11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

日本海丹後半島沖オフショアジギング ~釣り納め、寒鰤出るか?~ 


01-PC270006.jpg
 午後11時頃に仮眠所に到着。道路脇にある気温を表示する電光掲示板によると、マイナス2度の文字。かなり冷え込んでいるが、今のところ風はなく、翌日の天気は心配なし。シュラフに足を突っ込みつつ、タックルの準備。先行者がすでに眠りについているので、釣友Y氏と、寒鰤を釣るための、かなり前向きな、いや、もしかするとかなり能天気な作戦会議をひそひそと進める。ここ数日間、日本海が大荒れだったため、今回の釣行も危ぶまれたが、明日は風も波も収まるとの予報で出航は確実だ。寒鰤が身を潜める白石グリで久しぶりの丹後ジャークが出来るかと思うと、自然と笑みがこぼれる。すでに釣った気分になり、クーラーボックスに寒鰤が収まらなかったらどうしようかと、いつもながらのいらぬ心配をする釣りバカ2名。


02-PC280009.jpg
 午前7時半に出航。黒田船長に前日の釣果を確認すると、なんと寒鰤6本!しかも4人で。これは期待出来るぞと、自分の技術力、腕を無視して、勝手に盛り上がる。後に知ったことだが、前日に乗船されていたアングラーは、プロの領域の方々であったので、そもそものポテンシャルが違っていたのだが、そんなことを知る由もなく、ジグをセットする無邪気な男たち。
 約1時間半でようやく白石グリ付近に到着。午前10時にならないと白石グリには入ることが出来ないため、その周辺で釣りを開始。波は穏やかで、気温はかなり低いものの最高の釣り日和。開始早々にY氏にアタリが。何と高級魚のアマダイであった。


03-PC280010.jpg
 CB-ONE190gで底を取ってから、最近になってようやく出来るようになったワンピッチ・ワンジャークで丁寧にボトム付近を探ると、ガシッとロッドに魚の躍動感が伝わる。船長がマイクで“ヒット!寒鰤か?”と・・・船中の注目を集めるも、この鈍重な引きはもしかして寒鰤か・・・と思ったが、あまりに引かないので、途中で船長に“寒鰤ではない”と合図を送る。上がってきたのは巨大なアオハタであった。サイズは45cm。


04-PC280012.jpg
 船長からの情報によると、寒鰤らしき魚群がボトムに張り付いているとのことであるが、潮が動いていないらしく、これら魚群にスイッチが入らない状態。反応する魚がなかなか見つからず、船のポジションが頻繁に変わる。そんな中、Y氏がお次はレンコダイをキャッチ。


05-PC280013.jpg
 ジグをあれこれ変えてみるも青物の反応はない。ボトム付近でようやくアタリを捉えるも、数秒で小型の魚であることが分かる。上がってきたのはクロソイ25cm。船内でも釣果は渋い様子で、ロッドがしなる人はいない。あまりに渋い状況のため、一旦、丹後半島に近いポイントに移動して、ハマチを狙うことになった。ミヨシからアンダーキャストで右前方にジグを投入して、水深50~60メートルの底を取り、丁寧にワンピッチ・ワンジャークを繰り返すと、ハマチがヒット。サイズは小さいが、やはりアタリがあると面白い。3匹のハマチを追加。船内でもポツポツとハマチがあがる。


06-PC280015.jpg
 午前10時に白石グリ解禁。水深は100メートル前後。魚探には寒鰤らしき反応があるとの情報。サクリファイス150g、180g、ゼロワン190g、オッターテイル210g、ワイプアウト180gなどなど、ジグをローテーションして、丹後ジャークを中心にボトムから30メートル付近を集中的に攻めるも魚信は一向にない。船中のアングラーのロッドも全然曲がらず。唯一、ロッドがバット部分から強烈に絞り込まれたアングラーがいたが、姿を現したのは、本命の寒鰤ではなく、粘液たっぷりのメダイであった。


07-PC280016.jpg
 寒鰤を求めて、ただひたすらロッドを上下するが、バイトすらない状況が続く。正午を過ぎると、次第に風が強くなり、雪になる手前の冷たい雨粒が落ちてきた。グローブが濡れてしまい、指先が痛くなるほどに冷たくなる。何度となく濡れていないグローブに変えるが、すぐに濡れてしまい、あっと言う間に不快な状況に。防水性の快適なグローブが必要であると実感。モンベルでゴアテックスのグローブを買おうかな、でも高いしな・・・、コーナンで売っていた防水と書いてあったグローブはジギングに耐えうるのか?などと、過酷な環境でジグを操る両腕の動きが緩慢になりつつ、思考する。


08-PC280017.jpg
 船長の判断で白石グリの寒鰤を諦めて、冠島付近まで戻り、最後の時間を託すことになった。スパンカーの具合が悪くなった様子で、大島と小島の間でドテラ流しになる。風向きと潮の流れを考慮して、右舷のアングラーと左舷のアングラーが平等になるように、船をポジショニングされるので、有り難い。今日は、右舷ミヨシに陣取っている。右舷側に風を受ける場合には、ラインが船から離れるように出ていくので、インチクをリーダーの先に結び、斜め引きでボトムを中心に攻める。うまくいけば、真鯛や根魚が反応してくれるはずだ。逆に左舷に風を受ける場合には、ラインが船の下に入り込んでしまうので、ジグを沖に遠投してから、ジグの着底を確認すると、ゼロワンをワンピッチ・ワンジャークでバーチカル方向に規則的に動かす。狙いはヒラマサ。


09-PC280020.jpg
 大島と小島の間では、残念ながら狙いの魚の反応はなく、冠島の南側に移動。活性の高いハマチの魚群を捉えることが出来たようで、ジグを投入すると、激しいジャーキングに即座にハマチが反応する。魚群の活性が一気にあがり、水面近くまでジグを追ってくる魚も。フォーリングにもバイトがあり、ついには入れ食い状態に突入。まさに魚にスイッチが入った状態。テクニックやジグの種類なんて関係なし。わずか1回の流しで、時間にして30分足らずで、船中100本以上のハマチが上がり、本日は終了。

 残念ながら寒鰤を手にすることが出来なかったが、最後の最後でハマチを釣ることが出来たのは良かった。この釣行が釣り納めとなった。来年はどんな1年になるのだろうか。


10-PC280031.jpg
 午後6時半頃に宮津市を後にして、一路、神戸へ。




11-PC290032.jpg
 アオハタの鍋。淡白でホクホクの白身が最高。カメラのレンズが曇ってるし・・・。


12-PC290038.jpg
 定番のハマチの刺身。クロソイも刺身にすると歯応えがあり美味いとのことで薄造りに。





■釣行データ
 釣行日:平成24年12月28日(金)
 潮回り:大潮
 天気:曇のち雨、気温2~6度
 時間:午前7時半出船、午後5時頃帰港
 ポイント:丹後半島 経ヶ岬付近、白石グリ、冠島
 釣果:ハマチ11匹、アオハタ1匹(45cm)、クロソイ1匹(25cm)


■潮汐
13-20121228_2601_03.png

出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks SW8000F
 Line: PE 4
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-62/4
 Reel: Shimano Twinpower 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks TP8000F
 Line: PE 4
 Leader: 40lbs.
(3)ライト・ジギング用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO Calcutta 201
 Line: PE 2
 Leader: VARIVAS VEP50lbs.


■ヒットルアー
・CB ONE, Zero 1, 160g(緑金)
・CB ONE, Zero 1, 190g(緑金)


■使用船
ビクトリー
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

日本海丹後半島沖オフショアジギング ~寒鰤豊漁とは裏腹に~ 

01-PC170006.jpg
 ルミナリエが終わるといよいよ師走も佳境に入り年の瀬に。日本海丹後半島的に言えば、いよいよ寒鰤シーズンに突入し、10kgを超える大物を狙える時期に。京都府舞鶴市の新聞記事によると、定置網に10kgを優に超える寒鰤が6000本も入り、キロ当たり1,300円で取引された後に京阪神などに出荷されたとのこと。正月にかけて絶妙のタイミングでの豊漁に漁業関係者はホクホクだとか。さらに記事によると、このような豊漁は実に10年ぶりとのことで、寒鰤を狙うアングラーも自動的にニヤケ、突如、真顔になってジギング船の空き状況を確認するのである。10kgの鰤1本で13,000円、市場価格でこれの3~5倍ぐらいになるのだろうか・・・と、いらぬ計算をしつつ、自分が寒鰤を両手に掲げている図を頭の右上らへんに浮かべるのである。確か氷見の寒ブリは、キロ1万円はくだらないとか。スイッチオン。


02-PC220011.jpg
 “女心と秋の空”以上にこの時期の日本海の天候はころころと変わる。往々にして不機嫌なことが多く、やや不機嫌、猛烈に不機嫌、さらに強烈に不機嫌と目まぐるしく不機嫌の程度が変わり、突然、ニコリと微笑むことがある。一瞬だけど。この間隙を見事に捉えて12月22日(土)に釣行決定。
 しかし、やはりここは日本海。午前中は何とかご機嫌が麗しい予報だが、午後からは北風がビュービューと吹き荒れて、いつものご機嫌斜めに突入するとのこと。黒田船長の判断により、今日は午前7時に出船して、一気に勝負をかける作戦になった。


03-PC220012.jpg
 一時間ほどかけて一気に白石グリ付近まで移動。午前10時の白石グリ解禁と同時に寒鰤を狙う作戦だ。船長曰く、天気が悪化しているので、白石グリで寒鰤を狙うことが出来る時間は、せいぜい正午までの1~2時間、この間に寒鰤を仕留めることが出来なければ、今日は寒鰤を仕留めることは無理とのこと。船上のアングラー10名が眉毛が険しくなった・・・気がした。


04-PC220016.jpg
 いつもなら肩慣らしに立ち寄る冠島を遠く東の方向に見て、丹後半島に沿って北上する。これぞ冬の日本海的な、演歌的な鉛色の重厚な雲が空を完全に覆う。今のところ、雨粒が気になるものの、微風で波高は低い。


05-PC220020.jpg
 出船から1時間後の午前8時に白石グリ付近に到着し、水深70~100メートルラインにジグを投入するも、魚の反応は皆無。船長の判断で、早い段階で切り上げて、丹後半島北端の経ヶ岬付近に逆戻りして、白石グリ解禁までの時間をボウズ回避のためのハマチ狙いに変更。船首を風上に向けて釣りを開始。潮の動きはなく、素直にジグを着底させることが出来る。

 今回、熟練ジギンガーのN氏と、ジギングが初めてのUスケと3名で釣行。魚を釣ることが出来るかどうか心配顔であったUスケだが、開始早々にボトム付近で小刻みにしゃくっていると見事にヒット。初めのジギングで最初のハマチがダブルの快挙。良い感じにロッドが絞り込まれている。コツを掴んだのか更に2匹のハマチを追加。初ジギングで上出来である。

 一方の私は、ワンピッチ・ワンジャークでハマチを2本捕獲した後に、またもやワンピッチ・ワンジャークにドスンと鋭いアタリ。ラインを巻き取ってから確実にフッキング。ハマチとは明らかに異なる引き。船長がマイクで“ヒラマサかも知れんなぁ”と。ヒラマサには規則的なアクションが効くと、雑誌に書いてあったことをポンピングしつつ思い出し、本当にヒラマサかも知れぬと期待が膨らむ。リーダーが見えた。今までにヒラマサを釣ったことが無く、心の中でニヤリとした瞬間に銀鱗が翻ったかと思うとフックアウト・・・・。無念。


06-PC220023.jpg
 午前10時に白石グリに突入。風が徐々に強くなり、波も高くなってきた。ボトムに寒鰤らしき魚群が張り付いているとのこと。自然とジグを操る両腕に力が入る。水深は100メートル前後。波によって船は上下に激しく揺さぶられる。特に船首はその動きが顕著だ。今更ではあるがミヨシに陣取ったことを若干後悔しつつも、船が上下に揺さぶられる動きを考慮して、丹後ジャークを中心にしてジグに動きを伝える。スパンカーを立てた船は、北風を真面に船首に受ける。冷たい雨も降り注いでいる。

 左舷の常連アングラーが鰤らしき強烈な魚を掛けたが、ロッドが完全に伸されていて、トルク感溢れる引きに耐えきれずラインブレイク。その直後に右舷のアングラーが魚を掛ける。雄叫びをあげつつメジロをネットに収めた。更に風が吹き、波が高くなり、雨が降り注ぎ、そしてわずか1時間足らずで白石を撤収せざるを得なくなる。


07-PC220027.jpg
 白石グリを諦めて、波風が穏やかな舞鶴市沖に大きく移動。徐々にこちらにも風の影響が出てくるに違いないが、今の時点では釣りに問題なし。船はドテラ流しの状態。北からの風を右舷に受けてはいるものの、潮の流れが北西に向いているため、右舷前方から2時の方向にジグを遠投しても、水深50メートルをジグが捉えた頃には、ラインが船の真下に入ってしまっている状態。非常にやりにくい。左舷に陣取るN氏とUスケの間に入れてもらったり、右舷で悶絶したりを繰り返す。


08-PC220040.jpg
 左舷ミヨシで頑張るN氏。

 左舷でジグを流した後にトゥイッチングの要領でジグを斜め引きしていると、ドスンと鋭いアタリ・・・しかし乗らず、更にジグに動きを与えるとドスン・・・またもや乗らず。サゴシではなく、サワラクラスのアタリだ。ジグの後ろ側のアイにトレブルフックを装着する。


09-PC220031.jpg
 船中では、サゴシがあがりだした。1メートルを超えるサワラも上がった。続いてN氏のロッドが絞り込まれた。強烈な引きに耐えて捉えたのは、1メートルに近いサワラ。精悍な面構えだ。やはり、リアフックが捉えていた。


10-PC220035_20121225183827.jpg
 船長からの情報によると、魚群がボトムから中層に上ずってきているとのこと。と言うことは表層まで気が抜けない。
 ジグが着底すると、トゥイッチングで鋭く動きを付ける。トゥイッチングの間に微妙な“間”を入れると、その瞬間にバイトが集中する。ジグが中層に達した頃にドスンとアタリ。1匹目は70cmのサワラ。更に85cmのサワラ。2匹ともリアのトレブルフックが顎を捕えていた。その直後にもバイトがあるも、リーダーをスパッと切られてしまった。

 午後2時半頃に魚の反応も悪くなり納竿。なかなか思い通りにならぬものである。年末にもう一度、釣行するチャンスがあるので、その時には寒鰤を。案鰤を仕留めることが出来るか否かは、移ろいやすい日本海のご機嫌次第なのかも知れない。





11-PC220043.jpg
 脂が乗って良い感じのハマチの刺身。


12-PC220046.jpg
 定番の西京漬けにするためにサワラを切り身に。今の時期のサワラはまさに旬であるらしく、真鯛やメジロなんかよりも断然に美味いとのこと。船上で腸を取っているので、刺身でも食べることが出来る。西京漬けにすると、1週間ぐらいから食べ頃となり、1か月近くも保存が可能だとか。今からだと、ちょうど正月前後に味が浸みてきて食べ頃かなと。全て黒田船長からの受け売りですが・・・。






■釣行データ
 釣行日:平成24年12月22日(土)
 潮回り:小潮
 天気:曇時々雨、気温6度~10度
 時間:午前7時出船、午後3時頃帰港
 ポイント:丹後半島 経ヶ岬付近、白石グリ、舞鶴市沖
 釣果:ハマチ2匹、サワラ2匹


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
13-20121222_2601_03.png


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks SW8000F
 Line: PE 3
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-62/4
 Reel: Shimano Twinpower 6000PG
 Spool: Studio Ocean Marks TP8000F
 Line: PE 3
 Leader: 50lbs.
(3)ライト・ジギング用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO Calcutta 201
 Line: PE 2
 Leader: VARIVAS VEP50lbs.



■ヒットルアー
ハマチ
・CB ONE, Zero 1, 160g(緑金)
・CB ONE, Zero 1, 190g(緑金)
サワラ
・Fina St Rush 150g(赤金)


■使用船
ビクトリー
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

クリスタルキーパー(ガラスコーティング)施工 ~輝きを取り戻せ~ 

01-20121208-1500-(1208).gif

沿岸波浪予想(気象庁発表)
http://www.imocwx.com/cwm.htm

 この週末は、日本海丹後半島沖で寒ブリもしくはヒラマサを狙い撃つべく、虎視眈々と準備を進めていたにも関わらず、数日前からの大寒波が日本海を襲い、波高5mを超える大時化の状況。日本海で波高が5mを超えると、波の周期が短いこともあってザブザブ釣りにならず。当然ながらジギング船は欠航。暇を持て余したので、車をコーティングすることに。


02-PC090013.jpg
 神戸市中央区のポートアイランドにあるガソリンスタンド宇佐美にて、以前より店員の方に勧めてもらっていた“クリスタルキーパー”を施工。


KeePer
http://www.keepercoating.jp/crystal/

03-PC090015.jpg
 ガラス被膜の上にレゾン被膜を重ねることにより丈夫で強撥水性の被膜が形成される。撥水効果は、1年程度発揮され、雨や雪などによる汚れが軽減され、洗車の際にも、水で汚れを落とすだけでOKとのこと。機械洗車でも問題なしとの触れ込み。施工時間は2時間と少し。


04-PC090001.jpg
 まずは洗車。


06-PC090005.jpg
 洗車後に丁寧に鉄粉取り作業。以前より鉄粉が気になっていたのだが、予想以上に鉄粉が付いていたようで、鉄粉取り作業にかなりの時間を要する。


07-PC090008.jpg
 その後、更に丁寧に洗車。コーティングの前に下地をいかに綺麗に整えるかが、施工後の輝きを左右する。コーティングの前にポリッシャーで磨きをかける作業を勧められたが、この作業だけで1万円近くするために却下。


08-PC090009.jpg
 フロントガラスのコーティングもついでに実施。


09-PC090019.jpg
 ボディを綺麗に吹き上げて、更に隙間に残っている水分をエアガンで飛ばした後にまずはガラス被膜を塗布。さらに犠牲被膜となるレジン被膜を塗布。作業は、資格を持ったプロが実施してくれるので安心。


10-PC090021.jpg
 劣化していた表面が見違えるように綺麗に。塗膜を触ってみると、ツルツルと言うよりかは、若干しっとりとしたツベツベの感触。普段は雨が降ると鬱陶しいが、どれほどの撥水効果があるか雨の日が楽しみ。


11-PC090023.jpg
 冬の低い角度から差し込む太陽が綺麗に反射。納得の仕上がり。


12-PC090025.jpg
 久しぶりに車の写真が撮りたくなり、ポートアイランド界隈を放浪する。コンパクトカメラだけど・・・。

13-PC090028.jpg


14-PC090030.jpg


15-PC090033.jpg
 気になる施工費用は・・・。

 レガシー・ツーリングワゴンは、ボディサイズが“Mサイズ”と言うことで19,800円。今回は、キャンペーン期間中であり35%値引きされ14,170円。また、フロントガラスの施工費用は、定価3,300円のところを2,200円に値引きしてもらった。
 1年間以内にボディの撥水効果が無くなった場合には、2000円で再施工をしてもらうことが可能とのこと。




20-PC150014.jpg
雨降りの際に水のはじき具合を確認。通常のワックスではなかなかのレベルにまで達しない。時速80kmで走行すると、ボディに付着していた水滴が綺麗に流れ落ちた。この効果が本当に1年間も続くのだろうか?






16-20121201_0454.jpg
 神戸市から京都市伏見区の伏見稲荷までドライブ。


17-20121201_0448.jpg
 千本鳥居で有名。サスペンスドラマなどでお馴染みの場所だ。


18-20121201_0450.jpg
 鳥居は奉納することが可能。お値段はこのとおり。


19-20121201_0435.jpg
 予算的に制約がある場合には、ミニ鳥居を。こちらのお値段は800円。


テーマ: メンテナンス&ケア

ジャンル: 車・バイク

[edit]