04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

和歌山紀北メバリング釣行 ~短い時合に狙いを定め~ 

 やや出遅れつつ現地に午後7時に到着。絶好の時合が既に始まっているに違いなく、もどかしさを感じながら慌てて釣りの準備に取りかかる。今日も昨夜と同様に、良型が期待出来るポイントであるが、薄暮の時間帯は魚の活性が高いが、暗くなると一気に活性が落ちる傾向にあるポイントでもあるので、残された時間はあと僅か。午後8時までの1時間を有効に使えるかどうかが大いに釣果を左右する。

01-P5160179.jpg
 今日の潮回りは満月後の中潮最終日。徐々に潮の干満が小さくなってきている。午後7時過ぎにようやくジグヘッドを投入する。昨日に引き続き、使用するジグヘッドは、がまかつの「JIG29 #6」にカツイチの「チヌ専用おもり B」を挟み込んで自作したもの。ワームは、普段はあまり使用しないピンク色を選択。ピッチングの要領で、目の前の被覆石にジグヘッドを乗せるようにして投じていく。隙間に隠れていた魚が、捕食活動のために虎視眈々を獲物を狙っている状況をイメージして、石と石の隙間に狙いを定めてジグヘッドを通していく。開始1分、黒い影が俊敏な動きで近づき、そして躊躇なくバイト。ガツンっと痛烈な振動がロッドを曲げる。ドラグをしっかりと締めているので、チリッとも音は鳴らない代わりに、ラインが張り詰めて、相応にロッドが曲がる。魚が根に入らないように、やや強引にやりとりをして、そして一気に引き抜く。良型のカサゴだ。開始早々の釣果に喜びを隠せないが、何故か次に繋がらない。


02-P5160183.jpg
 何とかバイトを拾いながら移動する。昨夜より潮位が低いことから、魚のレンジが下がっているのかと想像して、被覆石の法尻にあたる奥側にジグヘッドを投じて、そして軽いジグヘッドをしっかりと沈めてから、リーリングよりもロッド操作に重きを置いて底付近を探っていく。ジグヘッドが駆け上がり付近に達したあたりで、グンッと真下に突っ込むようなバイト。ラインを巻き取って、そしてロッドを曲げながらこの引きに対峙する。タケノコメバルような力強い引きで、明らかにカサゴより遊泳力に勝っている。何であろうか。短時間で勝負に蹴りをつけて、一気に引き抜くと、ウネウネとした魚のシルエットが映る。かなりスリムな体型をしているが、アコウでは無いか。サイズは25㎝ほど。陸からの釣りで、アコウを釣ったのは初めてのこと。


03-P5160184.jpg
 欲を出して、更なるアコウを求めてジグヘッドを投じていくが、残念ながら再現性は無い。ただの通りすがりであったようだ。辺りが随分と暗くなり、ピンク色のワームへの反応が悪いためパールホワイトに変更する。色々な角度にジグヘッドを投じては、丁寧に、時に素早く動かしては魚を誘うが、なかなか傾向を掴むことが出来ない。突堤の先端部分で2匹のカサゴを追加する。二度の根掛かりでジグヘッドを失ってしまい、貴重な時合を無駄にするが、気を取り直してジグヘッドを投じていく。劇的な成り行きは無いものの、淡々とカサゴを追加して、午後8時を境に明らかにバイトが無くなってしまう。執拗にジグヘッドを送り込むも、あまり粘っても状況は好転しないと判断して、午後8時20分頃に納竿とした。1時間と少しと短い時間であったが、癒しの時間となった。
 

■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月16日(月)午後7時~午後8時20分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:18度、水温:16.7度
 ポイント:下津周辺(S漁港)
 釣果:計9匹(カサゴ8匹、アコウ1匹)(全てリリース)
04-P5160188.jpg

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、イカナゴ
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ、Glow Pink
(2) ジグヘッド
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、カツイチ「チヌ専用おもり B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20170516.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~ドラグを締めて良型を狙う~ 

01-P5150132.jpg
 昨夜の釣行では、それなりに数は出たものの小振りなカサゴばかりだったこともあり、今日は数より大きさに重きを置いてポイントを選択する。突堤の基礎に法勾配が1:1程度で覆石が密に敷き詰められている。被覆石の隙間にカサゴは潜んでいて、ジグヘッドをこの法面にクロスで沿わすようにトレースすると、虎視眈々と獲物を狙うカサゴが我慢ならず飛び出してくる、そんなポイントである。捕食行動後のカサゴは、被覆石の隙間に一気に逃げ込むような行動を取るため、これに対峙するためには、硬めのロッドを準備し、ドラグをしっかりと締めておく必要がある。使用するジグヘッドは、がまかつの「JIG29 #6」にカツイチの「チヌ専用おもり B」を挟み込んで自作したもの。重さは1gあるか無いか。


02-P5150135.jpg
 午後6時45分、釣りを開始する。本日の潮回りは、満月後の中潮3日目。午後9時半頃が満潮であることを考えると、今からの時間帯がまさに時合と言えよう。目の前の被覆石の前面に、軽くジグヘッドを投じていく。被覆石に接触するかしないかのレンジを丁寧に攻める。まだ目視が効くうちに、ジグヘッドの沈み具合や法面の状態をしっかりと把握しておく必要がある。斜め前方に投じたジグヘッドの背後2mほどの位置に黒い影。ロッドを立ててラインテンションを保ちつつ、ジグヘッドを小刻みに上下させると、瞬く間に黒い影が接近して、躊躇なく強烈なバイト。ガツッとロッドに振動が加わり、案の定、真下に突っ込もうとする魚の動きを強引に止めて、そして相手に主導権を与えず一気に引き抜くと良型のカサゴ。23㎝。狙いどおりである。


03-P5150137.jpg
 場所を移動しながらジグヘッドを投じていく。ジグヘッドが被覆石から離れてしまうと、魚の反応が悪くなるため、根掛かるかどうかのギリギリのラインを攻めていく。ラインコントロールさえ出来ていれば、ジグヘッドが石などに引っ掛かったとしても、軽くロッドを揺さぶってラインを振幅させれば、案外、根掛かりを回避することが出来る。ジグヘッドが、石と石の狭隘な部分にスッポリ挟み込んでしまうとお手上げであるが。徐々に活性が高まりつつある。ワームに反応する魚の姿が見える。魚と少し距離を置いて、ジグヘッドを投じて、魚を誘い出す。クンッ・・・グイン・・・っと明確で強烈なバイト。真下に突っ込む魚の動きをロッドのパワーでしっかりと受け止めて、一気に引き寄せる。カサゴだ。硬いロッドに加えて糸を出さないやりとりは、魚の口が切れてしまい、もしくは刺さった針が緩んでしまうのではないかとの不安があるが、ポイントの形状から縦方向にフッキングを入れることになり、結果、上顎の硬い部分に針が突き刺さることになるのでバレる心配は殆どない。


04-P5150138.jpg
 連発とはいかないまでも、しっかりとジグヘッドを沈めてから、地面スレスレで丁寧に動かすことが出来れば、飽きない程度にバイトがある。ジグヘッドを猛追した後の捕食行動であるが故に、フッキング後の魚とのやりとりは躍動感があり、緊張感があり、心躍るものである。


05-P5150143.jpg
 徐々に日が暮れて、沈めたワームの目視が効かなくなってきている。地形の形状を想像しながら、ラインから伝わる振動を頼りながら、ロッドとリールを操作して魚を誘う。ワームの色をクリアー系からパールホワイトに変更している。鏡のように静まり返った海面には、鰯だろうか、無数の稚魚がピチピチと小さな波紋を作っているのが見える。もしや稚魚の群れの下にメバルでも居るのではないかと妄想しては、時折、ジグヘッドを投じてから表層付近を誘うが、残念ながらメバルの反応は無い。空が赤く染まる。場所を移動しながら、ジグヘッドを次々に投じて魚を誘う。良型のカサゴがポツリポツリと反応する。完全に闇が迫ると、山の木々が揺れ動き、海面にさざ波が立ち、魚の活性が極端に低下する。魚の匹数を確認するためのカウンターを確認するとツ抜けたと言っている。今日は、潔く納竿とする。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月15日(月)午後6時45分~午後8時15分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:21度、水温:16.7度
 ポイント:下津周辺(S漁港)
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)(全てリリース)
06-P5150148.jpg

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイト、イカナゴ
(2) ジグヘッド
 ・自作ジグヘッド(がまかつ「JIG29 #6」、カツイチ「チヌ専用おもり B」)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170515.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~ワームの色と動き~ 


01-P5140108.jpg
 神戸から和歌山に戻る前に麺を啜ることに。以前は頻繁に訪れていた”希望新風”。濃厚な豚骨醤油スープの和歌山中華そばを食べ込んでいくと、柔らかい豚骨スープが物足りなく感じるのでは無いかと思っていたが、いやいやそうではない。濃厚な豚骨と甘辛い醤油との調和も良いが、旨味を感じる円やかな豚骨に程良い塩分の調和も良い。つまるところ強と強、弱と弱のバランスが最大の決め手になるのではないかと思いつつ、一心に麺を啜り、スープを啜り、青葱の清涼を感じるのであります。以前より青葱の分量が多くなり、美味さ倍増である。ちなみにセンスなく散らばっている海苔は、机上にある瓶から自由にトッピングすることが出来るようになっていて、これは我が仕業である。

ラーメン・つけ麺・油そば 希望新風
 住所:神戸市灘区記田町5-6-16 クレスト六甲1F
 電話:078-854-9655


 阪神高速湾岸線を駆って、神戸市から和歌山市に移動。


02-P5140118.jpg
 今日の潮回りは大潮後の中潮2日目。午後9時頃に満潮位を迎えるので、夕暮れの薄暮の時間帯から、潮止まり前までが潮時と判断して、和歌山下津方面へと車を走らせる。午後6時過ぎに現地に到着して、周囲の状況や海の状況を確認する。ここ最近、どこもチヌ釣り師で賑わっていて、間隙を縫ってルアーを放り投げるのは、少し躊躇する。基本的にチヌ釣り師の方々は、日も暮れる頃には撤収されるので、それまでは遠慮しながら釣りをするしかない。まだ明るい時間帯は、ジグヘッド1.5gにビームスティック2.2インチ、色はパールホワイトの強い組み合わせで、活性の高い個体を重点的に拾っていく作戦。ジグヘッドを被覆石の上っ面に投じて、根掛かりしないように、またリアクションで喰わすために、早めにリーリング。とは言っても、リールのハンドルを1秒間に1回転する速度ではあるが。偏光グラスを通して、海中を覗き込みつつジグヘッドを操っていると、黒い影が忍者の如く、物陰から素早く現れては消える。既に魚の活性は高そうである。クンッ・・・グイ・・・っと明確なバイト。ティップが滑らかに入ったところで、魚の重みをバットに乗せるようにフッキング。カサゴだ。


03-P5140119.jpg
 リーリングの速度をやや遅くしたいところではあるが、油断すると即座に根掛かりに見舞われてしまう。ジグヘッドを1.0g、ワームを1.5インチに落とすと根掛かりを多少は回避出来るものの、風に煽られてラインコントロールが怪しくなり、狙いのコースに乗せることが出来ない。しかも不思議なことに、ジグヘッドの速度が遅くなると、魚の反応が著しく悪くなるという怪。何故だろうか。再度、ジグヘッドを1.5g、ワームを2.2インチに戻し、素早くジグヘッドを動かすと、グイン・・・っと明確なバイト。やはり、魚にワームを見切られないように、早めの動きでリアクションを誘う方が確実で手っ取り早いようである。小さいながらも次々にカサゴが反応する。


04-P5140122.jpg
 ワームの色をクリアー系に変更する。ワームの色に関しても、何となく気が付いたことがある。パールホワイトのような強い色の場合、魚の動きを観察していると、アピール力が強いということもあり、ワームを認識した時点では素早く寄ってくるものの、バイトの前に少し躊躇しているかのような動きをする。一方でクリアー系のワームの場合には、ワームを認識した後に鋭く行動を起こし、間髪入れずにバイトしているように見える。今まで散々カサゴを釣ってきているが、なかなか魚の動きを確認しながら釣りをしたことが無く、これは良い参考になる。クリアー系のワームに変更してからは、もしや単純に時合が来ただけかも知れないが、次々にカサゴが反応を示す。徐々に魚が反応する位置が手前に寄ってきている。


05-P5140124.jpg
 完全に陽が落ちてチヌ釣り師が撤収し、波音だけになると状況が変わる。素早いジグヘッドの動きには対応出来ないのか、バイトの回数が激減する。ここでフロートリグに変更して、まずは海藻が茂る場所を中心にメバルを誘う。ジグヘッドは0.3g、ワームは1.5インチ。完全に浮いている魚に照準を合わせているが、肝心要の魚が居ないのか、チヌ釣り師の巻いた餌で十分に満足したのか、メバルの反応は無い。止む無く、狙いをカサゴに変えて、被覆石の上っ面をフロートリグで丁寧に探る。満潮の潮止まり前のせいもあり、如実に魚の活性が落ちている。更には潮流のせいもあって、目の前に浮遊ゴミが密集してきており、毎度の如くにゴミが引っ掛かってしまう。何とか集中力を保ちながら、フロートリグでカサゴ2匹を追加して納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月14日(日)午後6時30分~午後8時30分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:22度→20度、水温:16.5度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計21匹(カサゴ21匹)(全てリリース)
06-P5140129.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g、1.0g
 ・カルティバ バランサーヘッド0.3g
(3) フロート
・アルカジック ぶっ飛びRocker F-7.6g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170514.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~風裏を求めて新規開拓~ 

01-P5070037.jpg
 本日のランチは久しぶりにこちらへ。大型連休と言えども最終日、それほど混雑していないであろうと高をくくり、しかしながら念のため少し早めの午後11時半頃に、破れてヘロヘロ状態の赤い暖簾をくぐると何たることか、さすがは超有名店、ほぼ満席ではあるまいか。辛うじてカウンター席の隅っこが空いていたので、待たずに無事に着席。

ラーメン○イ 十二番丁店
 住所:和歌山県和歌山市十二番丁87
 電話:073-425-6678
 営業:11:00~21:00
 休み:日曜日
 駐車場:店の前に2台、提携駐車場あり


02-P5070031.jpg
 「チャーシューメン」850円也。濃厚な豚骨スープに醤油が効いた抜群のバランス感。世間ではこれを”エッヂが効いている”なんて表現しているが、言い得て妙。水分少なめの九条ネギ系の青葱が豚骨醤油と絡むと絶妙な清涼感を醸して美味さ倍増であるが、出来ればもっと香りが強くて、粘り気のある青葱の方が良いなぁと思いつつも、満悦で食べ進む。以前に食べた際には、いまいちであった叉焼は、口に放り込んで噛み締めると、脂身がジュワリととろけだし、湯浅醤油のような甘辛い味わいが溢れだし、赤身と混然一体となれば至福の時となる。スープを飲み干すまで、ちゃんと青葱が残ってくれているのが素晴らしい。やはり美味い。


 本日の天気は、夕方から南東の風が強くなるとの予報。潮回りは中潮1日目で、午後10時半が干潮の潮止まり。潮位差がしっかりとしていて、夕方の時合には良い釣果が期待出来そうである。しかしながら南東の風に強いポイントを知らないため、いつものポイントに出向けば、風に翻弄されて撃沈の可能性が高い。昼間の暇な時間を利用して、色々と検討した結果、下津方面の某漁港へ出向くことにする。珈琲を煎れて、ボトルに注ぎ込んで、それを車のドリンクホルダーに差し込んで、いざ出発。車中に珈琲の香りが充満する。


03-P5070044.jpg
 午後6時頃に現地に到着し、釣りを開始する前にまずは現地の状況を確認する。被覆石が敷き詰められている個所があり、カサゴ狙いには、なかなか良さそうである。海水の透明度が高く、稚魚の群れも確認出来る。完全に陽が落ちれば、メバル狙いにも良さそうである。午後6時30分、タックルを携えて釣りを開始する。風の影響を考慮し、尚且つ、夕暮れ時に活性の高い個体を効率よく捉えるために、ジグヘッドは1.5g、ワームはダイワのビームスティック2.2インチ、パールホワイトを結ぶ。前面に斜め方向に下る被覆石の奥にジグヘッドを送り込んでから、法面を掠めるようにトレースする。底を意識しすぎると、根掛かり連発にて時間を浪費することが確実であるので、今回は効率を重視して、底を取らず法面をスレスレにスイミングで誘う作戦だ。狙いが的中する。偏光グラスでワームの動きを確認しながらロッドとリールを操作していると、黒い影が猛烈な勢いでワームにアタックする。即座にロッドが曲がり、ラインが張り詰めて左右に揺れる。根に入られると難儀するので、今回はドラグは出さない。まずまずのカサゴだ。


04-P5070049.jpg
 幸先が良いと思ったのも束の間。風裏の筈であるが、風が回り込んできて、結局は強風に晒されることに。早速、ラインコントロールが難しくなり、狙うべき位置にジグヘッドを送り込むことが出来ない。ロッドが遠慮なく揺さぶられる。無神経に吹き付ける風に辟易しながらも、風が緩んだ瞬間を狙っては、根気強くジグヘッドを投じていく。被覆石の法尻をうまくスイミングでトレースできると、突如、衝撃に似た明確なバイトがロッドを曲げる。最早、バイトの状態を推測しながら、口先にフッキングするなど不可能で、ロッドが抑え込まれたと同時にそれに応じる状態。ジグヘッドが深く飲み込まれている。魚の活性が高い。


05-P5070050.jpg
 風が無ければ、もっと数を伸ばすことが出来そうなものであるが、PEラインが煽られて釣りにならない。風の機嫌を伺いながら、活性の高い個体だけを拾っていく。開始から1時間で、なんとか6匹のカサゴを捉えることに成功するも、風が更に強くなり、場所を変えることに。残念ながらメバル狙いは次回にお預けである。


06-P5070053.jpg
 少し歩くと、何故か風が吹かない場所を発見する。もしくは単純に、一時的に風が弱まっているだけなのかも知れない。狙うべきトレースラインが限られていて、またストックされている魚の量もあまり豊富ではないと推測されるが、狙わないのは惜しい。早速、ジグヘッドをアンダーキャストで投じて、着底と同時に底を切って、ジグヘッドをスイミングで移動する。1投目、グンッと鋭いバイト。一気に真下に突っ込む魚の動きをロッドを高く掲げることで防いで、狙いどおりのカサゴを追加する。場所を移動しながら、トレースラインを変えながら、30分で計4匹のカサゴを追加して、明日から仕事が始まることを考慮して、午後8時にて納竿とした。新たに開拓したこのポイント、風が無く、潮回りが良ければ良型を連発出来ると確信した。次回の釣行が楽しみでならない。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月7日(日)午後6時30分~午後8時
 潮回り:中潮、下げ
 天気:曇り、気温:24度、水温:16.3度
 ポイント:下津周辺(S漁港)
 釣果:計10匹(カサゴ10匹)(全てリリース)
07-P5070059.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
08-20170507.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~干潮前後に粘りに粘って~ 

01-P5060005.jpg
 今日の潮回りは長潮。夕暮れ時にちょうど下げ潮が効いて良さそうな感じ。昨年の同じ時期に好調であった下津某所へと向かう。午後6時頃に現地に到着。太刀魚狙いの餌釣り師とアオリイカ狙いのエギンガーが潮通しの良い場所でロッドを振っている。話を伺うと、まだ釣果は無いとのこと。1gのジグヘッドにダイワのビームスティック1.5インチの組み合わせで釣りを開始する。良い具合に曇っていて、夕暮れに近く、更には潮が効いているとくれば、爆釣間違いなしの予定であったが、なかなか思い通りにはいかず。護岸沿いや前面の捨て石を丁寧に誘うも、なかなか結果が出ず。釣りを開始して30分後に、ようやくバイトを捉えるも極小サイズのカサゴ。その後も魚の反応は悪く、普段はあまり攻めない、水深があり海藻が揺らめくエリアに場所を変えて、根掛かり頻発で苦戦しつつ攻めて、午後7時~午後7時半の間に5匹を追加するも、この絶好の時間帯でこの状態とあらば、粘っても状況は好転しない。

 午後7時30分、このポイントを見切り、昨夜の釣行の際にある程度の結果が出た和歌浦漁港に移動する。


02-P5060009.jpg
 夕食の買い出しを終えて、午後8時30分、和歌浦漁港に到着。午後9時半頃が干潮の潮止まりのため、残された時間は少ない。目を凝らせば、稚魚がピチピチと跳ねて海面が賑わっている。護岸沿いにジグヘッドを投じていくが、反応が無い。時合は終わったのか、もしくは攻め切られたのか。護岸によりタイトにジグヘッドを落とし込んで、超微速で静かに誘う。クンッ・・・グググ・・・お馴染みのバイトをしっかりと合わせて、狙いどおりのカサゴ。開始から30分ほどを要してしまったものの、何とか1匹目の捕獲に成功する。


03-P5060010.jpg
 さすがに潮止まりの時間帯に近く、海面がまったりと佇んでいるのが見て取れる。粘り強く、護岸沿いにジグヘッドを落とし込んでは、丁寧に誘っていく。夕暮れの時合であれば、魚の活性が高く、多少、いい加減なトレースラインであっても、リトリーブ速度が速くても、魚達は十分に反応をしてくれるが、今の状況は全く異なり、護岸沿いをタイトにゆっくりと攻めなければ魚達は反応しない。拾い釣りの要領で、場所を移動しながら何とかカサゴを捉えていく。4匹を追加して、完全に潮が止まり魚の反応が極端に悪くなる。

 ここで一旦休憩を入れる。車のラゲッジに腰かけて、遅い夕飯にする。


04-P5060015.jpg
 午後10時前に釣りを再開する。ジグヘッドの重さを1g、1.5g、2gと変えながら、更にはワームのサイズを1.5インチ、2.2インチ、色をクリアー、パールホワイトと変えながら、どの組み合わせが良いか探っていく。結果、根掛かりの回避性能を考えると、1gのジグヘッドに分があり、ワームサイズは2.2インチ、ワームカラーはパールホワイトの組み合わせに辿り着く。カサゴを追加するもサイズは相変わらず小さく、これはこのポイントが日々、高いプレッシャーに晒されている証拠に他ならない。ジグヘッドを僅かな追い風に乗せて前方に投じていく。表層から中層にジグヘッドを通してメバルを誘うも反応は無い。ジグヘッドを前方に投じた後に、一旦、ジグヘッドを底まで沈めてから、ジワジワと底を切るか切らないかの速度でリールのハンドルを回す。捨て石の法尻付近にジグヘッドが差し掛かった瞬間に、モゾッとした違和感。直後に、クンッと小さなバイト。すかさずフッキングを入れると、何とも可愛らしいメバル。再現性を確認すべく、同じことを繰り返すがメバルの反応はそれっきり無い。


05-P5060020_201705071021394be.jpg
 護岸沿いに固執せずに、前方にジグヘッドを投じては、底付近を丁寧に誘い、活性の高い個体を探っていく。底に転がる石と石の隙間や、ブロックとブロックの隙間をタイトに攻めたいところであるが、攻めれば攻めるほどに魚との距離が縮まる一方で、必然的に根掛かりとの戦いにもなるため、ロッドやリールの操作には最善の注意が必要とされる。次々に、という状況では無いまでも、そろそろ納竿にしようかと思った頃に、カサゴが反応してくれる。ズルズルと1時間ほど釣りを続けて、カサゴを8匹追加する。カウンターを見れば、”0020”の数字。これを見て納竿を決めた。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月6日(土)
   下津周辺:午後6時00分~午後7時30分
   和歌浦漁港:午後8時30分~午後11時
 潮回り:長潮、下げ→上げ
 天気:曇り、気温:22度→18度、水温:15.9度
 ポイント:和歌山下津、和歌浦漁港
 釣果:計20匹(メバル1匹、カサゴ19匹)(全てリリース)
06-P5060023.jpg


■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g、1.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170506.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~近場のポイント開拓~ 

01-P5050272.jpg
 近くに住んでいながらに未だ訪れたことがなく、和歌山市の単身赴任中のこの機会を逃すと、この先も訪れることはなかろうと思い、春うらら(暦上は立夏であるのには驚き)の天気に誘われて散歩がてらに名草山を目指してみた。西国三十三所観音巡礼の第二番札所である紀三井寺。正式な寺名は”紀三井山金剛宝寺護国院”と言い、山内から湧き出す三つの霊泉(清浄水、楊柳水、吉祥水)から”紀三井寺”として親しまれているとのこと。結縁厄除坂と呼ばれる231段の石段をのぼり本堂へ。


02-P5050262.jpg
 県立医大病院前の国道42号。


03-P5050293.jpg
 昼食は、安定・定番の和歌山中華そば”まるだい”へ。大型連休真っ只中ということもあり、午後1時半を過ぎても店内は大賑わい。少し待ってから席に案内される。所謂”エッヂの効いた”濃厚な豚骨醤油のスープと山盛りの青葱、そしてトロリと脂身が溶ける叉焼が秀逸。濃厚なスープを絡ませながらツルツル滑り込みが良く、噛み締めれば粘りが出る麺も最高の調和を見せる。中華そば700円、チャーシューメン800円、青葱の大盛は無料。

中華そば まるだい(○大)
 住所:和歌山県和歌山市西浜3-7-58
 電話:073-447-3100
 営業:11:00~21:00
 休み:水曜日


04-P5030093.jpg
 今日の潮回りは長潮で、午後9時前に干潮。今日は南寄りの風が強く、また潮位が低いために、ここ最近好調の下津のポイントでは、まともに釣りが出来ないと判断して、新しいポイント探しに出かけることに。自宅と職場の中間地点付近にある和歌浦漁港。この漁港を開拓出来れば、仕事帰りに軽くロッドを振って、心を癒すことも可能となる。しかしながら、国道42号からのアクセスも良く、魚介類や水産加工品を購入できる”和歌浦漁港おっとっと広場”があり、また大きな駐車場の真横の岸壁や防波堤で気軽に釣りが出来る環境が整っていることもあり、普段から家族連れを問わず多くの釣り師で賑わっていて、当然ながら高いプレッシャーに晒されていると考えられる。回遊魚を狙うのであれば、家族連れの釣り師が多くとも差支えは無いが、居着きの魚を狙うのであれば普通に考えて厳しいと考えられる。


05-P5050306.jpg
 午後6時50分、釣り開始。夕暮れの薄暮の時間帯にはカサゴを狙い、完全に陽が落ちて常夜灯が効き出す時間帯にはメバルを狙うプラン。うまくいくだろうか。海中を覗き込みながら、まずはカサゴが好みそうな場所を探す。1gのジグヘッドにクリアー系のストレートワームの組み合わせ。護岸や突堤に沿って歩きつつ、ジグヘッドを投じていく。ご愛敬でアナハゼが反応するも、狙いの魚ではない。午後7時10分、護岸沿いに投じたジグヘッドを底まで沈めて、ラインテンションを保ちながらゆっくりと引く。クンッっとカサゴのバイト。そのままの状態を保ちつつ、ロッドティップが入ったところでフッキング。まずは狙いどおりのカサゴ。やはり普段から攻められているのか、サイズは小さい。


06-P5050315.jpg
 カサゴが居ることが分かり、少し安堵する。物陰に潜むメバルを誘い出すべく、表層から中層も併せて確認するが、今のところメバルの反応は無い。2~3cmほどの稚魚の群れを確認するが、ネンブツダイやメバルの姿を確認することは出来ない。ジグヘッドを護岸沿いに投じながら進む。徐々に暗くなり、良い時間帯に突入している。狙うべき場所にしっかりとジグヘッドを送り込むことが出来れば、カサゴが反応してくれる。良型とは言えないまでも、カサゴを3匹追加する。


07-P5050311.jpg
 午後7時半、夜空が明るくなり、時間差で空気が振動する。潮風を感じながら、マリーナシティで打ち上げられる花火をしばし鑑賞する。


08-P5050317.jpg
 午後8時半頃の干潮の潮止まりまで、残された時間は少ない。護岸沿いの反応は途切れ途切れで頼りなく、更にはサイズアップを図るべく、前面の被覆ブロックの上面を攻めることに。ジグヘッドを投じてから着底を待ち、ジグヘッドが底スレスレを滑るように少しロッドを立てて誘う。狙いめは、被覆ブロックと被覆ブロックの境目に出来るスリットだ。グンッ・・・っとロッドティップが沈み込む明確なバイト。素早くラインを巻き取り、ロッドを立てて、魚がスリットに潜り込まないように応じる。少しサイズアップ。


09-P5050320.jpg
 パターンを掴み、狙いどおりのラインにジグヘッドを通すことが出来れば、高い確率でカサゴが反応を示す。時折吹き付ける風が強くなりつつあり、ラインコントロールが難しくなってきている。軽量ジグヘッドとPEライン0.6号の組み合わせが悪く、ライントラブルに見舞われて貴重な時間を浪費するが、更に7匹のカサゴを追加することに成功する。カサゴ狙いの合間に、表層から中層までを誘うが、残念ながらメバルの反応は無く、午後8時半に近くなると、いよいよカサゴの反応も悪くなり、潮止まりをもって納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年5月5日(金)午後6時50分~午後8時30分
 潮回り:長潮、下げ
 天気:晴れ、気温:20度、水温:15.7度
 ポイント:和歌浦漁港
 釣果:計12匹(カサゴ12匹)(全てリリース)
10-P5050326.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、煌クリアー
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
11-20170505.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~再現性の確認~ 

 週末になると濃厚な醤油豚骨スープの中華そばを啜りたくなるのは、最早、中毒症状を発症している故であるが、健康診断で決定打を放たれるまでは、今まで通りの欲望に満ちた自由な暮らしを送ろうと思いつつ、昨年に巡った中華そば店の味を再確認すべく正午を目前に”三代目やぐら”に向かう。良心的な価格設定が魅力であるし、器の底に残る骨粉に本物の豚骨スープの証を見るのも楽しみである。骨粉を布か何かでちゃんと濾しなさいという意見もあろうかと思うが。喉に刺激を感じる甘辛い濁り醤と濃厚な豚骨が全く互いを尊重せずにせめぎ合っているが、イメージ的には三角形と四角形を重ねて強引に円形にしようとしているような、これからの更なる発展が期待出来るそんな味が好きである。食い意地を張って、麺を大盛にしたのは失敗であった。麺の重量で上から押されて、まるで浸け麺のようになっている。やはり十分な分量のスープに麺が軽やかに踊る状態でないと、中華そばの本領は発揮されないなどと無言で勝手な意見を述べつつ、至福の時間を過ごす。


01-P4290037.jpg
 「特製中華そば、大盛」700円也。

三代目やぐら和歌山中華そば
 住所:和歌山県和歌山市栗栖824
 電話:073-472-8873
 営業:11:00~24:00
 休み:無休(元旦休)


02-P4290042.jpg
 準備万端整えて、昨夜の釣行を再現すべく少し早めの午後6時に現地に到着。まだ潮位が低く、日暮れまでも時間に余裕があることから、偏光グラスをかけて海の様子を観察することに。昨夜、良型のメバルを捉えた場所は、いずれも十分な水深があり、海藻が繁茂していたことを確認出来たことは、重要な収穫である。午後6時頃から満を持して釣りを開始するも、こちらのヤル気十分とは裏腹に、魚側はヤル気不十分であり、双方の気持ちが嚙み合わずに時間だけが惰性に過ぎる。魚は釣れぬも、その間もしっかりと根掛かりしてしまい、新たに仕入れた物品だけは確実に消耗する。気の早いカサゴが2匹だけ相手をしてくれるが、その後は全くもって反応が無い。


03-P4290044.jpg
 色々と考えを巡らせつつジグヘッドを投じていく。薄暮の時間帯と、場所なりの潮位、潮流、静穏、波浪が絶妙に重なり合うことにより、魚の活性が高まり、所謂、時合というものが形成されるということは、長年釣りをしていると百も承知であるが、それをピンポイントで具体的に再現するのは難しい。時間が過ぎて午後7時半。ようやく魚の活性が上向いてきた。昨日の失敗を踏まえて、出来るだけ軽量のジグヘッドで被覆石の上面を攻めていく。横風でラインコントロールが邪魔されては根掛かりの洗礼を受けて無駄な時間を過ごすが、狙いのラインにジグヘッドを通すことが出来れば、ほぼ確実にカサゴの反応がある。


04-P4290048.jpg
 最適解を導き出すべく、ジグヘッドの重さ、形状、そしてワームの形状、色を組み合わせていく。風に邪魔されても操作が出来る重さは必要であるが、必要以上に重いと根掛かりの洗礼を受けるので、根掛かりしないギリギリの重さのジグヘッドを選ぶことが肝要となる。どうやらワームの種類は何でも良さそうで、無理にナチュラルカラーを選ぶ必要も無く、暗がりでの視認性を重視してパール系を選ぶ方が賢明である。昨日ほどは良型には恵まれないまでも、次々にカサゴが反応を示す。被覆石の駆け上がり付近をカーブフォールで落とし込んで、海藻の狭間で獲物を狙い待ち受けているであろうメバルを誘うも、こちらは反応は無い。


05-P4290052.jpg
 あれこれと思案した挙句に、水の受け流しが良い1gのジグヘッドに辿り着く。ワームについては特に拘り無く、持参してきているものを好きなように選択する。気が付けば、無風状態となり、海面は鏡のように静寂している。沖合で大きな船が航行した時には、波紋がゆるりと伝わってくる。突如、黒い稜線の奥が赤色に染まる。数秒後に時間差でドンと空気が振動する。方向からするとマリーナシティで花火が上がっているようだ。夜空が半月状の大輪で、赤や緑や黄色に染まる。午後8時半、カサゴの活性が悪くなり、満潮からの下げの時間帯に備えて休憩を取ることにする。この時点で22匹。


06-P4290054.jpg
 午後9時過ぎ、満潮からの下げの時間帯に入る。まだ潮の動きは悪いと思われるが、ロッド2本を携えて再度ポイントに立つ。まずはジグヘッドリグで、魚の活性が高いか低いかを判断するためにカサゴの反応を伺うと、割と早く答えが出る。既に潮が動き始めているのかも知れない。メバル狙いを主軸にすべく、海藻が生い茂る場所にフロートリグを投じていく。角度を変えながら、ここぞと思えるトレースラインを5本試すもいずれも反応が無く、素早く見切りを付けて場所を移動する。被覆石の沖側に海藻が生い茂っていることを確認済みの場所であり、昨夜もメバルを捉えているところ。フロートリグを投じて、ゆっくりと丁寧にリールのハンドルを回す。クッ・・・と微細なバイト。直後にラインが勢いよく走る。素早くフッキングを入れて、ラインを海藻に巻かれないようにバスプロ風にロッドを切り返して魚の動きを制御する。狙いどおりにメバルの捕獲に成功する。嬉しい1匹である。


07-P4290057.jpg
 フロートリグとジグヘッドリグを場所に応じて投げ分けるが、フロートリグの反応が悪い。ワームが浮きすぎるのか、ワームのサイズが合っていないのか。ジグヘッドリグに切り替えて、沖側にキャストした後にカーブフォールで駆け上がりを捉えていく。まずはカサゴが反応を示してくれる。


08-P4290058.jpg
 場所を移動しながらジグヘッドを投じていく。カーブフォールとリトリーブの組み合わせで、見せてから食わす作戦。ジグヘッドを投じてから巻く距離は僅かに5mほど。この範囲で反応が無ければメバルは居ないと判断。それ以上巻くと、満を持してカサゴが反応をする。ツッ・・・と微細なバイト。そのままリールのハンドルを回す速度を上げてラインテンションを高めると、ググッと負荷が掛かり、ソリッドティップが入り自動的に魚の顎を捉えてくれる。躍動感ある動きを封じてメバルを追加。


09-P4290060.jpg
 同じようにジグヘッドを投じていく。辺りは水を打ったように静まり返っている。ロッドが空を切る音が異様に大袈裟に耳に入る。海藻の奥にジグヘッドを投じてカーブフォールで誘う。クンッ・・・グググ・・・っと明確なバイト。ロッドを立ててフッキング入れる。ラインが走り躍動感に溢れている。静寂を破るかのように、バシャバシャッと海面が白く弾け散る。メバルの引きは、抵抗感だけでなく、スピード感が伴うので非常に心が躍る。ラインが海藻に絡まれる心配がある場所を回避すれば、後は引きを楽しみつつ丁寧にやりとりをして、最後は引き抜いてランディング。20㎝に満たないまでも良型のメバルである。その後、更に粘るも魚の反応が極めて悪くなり、心地よい疲労感とともに午後10時半をもって納竿とした。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月29日(土)午後6時30分~午後10時30分
 潮回り:中潮、上げ→下げ
 天気:晴れ、気温:22度→14度、水温:15.4度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計28匹(メバル3匹、カサゴ25匹)(全てリリース)

10-P4290063.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ、Glow Pink、Watermelon Seed
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト、煌クリアー
 ・JACKALL Jacoknuckle 2inch、Grow Pink Silver Flake
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g、1.0g、0.3g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
11-20170429.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~怒涛の入れ食い~ 

 GW突入である。午後6時に仕事を切り上げて、軽快なる気持ちで車に乗り込む。ラゲッジルームには、準備万端のタックルが並んでいる。缶珈琲のプルトップを引き上げて、グイと飲み干してアクセルを踏む。夕暮れ時の道には車が溢れていて、赤く灯るランプを見ると非常にもどかしい気持ちになるが、釣りに向かう時の高揚感によって丁度良くバランスしてくれる。午後7時前に現場に到着する。数人のチヌ釣り師が帰り支度を始めている。今日の釣行は、薄暮の時間帯にはカサゴを狙い、完全に陽が落ちて漆黒の時間帯に突入するとメバルを狙うという計画。


01-P4280014.jpg
 早速、ジグヘッドで様子を確認することにする。今日は中潮。満潮を挟んでの釣りとなる。潮位が高く、前面に広がる被覆石の天端と海面には十分なクリアランスがある。まずは普段どおりにジグヘッドを前方に投じて、被覆石と海底とが交わる法尻付近を丁寧に攻める。海藻が生い茂っていることもあり、ジグヘッドの動きが途中で止まるが、無理せず丁寧にロッドを操作すれば、再び自由の身となる。早速、バイトがありカサゴが反応を見せる。


02-P4280016.jpg
 直観的に閃く。被覆石の天端付近には、きっと捕食体制で餌を待ち構える活性の高い魚が居るに違いない、魚の頭の上を通過する餌には敏感に、俊敏に反応する魚が居るに違いないと考え、ジグヘッドを護岸沿いに投じる。根掛かりを回避する意味合いもあるが、ジグヘッドを投じると、素早くリールのハンドルを回して、ジグヘッドが被覆石の天端を滑るように移動するように操作する。狙いは的中する。カツンッと明確なバイト。ロッドティップが魚の顎を捉えたことを確認してから、ロッドを引き寄せるようにしてフッキングを入れる。カサゴだ。キャスト毎に魚の反応がある。


03-P4280019.jpg
 被覆石の天端付近でカサゴが確実に反応することは分かった。試しに被覆石の駆け上がり付近の、少し水深がある場所はどうかと考え、ジグヘッドを投じてみる。3秒ほど沈めてから、駆け上がりに沿うようにジグヘッドを操作すると、小型のカサゴの前アタリにあるようなツツ・・・っと微妙なバイト。そのままラインテンションを保ったままに、リールのハンドルを回すとグググ・・・と重量感。素早く応戦体制に入ってロッドとリールを操作する。カサゴにしては躍動感がある。姿を現したのは、20㎝には満たないものの、良型のメバル。


04-P4280022.jpg
 カサゴの反応はすこぶる良い。カサゴがこんなにも俊敏な魚であったのかと関心してしまうが、ノーマルギアとは言え、リールのハンドルを1秒に1回転の速度で回しても、カサゴの活性はそれを十分に上回っているようで、鋭くバイトして、そして次々にロッドが曲がる。しかも良型が多い。開始20分で10匹を超える。


05-P4280024.jpg
 カサゴの勢いは止まらない。場所を移動しながら、同じような特徴を持つポイントにジグヘッドを投じていく。釣りを開始して50分で20匹に到達する。時計を確認すると午後8時。これを境にして、カサゴの反応は鈍くなる。ジグヘッドを軽くして、スローに誘うと何とか反応をするものの、根掛かりとの戦いとなり、精神的にも物理的にも消耗が激しくなるために、ここでジグヘッドの釣りを終了して、メバルに照準を絞った釣りに変更する。一旦、車に戻り、タックルを持ち替える。


06-P4280028.jpg
 フロートリグに軽量のジグヘッドの組み合わせ。陽が落ちて漆黒があたりを包む。風は無い。消波ブロックの前面は比較的深く、地形の影響で潮流が巻くポイント。消波ブロックを斜めに掠めるような方向にフロートリグを投じる。ストップ&ゴーで緩やかなカーブフォールで誘う。1投目、反応なし。少し角度を変えて再度フロートリグを投じる。遠くでポチャンっと可愛い音が響く。超微速で、リールのギヤの嚙み合わせを把握するが如く丁寧に丁寧にハンドルを回す。崩れた消波ブロックの先端部を通過。ツッ・・・僅かな違和感。そのままの動きを維持する。グッ・・・反射的にロッドを引き寄せる。ドラグがジリジリと鳴り、ロッドが大きく曲がる。鋭い突っ込みの度に、ドラグがジリジリと鳴り、ラインが走る。海藻に巻かれないように、手前のブロックの隙間に入り込まれないように、ロッドをポンピングで引き寄せながら、やや強引に距離を詰める。海面が弾ける。一気に引き寄せて、そして引き抜くと良型のメバル。サイズを計測すると23㎝を超えている。狙いどおりにメバルを捉えることが出来て、喜びひとしおである。


07-P4280029.jpg
 早速、フロートリグでメバルを捕獲することに成功したので、カサゴに引き続き爆釣状態に突入するのでは無いかと、欲張りな私は大いなる期待を抱くが、やはり世の中そんなには甘くない。色々な角度にフロートリグを投じては、超微速で引いてみたり、ストップ&ゴーを繰り出したり、少ない引き出しを開け閉めして、メバルを誘うべく必死であるが後が続かない。場所を移動しながら、護岸に対して斜め前方の方向にフロートリグを投じて、超微速でハンドルを回す。比較的海藻が密に繁茂する場所。ツンッ・・・と微細なバイトの後にフッキングを入れると、ラインが軽快に横走りする。ドラグがチリッと鳴る。丁寧に引き寄せるとメバル。18㎝。


08-P4280031.jpg
 散々移動を繰り返し、色々な方向にフロートリグを投じていくが、時合が去ったのか、狙う場所が悪いのか、リグが合っていないのか、一向にメバルの反応は無い。何故かカサゴの反応はあり、数匹を追加するも、午後10時頃になれば集中力が途切れ、体力が低下し、視力が低下し、身体的な能力が激しく低下していることを自覚したため止む無く納竿とした。体力と気合と情熱があれば、潮が完全に下げて、そして動き出す時間帯に対峙して、更には輝かしい朝の時合までも我が手中に収めることも可能であるが、今の状況では確実に無理である。瞬きを頻繁に繰り返しながら、帰途に就いた。


■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月28日(金)午後7時~午後10時
 潮回り:中潮、上げ、下げ
 天気:晴れ、気温:14度、水温:15.3度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計24匹(メバル3匹、カサゴ21匹)(全てリリース)

09-P4280033.jpg

■使用タックル
(1) ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs
(2) フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Ecogear メバル職人 ストローテイルグラブ 2インチ
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
10-20170428.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~モヤモヤ解消~ 

 日々の仕事のストレスは蓄積するばかりで、時に相手の言動に乗せられてついこちらが感情的になり、自分が思い描いたストーリーを組み立てることが出来ない折には、自己嫌悪に陥ってしまう。午後9時、仕事を終えて夕飯でも買いに行こうかと思ったが、心のモヤモヤは霧散しそうも無いので、タックルを車に積み込んでアクセルを踏む。ストレスを蓄積するだけの釣行にならないことを祈りつつ、今時点の潮位、潮流、風などを考慮して下津方面へと向かう。


01-P4270002.jpg
 午後10時前に到着。常夜灯が海面に落ちる突堤から開始する。波動が効いたワームを突堤沿いに投じて、明暗の境界を探る。狙いは中層から表層で獲物を待ち受けるメバル。ジグヘッドを巻いていると、その真後ろに60㎝以上はあろう黒い影が追っている。明らかにワームの波動に反応している。鼻の先にワームを捉えて、寸でのところで見切られたようで、大きく反転して影に消えた。何度か良型のシーバスの影を確認するが、バイトには至らず。バイトに至ったとしても、今握っているタックルでは勝負にはならないので、むしろ掛からない方が良いのだが。すぐに我に返って、突堤の際の海藻で待ち構えているメバルや、底付近のカサゴを狙うも、フィッシュイーターであるシーバスがウロウロと彷徨っているためか、小型魚の反応は無い。

 場所を変える。目の前に被覆石が広がるポイント。潮の動きに呼応して、横向きに潮が流れる場所で、被覆石の駆け上がりがカサゴの絶好の住処になっている。過去に何度もカサゴを捉えているが、今のところ小型中心で、季節が変われば型が良くなるかも知れない。ジグヘッドを投じてから、底を捉えて、底付近を丁寧にゆっくりと誘う。数投して反応が無く、撃沈覚悟であるが、少しずつ場所を変えながらジグヘッドを投じていく。地面と被覆石の接点あたりでバイトを確認する。油断すれば即座に根掛かりに繋がるので、神経を使うが、魚の居場所が分かればこちらのもの。


02-P4270004.jpg
 今日は無風で海面は凪いでいる。暗闇で、無音で、無心で、気持ちの良い潮風を吸い込みながらロッドを振るのは、実に至福の時である。釣れても釣れなくても、我が心を癒してくれると思うのは、それだけ心身ともに疲弊しているのかも知れない。下げ潮が効いていて、ジグヘッドが沖側へ、左側へ引っ張られるような状態になり、自然なドリフト状態が演出できているようで、生い茂る海藻を切りながら、丁寧に探れば確実に魚が反応してくれる。


03-P4270005.jpg
 下げ潮が十分に効いているが、もう暫くすれば弱まってくるに違いない。最後のチャンスである。魚の居場所と釣り方を把握したので、場所を小さく移動しながらジグヘッドを撃っていけば良い。きっとジグヘッドもワームも大きく外さない限りは、どんなものでも快く魚が反応してくれる。サイズは不十分であるものの、飽きない程度にバイトがあり、その度にロッドが湾曲して、ヂッ・・・チリッ・・・と小さくドラグが鳴り、そして油を垂らしたような静寂下海面が一転して小さく白く弾ける。


04-P4270007.jpg
 遠くで光の線が動いている。釣り師のようだ。他人の事を言える立場ではないが、こんな夜遅くに本当に物好きである。集中力を切らさないように、被覆石の法尻部分に照準を合わせて探っていく。やはり反応する場所が定まりつつある。更にカサゴを追加する。


05-P4270008.jpg
 既に半分意地になっている。しかし思えば、今日の釣りを開始した時点では、シーバスの邪魔が入って坊主覚悟の謙虚な気持ちであったが、魚が反応する規則性が分かってしまえば欲が深くなるもので、後1匹、後1匹、もう少し大きな魚・・・っとなる。サイズには満足がいかないまでも、久しぶりにツ抜けを達成して、気持ち良く納竿とした。週末の釣行に大いに参考となる。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月27日(木)午後9時50分~午後11時30分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、気温:14度、水温:15.9度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計11匹(カサゴ11匹)(全てリリース)

06-P4280009.jpg

■使用タックル
(1) スプリットシンカー・ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g、1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170427.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

和歌山紀北メバリング釣行 ~強風、白濁、尻下がり~ 

01-P4230106.jpg
 今日の潮は中潮。丁度、夕暮れ時に下げ潮が効いて、良さそうな雰囲気。薄暮の時間帯には少し早い、午後5時30分に現地に到着。今日も昼頃から北寄りの風が強いため、風を避けた風裏ポイントを選んだものの、風が大きく回り込んでいて、海面は白く波立ち上下左右に動揺し、海水が白く濁っている。濃緑の山の木々も蠢くように揺れている。ジグヘッドを準備して、早速、釣りを開始するが、PEラインが大きく撓んでしまい、狙いのコースにジグヘッドを通すことが出来ない。目の前には難攻不落の大きな石が転がるポイント。風が無くとも慎重なロッド操作が要求されるのに、風が強く吹くと、もうどうにもならない。根掛かり頻発で苦戦しながら辛うじて1匹。


02-P4230107.jpg
 手前側は海藻が茂って攻めきれず、突堤の基部には漂流ゴミが海面を覆い、ジグヘッドをキャストすればラインが煽られ、思うように釣りが出来ず、なかなか難易度が高い。ジグヘッドを何個も失いながらも、集中力を切らさないように丁寧に攻める。紀州釣りをされていた地元の釣り師が次々に竿を収めている。話を伺うと、風が強くて釣りにならなかったとのこと。天気予報によれば、夕暮れ時になれば、幾分かは風が収まるとのことだが、そんな気配は無い。気温は20度近くある筈だが、体感温度はずっと低く、もう少し厚着をしてくれば良かったと後悔。小さなカサゴを追加するも、パターン化に至らない。


03-P4230109.jpg
 釣れない時間が続き、気が付けば日没。少し風が和らいできて、少しはまともにラインの操作が可能となるが、魚の活性は一向に低いままで、普段なら反応がある場所にジグヘッドを丁寧に送り込んでも無反応。絶景なる景色だけが、せめてもの救い。更に1匹を辛うじて追加するも、納得の1匹ではない。これ以上粘っても、更なる釣果を導き出すことは出来ないと判断して、今更ながら思い切って場所を変えることにする。夕暮れの絶好の機会を逃しているので、あまり多くを期待することは出来ないが、足で稼ぐしかない。


04-P4230111.jpg
 常夜灯が海面を照らすポイントに移動する。こちらも当然ながらに強風の名残があり、海水は大いに濁っている。しかも先行者が攻めた形跡もあるが、風がピタリと止んだのは幸いである。まずは定番であるが突堤の際をジグヘッドで攻める。普段なら白色のワームを摘まみ出すが、今日はクリヤーに赤ラメを取り出してみた。白濁した海水に、赤ラメが明滅して絶妙な存在感を示してくれるのではないか、との期待感からである。早々にカサゴが反応してくれる。狙いが間違ってなかったことが分かり、少し自信が出る。


05-P4230112.jpg
 しかし、連発とはいかず。ここは粘り強く攻めねばならない。常夜灯が作る明暗の境界にジグヘッドを投じた後に底を意識しながら、ジグヘッドがエビのような躍動感を吹き込まれたかのような、小さく、時に大きく飛び跳ねる様を意識して、ロッドを丁寧に時に大胆に操作する。ジグヘッドが跳ねてから、コツッと着底すると、グググっと重量感。ラインを巻き取りながらジワリと合わせを入れる。思わずタケノコメバルかと錯覚するほどに、細身のカサゴ。この後に更に1匹を追加する。遂に勢いに乗るかと期待して、突堤の際、捨て石の法尻、駆け上がりなど様々な方向にジグヘッドを投じるも虚しく、午後8時半をもって納竿とした。

 尻下がりの週末であった。

■釣行データ
 釣行時間:平成29年4月23日(日)午後5時30分~午後8時30分
 潮回り:中潮、下げ
 天気:晴れ、気温:20度→14度、水温:15.9度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計6匹(カサゴ6匹)(全てリリース)

06-P4230115.jpg

■使用タックル
(1) スプリットシンカー・ジグヘッド用
 Rod: Anglers Republic, Palms Pinwheel PASS-76
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
 ・Aqua Wave 簡刺しワーム2.8インチ、イカナゴ
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW(Pearl White)
 ・JACKALL ペケペケ2inch SQ、Clear Red Flake
(2) ジグヘッド
 ・Aqua Wave, Rock Bait Jig Head 2.0g、1.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20170423.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]