08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山紀北メバリング釣行 ~狙い不的中~ 

01-P8060223.jpg
 赤い皮にナイフを入れると、まるで香水を放ったかのような濃厚で甘酸っぱい香りが広がり、まるで南国の島にでも舞い降りたかのような錯角を起こす。真上から降り注ぐ力強い陽射しや、環礁の奥に広がる群青色の限りなく続く海や、真っ赤なハイビスカスや、たわわに実るパパイヤや、白黒の景色と化する猛烈なスコールや、停電や断水で途方に暮れる夕暮時など、フィジーに住んでいた頃の様々な記憶が次々に蘇り、溢れてくる。不思議なもので、匂いというものは奥深くにある過去の記憶を瞬時にして引き出してくれる。スプーンで果肉を掬い、口に運ぶと、柑橘系の果物を濃縮して、更に数倍増したかのような甘酸っぱさが口中に弾けて、そして鼻腔を強烈な香りが突き抜ける。プツプツと種を噛み締めながら、思わず目を閉じる。美味い。


02-P8050186.jpg
 知人から沖縄土産として頂いたパッションフルーツ。


03-P8140231.jpg
 午後6時半に現地に到着する。実はここ数回の釣行で、芳しい釣果が無く撃沈し、しかも湿気を含んだ嫌味な暑さも相まって、釣行回数が激減していたところであるが、そろそろアオリイカが好反応を示すであろうと読んで、仕事を終えてから、お盆休みで混雑する道路を抜けて、ようやくのことで釣り場に立つ。潮風が心地良く流れている。手始めに、群青の海に潜むアオリイカを誘い出すべく、2号の餌木を投じては、じっくりと沈めて丁寧にシャクリ、また沈めてはシャクリを繰り返す。夕暮れ時、すでに活性があがっている筈の時間帯であるが、偏光グラス越しにアオリイカの姿を確認することは出来ない。昨年の経験をもとに、アオリイカが付いていそうな場所に次々に餌木を投じるも、結局、姿を確認することが出来ず。止む無く、ジグヘッドに切り替えて、狙いをカサゴに変える。まだ明るい時間帯であるので、出来る限りジグヘッドを遠投して、底を捉えてからロッドワークで障害物を交わしつつ、カサゴを誘う。2gのジグヘッドにネジワームのウォーターメロン。カサゴ釣りは、一般的には簡単な釣りに分類されているが、この釣りもやればやるほどに奥が深く、まだまだ釣技を磨く余地はある。根を攻める釣りなだけに、ロッドワークが釣果を大いに左右する。昨年の自分の技量であれば、間違いなく根掛かりしていたようなコースであるが、果敢に攻める。ツッ・・・と突くような違和感。更にロッドを少し立てながら誘うと、クンッっとティップが入る明確なバイト。間髪入れずにフッキングして、魚の顎を捉える。この場所では、良型に分類できるカサゴ。


04-P8140232.jpg
 底の形状が、砂地から砂利や岩に変化する境界付近でのバイトであったので、同じような場所にジグを投じる。緩やかな向かい風が、微妙に飛距離を落としているが、辛うじてポイントには届いている。ジグヘッドが岩に引っ掛かり、ロッドを揺さぶってそれを外し、そしてカーブフォールで底を取った瞬間にクンッとバイト。ロッドを立ててフッキングをする。カサゴを追加する。


05-P8140234.jpg
 すっかりパターンを掴んだかと思いきや、なかなか続かない。念入りに虫よけを頭から振りかけて、完全防備出の筈であるが、大きな羽音で遠慮なく蚊が攻撃を仕掛けてくる。数か所を噛まれてしまい、集中力が散漫になってしまう。痛烈なバイトを掛けて、ロッドの曲がりを見て良型を予感するが、痒みに耐えつつのフッキングが甘かったらしく、途中でラインテンションが抜ける。遠くから風に乗って、強弱しながら盆踊りの音色が聞こえてくる。皆、楽しそうに踊っているんだろうなと想像しながら、こちらは蚊と戦いながらロッドを振る。風向きが180度変わり、追い風に転じている。ワームをダイワ・ビームスティック2.2インチのパールホワイトに変えて、アピール力で魚を誘う。ジグヘッドを扇状に投じて、やっとのことでカサゴを捉えることに成功する。釣り始めの時に、テンポよく魚を探し当てたので、今日は調子が良いと思ったが、なかなか思い通りにはさせてくれない。


06-P8140236.jpg
 ジグヘッドを何個かロストしてしまい、費用対効果が著しく悪い状態であるが、辛うじてカサゴを1匹追加する。完全に暗くなると、護岸沿いでも活発にカサゴが反応する筈であるが、何故か今日はお留守のようで数を伸ばすことが出来ない。更には、早くも時合が終わったのか、カサゴの反応が無くなってしまい、蚊にやられてプックリと膨れたところを掻きながら、とても虚しく納竿とした。遠くで響く花火の音が夏の終わりを告げるようで切ないが、まだまだ残暑は厳しいであろう。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年8月14(火)午後6時30分~午後8時
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温:29度、水温:25.5度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計4匹(カサゴ4匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) エギング用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ、Glow Pink、Watermelon Seed
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
(2) ジグ
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170814.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~風に翻弄されつつ短い時合に~ 

01-P7290031.jpg
 蝉の大合唱で目が覚めると、一瞬そよいだ冷気を含んだ風は、太陽がジリジリと照り付けて威力を発揮する間もなく、生ぬるい湿った風に変わる。朝顔が主役の季節がやってきた。昔より、夏本番が随分と早くなったような気がするし、クマゼミの勢力拡大を確実に感じるし、突然の夕立に濡れてはしゃぐことも無くなったし、焼けたアスファルトが濡れて黒くなり、立ち昇る独特の匂いの湯気も見なくなったし、と言うようなことを考えながら、仕事を早めに切り上げて、釣り場へと向かう。季節の変わり目には、車の中で聴く音楽がいつも定まらず、よしこれだと定まった頃には、次の季節の気配が漂っていることが多い。初春の雰囲気を未だに引きずった柔らかくて爽やかな音楽を聴きながらアクセルを踏む。褐色の四肢も露わに、栗色の髪を靡かせて、バイクにまたがり颯爽と走り去る女性を見ると、あぁ本当に夏が来たんだとやけに納得する。


02-P7280023.jpg
 午後6時、ポイントに到着する。南東の風が吹いて暑さを感じないが、風が回り込んでPEラインの操作に難儀することを今までの経験ですぐに察知する。まずは餌木を投じて、アオリイカの様子を伺う。案の定、ラインが撓んでしまい、餌木を真っすぐに沈めることが出来ずに流されてしまい、思い通りのトレースラインをなぞることが出来ず。昨年の今頃には、季節外れの親イカを奇跡的に釣ることが出来たので、淡い期待を抱くが、やはり今のところ淡いままである。小さなアオリイカの姿を数杯確認したうえで、ジグヘッドの釣りに切り替える。根が厳しいポイントであるが故に、この横風は厄介である。根掛かりを辛うじて回避しながらジグヘッドを操るが、足場が高いこともあり、ラインが撓んで釣りにならない。ロッドティップを下げて、極力、風の影響を受けないように工夫しつつ、軽いトゥイッチングで誘う。ジグヘッドが浮いて、底にコツリと付いた瞬間に、モワリと怪しげな重量感。やもすれば、海藻にでも引っ掛かったような感触である。軽くロッドをシェイクすると、クククっと魚の動き。素早くラインを巻き取ったうえでロッドを立ててフッキング。まずまずのカサゴ。


03-P7280025.jpg
 何度か怪しげなバイトがあるも、捉えることが出来ずにズルズルと時間が過ぎる。真鯛の稚魚の可能性が高い。エサ取りを回避すべく、ワームの色を白系からオレンジ色に変えている。陽が落ちると、風が幾分弱まり、別の場所にジグヘッドを投じることが可能になる。時折、忘れた頃に風が押し寄せてラインが撓んでしまうが、その一瞬を凌げば何とかラインコントロールは出来る。目の前に転がる大きな石の奥にジグヘッドを投じてから、底に沈む石にジグヘッドを接触させながら魚を誘う。ジグヘッドが障害物を乗り越えて、ストンと縦に落ちた後にクンッとバイトがある。何度かバイトがあるも、フッキングに至るような明確なものではなく、シェイキングを入れて誘い続けると、ようやくグググっと躍動感。カサゴだ。


04-P7280027.jpg
 魚が居る場所がなかなかつかめない。風が強かったこともあり、足元は波立ち、濁りが入っているが、念のために護岸沿いにジグヘッドを投じてみると、早速反応がある。暗くなりカサゴが捕食活動のために上がってきているのかも知れない。同じようなポイントにジグヘッドを投じると次々に反応がある。フッキングが甘く、何匹かを取り逃がしてしまうも、立て続けに4匹のカサゴを追加する。勢いに乗ったかと思いきや、時合が遠のき、またもや渋い状況となり、午後8時を持って納竿とした。

 今回の釣果は6匹と芳しくなかったものの、厳しい状況で1匹、1匹を丁寧に捉えることが出来たことは、良い収穫であった。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年7月28(土)午後6時~午後8時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、南東の風、気温:32度、水温:24.6度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計6匹(カサゴ6匹)(全てリリース)

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ、Orange
(2) ジグ
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20170728.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~明暗は紙一重~ 

01-P7220005_20170723103119c02.jpg
 店内の居心地はそれほど良いとは言えないが、何度か通ううちにこちらの中華そばの美味さが分かりつつある。半年ほど前に訪れた際の我が評価を確認すると、「満足度:普通」と記している。暖簾をくぐると、狭い店内には野性味あふれる豚骨臭が充満していて、紀ノ川の「うらしま」や貴志川の「しま彰」を彷彿としている。暖簾をくぐり席に着くまでの間の数秒のうちに、せっかちな店員のおばさんが注文を聞いてくれるので、それに負けじと即応する。待つこと数分。蓮華でスープを啜ると、濃厚でありながら角が取れた円やかな豚骨がトロリと滑り込み、時間差で醤油が香り、そして最後に舌の上でザラリと骨粉が残る。青葱に清涼感があれば更に美味さが増すであろう。低加水のストレート麺は程よくコシがあり、濃厚なスープにうまく絡みあう。厚めの叉焼は、豚バラ肉ならではの脂身がジューシーで、噛み締めると脂身がとろけて赤身の旨味が溢れだして混ざり合い、恐らく湯浅の醤油であろうか、甘みを伴う豊潤な醤油が染み出てくる。美味い。

中華そば 今心
 http://orenostyle2011.blog.fc2.com/blog-entry-392.html
 住所:和歌山県和歌山市有家113
 電話:073-471-8088
 営業:平日11:00~14:00、18:00~、土曜日11:30~14:00、18:00~、日曜日11:00~
 (いずれもスープが無くなり次第終了)
 休み:水曜日、木曜日
 駐車場:店横に3台、東に50mの和食店「日の一」の駐車場を利用可5台


02-P7220007.jpg
 ここ最近の釣果は芳しくない。徐々に求めるものが贅沢になっているのかも知れないが。久しぶりに下津方面某所へと向かう。今日は新月の大潮1日目。満潮からの下げ潮が効きだすと、張り出した地形から、より潮の流れが強くなり、夕暮れとシンクロすれば、魚の活性がより際立つ。太刀魚の最盛期ともなると多くの釣り師で賑わうポイント。釣り場には、既に多くの太刀魚狙いと思しき釣り師が竿を振っているが、太刀魚が釣れているのであろうか。東からの風が強く吹いて、夕涼みには最適であるが、ライトリグを扱う釣りには不向きである。まずは2号の餌木を投じて、アオリイカの新子の様子をうかがう。偏光グラスを通して海中を覗き込むと、餌木の後ろにワラワラとアオリイカの黒い影を視認することが出来る。まだ釣りあげるには早いので、アオリイカが餌木を抱かないように素早くピックアップして、要所を確認した後に餌木を片付けて、次は根魚狙いとする。足元は風の影響で波立っていて、更には2g以下のジグヘッドではPEラインが風に煽られて釣りにならないため、いざという時のために忍ばせておいた直リグを投入する。追い風に乗せて遠投する。過去にあまり攻めたことが無い、ある程度水深があるポイント。釣れるであろうか。第1投目、早速の魚信。ゴツゴツとした底の感触が伝わってくるエリアに直リグが入った途端の反応だ。少しタメてからフッキングを入れると、軽やかにロッドが曲がる。狙い通りのカサゴだ。


03-P7220010.jpg
 更に2投目、即座に魚信を感知する。日が暮れて、魚の活性が高まっている。ククンッ・・・グググ・・・。フッキングと同時に、ドラグがジジジ・・・っと鳴り、そしてロッドが曲がる。魚のサイズはそれほど満足が出来るものではないが、新たな発見があると嬉しくなるものである。直リグを投じるたびに何らかのバイトがあるが、しかしながら根掛かりも頻発する。まだ地形の特徴を捉えていないこともあり、魚が連発で反応することもあれば、連発で根掛かりに見舞われることもある。ラインブレイクで時間を浪費して、やや焦りながらもバイトを捉えていく。


04-P7220011.jpg
 ビビビ・・・っと、小さな振動を捉えると真鯛の稚魚。タイラバでの横の釣りも成立するのかも知れない。


05-P7220012.jpg
 持参していた2つの直リグを早くも根掛かりで喪失してしまい、止む無く、3gのジグヘッドにラバーを取り付けた自作のリグを投入する。飛距離が格段に落ちてしまい、それ故に誘う距離が短くなってしまい、無理して誘えば手前に転がる巨大な被覆ブロックに根掛かりしてしまうという、まさに悪循環で悪戦苦闘の状態が続く。このリグで何とか1匹捉えるも、素早く根掛かりしてしまいラインブレイク。釣れるか根掛かるか。天国と地獄が背中合わせの紙一重。最後には、普通のジグヘッドを投入せざるを得なくなり、辛うじて至近距離で2匹のカサゴを追加するものの、時合が遠のき、魚の活性が落ち、万策尽きたために首をうなだれつつ納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年7月22(土)午後6時~午後8時
 潮回り:大潮、下げ
 天気:晴れ、東の風、気温:32度、水温:24.1度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計10匹(カサゴ9匹、真鯛の稚魚1匹)(全てリリース)
06-P7230014.jpg

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp SW Sandworm 2inch, C(Camouflage)
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
(2) ジグ
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 3.0g、2.0g
 ・直リグ(茄子おもり1.5号, Decoy Trailer Single 29 #4)
 (簡単直リグの作り方はこちら

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170722.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~良型を求めて直リグ投入~ 

01-P7080077.jpg
 まだ梅雨明けしていないというのに、この暑さはなんだ。吹き抜ける風のお陰で、辛うじてエアコンのリモコンに手を伸ばさなくて良いものの、世間では既に35度を超える猛暑日を記録していて、本格的な夏を目前にして早くも憂鬱になる。くそ暑い中、ジンジャーエールを飲みながら、チニング用の直リグの準備に取り掛かる。ナスおもり2袋分の計18個の直リグを一気に準備する。マニキュアを綺麗に塗って乾燥させ、スプリットリングとフックを取り付けて、第一段階は完成。


02-P7080080.jpg
 事前に作っておいたラバーを取り付ければ、これで完成。根掛かり必死のチニングゲームにおいては、ルアーの消耗との戦いになることも多々あり、ルアーの手持ちが少ないと心許なくなってしまうが、これだけあれば安心して厳しいポイントを攻めることが出来る。


03-P7080085.jpg
 以前は綺麗にケースに並べていたものの、最近は何とも雑であるが円筒形のプラケースにそのまま投入している。ご察しの良い方ならお気づきかも知れないが、このプラケースは元々焼酎が入っていたもの。意外にも使い勝手が良いので重宝している。


04-P7080076.jpg
 新たに和歌山ラーメン探訪を目論むも、早朝からコインランドリーに走ったり、直リグを作成したり、掃除をしたり、釣り具のメンテナンスをしているうちに時間が無くなってしまい、ここ最近、もっぱら頻度が高くなりつつある最寄りの和歌山中華そば店へ。清涼感溢れる大量の青葱と、濃厚でキレのある豚骨醤油スープが秀逸で、更には低加水ストレート細麺が絶妙に絡むから堪らない。評価すべきは、大ぶりの叉焼が3枚埋まっていて、その下には歯応え抜群の太いメンマが7~8本も控えている。スープを飲み干す最後の最後まで、骨粉の沈殿を確認するまで、青葱が弾けて存在感を放ち、塩分過多を気にしつつも飽きることは無い。これで700円であれば大満足である。

中華そば まるだい(○大)
 住所:和歌山県和歌山市西浜3-7-58
 電話:073-447-3100
 営業:11:00~21:00
 休み:水曜日


 今日の潮回りは大潮2日目。満潮からの下げっぱなに狙いを定めて、午後7時頃にポイントに到着。先日の神戸港でのチニング釣行の際に、普段のライトリグの釣りでは、飛距離の問題で十分に攻め切れていないポイントで外道ではあるものの良型のカサゴを捉えることが出来たことから、ここ和歌山下津でも同様のことが言えるのでは無いかと考えて、直リグを投入することとする。もしかすると、チヌのバイトを捉えることが出来るかも知れないとの期待もある。


05-P7080088.jpg
 直リグにガルプ・サンドワームの最強の組み合わせで挑む。消波ブロックが絡み、底には大きめの石がゴロゴロと転がっているポイント。潮の当たりも良く、良型が潜んでいるのは間違いないが、根掛かり必死のポイントでもあるので適切なロッドワークと集中力が要求される。やぶ蚊に邪魔されないように、事前に念入りに虫よけスプレーを体中に振りかけて、いざ開始。直リグを追い風に乗せて遠投する。案の定、ラインから底に沈むゴツゴツとした石の感触が伝わってくる。一定の速度を保ちながら、直リグが何らかに引っ掛かり動きが止まってしまえば、ラインテンションを緩めつつ、ロッドティップを軽く揺さぶって障害物を回避する。数投目・・・ヌッ・・・っとした違和感。一定の速度を保つと、フワッと浮くような感触。まだ喰わない。更にロッドティップを小刻みに揺すって誘いを入れると、クン・・・とバイト。ラインテンションを保ちつつ、リールのハンドルを少し早く巻くと、ジワリと重量感。即座にラインを巻き取ったうえでフッキングを入れると、ジャジャジャジャ・・・っとドラグが鳴り、そしてロッドが曲がる。程なくして上がってきたのは、20㎝を超える良型のカサゴ。狙いは的中した。


06-P7080090.jpg
 狙いが的中したかと思いきや、クロー系のワームが口に挟まった状態の欲張りなカサゴが釣れることもある。


07-P7080091.jpg
 根掛かりと格闘しつつも、それでも尚、厳しいポイントを中心に探っていく。結構な頻度で根掛かってしまい、状態が悪ければラインブレイクに見舞われてしまい、消耗戦に突入しそうな勢いである。更には精神的なダメージも加わって、忍耐の”釣り道”の気配も漂いつつも、密かに大物に期待して、寸でのところで耐えながら釣りを続けていく。チヌでも掛かれば、一気に気持ちが晴れやかになるようなものの、苦労して捉えたバイトが小型のカサゴとなると、心折れそうになる。途中、ライトリグのタックルに持ち替えて、ジグヘッドで手前の被覆石付近を誘うも、何故か今日はカサゴがお留守なのか反応が無い。


08-P7080094.jpg
 気が付けば午後8時前である。根掛かりが少ない方向に直リグを投じても、当然ながら魚からの反応は無い。意を決して、根掛かり覚悟で直リグを投じていく。ラインテンションをコントロールしながら、障害物を回避しつつ、魚を誘う。ツッ・・・・っと触れるようなバイト。ジグが石に接触した時のコツッとは明らかに違う。ロッドを立てて、直リグをスーと動かす。直リグが底を切って浮いているような感触。ラインを巻き取り、一気にフッキングを入れると、ズシッとした重量感。ドラグがジャジャジャ・・・っと鳴る。魚が根に入らないように、ロッドパワーを活かして一気に浮かして、そしてランディング。20㎝ほどの良型のカサゴ。直リグの効果を確認したところで、更には費用対効果が悪すぎるため、このポイントを切り上げて、別のポイントを回り、ジグヘッドで5匹のカサゴを追加して、午後10時前を持って精根尽きて納竿とした。


 今回は、直リグで良型のカサゴを狙って釣ることが出来るかどうかを試したが、結果としては、一定の成果があったと思う。冬場に良型が多く接岸する時には、今まで捉えきれなかった更なる良型が期待出来る。ただし、直リグに使用しているフックがチヌ用のショートシャンク・太軸と言うことも関係しているのか、大きくフッキングを入れたにも関わらず、うまくフッキングしておらず、魚を手に取った瞬間にフックがポロリと外れたり、やりとりをしている最中にラインテンションが緩んでバラすこともあったので、チニング用の直リグの準用には限界があるとこが分かったのは、ひとつの収穫であった。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年7月8(土)午後7時~午後10時
 潮回り:大潮、下げ
 天気:曇り、気温:27度、水温:21.8度
 ポイント:和歌山下津等
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) 直リグ用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, CBRS(Clear Black Red Silver)
 ・Gulp SW Sandworm 2inch, C(Camouflage)
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
(2) ジグヘッド
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)
 ・直リグ(茄子おもり1.5号, Decoy Trailer Single 29 #4)
 (簡単直リグの作り方はこちら

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
09-20170708.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~二兎を追ったものの~ 


 昨夜の釣行では、満潮の潮止まりを境に、上げ潮の時は太刀魚を、また下げ潮の時はメバル、カサゴを狙うという欲張りな計画であったが、いまひとつ狙いどおりに事が運ばなかった。今日の潮回りは、新月後の中潮1日目で、午後9時頃に満潮を迎える。風も穏やかとのことで、場所選びも融通が効いて都合が良い。今日の計画は、夕暮れ時から潮止まりまでの3時間を確保して、まず前半は、太刀魚を狙うこととして、日没の時合に状況が良ければそのまま太刀魚狙いを継続して狂喜乱舞し、逆に状況が悪ければ、坊主回避のためにカサゴ狙いに切り替えるという、積極的かつ突如として保守的、消極的なもの。釣りを切り替える際の移動時間が勿体ないことを既に学習したので、今回は、風向きを考慮しなくて良い状態も手伝って、太刀魚とカサゴを共に狙うことが出来るポイントを選択。場合によっては、消波ブロック付近の海藻エリアでメバルを狙うことも出来る。更には、満潮の潮止まりまでに魚を見ることが出来なければ、下げっぱなを保険として確保することも視野に入れた。我ながら、釣りの時だけは用意周到である。ただし、粘り過ぎると明日の仕事に支障が出るので、見切りが必要となるのだが。

 午後6時、現地に到着。まだ陽が高く、太刀魚には早過ぎる感があるが、まずはポイントに入り海の様子を確認する。潮が効き始めている。鰯だろうか、ベイトの姿を確認することも出来る。体力を温存しつつ、まずはワインドで様子を伺うが、一向に反応は無い。地元の若者達と談笑しつつ、ともに時合の到来を待つ。西の遠くの稜線に橙色の太陽が差し掛かり、清涼感のある水色の空には羊雲が流れ、ひんやりとした空気が山から駆け下りてきて、いよいよ時合かと期待するも、何故かバイトすらない。周囲の釣り師のロッドも音沙汰無しの状態である。午後7時半、今の時点でバイトが無いということは、太刀魚が入ってきていない証でもあるので、ここで前半の部を切り上げる。


01-P5280092.jpg
 素早く車に戻り、タックルを持ち替えて、お次はカサゴ狙いに転じる。自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)にダイワのビームスティック2.2インチの組み合わせ。色はパールホワイトを選び、インパクトを重視して素早く勝負する算段である。ジグヘッドを軽く投じて、被覆石の上面をトレースする。底を取ることには固執せず、あくまでスイミングを中心として、捕食活動に入っている活性の高い個体に狙いを定める考えだ。時合の高まっている時間帯に、根掛かりやラインブレイクで時間を無駄にするのは勿体ない。数投目にして、すぐに魚からの反応があり、僅かコンマ何秒の世界でためてからフッキングを入れると、ソリッドティップがスッと入り、そして魚の躍動感でロッドが震える。小型ながらカサゴだ。


02-P5280096.jpg
 突如、近くの釣り師のリールから、ドラグ音が鳴り響く。暗闇の中、”太刀魚やぁ~”とういう言葉とともに、明滅する光の筋に照らされて、銀色の刀が暴れているのが見える。何だと、太刀魚の時合か。素早く車に戻り、太刀魚用のタックルを持ち出して、この時合を逃してなるものかと一心にジグを投入する。その後も近くで何本かの太刀魚があがり、こちらの気持ちも相当に昂りを見せるが、こちらの殺気が伝わり過ぎるのか、残念ながら太刀魚からの反応は無い。何故だ。場所か、レンジか、速度か、ベイトか、もしや腕か。時合は20分そこいらで終わってしまい、止む無く、カサゴ狙いに戻る。場所を移動しながら、軽くジグを投じていくと、数投に1回の頻度で何らかの反応がある。

 ここ最近、使用するようになった簡易の自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)。今まで通りのタイミングでフッキングすると、針の掛かりが深くて、針を外す際に魚に傷をつけてしまいがちになる。出来る限り、口の淵に針を掛けたいところ。フッキングのタイミングを、コンマ何秒の世界であるが、早める必要がある。


03-P5280097.jpg
 サイズは望めないものの、飽きない程度に反応があり、そしてロッドが曲がる。場所を移動しながら、短い距離にジグヘッドを投じたり、沖側の海藻を目がけてジグヘッドを投じたり、時にメバルの反応を探るが、太刀魚に恐れをなしたのかメバルのバイトは無い。カサゴが釣れる度に、左手でカウンターを探り、そしてボタンを押す。あと1匹、あと1匹と思いながらも、あと1投、あと1投とジグヘッドを投じて、気が付けば午後9時である。それなりに数が出た感があるので、これにて納竿とした。車に戻ってから、カウンターを確認すると、”20”にぴったりであった。今宵も更けていく。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月28(日)午後6時~午後9時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:21度→18度、水温:17.8度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計20匹(カサゴ20匹)(全てリリース)
04-P5280098.jpg

■使用タックル
(1) サーベリング用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン8lbs
(2) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワインド用
 ・Cultiva D-AX 15g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm(Glow)
(2) 引き釣り用
 ・Fujiwara 太刀魚ジグヘッド10g
 ・キビナゴ
(3)ワームジグ・ヘッド
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト、煌クリアー
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、YO-ZURI「ガン玉 3B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20170528.png

テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~短い時合に狙いを定め~ 

 やや出遅れつつ現地に午後7時に到着。絶好の時合が既に始まっているに違いなく、もどかしさを感じながら慌てて釣りの準備に取りかかる。今日も昨夜と同様に、良型が期待出来るポイントであるが、薄暮の時間帯は魚の活性が高いが、暗くなると一気に活性が落ちる傾向にあるポイントでもあるので、残された時間はあと僅か。午後8時までの1時間を有効に使えるかどうかが大いに釣果を左右する。

01-P5160179.jpg
 今日の潮回りは満月後の中潮最終日。徐々に潮の干満が小さくなってきている。午後7時過ぎにようやくジグヘッドを投入する。昨日に引き続き、使用するジグヘッドは、がまかつの「JIG29 #6」にカツイチの「チヌ専用おもり B」を挟み込んで自作したもの。ワームは、普段はあまり使用しないピンク色を選択。ピッチングの要領で、目の前の被覆石にジグヘッドを乗せるようにして投じていく。隙間に隠れていた魚が、捕食活動のために虎視眈々を獲物を狙っている状況をイメージして、石と石の隙間に狙いを定めてジグヘッドを通していく。開始1分、黒い影が俊敏な動きで近づき、そして躊躇なくバイト。ガツンっと痛烈な振動がロッドを曲げる。ドラグをしっかりと締めているので、チリッとも音は鳴らない代わりに、ラインが張り詰めて、相応にロッドが曲がる。魚が根に入らないように、やや強引にやりとりをして、そして一気に引き抜く。良型のカサゴだ。開始早々の釣果に喜びを隠せないが、何故か次に繋がらない。


02-P5160183.jpg
 何とかバイトを拾いながら移動する。昨夜より潮位が低いことから、魚のレンジが下がっているのかと想像して、被覆石の法尻にあたる奥側にジグヘッドを投じて、そして軽いジグヘッドをしっかりと沈めてから、リーリングよりもロッド操作に重きを置いて底付近を探っていく。ジグヘッドが駆け上がり付近に達したあたりで、グンッと真下に突っ込むようなバイト。ラインを巻き取って、そしてロッドを曲げながらこの引きに対峙する。タケノコメバルような力強い引きで、明らかにカサゴより遊泳力に勝っている。何であろうか。短時間で勝負に蹴りをつけて、一気に引き抜くと、ウネウネとした魚のシルエットが映る。かなりスリムな体型をしているが、アコウでは無いか。サイズは25㎝ほど。陸からの釣りで、アコウを釣ったのは初めてのこと。


03-P5160184.jpg
 欲を出して、更なるアコウを求めてジグヘッドを投じていくが、残念ながら再現性は無い。ただの通りすがりであったようだ。辺りが随分と暗くなり、ピンク色のワームへの反応が悪いためパールホワイトに変更する。色々な角度にジグヘッドを投じては、丁寧に、時に素早く動かしては魚を誘うが、なかなか傾向を掴むことが出来ない。突堤の先端部分で2匹のカサゴを追加する。二度の根掛かりでジグヘッドを失ってしまい、貴重な時合を無駄にするが、気を取り直してジグヘッドを投じていく。劇的な成り行きは無いものの、淡々とカサゴを追加して、午後8時を境に明らかにバイトが無くなってしまう。執拗にジグヘッドを送り込むも、あまり粘っても状況は好転しないと判断して、午後8時20分頃に納竿とした。1時間と少しと短い時間であったが、癒しの時間となった。
 

■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月16日(月)午後7時~午後8時20分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:18度、水温:16.7度
 ポイント:下津周辺(S漁港)
 釣果:計9匹(カサゴ8匹、アコウ1匹)(全てリリース)
04-P5160188.jpg

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、イカナゴ
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ、Glow Pink
(2) ジグヘッド
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、カツイチ「チヌ専用おもり B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20170516.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~ドラグを締めて良型を狙う~ 

01-P5150132.jpg
 昨夜の釣行では、それなりに数は出たものの小振りなカサゴばかりだったこともあり、今日は数より大きさに重きを置いてポイントを選択する。突堤の基礎に法勾配が1:1程度で覆石が密に敷き詰められている。被覆石の隙間にカサゴは潜んでいて、ジグヘッドをこの法面にクロスで沿わすようにトレースすると、虎視眈々と獲物を狙うカサゴが我慢ならず飛び出してくる、そんなポイントである。捕食行動後のカサゴは、被覆石の隙間に一気に逃げ込むような行動を取るため、これに対峙するためには、硬めのロッドを準備し、ドラグをしっかりと締めておく必要がある。使用するジグヘッドは、がまかつの「JIG29 #6」にカツイチの「チヌ専用おもり B」を挟み込んで自作したもの。重さは1gあるか無いか。


02-P5150135.jpg
 午後6時45分、釣りを開始する。本日の潮回りは、満月後の中潮3日目。午後9時半頃が満潮であることを考えると、今からの時間帯がまさに時合と言えよう。目の前の被覆石の前面に、軽くジグヘッドを投じていく。被覆石に接触するかしないかのレンジを丁寧に攻める。まだ目視が効くうちに、ジグヘッドの沈み具合や法面の状態をしっかりと把握しておく必要がある。斜め前方に投じたジグヘッドの背後2mほどの位置に黒い影。ロッドを立ててラインテンションを保ちつつ、ジグヘッドを小刻みに上下させると、瞬く間に黒い影が接近して、躊躇なく強烈なバイト。ガツッとロッドに振動が加わり、案の定、真下に突っ込もうとする魚の動きを強引に止めて、そして相手に主導権を与えず一気に引き抜くと良型のカサゴ。23㎝。狙いどおりである。


03-P5150137.jpg
 場所を移動しながらジグヘッドを投じていく。ジグヘッドが被覆石から離れてしまうと、魚の反応が悪くなるため、根掛かるかどうかのギリギリのラインを攻めていく。ラインコントロールさえ出来ていれば、ジグヘッドが石などに引っ掛かったとしても、軽くロッドを揺さぶってラインを振幅させれば、案外、根掛かりを回避することが出来る。ジグヘッドが、石と石の狭隘な部分にスッポリ挟み込んでしまうとお手上げであるが。徐々に活性が高まりつつある。ワームに反応する魚の姿が見える。魚と少し距離を置いて、ジグヘッドを投じて、魚を誘い出す。クンッ・・・グイン・・・っと明確で強烈なバイト。真下に突っ込む魚の動きをロッドのパワーでしっかりと受け止めて、一気に引き寄せる。カサゴだ。硬いロッドに加えて糸を出さないやりとりは、魚の口が切れてしまい、もしくは刺さった針が緩んでしまうのではないかとの不安があるが、ポイントの形状から縦方向にフッキングを入れることになり、結果、上顎の硬い部分に針が突き刺さることになるのでバレる心配は殆どない。


04-P5150138.jpg
 連発とはいかないまでも、しっかりとジグヘッドを沈めてから、地面スレスレで丁寧に動かすことが出来れば、飽きない程度にバイトがある。ジグヘッドを猛追した後の捕食行動であるが故に、フッキング後の魚とのやりとりは躍動感があり、緊張感があり、心躍るものである。


05-P5150143.jpg
 徐々に日が暮れて、沈めたワームの目視が効かなくなってきている。地形の形状を想像しながら、ラインから伝わる振動を頼りながら、ロッドとリールを操作して魚を誘う。ワームの色をクリアー系からパールホワイトに変更している。鏡のように静まり返った海面には、鰯だろうか、無数の稚魚がピチピチと小さな波紋を作っているのが見える。もしや稚魚の群れの下にメバルでも居るのではないかと妄想しては、時折、ジグヘッドを投じてから表層付近を誘うが、残念ながらメバルの反応は無い。空が赤く染まる。場所を移動しながら、ジグヘッドを次々に投じて魚を誘う。良型のカサゴがポツリポツリと反応する。完全に闇が迫ると、山の木々が揺れ動き、海面にさざ波が立ち、魚の活性が極端に低下する。魚の匹数を確認するためのカウンターを確認するとツ抜けたと言っている。今日は、潔く納竿とする。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月15日(月)午後6時45分~午後8時15分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:21度、水温:16.7度
 ポイント:下津周辺(S漁港)
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)(全てリリース)
06-P5150148.jpg

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイト、イカナゴ
(2) ジグヘッド
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、カツイチ「チヌ専用おもり B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170515.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~ワームの色と動き~ 


01-P5140108.jpg
 神戸から和歌山に戻る前に麺を啜ることに。以前は頻繁に訪れていた”希望新風”。濃厚な豚骨醤油スープの和歌山中華そばを食べ込んでいくと、柔らかい豚骨スープが物足りなく感じるのでは無いかと思っていたが、いやいやそうではない。濃厚な豚骨と甘辛い醤油との調和も良いが、旨味を感じる円やかな豚骨に程良い塩分の調和も良い。つまるところ強と強、弱と弱のバランスが最大の決め手になるのではないかと思いつつ、一心に麺を啜り、スープを啜り、青葱の清涼を感じるのであります。以前より青葱の分量が多くなり、美味さ倍増である。ちなみにセンスなく散らばっている海苔は、机上にある瓶から自由にトッピングすることが出来るようになっていて、これは我が仕業である。

ラーメン・つけ麺・油そば 希望新風
 住所:神戸市灘区記田町5-6-16 クレスト六甲1F
 電話:078-854-9655


 阪神高速湾岸線を駆って、神戸市から和歌山市に移動。


02-P5140118.jpg
 今日の潮回りは大潮後の中潮2日目。午後9時頃に満潮位を迎えるので、夕暮れの薄暮の時間帯から、潮止まり前までが潮時と判断して、和歌山下津方面へと車を走らせる。午後6時過ぎに現地に到着して、周囲の状況や海の状況を確認する。ここ最近、どこもチヌ釣り師で賑わっていて、間隙を縫ってルアーを放り投げるのは、少し躊躇する。基本的にチヌ釣り師の方々は、日も暮れる頃には撤収されるので、それまでは遠慮しながら釣りをするしかない。まだ明るい時間帯は、ジグヘッド1.5gにビームスティック2.2インチ、色はパールホワイトの強い組み合わせで、活性の高い個体を重点的に拾っていく作戦。ジグヘッドを被覆石の上っ面に投じて、根掛かりしないように、またリアクションで喰わすために、早めにリーリング。とは言っても、リールのハンドルを1秒間に1回転する速度ではあるが。偏光グラスを通して、海中を覗き込みつつジグヘッドを操っていると、黒い影が忍者の如く、物陰から素早く現れては消える。既に魚の活性は高そうである。クンッ・・・グイ・・・っと明確なバイト。ティップが滑らかに入ったところで、魚の重みをバットに乗せるようにフッキング。カサゴだ。


03-P5140119.jpg
 リーリングの速度をやや遅くしたいところではあるが、油断すると即座に根掛かりに見舞われてしまう。ジグヘッドを1.0g、ワームを1.5インチに落とすと根掛かりを多少は回避出来るものの、風に煽られてラインコントロールが怪しくなり、狙いのコースに乗せることが出来ない。しかも不思議なことに、ジグヘッドの速度が遅くなると、魚の反応が著しく悪くなるという怪。何故だろうか。再度、ジグヘッドを1.5g、ワームを2.2インチに戻し、素早くジグヘッドを動かすと、グイン・・・っと明確なバイト。やはり、魚にワームを見切られないように、早めの動きでリアクションを誘う方が確実で手っ取り早いようである。小さいながらも次々にカサゴが反応する。


04-P5140122.jpg
 ワームの色をクリアー系に変更する。ワームの色に関しても、何となく気が付いたことがある。パールホワイトのような強い色の場合、魚の動きを観察していると、アピール力が強いということもあり、ワームを認識した時点では素早く寄ってくるものの、バイトの前に少し躊躇しているかのような動きをする。一方でクリアー系のワームの場合には、ワームを認識した後に鋭く行動を起こし、間髪入れずにバイトしているように見える。今まで散々カサゴを釣ってきているが、なかなか魚の動きを確認しながら釣りをしたことが無く、これは良い参考になる。クリアー系のワームに変更してからは、もしや単純に時合が来ただけかも知れないが、次々にカサゴが反応を示す。徐々に魚が反応する位置が手前に寄ってきている。


05-P5140124.jpg
 完全に陽が落ちてチヌ釣り師が撤収し、波音だけになると状況が変わる。素早いジグヘッドの動きには対応出来ないのか、バイトの回数が激減する。ここでフロートリグに変更して、まずは海藻が茂る場所を中心にメバルを誘う。ジグヘッドは0.3g、ワームは1.5インチ。完全に浮いている魚に照準を合わせているが、肝心要の魚が居ないのか、チヌ釣り師の巻いた餌で十分に満足したのか、メバルの反応は無い。止む無く、狙いをカサゴに変えて、被覆石の上っ面をフロートリグで丁寧に探る。満潮の潮止まり前のせいもあり、如実に魚の活性が落ちている。更には潮流のせいもあって、目の前に浮遊ゴミが密集してきており、毎度の如くにゴミが引っ掛かってしまう。何とか集中力を保ちながら、フロートリグでカサゴ2匹を追加して納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月14日(日)午後6時30分~午後8時30分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:22度→20度、水温:16.5度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計21匹(カサゴ21匹)(全てリリース)
06-P5140129.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g、1.0g
 ・カルティバ バランサーヘッド0.3g
(3) フロート
・アルカジック ぶっ飛びRocker F-7.6g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170514.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~風裏を求めて新規開拓~ 

01-P5070037.jpg
 本日のランチは久しぶりにこちらへ。大型連休と言えども最終日、それほど混雑していないであろうと高をくくり、しかしながら念のため少し早めの午後11時半頃に、破れてヘロヘロ状態の赤い暖簾をくぐると何たることか、さすがは超有名店、ほぼ満席ではあるまいか。辛うじてカウンター席の隅っこが空いていたので、待たずに無事に着席。

ラーメン○イ 十二番丁店
 住所:和歌山県和歌山市十二番丁87
 電話:073-425-6678
 営業:11:00~21:00
 休み:日曜日
 駐車場:店の前に2台、提携駐車場あり


02-P5070031.jpg
 「チャーシューメン」850円也。濃厚な豚骨スープに醤油が効いた抜群のバランス感。世間ではこれを”エッヂが効いている”なんて表現しているが、言い得て妙。水分少なめの九条ネギ系の青葱が豚骨醤油と絡むと絶妙な清涼感を醸して美味さ倍増であるが、出来ればもっと香りが強くて、粘り気のある青葱の方が良いなぁと思いつつも、満悦で食べ進む。以前に食べた際には、いまいちであった叉焼は、口に放り込んで噛み締めると、脂身がジュワリととろけだし、湯浅醤油のような甘辛い味わいが溢れだし、赤身と混然一体となれば至福の時となる。スープを飲み干すまで、ちゃんと青葱が残ってくれているのが素晴らしい。やはり美味い。


 本日の天気は、夕方から南東の風が強くなるとの予報。潮回りは中潮1日目で、午後10時半が干潮の潮止まり。潮位差がしっかりとしていて、夕方の時合には良い釣果が期待出来そうである。しかしながら南東の風に強いポイントを知らないため、いつものポイントに出向けば、風に翻弄されて撃沈の可能性が高い。昼間の暇な時間を利用して、色々と検討した結果、下津方面の某漁港へ出向くことにする。珈琲を煎れて、ボトルに注ぎ込んで、それを車のドリンクホルダーに差し込んで、いざ出発。車中に珈琲の香りが充満する。


03-P5070044.jpg
 午後6時頃に現地に到着し、釣りを開始する前にまずは現地の状況を確認する。被覆石が敷き詰められている個所があり、カサゴ狙いには、なかなか良さそうである。海水の透明度が高く、稚魚の群れも確認出来る。完全に陽が落ちれば、メバル狙いにも良さそうである。午後6時30分、タックルを携えて釣りを開始する。風の影響を考慮し、尚且つ、夕暮れ時に活性の高い個体を効率よく捉えるために、ジグヘッドは1.5g、ワームはダイワのビームスティック2.2インチ、パールホワイトを結ぶ。前面に斜め方向に下る被覆石の奥にジグヘッドを送り込んでから、法面を掠めるようにトレースする。底を意識しすぎると、根掛かり連発にて時間を浪費することが確実であるので、今回は効率を重視して、底を取らず法面をスレスレにスイミングで誘う作戦だ。狙いが的中する。偏光グラスでワームの動きを確認しながらロッドとリールを操作していると、黒い影が猛烈な勢いでワームにアタックする。即座にロッドが曲がり、ラインが張り詰めて左右に揺れる。根に入られると難儀するので、今回はドラグは出さない。まずまずのカサゴだ。


04-P5070049.jpg
 幸先が良いと思ったのも束の間。風裏の筈であるが、風が回り込んできて、結局は強風に晒されることに。早速、ラインコントロールが難しくなり、狙うべき位置にジグヘッドを送り込むことが出来ない。ロッドが遠慮なく揺さぶられる。無神経に吹き付ける風に辟易しながらも、風が緩んだ瞬間を狙っては、根気強くジグヘッドを投じていく。被覆石の法尻をうまくスイミングでトレースできると、突如、衝撃に似た明確なバイトがロッドを曲げる。最早、バイトの状態を推測しながら、口先にフッキングするなど不可能で、ロッドが抑え込まれたと同時にそれに応じる状態。ジグヘッドが深く飲み込まれている。魚の活性が高い。


05-P5070050.jpg
 風が無ければ、もっと数を伸ばすことが出来そうなものであるが、PEラインが煽られて釣りにならない。風の機嫌を伺いながら、活性の高い個体だけを拾っていく。開始から1時間で、なんとか6匹のカサゴを捉えることに成功するも、風が更に強くなり、場所を変えることに。残念ながらメバル狙いは次回にお預けである。


06-P5070053.jpg
 少し歩くと、何故か風が吹かない場所を発見する。もしくは単純に、一時的に風が弱まっているだけなのかも知れない。狙うべきトレースラインが限られていて、またストックされている魚の量もあまり豊富ではないと推測されるが、狙わないのは惜しい。早速、ジグヘッドをアンダーキャストで投じて、着底と同時に底を切って、ジグヘッドをスイミングで移動する。1投目、グンッと鋭いバイト。一気に真下に突っ込む魚の動きをロッドを高く掲げることで防いで、狙いどおりのカサゴを追加する。場所を移動しながら、トレースラインを変えながら、30分で計4匹のカサゴを追加して、明日から仕事が始まることを考慮して、午後8時にて納竿とした。新たに開拓したこのポイント、風が無く、潮回りが良ければ良型を連発出来ると確信した。次回の釣行が楽しみでならない。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月7日(日)午後6時30分~午後8時
 潮回り:中潮、下げ
 天気:曇り、気温:24度、水温:16.3度
 ポイント:下津周辺(S漁港)
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)(全てリリース)
07-P5070059.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
08-20170507.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~干潮前後に粘りに粘って~ 

01-P5060005.jpg
 今日の潮回りは長潮。夕暮れ時にちょうど下げ潮が効いて良さそうな感じ。昨年の同じ時期に好調であった下津某所へと向かう。午後6時頃に現地に到着。太刀魚狙いの餌釣り師とアオリイカ狙いのエギンガーが潮通しの良い場所でロッドを振っている。話を伺うと、まだ釣果は無いとのこと。1gのジグヘッドにダイワのビームスティック1.5インチの組み合わせで釣りを開始する。良い具合に曇っていて、夕暮れに近く、更には潮が効いているとくれば、爆釣間違いなしの予定であったが、なかなか思い通りにはいかず。護岸沿いや前面の捨て石を丁寧に誘うも、なかなか結果が出ず。釣りを開始して30分後に、ようやくバイトを捉えるも極小サイズのカサゴ。その後も魚の反応は悪く、普段はあまり攻めない、水深があり海藻が揺らめくエリアに場所を変えて、根掛かり頻発で苦戦しつつ攻めて、午後7時~午後7時半の間に5匹を追加するも、この絶好の時間帯でこの状態とあらば、粘っても状況は好転しない。

 午後7時30分、このポイントを見切り、昨夜の釣行の際にある程度の結果が出た和歌浦漁港に移動する。


02-P5060009.jpg
 夕食の買い出しを終えて、午後8時30分、和歌浦漁港に到着。午後9時半頃が干潮の潮止まりのため、残された時間は少ない。目を凝らせば、稚魚がピチピチと跳ねて海面が賑わっている。護岸沿いにジグヘッドを投じていくが、反応が無い。時合は終わったのか、もしくは攻め切られたのか。護岸によりタイトにジグヘッドを落とし込んで、超微速で静かに誘う。クンッ・・・グググ・・・お馴染みのバイトをしっかりと合わせて、狙いどおりのカサゴ。開始から30分ほどを要してしまったものの、何とか1匹目の捕獲に成功する。


03-P5060010.jpg
 さすがに潮止まりの時間帯に近く、海面がまったりと佇んでいるのが見て取れる。粘り強く、護岸沿いにジグヘッドを落とし込んでは、丁寧に誘っていく。夕暮れの時合であれば、魚の活性が高く、多少、いい加減なトレースラインであっても、リトリーブ速度が速くても、魚達は十分に反応をしてくれるが、今の状況は全く異なり、護岸沿いをタイトにゆっくりと攻めなければ魚達は反応しない。拾い釣りの要領で、場所を移動しながら何とかカサゴを捉えていく。4匹を追加して、完全に潮が止まり魚の反応が極端に悪くなる。

 ここで一旦休憩を入れる。車のラゲッジに腰かけて、遅い夕飯にする。


04-P5060015.jpg
 午後10時前に釣りを再開する。ジグヘッドの重さを1g、1.5g、2gと変えながら、更にはワームのサイズを1.5インチ、2.2インチ、色をクリアー、パールホワイトと変えながら、どの組み合わせが良いか探っていく。結果、根掛かりの回避性能を考えると、1gのジグヘッドに分があり、ワームサイズは2.2インチ、ワームカラーはパールホワイトの組み合わせに辿り着く。カサゴを追加するもサイズは相変わらず小さく、これはこのポイントが日々、高いプレッシャーに晒されている証拠に他ならない。ジグヘッドを僅かな追い風に乗せて前方に投じていく。表層から中層にジグヘッドを通してメバルを誘うも反応は無い。ジグヘッドを前方に投じた後に、一旦、ジグヘッドを底まで沈めてから、ジワジワと底を切るか切らないかの速度でリールのハンドルを回す。捨て石の法尻付近にジグヘッドが差し掛かった瞬間に、モゾッとした違和感。直後に、クンッと小さなバイト。すかさずフッキングを入れると、何とも可愛らしいメバル。再現性を確認すべく、同じことを繰り返すがメバルの反応はそれっきり無い。


05-P5060020_201705071021394be.jpg
 護岸沿いに固執せずに、前方にジグヘッドを投じては、底付近を丁寧に誘い、活性の高い個体を探っていく。底に転がる石と石の隙間や、ブロックとブロックの隙間をタイトに攻めたいところであるが、攻めれば攻めるほどに魚との距離が縮まる一方で、必然的に根掛かりとの戦いにもなるため、ロッドやリールの操作には最善の注意が必要とされる。次々に、という状況では無いまでも、そろそろ納竿にしようかと思った頃に、カサゴが反応してくれる。ズルズルと1時間ほど釣りを続けて、カサゴを8匹追加する。カウンターを見れば、”0020”の数字。これを見て納竿を決めた。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月6日(土)
   下津周辺:午後6時00分~午後7時30分
   和歌浦漁港:午後8時30分~午後11時
 潮回り:長潮、下げ→上げ
 天気:曇り、気温:22度→18度、水温:15.9度
 ポイント:和歌山下津、和歌浦漁港
 釣果:計20匹(メバル1匹、カサゴ19匹)(全てリリース)
06-P5060023.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g、1.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170506.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]