01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

日本海丹後半島沖 白石グリで丹後ジャークのすすめ 

 ここ数日の神戸は、寒さが緩み、春の気配を感じるような柔らかな気候だったが、京都府北部の宮津市では、未だ道路脇にうず高く残雪が残り、道路沿いの電光掲示板には、「1」の文字。スパッツをはいているとは言え、さすがに短パン姿は、気が早すぎた・・・。すでに零時を過ぎ、寒さがキリリ感を増している。寒さに震えつつコンビニで買い出し。ビクトリーの仮眠所に到着した頃には、午前1時前。タックルの準備をして、素早く眠りに就く予定であったが、パパ番長さんと明日の作戦を練りつつ話し込んでいると、時計の針は午前3時。明日は8時に出航なので、午前7時には起床せねば。相変わらず、分厚くて、重量感たっぷりな割になかなか暖かくならない布団に潜り込む。


01-P2250027.jpg
 明日の爆釣を夢見て、準備に余念がない、パパ番長さん。


 目が覚める。いかにも雨の気配。天橋立が白く霞んで見える。午前8時過ぎ、予定どおりに田井宮津ヨットハーバーから出航。前日まで日本海は大荒れの天気であったが、今日の釣行に狙いを定めたかのようにして、波が穏やかになった。また、今日を境にして、明日以降は再び天気が崩れ、北風が吹きつけて海が荒れる予報だ。


02-P2250029.jpg
田井宮津ヨットハーバー
(丹後天橋立大江山国定公園/海の駅・みなとオアシス)
http://www.uminoeki.jp/

03-P2250031.jpg
 出航して20分もすると、昨日までの荒天の影響が残っているのか、海面が大きくうねりだした。数秒毎に船首がぐいと持ちあがり、そして浮遊感を一瞬感じたかと思うと、船首が海に突き刺さり、左右に白い波飛沫が豪快に弾け散る。波高はせいぜい2メートルも無い程度だが、日本海特有の短い波長のため、波高以上に揺れを大きく感じる。随分と時間が経過した。いつもの冠島周辺であれば、そろそろ島影が間近に見えてくるところだが、周囲を見渡しても一向に見えない。雨のせいで視界が悪いと言っても、島を見失ってしまうほどのことは無い。進行方向の左手には、人を寄せ付けない秘境を思わせる、急峻な山々の連なりが雨に霞んで見える。山腹の中ほどから山頂にかけて、残雪が見える。丹後半島だ。

04-P2250035.jpg
 程なくして、今日のポイントが冠島では無いことに気が付く。丹後半島沖の広大な白石グリを目指しているのだ。いつもの冠島は、遥か右後方に消え去っている。北西の風が吹いているので、左手に丹後半島が見えなくなると、北西の風に煽られた雑な波が船を揺さぶる。相変わらず雨が降り続いている。

 午前9時半頃にようやくポイントに到着。午前10時以降にならないと、遊魚船が白石グリに入ることが許されていないため、白石グリとの境界線付近でウォーミングアップがてらに釣りを開始することになった。船長が白石グリを今日のポイントに決めたと言うことは、メジロまたはブリを期待してのことだろう。白石グリに入ってしまうと、ひたすらロッドを煽り、リールのハンドルを回すことになるので、軽くウォーミングアップをしてから、早くもカップヌードルで腹ごしらえ。



05-P2250039.jpg
 午前10時を過ぎ、白石グリに入る。周囲を見渡すと、遠くに遊魚船が数隻浮かんでいる。彼らもまた、大物を狙っているのであろう。いつもどおりに、魚群を捉えては、狙い撃ちする方法であるが、魚の活性が低いようでなかなか反応をしてくれない。北西の風をスパンカーでなだめつつ、丹後半島を7時から9時の方向に捉えながら、東の方向にスルスルと流れるようにドリフトしていく。ボトムに張り付いている魚群を目がけて、ダイワのサクリファイス(200g)を一気に落とし込んで、魚の活性を上げてやろうと目論むも、船が流される速度が速く、水深60メートル程度でも、ラインが80メートル以上も引き出されてしまい、未熟なテクニックでは、思うようにジグを操ることが出来ない。ジグが船の真下にある時には、丹後ジャークを何とかこなせても、ラインが斜めに入ってしまうと、リーリング時に速度を十分に上げることが出来ず、またジャークも中途半端なものになってしまう。

 開始からそれほど時間を要せずして、船中初のハマチを掛ける。2匹目、3匹目も自分が操るジグに魚が反応をしてくれたので、少しだけ優越感に浸る。魚のスイッチをどのようにして入れるか?と言うのがいつものテーマだが、活性の低いボトムに張り付いた魚群には、やはり高速リトリーブと大きなジャークがカギになっているようだ。リトリーブの開始時には、ロッドを上下に揺さぶりながらジグに動きを与えて、魚にジグの存在を示し、ジグのスピードが上がってくるとその後は一気に高速リトリーブに入り、15メートルほど巻き上げたところで、長いジャークを入れる。海面に漂うラインスラッグが海中にスルスルと吸い込まれ、ジグの動きが止まる直前にリーリングを開始・・・と言う流れであったが、ジグの動きが止まってから、0.5~1秒程度の間を入れる方が魚の反応が良い。実はこれ、船長のアドバイスによるものなのだが、明らかに魚の反応が違う。

07-P2250050.jpg

 白石グリに入り、1時間半以上経過。未だ魚の活性は低く、一回の流しで数匹のハマチもしくはツバスが釣れる程度。魚群から一匹、一匹を拾うように釣っているイメージ。しかし、船長からのマイクを通した情報によると、ボトムに固まっていた魚群が、徐々に散り始めており活性が高くなりつつあるとのこと。当然ながら、魚の活性が上がるにつれて、アングラーの活性もまた確実に上がってきている。船長が活性の高い魚群を捉えた。なかなか入れ食い状態にはならないが、やることをやれば魚が反応する状態になる。徐々に両腕が疲労し、ジグのアクションが緩慢になると、見くびられたかの如く、魚が反応しなくなる。水深は60~80メートル。高速の丹後ジャークの場合、食わせのタイミングは3回ほどしかない。徐々に魚の活性があがり、中層まで浮いてくると、3回目のロングジャークでバイトすることが多くなる。魚の喰いが浅く、フックアップしてもすぐにバレてしまうような場合でも、一旦、ベイルを返してラインを送って、軽くジャークを入れると、更に反応するようになってきた。場合によっては、海面近くまで追ってくる姿を見ることも出来る。

 船中でメジロがあがった。自分が操るジグにも、待望の強烈な引き。すでに疲労の限界に達しているため、ロッドを支える右手、リールのハンドルを回す左手が、ジリジリと痺れてくる。船長が巨大なネットを持って待ち構えてくれている。期待に応えねば・・・いやしかし、確かにロッドは大きく曲がっているが、魚の躍動感に欠ける・・・・。青い海中にキラリと光り輝く2匹の魚。無念、メジロでは無く、ハマチのダブルヒットであった。その後も、爆釣とは程遠く、時折、気が向いた魚だけがジグに反応をした。かなり魚をヒットに持ち込むのに苦労したのだが、魚が”反応する時”と”反応しない時”の境界線がおぼろげに分かったことは、大きな収穫であった。


 今回、和歌山から6名の方々が乗船されていたが、同じ魚を釣るにしても、丹後半島と紀伊半島では、フィールドが違えば釣りのスタイルが異なるわけで、つまりはタックルやルアーが根本的に違い(日本海側はスピニング中心、一方、紀伊半島側ではベイト中心)、高速なリーリングが必要とされる丹後ジャークを表現出来ず、群れの中の大きなサイズの魚をヒットに持ち込むと言う面で苦戦をされていた。

 1時間半程度、テクニカルな釣りを楽しんだ後、またもや魚の活性が悪くなる。すでに本日の体力及び筋力を使い果たしているので、サボってばかりの怠けた釣りを続ける。お茶を飲んだり、アンパンを食べたり、カップヌードルを食べたり、人の釣りを眺めてみたり、丹後半島を眺めたり。船長も、こちらのヤル気のない態度に呆れたのか、はたまた言うべきことは全て言い尽したのか、魚の反応が悪くてもうどうでもいいやと思ったのか、それは定かではないが、すっかりマイクから声が聞こえなくなった。


08-P2250056.jpg
 午後4時、本日の釣り終了。結局、今回もまた、大物とは巡り会えなかった。今回、11名のアングラーが同船しており、船中で、100本近くのハマチとツバス、そして3本のメジロがあがった。



09-P2250060.jpg
 帰港後、黒田船長のレクチャーを受ける。まさに目から鱗であった。

【レクチャーの内容】

ジグの形状について

 日本海でも特に若狭湾のような海流が極めて遅い海域においては、ジグの形状が非常に重要になってくる。最近、流行りのエッジが効いた細身のジグの場合、ジャーキングした後のジグがホバーリング状態とならず、魚に喰う間を十分に与えることが出来ない。ジグの側面がフラットで、尚且つ面積があるものの方が、フォーリング時に水の抵抗を受けやすく、フォーリング速度を遅くする効果があるので良い。ビクトリーの”鰤神様や”ダンシング・マジック”は、まさに若狭湾の鰤をターゲットに制作されたもので、ホバーリングが肝になっている。

ルアー工房1091
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/koubou-top00.html

ジグの操り方について

 丹後ジャークは、まさに若狭湾海域の青物を釣るために開発された技。リーリングの速度と長さが重要。速度が遅く、ジャーキングが小さく、ジャーキングの回数が多くなると、必然的に小型のハマチが反応しやすくなる。大型を狙うのであれば、高速で距離が長いリーリングで魚を十分に惹きつけて、大きなジャーキングでジグをゆっくりとホバーリング状態にする必要がある。

 これ以外にも、目から鱗なカギとなる情報があったのだが、これは是非、黒田船長から直にレクチャーを受けて頂ければと思う。実は、本日は3本のメジロが上がったのだが、全て黒田船長が制作した”鰤神様“による丹後ジャークでの釣果であった。偶然にメジロが釣れたのではなく、必然的に狙って釣られたメジロであったのだ・・・・。感服するほかは無い。



釣行データ
釣行日:平成24年2月25日(土)
潮回り:大潮
天気:雨のち曇り、気温1~5度、北西の風
時間:午前8時出船、午後5時頃帰港
ポイント:丹後半島沖 白石グリ
釣果:ハマチ8匹(40cm~50cm)、ツバス5匹(~40cm)

10-P2250062.jpg

使用タックル
(1)
Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
Reel: Shimano Stella 6000PG
Line: PE 3
Leader: 50lbs.
(2)
Rod: Wando Kookai KOCS601RF4
Reel: Shimano Twinpower 6000HG
Line: PE 2.5
Leader: 40lbs.

ヒットルアー
・Fina, St Rush 150g
・Tackle House, 近海仕事人200g
・Daiwa Saltiga,SacrificeII 200g
・Mangrove Studio, Wipeout 180g

■使用船

ビクトリー
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

日本海若狭湾沖冠島 本命ブリの道険しく 

 前回の1月14日の釣行以来、日本海側の強烈な寒波による荒天候のために欠航が続き、今週もダメかと思いつつビクトリーの黒田船長に電話。何やら思案する空気が漂い、微妙な間を置いてから“出航しましょう”とのいかにも決断しました的な声。仕事を切り上げて、一目散に自宅に戻り、タックルなどを車に積み込んでY氏あらためパパ番長宅へ向かう。午後9時過ぎに西宮を出発し、京都府北部の宮津市に到着した頃には、日付が変わろうとしていた。

 ビクトリーの仮眠所に到着した後、小さな電気ストーブを背負いながら、イモ焼酎のお湯割りで身体を温めつつ、タックルのセッティング。道中の外気温を示す電光掲示板には「-1」の数字が輝いていた。午前2時頃、冷蔵庫で冷やしたコンニャクのように冷たく重量感のある布団に滑り込む。小さな波音を聞きつつ、布団を温めるのに相当な時間を要して、ようやく心地良い温もりに包まれて夢の中へ。

01-P2110004.jpg
 山々は雪に覆われ、日本三景「天橋立」が遠くに見える。そこに天橋立があると分かっていなければ、ただの松林にしか見えない。やはり天橋立は、展望台から股覗きをして、そして松林を潮風に吹かれて歩くと言うのが正しい楽しみ方だ。土産屋の巨大なタコの乾物に驚くのも忘れてはならない。


02-P2110006.jpg


03-P2110008.jpg
 桟橋前の駐車場には雪がびっしり。海沿いなので比較的、積雪量は少ないようだが、数日前には60cm近くも積雪があり、駐車場に入ることが出来ないと言う理由で欠航したこともあったようだ。
 今日は、のんびり9時の出航。いつもなら気の早いアングラー達が船上であれこれと忙しく準備をしているのだが、我々以外に人影は無い。何度も欠航になり釣行出来なかった我々を不憫に思った船長が、どうやら我々3名のためだけに船を出してくれるようだ。船長の英断に感謝。今回の釣行は、パパ番長、パパ番長の長女(高校生)、そして私の3名。


04-P2110010.jpg
 出船後、間もなくして曇天に包まれ、周囲の視界が一気に霞む。いつも思うことだが、焦げるような陽射しの下で、凍りつくような極寒の中で、喉が渇き、汗を流し、寒さに震え、手が痺れ、時に大漁に歓喜し、多くは貧果に凹み、もう十分に釣りを満喫したから、この釣行で最後にしようかなと脳裏をよぎり、釣行後、少しの間は大人しくしていたかと思うと、心の奥底に潜む狩猟本能がメラメラと湧き出て、そして釣りに繰り出しては、先ほどの繰り返し。この濃淡が釣りを長く楽しめる秘訣なのだろうか、と顔面に当たる雪が冷たくて気持ち良いなと思いつつ思考を繰り返すのであった。

05-P2110012.jpg
 分厚い雲の切れ目から太陽の光が降り注ぐ。

06-P2110015.jpg
 ポイントに到着する間に娘さんが船酔いに。今日は割と波が穏やかとは言え、ここは冬の日本海。周期の短い波に雑に揺られてしまうと、少し油断すると船酔いをしてしまう。


07-P2110017.jpg
 冠島周辺に到着。船長がハマチの群れを捕えて釣り開始。水深は60メートル、群れが小さく、底で固まっている状態との情報。さらにこの状態は活性が低く、なかなかルアーに反応しないと言う残念な補足情報。まずは魚群の中のやる気のある魚を狙う作戦で、ダイワのサクリファイス250gで一気に底を取ってから丹後ジャーク。水深が60メートル程度しかないので、最初の1~2回で魚の反応が無ければ脈無しと見た方が良い。ボートが魚群を捕えても、魚群が逃げるように散ってしまうので、船長が頻繁にボートの位置を変えてくれるのだが、思うように魚が反応せず。ワンピッチ・ワンジャークで見せて食わせる方法に変更する。何度かバイトが有るもフッキングには至らず。


08-P2110019.jpg
 数度目の流しでようやくパパ番長さんにヒット。慎重なやりとりの後に姿を現したのはツバス。これで魚の活性が上がるのかと思いきや後が続かず。何度か場所を変えては流すが、相変わらずの沈黙が続く。
 船長が、活性が高そうな魚群を捕える。ジグを投入すると魚が追っている姿が魚群探知機に反映される。船長が“魚が反応してるよ~”とアドバイス。丹後ジャークでロングスライドを意識したジャーキング。3度目のジャークで、間を長めに取ると、ピタッとラインスラッグが止まる。ラインを巻き取って、大きくフッキングを入れるとロッドが久々に曲がる。慎重にやりとりをして、姿を現したのは、本日の本命ブリの幼魚“ハマチ”。昨年末の釣行では、ハマチが入れ食い状態になり、“もうハマチはいらん”と思っていたのだが、今日のようは激渋な状態では、心よりこのハマチに感謝なのであった。


09-P2110020.jpg
 これ以上粘っても釣果が上向かないとの判断でサワラ狙いに変更。冠島から陸側に向かって30分ほど移動。この移動時間に食するインスタントラーメンの美味さは、極上この上ない。


10-P2110021.jpg
 ポイントに到着。貸切状態の船中。


 ジグをアンダーキャストで風上に投げて、底を取ってから斜め引きを開始。ジャークを大きくすると鋭い歯でラインを切られる可能性が高くなるので、コンパクトなジャークで尚且つラインスラッグが出ないように注意する。水深は40メートル。中層付近でジャークを入れた瞬間にヒット。青物のような圧倒的なパワーは無いが、躍動感がロッドに伝わる。


11-P2110024.jpg
 サワラとは言い難い60cm程度のサゴシ。活性の高い群れを捕えることが出来れば、高い確率で魚を掛けることが可能だが、群れの動きが早いらしく、群れが散ってしまう前に素早くキャストをしてジャークが出来るか否かが釣果のカギを握る。


12-P2110026.jpg
 船長も釣り開始。動作に無駄が無く軟らかい。僅かな時間で次々にサゴシを掛ける。さすがだ。1時間もしないうちに魚の活性が極端に悪くなり、また天気も崩れそうになってきたので、午後4時前に釣り終了。結局、本命の青物、特にブリ、メジロには全く及ばず残念な結果に終わってしまった。船長曰く、この海域では、能登半島海域とは異なり、3月から4月にかけて水温が高くなる時期がブリの最盛期で、まだまだチャンスがあるとのこと。なんだそう言うことだったのかと今更ながらに知る。


13-P2110028.jpg
 本日の釣果。パパ番長さんも、同様の釣果であったが、娘さんは、結局、船酔いが激しくてまともに釣りが出来ず釣果には恵まれなかった。次回の釣行に期待!



釣行データ
 釣行日:平成24年2月11日(土)
 潮回り:中潮
 時間:午前9時出船、午後4時頃帰港
 ポイント:冠島
 釣果:ハマチ1匹(50cm)、サゴシ7匹(50~60cm)

使用タックル
(1)
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Line: PE 3
 Leader: 50lbs.
(2)
 Rod: Wando Kookai KOCS601RF4
 Reel: Shimano Twinpower 6000HG
 Line: PE 2.5
 Leader: 40lbs.

ヒットルアー
・Fina St Rush 150g、125g
・Quadro 回天125g

使用船
ビクトリー
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]