触から、潮が効いてフロートリグの位置が横方向にズレていくのが分かる。海藻エリアに差し掛かる。クッ・・・僅かなバイト。ロッドを引き付けると、グワンッと反発してロッドが曲がる。ラインが張り詰めて、ジャジャジャっとドラグが鳴る。海藻に絡まれないように、ロッドを曲げて負荷を増しながら、一気に魚にプレッシャーをかけるも、思いの外、魚の引きは強くてドラグが鳴り続けている。指でスプールの回転を止めて、強引に寄せる。最後はエイッと引き抜くと、待望のメバル。サイズは23㎝。

 更なる良型を求めてロッドを振るも、せっかくのバイトを逃して、あっと言う間に夜が明けてしまい、敢え無く納竿とした。遠くに淡路島が霞んで見える。

 帰宅後に釣りあげたメバルを捌くと、胃袋にはフナ虫を細長くしたような物体が大量に入っていた。これが次回の釣行のヒントになれば良いのだが・・・。


■釣行データ
 釣行時間:平成31年3月28日(日)午前4時00分~午前4時50分
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温:9度、水温:13.8度
 ポイント:神明間某漁港
 釣果:計1匹(メバル23㎝)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: VARIVAS Violente VLL-82-T
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs、6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20190428.png

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~耐久メバリング再び~ 

01-P4021446.jpg
 和歌山で啜った最後の1杯は丸田屋の中華そば。3年間生活した和歌山を後にして20日が経過し、早くも濃厚な豚骨醤油と低加水の細麺が恋しくなってきているが、これは所謂、中毒症状ではないかと思われる。


02-4031451.jpg
 丼から豪快にはみ出たアナゴ。途中で胸焼けして挫折してしまうかと思いきや、意外にも難なく完食。良い油でサックリと揚がった天ぷらは尚更に美味い。これは神戸三宮のお店で。


03-P4131512.jpg
 神戸三ノ宮の街中を歩けば、花壇には溢れんばかりの花が咲き誇り、もう春爛漫かと思いきや、この週末の気温は20度を超えるとの予報で、春を通り越してもはや初夏の領域に突入している。しかし気の早い気温とは裏腹に、海水温はしっかりと15度付近を彷徨っていて、気温に惑わされないように対象魚を絞り込む必要がある。


04-P4201561.jpg
 和歌山から神戸に戻り、生活が落ち着いた頃合いを見て、幾度か勇んで神戸港に繰り出してみるも、反応を示してくれるのは粘りに粘って辛うじて定番のカサゴ、もしくは極小のタケノコメバルのみ。巷の釣果情報には、良型のメバルがちらほらと見えるが、我がロッドを絞り込むことは無い。明石海峡付近の激流で、潮目に乗って回遊してくる良型のクロメバルを一か八かで狙ってみるのも悪く無いと思い、土曜日の夕方に第二神明道路を駆って明石方面へと向かう。午後6時過ぎに現地に到着すると、橙色の夕陽が地平線に落ちようとしている。刻一刻と変化する美しい空を眺めながら、少し冷たくなった潮風を感じながら、釣りの準備を整える。今日は、沖合を探るためのフロートリグ(Fシステム)用と至近距離を素早く攻めるジグヘッドリグ用の2本のタックルで挑む。


05-P4201566.jpg
 陽が沈むと、急に冷たい風が吹き込んでくる。上げ潮が効き始めると、黒い海面がまるで生き物のように盛り上がり躍動して動き回る。フロートリグを投入すると、あっという間に潮流に流されてしまい、また生い茂る海藻に引っ掛かり、思うように釣りが出来ずに焦る。ならばとジグヘッドリグに変えて、近場を素早く探ってみることに。活性の高い個体が浅場で捕食活動に入っているかも知れない、そう思ってのことだ。物事は早々簡単にはいかず、細長く揺れる海藻と地味な戦いを繰り広げながら、色々な方向にジグヘッドを投じていくと、ようやく待望のバイト。ツッ・・・と触れるようなバイトを感知して、ごく一瞬だけ間を入れてからロッドを立てると、魚の躍動感が伝わってくる。記念すべき1匹目は、あまりに小型であるが、脳裏には坊主がちらついていただけに、これは嬉しい1匹。


06-P4201568.jpg
 必死に目を凝らして、海藻の隙間を見つけてはジグヘッドを投じていく。東の空に、ビルの合間から現れた巨大な月が黄金色の威光を放つ。アクアウェーブの1.5gのジグヘッドに、ダイワのビームスティック1.5インチ、そして月明かりが強いため、限られた選択肢からインパクトが極力弱い、”煌クリアー”を選ぶ。ジグヘッドを投じて、潮流の動きに合わせて、張らず緩めずでラインをゆっくりと巻き取っていく。ツッ・・・・僅かなバイトの後に、ジワッと重量感。素早くロッドを立てると、強めに締めたドラグが一瞬だけジャッと鳴く。揺らめく海藻に潜られないように、ロッドを引き付けて一気に寄せる。体色が黒く、精悍なメバル。時合が来て、流れに乗ったかと思いきや、これがなかなか乗り切れない。


07-P4201570.jpg
 メバルの居場所を突き止めようと、色々な方向にジグヘッドを投じては探りを入れるが、芳しい反応は無い。待望のバイトに喜んでいると、足元を攻めすぎてカサゴが反応したり、せっかく掛けたメバルが海藻に潜られたりと悪戦苦闘が続く。潮流が弱まり、また気まぐれな風も弱まり、海面がのっぺりと穏やかになり、黄色の月光が細長く揺れる。潮が転流して向きが変わり、潮がまどろむ場所にジグヘッドを投じてみる。ふと記憶が蘇る。数年前の釣行で良い反応があった場所だ。フロートリグをゆっくりと一定の速度で流していくと、海藻が生い茂る付近で、ツッ・・・クンッ・・・と明確なバイト。しっかりと合わせを入れて、一気にロッドに負荷をかけて、そして海藻に潜り込まれないように、魚の躍動感を楽しむこともなく強引に素早く寄せる。メバルだ。


08-P4201575.jpg
 活性が高まったのか、それとも場所が良いのかメバルが次々に反応する。小型ながら、毎回のように反応があり楽しい時間が過ぎる。沖側の海藻軍団付近で、ガツッとひったくるような強烈なバイトを捉え、そしてロッドが大きく絞り込まれるも、ドラグが鳴ってラインが引き出され、残念無念、海藻に潜られてしまい痛恨のバラシ。この他にも、数匹を海藻に潜られた逃してしまう。


09-P4201577.jpg
 ダイワのビームスティック”煌クリアー”への反応が悪くなり、ワームケースに1本だけ入れていたジャッカルのペケペケ2インチに付け替える。色は”クリアー・レッドフレーク”。赤ラメが月光に煌いて、活性を上げてくれるであろうとの思い。これが奏功して魚の活性が復活する。試しに透明感の無いパールホワイトに変えてみると、ピタリと反応が無くなってしまう。久しぶりに再現性を確認する。


10-P4201578.jpg
 潮位が高くなり、海面と海藻との間に余裕ができると、たちまち魚の反応が鈍くなる。少し下のレンジを探れるように、Fシステムのリーダーを60㎝から90cmに長くして、そして同じ要領で流していくと、またまた魚の反応が復活する。一定の速度で反応が悪くなれば、チョンチョンと軽い誘いを入れるとクンッ・・・っとバイト。


11-P4201584.jpg
 満潮の潮止まりで反応が無くなり、我慢の時間が続くが、下げ潮が効きだすと再びパタパタと反応が出るが、魚の居場所を見失ったのか、それとも活性が落ちたのか、短時間で時合が終わってしまう。気が付けば午後11時、何と驚くことに延々5時間もロッドを振っていることになる。明け方の時合も気になってしようがないが、さすがにそこまで体力は残っておらず、疲労感と満足感に包まれて納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成31年3月20日(土)午後6時00分~午後11時00分
 潮回り:大潮、上げ→下げ
 天気:晴れ、気温:20度~17度、水温:13.5度
 ポイント:神明間某漁港
 釣果:計20匹(メバル17、カサゴ3)(メバル3匹持ち帰り、他は全てリリース)
12-P4201586.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: VARIVAS Violente VLL-82-T
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs、6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Daiwa Beam-Stick 1.5inch、Pearl White、KIRAMEKI-Clear
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
13-20190420.png

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~極小だらけ、たまに良型~ 

01-P3031246.jpg
 南禅寺水路閣。周囲には南禅寺等の豪壮な建物物が複数あるが、それに負けずと劣らずの存在感を放ちつつ、かつ建物のコンセプトが信仰対象と社会インフラという全く別物でありながらも、無理矢理で強引な印象を与えず絶妙に景観と調和させているあたりがお見事。何か事件が起こりそうな空気感が漂う。
 
京都観光NAVIによると・・・
 琵琶湖疏水の分線(蹴上以北)にある水路橋で1888年(明治21)完成。南禅寺境内を通過するため、周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。全長93.2メートル(幅4メートル、高9メートル)レンガ、花崗岩造り、アーチ型橋脚の風格ある構造物で、静かな東山の風景にとけこんでいる。市指定史跡。


02-P3031259.jpg
 南禅院庭園。普段の生活で荒んだ心を洗浄してくれそうである。

再び京都観光NAVIによると・・・
 御霊殿には亀山法皇の坐像(重文)を安置。襖絵は狩野養朴筆。南禅寺発祥の地である。亀山法皇離宮の持仏堂であり、法皇はここで落飾された。現在の建物は1703年(元禄16)、木下利三の縁者、円成院禅尼・徳川綱吉の母、桂昌院により再建された。南禅院の庭園は法皇遺愛の林泉で、史跡及び名勝に指定されている。築庭に当たって竜田の楓を移植し、井手の蛙を放ったと伝えられる。池中に心字島を配した池泉廻遊式庭園である。


03-P3091334.jpg
 夕暮時の薄暮の時間帯に微細なバイトを捉えたものの、極小のカサゴ。

 一気にところ変わって神戸港。今年に入った時点では、神戸港にサゴシや太刀魚が接岸して、また新たに導入したタックルの具合を確かめたくて、完全なる防寒対策で嬉々として釣行に繰り出していたものの、水温が12度付近を彷徨いだすと魚達の姿はすっかりと霧散し、また釣り人も寒波に負けて炬燵に潜り込んでミカン生活に入り込んでしまうと、呆気なく機会を失って海が遠のいていく。更には、最近ハマっているスパイスカレーを作っては、温かい部屋で美味いっと悦に入りつつ食べていると、寒さに負けず釣行してやろうという意気込みは無くなってしまう。そんな折、三寒四温を繰り返しつつ温かい日が続き、久しぶりに神戸港に繰り出そうという気持ちになる。水温はまだ下がったままで、あまり多くを期待出来ないまでも、何かしらの魚が反応してくれるであろう。念のため、過去の同時期の釣果を確認すると、案の定、釣れてない。


04-P3091337.jpg
 中層での反応は無く、底層を中心に探っていく。時折、北西から勢いよく風が吹きつけて、一気に体感温度が下がる。前面に広がる駆け上がり付近を探るが、一向に反応は無い。潮が効いていて雰囲気は良い。潮流を確認したうえで護岸沿いにジグヘッドを投じていく。潮下の方向から、ジグヘッドの存在を把握しながら超微速で誘っていく。クッ・・・っと小さなバイト。ラインの張り具合をそのままに保ちながら、ロッドを引き寄せるとジワリと重量感。ラインを巻き取り、手首を返してフッキングを入れると一気にロッドが曲がる。一瞬だけドラグがチリッと鳴るが、ドラグを強めに締めていることもあり、こちら側が主導権を握りやや強引にロッドを立てる。油断すると障害物に突っ込まれてしまう。腕を突き出して、障害物にラインが触れるのを回避して、ロッドの弾力を活かして魚を浮かす。まずまずのカサゴ、24㎝ほどある。


05-P3091339.jpg
 場所を変えながらジグヘッドを投じていく。相変わらず中層付近での反応は無く、ジグヘッドを底まで確実に沈めてから、底べったりをジワジワ丁寧に攻めていく。水深は4mほど。底に転がっている捨て石の小さな起伏を感じながらリールのハンドルを回すと、クンッ・・・っと明確なバイト。ジワリと重みを感じてから鋭く掛ける。メバルか?と思えるよう遊泳力でロッドがグインと曲がる。負荷を強めて浮き上がらせると意外にもカサゴでは無いか。尾鰭が大きく発達している。なるほど。魚が広範囲に散らばっているのか、同じ場所での連釣は無く、積極的に歩いてこちら側から魚にアプローチする必要がある。


06-P3091341.jpg
 表層付近で捉えたバイトの正体は極小タケノコメバル。

 久しぶりの釣行にしては珍しく、上手い具合にキャストが決まり、護岸沿いの狙いの場所にジグヘッドが入っていく。出来るだけジグヘッドを真下に落とし込んでから、ジグヘッドが浮き上がらないようにラインをジワリと張り、ジグヘッドの抵抗を感じながら底付近をタダ巻き、もしくは微振動で誘う。メバルのような繊細なバイトを捉えるも、いずれも極小のタケノコメバル。活性は高まっているようだ。


07-P3091342.jpg
 強烈な引きでロッドを絞り込んだのは、タケノコメバル27㎝。

 底付近をジワジワと丁寧に誘っていると、ジグヘッドがフッと軽くなり、その後、僅かにソリッドティップが入る。ジグヘッドの重量が、1.5gから2gに変わったような違和感。良型にありがちなバイトだ。リールのハンドルを回す速度を一定に保ちながら様子を伺うと、徐々に重量感が増す。瞬時にラインを巻き取り、グンッと重みが乗ったところでフッキングを入れると、柔軟なロッドが大きく曲がりラインが走る。真下にグイグイと引き込む力強さを楽しみながらも、足元の障害物に入り込まれると一瞬でラインブレイクに陥るので、気を抜かず、負荷を強めながら対峙する。やりとりを続けると、徐々に魚のパワーが増していく。真下に潜ろうとする躍動感が凄い。程なくして海面付近で魚体が翻る。一気に引き抜くと、良型のタケノコメバル。


08-P3091347.jpg
 更なる良型を期待するも、一瞬で捕獲できるような極小サイズばかり。


09-P3091349.jpg
 更に極小タケノコメバル。満潮の潮止まりをもって納竿とした。


11-P3021226.jpg
 サバ6製麺所の「サバ醤油そば」700円也。濃厚な魚介出汁に甘辛い醤油が染み渡る。たまにはあっさり系の麺を啜るのも良い。


■釣行データ
 釣行時間:平成31年3月9日(土)午後6時10分~午後8時50分
 潮回り:大潮、上げ
 天気:晴れ、気温:14度~10度、水温:12.4度
 ポイント:神戸港
 釣果:計12匹(カサゴ5、タケノコメバル7(最大27cm))(全てリリース)
10-P3091352.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
12-20190309.png

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~横須賀からの神戸港~ 

01-pc200985.jpg
 冠雪の具合が抜群の富士山を眺めながら、新幹線に揺られて久しぶりに関東への出張。


02-pc201001.jpg
 昼食は、久里浜にある「ひさご寿司」のマグロ丼。刺身が苦手でも、このマグロ丼だけは、本当に問題なく美味しく食べることが出来る。茶碗蒸しと味噌汁がついて昔と変わらず1,080円。


03-pc211022.jpg
 某所に上陸。青空に白い灯台が映える。


04-pc211033.jpg
 こちらは馬堀海岸。随分と昔に同じ職場だった方々に久しぶりに再会して、お互いの変わり果てた容姿に笑いながら驚きつつ、お互いの子供達の年齢を確認して時間の流れを実感する。面的防護の先駆けとなった馬堀海岸にて、諸々のことをご教示頂く。



05-pc221047.jpg
 ところ変わって神戸の夕暮。街中はルミナリエが終わり一気にクリスマスモードに突入していて、仲睦まじく見つめ合いながら密着して歩く多数のカップルを横目に平常心を保ちつつ、ロマンチックな風景の邪魔にならぬよう車中で手刀を切りながら神戸港へと向かう。


06-pc221050.jpg
 午後6時過ぎ、釣りを開始する。海面を眺めると平静が保たれていて、小魚達の群れを確認することは出来ない。よってシーバスアングラーの姿も無い。シーバス狙いを諦めて、ライトタックルで根魚を中心に狙うことにする。今日の潮回りは大潮で、ちょうど下げ潮に入る絶妙な時間帯。護岸沿いにジグヘッドを投じて、表層、中層、底層と大雑把にレンジを変えて魚を誘っていく。すぐに反応を得ることが出来るだろうと安易に考えていたが、まだ潮が動いていないのか、そもそも魚が居ないのか、バイトを得ることが出来ない。魚の反応が無いままに時間が経過すると、動作が雑になり余計に魚が釣れなくなる悪循環に見舞われてしまうので、ここはグッと我慢して丁寧にリールのハンドルを回す。釣行の頻度の少なさを簡単に補えないことは分かってはいるが、何らかのヒントを得るまでは焦りが募る。まずは確実に根魚を捉えるべく、底層を集中的に誘う。ロッドティップを小さく上下させながら、数秒おきにピタッと動きを止めて魚を誘う。モワッ・・・と違和感。更なる食い込みを得るために、そのまま誘いを入れるとジワリと重量感。素早くロッドを立てると、グンッとロッドが反発して魚を捉える。丁寧に寄せて久しぶりのカサゴ。


07-pc221052.jpg
 再現性を確認すべく、先ほどと同じように護岸沿いにジグヘッドを投じる。スプールからポロポロとPEラインが落ちていく様子を眺めながら、ジグヘッドの着底を待つ。ラインが落ち着いたのを確認して、ラインを張って動作を開始しようとすると、怪しげな重み。そのままラインを巻き取ると、グググッと魚の躍動感。ロッドを曲げて、ラインに負荷をかけて、魚の動きを受け止める。グイグイと真下に突っ込む動きに応じてロッドを切り返すと、ズルズル・・・っとリーダーが擦れる嫌な微振動。無駄なを動きを抑えて、一定の負荷をかけて魚を障害物から引き離し、そして浮かせていく。姿を現したのはクロソイ。この界隈では珍しい魚であるが、この時期だけに姿を見せる。


08-pc221053.jpg
 狙いを変えて、潮通しが良い角地の基礎捨石の駆け上がり付近を狙うことに。過去には良型のカサゴが連発して良い思いをしたことがある場所だ。ジグヘッドを投じて、ラインを送り出しながらジグヘッドの着底を待つ。ラインが落ち着いた頃合いを見計らって、ロッドを立てて、ラインを整えて、底の状況を想像しながら丁寧に探っていく。コンッ・・・っとバイト。ジワリと重みが乗ったところで素早く掛けに入るとラインが勢いよく走る。てっきり底に居着いた鯵を捉えたかと、ひとり悦に入るが、魚を引き抜くと高速で振動していて、直に鯖であることが分かる。試しに同じラインにジグヘッドを通すと、同じように鯖が反応する。全く本命では無いものの、再現性を掴んだ瞬間は嬉しいもの。ついつい鯖狙いに熱中するも、数匹を掛けたところで我に返り、場所を移動する。


09-pc221055.jpg
 場所を移動しながら魚を探すが、恐らく小さなメバルであろうバイトがあるも捉えることが出来ず、釣れない時間が続く。あっという間に1時間が過ぎて、既に気持ちは萎えて、戦意は喪失しているが、ここで諦めては納得がいかない。一旦、車に戻り、ボトルに入れた温かい珈琲を啜ってから再び始動する。表層から中層の魚を捉えたい気持ちはあるものの、確実性を重視してカサゴ狙いに徹することに。運良く別の魚を掛けることが出来るかも知れない。ジグヘッドを投じて、丁寧にリールのハンドルを回す。底に転がるゴツゴツとした石の感触を確認しながら魚を誘う。クッ・・・っとバイト。そして数秒後にグググ・・・っと力強い引き。間髪入れずにロッドを立てると、ラインが張り詰めてロッドが曲がる。狙いどおりのカサゴだ。


10-pc221057.jpg
 更に2匹のカサゴを追加して、午後8時過ぎに納竿とした。



■釣行データ
 釣行時間:平成30年12月22日(土)午後6時10分~午後8時20分
 潮回り:大潮、下げ
 天気:曇り、気温:11度、水温:15.2度
 ポイント:神戸港
 釣果:計10匹(鯖5、クロソイ1、カサゴ4)(全てリリース)
11-pc221059.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン10lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
12-20181222.png

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~狙って釣れず、あれこれ~ 

01-Pc080964.jpg
 柑橘類が美味い季節になってきた。口中に広がって弾ける力強い甘味と酸味が高い次元で合わさって、ゴクリと飲み込むと鼻から抜ける清涼感とともジュワリと広がる果汁、もう堪らん。小さなミカンを次々に口に放り込むと、気が付けば皮の山。健康や風邪の予防にどれだけ効果があるの分からないが、旬のものを食べるにはきっと意味があるのだろうなと思いつつ、一路、和歌山から神戸へと向かう。


02-Pc080968.jpg
 和歌山の濃厚な豚骨醤油の中華そばには少し敵わないが、神戸の希望新風のラーメンもまた人を惹きつける美味さがある。テーブルの上には海苔が入っている大きな瓶があり、好みの分量をラーメンに乗せることが出来る。これでもかと海苔を乗せて、新鮮な青葱とともにスープを啜ると至福の時が訪れる。


 午後5時、ルミナリエで賑わいを見せる神戸の街中を抜けて神戸港へと向かう。ルミナリエのために交通規制が敷かれているのに加えて、界隈の道路事情に慣れない人達の車が駐車場を求めて右往左往するので、夕暮時の街中の渋滞は激しさを増す。普段より倍以上の時間をかけて神戸港に到着する。シーバスの盛況な時期が終わったのか、シーバスアングラーの姿はまばらで、ここ最近、神戸港への釣行回数が少ない自分にとっては、既に脱力感が漂ってしまう。ポットに入れた温かい珈琲を啜り、チョコレート齧り、車のハッチを跳ね上げて、ラゲッジに腰を掛けながら釣りの準備に取り掛かる。冷たい風が吹き抜ける。


03-Pc090972.jpg
 午後5時を過ぎると狙いどおりに鰯の群れが次々に入ってくる。海面がザワザワと波立ち、時折、小さく海面が割れるが、明らかにシーバスのものでは無い。鰯の群れの下にルアーを通すべく、ルアーを遠投してから10秒ほど沈めて、ロッドを下げてリーリングを開始する。ルアーが小魚に接触する頻度が少なく、良い具合に魚の下にルアーが通っていることが分かるが、潜航深度が2mほどのルアーであることを踏まえれば、小魚たちはシーバスに追われている状態ではなく、水平方向に広がって群れを成していることが分かる。つまりシーバスが捕食体制に入ると、群れはギュッと丸く塊の状態になり、ルアーにもコツコツと接触することになるので、現状、シーバスが入ってきていないか、もしくは捕食体制に入っていないことが分かる。釣れない時間が続く。明らかにシーバスのボイルは無い。辛うじて捉えたバイトは鯖である。河口での大型のシーバスを捉えるべく導入したロッドの威力を確かめることもなく、呆気なく1時間が過ぎてしまい、午後6時前にシーバス狙いを諦めて、ライトタックルによる根魚狙いに変更する。


04-Pc090973.jpg
 久しぶりにライトタックルを持つと、軽さのあまり力加減を取り戻すのに苦労する。護岸沿いに投じたジグヘッドを底まで沈めてから、ラインの弛みを巻き取って、そして繊細なロッドティップを利用してジグヘッドを小さく動かすと、コツッ・・・と小さなバイトを感知する。以前もこのような微妙なバイトに悩まされたことがあり、あまりこれに固執せずに場所を移動しながら同じようにジグヘッドを投じていく。ジグヘッドがが底に到達して、そして動きを与えた瞬間にクンッと小さく入るバイト。メバルと確信してロッドティップの柔軟さを利用して掛けると妙な躍動感。何と鯵ではないか。そうか、鯵も入ってきていたか。更なる釣果を重ねようと気合が入る。


05-Pc090975.jpg
 鯵を連釣してやろうと目論んで潮通しの良い場所にジグヘッドを落とし込んで、そして底を確認してからラインを整えて、そしてジグヘッドが底から少し浮いた状態で一定の速度で引きつつも、時折、小刻みな動きで誘いを入れると、フワッとした違和感の後にグンッ・・・と強烈なバイト。すかさずロッドを立てて、ラインを巻き取ってから掛けると、ロッドが真下にグイグイと引き込まれていく。ムムム・・・タケノコメバルかと思いきやクロソイでは無いか。


06-Pc090976.jpg
 満潮の潮止まりが近く、てっきり魚の活性が低いのかと思いきや、意外にそうではないようだ。ジグヘッドを投じていく。過去に大型のクロソイとカサゴを捉えた実績のある場所に移動して、これ以上ない完璧な護岸との離隔でジグヘッドを引くこと5m。ツッ・・・カンッ・・・とバイト。間髪入れずにロッドを立てると、ソリッドティップが綺麗に曲がっている。一定の重量感の中にもグイッと引き込む躍動感、更にはすぐに観念したことを踏まえれば、間違いなくカサゴであろうと自信に満ち溢れたのも束の間、姿を現したのはタケノコメバル。なかなか再現性を掴むことが出来ず、五目釣りの流れになってきた。


07-Pc090978.jpg
 相変わらず鰯の群雄を見ることが出来るが、海面の白濁の状態からして鯖の仕業であることが分かる。ここで心が乱れて、そして優柔不断にシーバス狙いに転じるとロクな結果にならないと考えて、ライトタックルによる根魚狙いを続行する。場所を移動しつつジグヘッドを投じていく。逃げまどう鰯がPEラインに接触して、一瞬、バイトかと勘違いしてしまうが、徐々にその状況に慣れてくる。ジグヘッドを投じてから時間をかけて底まで落とし込み、余分に出てしまったラインを巻き取り整えてから、ゆっくりとリールのハンドルを回す。ワームはガルプのベビーサーディン、白ベースに赤、黒、銀色のラメが入っている。ラインを巻き取りつつ、次なるバイトに備える。ジグヘッドがフワッと軽くなるような違和感。ジグヘッドの後ろに良型の魚がスリップストリームのように入った時に感じる独特の感覚だ。この状態が数秒続く・・・。ツッ・・・小さなバイト。更にジグヘッドが軽くなり、ラインの巻き取りを早めるとズンッ・・・と重量感。しっかりとロッドを引き付けると、最初にロッドティップが軽やかに曲がり、そして一気にその頂点が手元方向に移動する。ロッドのバット部分で魚の重量感を受け止めると、ドラグがジャァーっと鳴る。ラインが真下に突き刺さる。ランディングネットを持っていないことに気が付くが、大幅に時既に遅し。何度かロッドを切り返しながらどうするか逡巡するも、選択肢はただひとつ、抜きあげるのみ。一か八かで抜きあげると、奇跡的に成功する。キビレ32㎝。そういえば、普段は8ポンドのフロロのリーダーを使用しているが、運良く、チニング用のスプールを装着していたこともあり、リーダーがフロロの10ポンドだったのだ。


08-Pc090979.jpg
 更にキビレを掛けてやろうと、過去に実績のあるキビレポイントに集中的にジグヘッドを投じていくが、何故かお次はメバル。更に鯖を1匹、タケノコメバルを1匹追加して、全く再現性を掴むことが出来ないままに午後8時を持って納竿とした。神戸の街中はまだ賑わっている。

■釣行データ
 釣行時間:平成30年12月9日(日)午後5時~午後8時
 潮回り:大潮
 天気:晴れ、気温:26度、水温:22.2度
 ポイント:神戸港
 釣果:計8匹(鯖2、タケノコメバル2、メバル1、クロソイ1、キビレ32cm)(全てリリース)

■使用タックル
(1) シーバス用
 Rod: YAMAGA Blanks, Early Plus 96M
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン20lbs
(2) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン10lbs


■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g
(3)プラグ
 ・Daiwa, Morethan Switch-Hitter 85S, 85mm 20g, Sinking
 ・Daiwa, Morethan Set Upper 97S-DR, 97mm 18g, Sinking

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
09-20181209.png

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~五目釣りならず~ 

00-P6175392.jpg
 手作り餃子。これが堪らなく美味い。


 昨夜の貧釣を思えば二の足を踏んでしまうが、この季節は海況が日々上向くこともあって、内心は少しの期待を抱きつつ、一方で撃沈を覚悟しつつ、昨夜に引き続き神戸港へ。理想的には満潮からの下げっぱなを狙いたいところであるが、そうなれば午後10時半の開始となるためそれを諦めて、陽が落ちて完全に暗くなる午後8時から、満潮の上げどまりまでを狙うことに。


01-P6175394.jpg
 午後8時15分、釣りを開始する。周囲にはアングラーの姿がちらほら見える。入りたいポイントには人影があるため、まずは常夜灯が作り出す明暗部を中心に探ることに。一投目、護岸沿いに投じたジグヘッドを3秒ほど沈めてから表層付近を定速で進めると、ピックアップ直前にゴツンッと明確なバイト。一瞬だけ躍動感でロッドが震えるも、うまく乗せることが出来ず。再度、同じコースを同じように探る。グンッ・・・グググ・・・っとロッドティップが絞り込まれる。真下に突っ込む力強い引きを楽しんだ後に引っこ抜くとタケノコメバル。普段からタケノコメバルが反応するレンジは中層から底層までと広いが、特に今日は上層で反応をしている。活性が高いのか。


02-P6175396.jpg
 魚は浮いている。護岸沿いにジグヘッドを投じた後に3秒ほど沈めてから、ロッドをパンッと煽ってラインを整えたうえで、ロッドティップにジグヘッドの抵抗を感じながら一定の速度で引く。横風が少し厄介ではあるが、海面がザワツキ、雰囲気は良さそうである。ツッ・・・グググ・・・、先ほどタケノコメバルが反応した場所とほぼ同じ。真下に力強く突っ込む引きで、ロッドが大きく曲がる。ドラグがジリジリと鳴り、ラインが引き出されるが、我ながら落ち着いてやりとりをしている。護岸際の障害物にラインを巻かれないように、腕を突き出してその引きに対峙する。程なくして姿を現したのは、20㎝を超えるメバル。3投目にして2匹の釣果である。幸先の良さに、思わず嬉しくなる。


03-P6175398.jpg
 立ち位置を変えて、ジグヘッドを投じていく。表層から中層の釣りは、テンポが速く、リズミカルで良い。潮風が通過すると、Tシャツがはためき、髪の毛が揺れる。クンッ・・・っとバイト。少しの間を置いてから手首の角度を変えると、ロッドティップがグイッと入り躍動感で揺れる。お次はクロソイだ。



 リーダーが傷ついてザラザラしている。結び直すか、いや取りあえずこのままでいこう。この時合を逃す訳にはいかない。この判断が裏目に。


 この直後、護岸沿いにジグヘッドを投じて、中層付近を一定の速度で引いていると、ジワリとロッドティップに重みが乗る。明らかに遊泳力のある魚がジグヘッドを追尾してのバイトだ。ツーっと徐々に重みが増し、ロッドを引き付けて十分な重みを感じたところでフッキング。一気にロッドが絞り込まれ、ドラグが激しく唸る。真下にラインが突き刺さり、左右にラインが走る。リーダーがザラついていたことを思い出す。ラインテンションが高まると、傷がついたリーダーが切れるかも知れない。咄嗟にドラグノブを回して、ラインテンションを緩めると、尚激しくドラグが唸ったかと思いきや、あぁ刹那、張り詰めたラインの緊張が解ける。痛恨のバラシである。備えあれば愁いなし・・・、ロッドの曲がりからして、良型のキビレであったに違いないが、この失態はいけない。


04-P6175401.jpg
 場所を移動しながら、表層から中層を重点的にテンポよく探っていく。潮止まりが近いのか、ぱったりと魚の反応が無くなってしまう。ジグヘッドを通すレンジを徐々に下げて、広範囲に誘うが思うような反応を得ることが出来ない。普段なら割と良い釣果を得ているポイントに到達するも、潮が淀んでいて濁っているように見える。過去に実績があったトレースラインを中心に、手際良く探っていくが僅かなバイトすら無い。潮通しが良い場所に大きく移動することを決断する。潮位が高く、攻めるべきレンジが広くなっているが、表層、中層、底層と大きく3分割して、魚が反応するレンジを探っていく。ジグヘッドを投じてから、余分に吐き出したラインを巻き取り、ロッドをパンッと煽ってラインを一直線に整えた後に、カーブフォールで中層付近まで落とし込んでから、ジワリと微速でラインを巻き取っていく。クンッ・・・グググ・・・、明確なバイト。ロッドを立てて魚の動きに応じる。躍動感が重量感に変わる。まずまずのカサゴが姿を現した。底層付近の反応が皆無であったが、カサゴも中層付近まで護岸に沿って上がってきているようだ。


05-P6175403.jpg
 更に場所を移動する。うまい具合に風向きが変わる。追い風を利用して、ジグヘッドを投じる。追い風が吹かないとジグヘッドを届けることが出来ないポイントだ。常夜灯の照明が落ちていて、尚かつ捨て石が散らばっている。根が荒いためロッドワークが肝要である。根を切るか切らないかのレンジにジグヘッドを浮遊させるかのように通すとカツンッと鋭く明確なバイト。狙いどおりにカサゴだ。何度かのバイトを逃しつつ、更に1匹を追加して納竿とした。冷えた潮風が吹き抜ける。


■釣行データ
 釣行時間:平成30年6月17日(日)午後8時15分~午後10時15分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:26度、水温:22.2度
 ポイント:神戸港
 釣果:計6匹(タケノコメバル1、メバル1、クロソイ1、カサゴ3)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20180617.png

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]