10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

日本海丹後半島沖オフショアジギング ~狙いは鰤、ヒラマサ、現実は・・・~ 

 「西の風が東の風に変わったらいいんやけどねぇ。まだ波が高いから厳しいけど、まぁやってみましょか」と黒田船長。曇天の空を見上げると、西からの風と東からの風がぶつかりあって喧嘩しているらしく、雲の塊が不規則にどんよりと停滞している。遠く対岸の丹後半島の付け根部分を見やると、白波が岸にぶつかり、白波が飛び跳ねている。外海からのうねりが北から南へと丹後半島に沿って入ってくると、このような白波が立つとのこと。他のジギング船は欠航。今日は厳しい1日になりそうだ。


01-PB240003.jpg
 田井宮津ヨットハーバー内は、気まぐれな風が時折吹き抜けるも、至って平和な感じ。気温は10度を切っている。


02-PB240004.jpg
 ビクトリーの黒田船長が、今から遡ること30年前にジギング船を網野町で始められた頃から、ジギングをされているという超熟練アングラー。ジギングの昔話を聞かせてもらう。出航前のひとときの釣りバカ談義は、世代を超えて、面識の有無を超えて楽しいものだ。このお方、ジグを1000本あまり所有されているとのこと。


03-PB240012.jpg
 午前8時半、港を後にして丹後半島に寄り添いつつポイントへ。沖に出るに従って、波の周期が長く、波高が大きくなる。


04-PB240014.jpg
 丹後半島の東側、舞鶴市方面の山々が遠くに見える。無数の雲の塊が、じわじわと海面との距離を縮めているように見える。モノトーンの世界が広がる。


波が高く、また西からの風が強いため、あまり沖に出ることが難しいらしく、風裏にあたる丹後半島東側の宮津と経ヶ岬の中間地点あたりで釣りを開始。今回は波が高いこともあり、またインチクで流しながら釣りをしたいので、左舷艫に釣り座を決めた。船は風上から魚探で捉えた魚の群れにドリフトしながらアプローチする。船長の配慮で、左舷側、右舷側順番に群れにアプローチするように流してくれている。


05-PB240008.jpg
 潮にジグを乗せて、斜め引きをしているときにバイトあり。円状の歯形がジグにくっきりと残る。

 右舷側から群れにアプローチ。水深は50メートルを切っている。アンダーキャストでジグを投げ、ラインをたっぷりと出してジグを流し、ジグが着底するとトゥイッチング&ポーズで斜め引きを開始。ガクッと鋭いバイトを感じるもフッキングに至らず。船上では、サゴシ、シイラがあがっている。数回の流しで、何とかバイトをモノにするも、元気いっぱいペンペンシイラのみ。


06-PB240010.jpg
 Y氏が釣り上げたサゴシ。

07-PB240018.jpg
 一向に風は収まらず、波高も相変わらず。魚の活性もいまいち。北から押し寄せる波に向かって沖に向かう。右舷前方に冠島が見える。

08-PB240025.jpg
 気が付けば正午。事前に確認しておいたタイドグラフによると潮止まりの時間帯だ。揺れる船上でバランスを取りながら、暖かいラーメンを食べて、午後の部に備える。

09-PB240026.jpg
 それほど波高は高くはないものの、日本海の波の周期は太平洋側と比較すると短い。前後左右にお構いなく、落ち着きなく船が揺さぶられる。漁礁に着く魚を狙うことになった。今年は、かつてないヒラマサの当たり年と言われている。漁礁にヒラマサが付いている可能性が高いとのことで、ヒラマサが好むアクションだと教えられた、不慣れなワンピッチ&ワンジャークでボトムを中心に誘いをかける。バイト一切なし。ここ数時間、船中で魚を見ていない。

10-PB240028.jpg
 いくつかの漁礁をじっくりと攻めるも魚の反応なし。潮の流れも止まっている。魚群を求めて頻繁に移動を繰り返すも、捉えた魚群がすぐに散ってしまい、なかなか釣果に結びつかない。


11-PB240032.jpg


12-PB240038.jpg
 冠島の沖に浮かぶ小島。断崖絶壁、鬼でも住んでいそうな不気味な佇まい。


13-PB240040.jpg


 午後2時を過ぎて、いよいよ後が無い。冠島と小島の間を中心に船がポジショニングしている。水深は70メートル。船のスパンカーが下りているので、風を受けた船はもろに横流しになる。インチク110gを素早く落とし込む。船が良い感じに流れて、ラインが100メートル以上引き出されてようやくインチクが着底。インチクが着底する瞬間に神経を集中しておかないと、その瞬間を逃してしまう。リールのハンドルを回さずとも、船が風に流されることにより、自動的にインチクが海底を這うように移動している・・・はず。何度か底取りを繰り返し、インチクをなるべく底に張り付くようにトレースする。ロッドをゆっくりと立てるとガツツとバイト・・・・ロッドを寝かせてから、再度ロッドを立てるとゴツンと追い食いがありフッキング。真鯛希望!と切に願うも、その後の魚の躍動感はゼロ。根魚?もしや石?


14-PB240048.jpg
 ギヤ比の低いベイトリールでワッセワッセと巻くこと数分。姿を現したのは、アオハタ。30cmを少し超えている。数日前に自作したインチクで釣れたので、取りあえず目標を1つ達成。その後、インチクにシイラがヒットするも、お目当ての高級魚(アコウ、真鯛)は釣れず、呆気なく納竿。


15-PB240050.jpg
 悪天候にも関わらず10名近くの釣りバカが乗船した。船中の釣果は、メジロ1、ハマチ3~4、サゴシ6~7、真鯛2、ペンペンシイラ7~8・・・。過去に例を見ない惨敗であった。


■釣行データ
 釣行日:平成24年11月24日(土)
 潮回り:若潮
 天気:曇時々雨、気温8~11度
 時間:午前8時30分出船、午後4時頃帰港
 ポイント:丹後半島東側 冠島周辺
 釣果:アオハタ1匹、ペンペンシイラ2匹


■潮汐
16-20121124_2601_03.png

出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks SW8000F
 Line: PE 4
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-62/4
 Reel: Shimano Twinpower 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks TP8000F
 Line: PE 4
 Leader: 40lbs.
(3)ライト・ジギング用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO Calcutta 201
 Line: PE 2
 Leader: VARIVAS VEP50lbs.

■ヒットルアー
・インチク110g
・Bassday Bungy Metal Ⅱ 120g (ハイトホロ・カタクチイワシ)

■使用船
ビクトリー
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

伝統漁具インチク作成~日本海でハマチ以外の魚を~ 

 2006年10月のソルトワールドを何気に読んでいると、今となってはすっかりメジャーな和製ルアーとして、遊漁船でも釣具店でも普通に見かけるインチクであるが、今から遡ること6年前の同誌特集記事(ディープ・ウォーター・ワーミング インチクの世界)によると、さらに遡ること2年前の2004年に“舞鶴・魁皇丸の酒井船長が能登から持ち帰り、お客さんのお土産確保にはじめた”と言うのが、インチクブームのきっかけとのことで、その釣力の凄さを驚きの文章で綴られている。特にディープウォーターの大物を狙う釣法として、今となってはひとつのカテゴリーが形成されているほどであるが、当時は、未知の和製ルアーであったようだ。

 ふと、日本海でハマチ以外の魚を釣ってみたいという思いが湧き上がり、思えばハマチ、メジロ、ブリ以外の魚と言えば、サワラぐらいで、他の魚を釣ったことが無い。まぁ、ハマチを狙ってハマチを釣っているので、本命と言えば本命であるが、また、冬の丹後半島沖で釣れた鰤やメジロと言えば、高級魚に違いないが、いつもハマチ、ハマチ、ハマチ・・・メジロ、メジロ、メジロ・・・ブリブリブリ・・・では、飽きてしまう。メジロも鰤も連呼するほどは釣ったことが無いが。


 次回の釣行では、この和製伝統魅惑的漁具で、未知なる魚を釣ってやろうと、闘志がメラメラと燃え上がってきた。以前に釣友のN氏から頂いたインチク(N氏の自作)をタックルボックスから取り出し、眺めること数分。これを作ろう。


と言うことで、早速、N氏に電話をして、作り方を教わる。



01-PB180003.jpg
 これが釣友N氏の自作インチク。これをベースにして、自分なりに作成してみることに、


02-PB180001.jpg
 釣り具店で必要な小物を購入。インチクのことを「タグリ船笹型」と言うのだな、とこの時初めて知る。日本海丹後半島沖のフィールドでは、かなり大雑把に分けて、冠島周辺の水深50~60mの海域と、大物の鰤を狙う時に攻める水深100m超えの白石グリがあり、今回は、水深が浅い50~60mの海域を攻めることを前提にして、この「タグリ船笹型」を購入。このほかに110gも購入。


03-PB180004.jpg
 シーハンターを22cm切り出す。


04-PB180006.jpg
 PEラインでシーハンターに針を固定する。PEラインを針に数回巻き付けるたびに、力を入れて締め込み、最後はハーフヒッチ3回で留める。余分なPEラインを切った後に瞬間接着剤で固定する。アシストフックを作る要領だ。


05-PB180007.jpg
 あらかじめ15mmに切った収縮パイプ2本を入れておき、反対側にも同じ要領で針を付ける。


06-PB180008.jpg
 収縮パイプをライターで軽く炙って固定させる。


07-PB180009.jpg
 針を段差にして、結び目を作る。


08-PB180010.jpg
 タコベイトを固定するためにビーズを挿入。タコベイトがクリアーなものであれば、このビーズの色に拘るのも面白い。ビーズの代わりにゴム製の発光玉を入れても良いと思う。


09-PB180011.jpg
 タコベイトの頭部分を切って、ニードルを差し込む。


10-PB180012.jpg
 ラインを引き抜く。


11-PB180015.jpg


12-PB180016.jpg
 発光玉を挿入する。


13-PB180018.jpg
打ち抜きのリングで留めて完成。


14-PB180022.jpg
所要時間は、1つの仕掛けを作るのに15分程度。釣行前のモチベーションアップに最適だ。


 実のところインチクで魚を釣ったことが無く、仕掛けの長さ、針の段差のつけ方など、全て見よう見まねであるが、釣行を重ね、釣果を重ねていくと、新たな何かが見えてくるに違いない。


15-PB200003.jpg
 作業が割と簡単なので、ついつい調子に乗ってしまい、使用するか分からないのに、こんなに作ってしまった・・・・。


テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

日本海丹後半島沖ジギングシーズン突入 ~俺のジャーキングは進化したか?~ 

 パソコンの画面に映る波浪図を眉間に皺を寄せつつ凝視・・・・。時間の経過とともに丹後半島沖の海の波高が高くなるとの予報。案の定、当初に予定していた土曜日の船は欠航。今シーズン初の日本海釣行だというのに出鼻をくじかれた格好だ。翌日の日曜日に予約を入れようとするも、仕立て船なので乗合は無理とのこと。ビクトリーを断念。

 素早くアルバトスに連絡を入れて、日曜日の予約を辛うじて確保。船長によると、出船か欠航か微妙とのこと。場合によっては、半日で切り上げる可能性もあるとのことで、これを承知で来てちょうだいと。

 土曜日の午後8時、西宮のY氏宅を出発。やはり海況が心配には変わりないけれども、いつもながら道中で釣り談議に花が咲く。久しぶりの日本海釣行だけに、捕らぬ狸の皮算用並みの大風呂敷を広げる釣りバカの典型な2人。凹むかハイファイブか。午後11時頃に京丹後市に到着。強風で波が高いせいか、いつもと係船の方法が違う。Y氏が意を決して船に飛び移って、釣り座を確保。海に落ちれば、おたんこナスも良いとこだが、なんとか回避。


01-PB110052.jpg
 アルバトロスの仮眠所に到着。今回は第二仮眠所。とても綺麗な仮眠所で快適。部屋には既に布団が綺麗に敷いてあり、さらに電気毛布が。冬の訪れが早い京都府北部。電気毛布を見て心が穏やかになる。


02-PB100051.jpg
 タックルの準備をしつつ、釣り談議を楽しみつつ、晩酌を楽しむ。とても質素だけど、心が満たされていく瞬間。午前1時過ぎにホカホカの布団に滑り込む。わずか数秒で夢の中。


03-PB110057.jpg
 午前6時前に起床し、7時前に船に乗り込む。すでに1号艇は出発をしたようで、2号艇は、我々を乗せると瞬く間に出航。鉛色の重い空が広がり、怪しげな風が不規則にざわざわ吹き抜ける。沖合を見ると白波が跳ねている。海の状況によっては、午前中で切り上げるということも有り得るので、短期集中で攻めるぞと気合を入れる。20分も走らないうちにポイントに到着。久しぶりに投入したジグに、第1投目から魚が反応。青物特有の力強い引きを楽しむ。今日は幸先が良さそうだ。


04-PB110063.jpg
 時折、冷たい雨が降り注ぐ。あぁ、日本海だなと、普通なら憂鬱になりそうな雨音が心地よい。船長が捉えた魚群は、かなり活性が高く、ジグのステイやフォーリングにも敏感に反応するが、ジャーキングの時にも追い食いをする勢い。試しにトゥイッチングで攻めてみると、ガツガツとアタリがあり面白い。何故かなかなか乗らないけど。


05-PB110070.jpg
 Y氏がハタ系の魚を捕獲。現地では、何じゃこれ?と言いつつ、帰宅後に調べてみると、マハタであることが判明。きっと高級魚なんだろうな。


06-PB110073.jpg
 冬の日本海丹後半島沖のハマチは、脂が乗っていて抜群。今回は、小物はリリースすることにした。


07-PB110074.jpg
 魚群探知機には、底から表層までびっしりとベイトが写っている。底付近には、これらのベイトを虎視眈々と狙うフィッシュイーターが張り付いているに違いない。魚群の中には、ヒラマサやカンパチも交じっているとの情報。今までにこれらの魚を釣ったことが無いので、鼻息が荒くなるも、心穏やかに船長にヒラマサ狙いのアクションを聞いてみると、ワンピッチ・ワンジャークで規則的にジグを動かし、ステイの瞬間に確実にジグを横にしないと彼らは反応しないとのこと。ロッド、リールのギヤ比、ラインの太さ、ジグの形状、重さなどなど、色々なバランスが魚の好みに見事合致しないと釣ることが難しいのだ、と言われてもなぁ。まぁ、やってみるか。


08-20101211-002.jpg
 あなたの得意なジャーキングは?と問われたら、“丹後ジャークです”と答えるに違いないが、丹後ジャーク以外には、どのようなジャーキングが出来るのですか?と問われたら、“あぁぁ~”と絶句するほどジャーキングパターンが乏しいので、今日はワンピッチ・ワンジャークを練習しようと心に決めるも、気が付けば丹後ジャークなわたくし。ほどなくして、ジグが着底してから1度目のフォーリング時に若干の違和感、更に2度目のジャーキング後の丹後ジャーク特有の大らかなフォーリングでガシッと鋭いアタリ。

 人生初のワラワラどよめくサワラサイズをゲット。


09-PB110082.jpg
 これぞ冬の日本海的な景色が360度のパノラマで広がる。遠くに僚船のアルバトロス1号艇が見える。当初、終了予定であると宣告されていた正午に近くなる。潮が止まり魚の活性が明らかに低下。そして、睡眠不足のせいか自分の活性も著しく低下し、おにぎりを頬張ったり、カップヌードルを啜ったり、バナナを飲み込んだりしていると、突如、猛烈な睡魔が遅い、船底に潜り込んで仰向けになると、波に揺られて夢の中へ。あぁ~至福の時。堕落した時間が流れる。

 ほどなくして、これではいけないと自覚して、更生を果たす。


10-20101211-001.jpg
 周りのアングラーのジャーキングやジグの形状・色などをかなりの横目で確認しつつ、釣れている人の真似をする。どうやら今日は、ワンピッチ・ワンジャーク、ジグの色はナチュラル系に分があるようだ。最初は、大物狙いだ何だのと偉そうなことを申していたが、素直に時流に乗る方向に変更。すると簡単にハマチが釣れてしまい、パターンにハマる快感を実感。ワンピッチ・ワンジャークで、自分なりに丁寧にジャーキングを続けていると、底から15メートルほどしゃくったところで、ジグが翻った瞬間にガシッとアタリ。ラインを巻き取ってからフッキング。なかなか良い引きだ。でもスレかも・・・と思いつつ、大袈裟には振る舞わず、丁寧にラインを巻き上げると、メジロサイズがギラリと翻った。船長は全くネットを持ってきてくれる素振りが無いので、強引にひっこ抜く。久々のメジロ!


11-PB110088.jpg
 南西の風から南風に変わり、そして風向きが東寄りに変わってきている。徐々に海が荒れるとの予報らしく、残り時間がごく僅かに。今回も手を変え品を変え、確実に魚をキャッチしているY氏。しかし未だハマチ以上の釣果が無く、ここまでかと思いきや、最後の最後に見せてくれました。メジロをキャッチ。


12-PB110090.jpg
 城崎方面の雲の切れ目から、一瞬だけ太陽が顔を出した。海面がギラリと輝く。この逆光による、メリハリの効いた景色が好きだ。


13-PB110092.jpg
 午後2時40分頃に本日最後の流しを終えて帰港。明日は月曜日で仕事があり、強行軍で日曜日の釣行を決めたが、終わってみると肉体的には当然ながら疲労が残っているものの、心は非常に軽やかに。Y氏との珍道中も数えること15回。今回も感謝!


ハイファイブ!


14-PB110094.jpg
 1号艇のアングラーは、この釣果。凄いですね~。



■釣行データ
 釣行日:平成24年11月11日(日)
 潮回り:中潮
 天気:曇りのち雨、気温14度
 時間:午前7時出船、午後3時帰港
 ポイント:網野町沖
 釣果:メジロ1匹、サワラ1匹(80cm)、ハマチ8匹


■潮汐

20121111_2823_03.png

出典:Tide736.net(http://tide736.net/



■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks SW8000F
 Line: PE 4
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-62/4
 Reel: Shimano Twinpower 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks TP8000F
 Line: PE 4
 Leader: 40lbs.

■ヒットルアー
・Daiwa, Saltiga, Sacrifice Slack Star 150g
・CB ONE, Zero 1, 160g
・Hayabusa, Jackeye, Free Ze 150g

■使用船
アルバトロス
http://www.profisher-albatross.jp/

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]