06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

神戸市北区野池 バスフィッシング ~マッチザベイト?パターンハマる~ 

 サイドキャストで緩やかに柔らかく、岸際の木々が垂れ下がる、所謂オーバーハングの下を目がけて、往年のルアーを送り込む。まだ薄暗い森からはヒグラシの鳴き声、水面は靄に覆われて幻想的な風景を醸し、水面の波紋が消えるのを見計らって、ロッドを軽く、三度あおると、ルアーもほんの少し遅れて、三度、水面に波紋を作る。少し待ってからロッドを動かすと、黒い水面が大きく割れて、白い水飛沫が豪快に飛び散り、野池に大きな波紋が広がる・・・ことを妄想していたが、おちょぼ口で何かをついばむような、“ボショ”と小さな音の後に、ルアーが消し込まれた。野池のトップで久々のバイトで、何をどうしたら良いのか完全に忘却の彼方。取りあえずロッドを立てて、そしてベイトリールのハンドルを回し、そしてフッキング。ちぐはぐ状態になりながらも何とかフッキングに成功。瞬時に小型であることは分かったが、ここは慎重にロッドを左右に切り替えして、丁寧に引き寄せる。


02-20130727_21.jpg
 バス、28cm。ルアーは、ハトリーズ・クラシック、とびはぜちゃん。


01-20130727_20.jpg
 先週の青野ダム完全無欠の撃沈を受けて、先週1週間は、悶々とした状態であった。午前3時半頃に神戸市中央区を出発し、森に囲まれた野池を目指す。空を見上げると、微かに夜明けの気配だが、まだ夜の勢いが支配し、圧倒的な迫力で暗闇の森が迫る。今日、第一候補としていた野池に辿り着くには、車を降りてから、暗闇の中、鬱蒼とした林の中を5分ほど歩かなければならず、情けない話、この圧倒的な大自然の迫力に気圧されることになり、野池までアプローチしやすい、別の野池に移動したのであった。


03-20130727_24.jpg
 野池の夜明け。


04-20130727_25.jpg
 ルアーを変えて、岸際を丁寧に攻めていく。水面に落ちてきた何かを魚がついばむ音が聞こえる。レッドテイルの本領が発揮できるのではないかとの思惑は的中したが、妄想の中にあったトップウォータープラグならではの、豪快なバイトシーンは、やはり妄想通りとなり、ウキが静かに消し込まれるかのように、レッドテイルが消えた。ちぐはぐな動きは随分と解消され、誰かに見られても恥ずかしくない、まあ普通のやりとりの後に28cmのバス。

 その直後に同じくレッドテイルにバイトがあるもフッキングが甘くバラし。


05-20130727_28.jpg
 水中で何かが動いたと思いきや錦鯉。心臓に良くない。


06-20130727_35.jpg
 完全に夜が明けて、ヒグラシの鳴き声から、アブラゼミの大合唱に変わると、トップへの反応が無くなってしまった。リングワーム4インチで、オーバーハング下の駆け上がり付近をカーブフォールで探る。何度かアタリのようなものがあるが乗らず、ワームのサイズを3インチに小さくしてみると、うまい具合に乗った!明らかにサイズダウンしてしまったが、狙って釣ったと言った方が正解か。

 冷静に考えてみると、この野池には、子バスの姿と錦鯉の姿は確認出来るものの、川魚系のベイトフィッシュはおろか、ブルーギルの姿すら見ることが出来ない。マッチザベイトを考えると、小魚系よりかは、エビ系に重きを置いた方が良かろう、普段なら釣行後にむらむらと反省するが如くに思いつくのだが、新鮮な酸素を大量に吸ったせいか、今日は比較的、脳味噌の回転が良いと思われる。


07-20130727_34.jpg
 ダウンショットリグに変更し、ワームはメバル用のものをチョン掛けにして、エビ系の動きを意識する。これが完璧にハマったようで、次々にバスが反応。


08-20130727_36.jpg
 サイズは確かに小さいが、苦悩の日々が続いていたので、サイズは関係なく嬉しい。


09-20130727_37.jpg
 透明度が高い。


10-20130727_38.jpg
 適度な間隔で釣れる。

 オーバーハングを見ると、その下にルアーを入れたくなるのが釣り人の心理であるのだが、自分の技量をすっかり棚に上げた状態で、ややこしいところを狙うと当然ながら木の枝にルアーが引っかかるもの。枝に引っかかったルアーを外そうと、ロッドでユサユサ揺すっていると、左手の親指に激痛が・・・。昆虫らしきものが飛び去った。どうやら、蜂の巣にルアーが的中して、さらにユサユサ揺らすバカモノ(ワタクシ)がいたので、そのバカモノを攻撃したようだ。子供の時以来、久しぶりに蜂に刺されたが、結構痛い。今は亡き祖母が、蜂に刺された部分にカボチャの花をすり潰すように塗ってくれた遠い昔の夏の日のことを思い出す。


11-20130727_40.jpg
 蜂に刺されてもなお、釣りを止めないバカモノ。


12-20130727_41.jpg


13-20130727_44.jpg
 最後にまた別の錦鯉が股下をくぐり抜けていった。


14-20130727_48.jpg
 徐々に陽が昇り暑くなってきたので、今日は素早く、気持ちよく撤収。“パターン成立やな”・・・すでに死語に違いないが、あのバスプロの名台詞を久しぶりに口走るのであった。


■釣行データ
 釣行日:平成25年7月27日(土)
 天気:晴れ、22度~26度
 時間:午前4時45分~7時30分
 釣り場:神戸市北区 FS池
 釣果:22cm~28cm 11匹


■使用タックル
(1)スピニングタックル
 Rod: DAIKO Karisma Stick KS-511L
 Reel: SHIMANO SENSILITE Mg 2500
 Line: PE0.6
 Leader:フロロ4lbs.
(2)ベイトタックル
 Rod: DAIKO Karisma Stick KC-55M
 Reel: SHIMANO CALCUTTA-CONQUEST101
 Line: VARIVAS, Cover Breaker-10lb

15-20130727_45.jpg

■ヒットルアー
・HUTLEY'S Classic, とびはぜちゃん
・COOL, Red Tail
・KEITECH, Ringwarm 3inch
・エコギア メバル職人

16-20130727_47.jpg
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

青野ダムにてフローターでバス釣り ~アオコ、ゴムベルトの危機~ 


 職場の知人から紀伊半島某所のリザーバーにて、バスが好調だったとの話を聞いていると、釣りバカなら誰しもそうなるようにソワソワするもので、初夏と言えば早朝のトップウォーターが熱く、上手い具合にオーバーハングの奥にルアー送り込むことに成功すれば、薄暗い、黒い水面が飛沫とともに炸裂し、そして数秒後には、無心にロッドを左右に操り、リールのハンドルを懸命に巻いている自分を想像し、土曜日の夕刻にもぞもぞと準備を始めるのであった。10年ほど前に神戸に住んでいた頃には、プチ遠征と称して、逃避行的に釣行していた青野ダムを今回のフィールドに選んだ。当時は、青野川の流れ込みから御旅橋付近がお気に入りのポイントで、それなりの釣果に恵まれていたことを当時の釣行記を読んで懐かみつつ、昨今の状況を調べてみると、末吉橋から北側は、環境保護区域に指定されており全面的にボートやフローターでの釣りが禁止されているとのことで、東側の我が未経験ゾーンを攻めざるを得なくなった。


01-20130721_24.jpg
 午前3時40分、神戸を出発。


02-20130721_30.jpg
 高速道路を乗り継いで、最後は青野ダム沿いの曲がりくねった道を走り、午前4時30分頃に目的地に到着。


03-20130721_31.jpg
 加茂第4公園。駐車場があり、フローターやボートでのエントリーが可能。


04-20130721_33.jpg


05-20130721_35.jpg
 久しぶりの青野ダム。午前5時前には、完全に夜が明けた。朝靄が釣れそうな感じを醸しているが。


06-20130721_39.jpg
 朝一番は、トップで水面を割りたいところ。往年の名ルアー。これで釣れれば文句なしだが、投げても、投げても全く魚信は無く。ジグヘッド、ノーシンカーで探りを入れるが、ものの見事に反応がない。


07-20130721_41.jpg
 竹林が水没していて、雰囲気は最高なのだが、未だ魚信なし。


08-20130721_43.jpg
 フィンを蹴っていると、何かが足に当たるような違和感。黒い細長いものがヒラヒラと沈んでいったが・・・。何と、右足のフィンを留めている踵のゴムベルトが無いではないか・・・。ここで数秒間の思考の後に、先ほどヒラヒラと沈んでいったものは、何と我がゴムベルトだったのか、と言うことに気が付いた。この時は、動揺していて気がつかなかったが、左足のゴムベルトも外れかかっていて、こちらも危うく無くしそうになるも、ぎりぎりのところで気が付いて、ヒラヒラ状態にはならずに済んだ。呑気に写真を撮っている場合では無いのではないか。さて、いつフィンが外れてもおかしくないこの状態を何としても脱せねば。かなり移動してきているので、さすがに片足だけでの移動は厳しい。


09-20130721_44.jpg
 伸びきったゴムヒモがあったことを思い出し、これで応急処置。いやしかし、何とも心細いが、無いよりましか・・・。


10-20130721_45.jpg
 クランクベイト、シャッドなどを織り交ぜるも、相変わらず魚信が無い。浅場で目を凝らしても、まずは魚の姿が全くない。リザーバーで効率的に縦方向、横方向を探るときに重宝していたジグヘッド+リングワーム(匂い付き)で、若干の焦燥感に囚われつつ、丁寧に、丁寧に攻めるが、何のアタリもなし。この時点になって、昨夜、釣りの準備をしているときに、深場を攻める用のリグは不要だと判断して、持参してこなかったことを悔やむが、当然ながら時すでに遅し。


11-20130721_48.jpg
 ダメな理由はこれなのか。どこに移動してもアオコがみっちり。


12-20130721_51.jpg


13-20130721_54.jpg
 どうせ釣れないならと言うことで、操っていて楽しいルアーで遊ぶことに。相変わらず良い動き、素敵な音がするなぁ。


14-20130721_56.jpg
 DOG-X。アルミフィニッシュは水の絡みが良く、クリヤーは軽やか。何故かクリヤーの方が圧倒的に釣れた。


15-20130721_55.jpg
 アルミボート、ゴムボート、フローターと色々なアングラーが、ここ青野ダムで戦っているのだが、何方も釣れていないとのこと。


16-20130721_58.jpg
 陽が昇り、暑さに耐えられなくなり、と言うよりかは、粘っても釣れないなと判断し、9時半頃に上陸。10年ぶりの青野ダムはなかなか手強かった。


■釣行データ
 釣行日:平成25年7月21日(日)
 天気:晴れ、20度~31度
 時間:午前4時45分~9時30分
 釣り場:三田市 青野ダム(千丈寺湖)
 釣果:なし


■使用タックル
(1)スピニングタックル
 Rod: DAIKO Karisma Stick KS-511L
 Reel: SHIMANO SENSILITE Mg 2500
 Line: PE0.6
 Leader:フロロ4lbs.
(2)ベイトタックル
 Rod: DAIKO Karisma Stick KC-55M
 Reel: SHIMANO CALCUTTA-CONQUEST101
 Line: VARIVAS, Cover Breaker-10lb


■ヒットルアー
・なし

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

うどん県シーサイドコリドールにて初夏の汗だくキャンプ 


 梅雨が明けたかと思うと、蝉しぐれ、灼熱太陽、猛暑日の日々。7月の三連休を青い海で泳ぎながら、釣りをしながら、白砂で戯れ、許されれば麦酒を飲みながら、脳味噌完全停止でノンビリ過ごしたいと、気分はすっかりそのモードに突入し、遅ればせながら数日前から検討を始めるも、やはり遅ればせながら状態なので、日本海、淡路島では、なかなか我が家の目的にあった、さらに懐に優しい適地が見つからず、もうこれまでかとウナダレテいたところに、旧知の友、tamの満面の笑みが脳裏をかすめる。早速、連絡をすると、よし一緒にキャンプしようということに相成った。

tamのブログはこちら
Iso Fishing Team BLUE-EYED
http://ameblo.jp/ift-blue-eyed/


 tamの快進撃と言うに相応しい、怒涛の攻めで、天候やロケーションなどの諸々を考慮しつつ、調べに調べてくれたところ、昨今、うどん県として名を馳せている香川県は大串半島にあるシーサイドコリドールキャンプ場に決定。

シーサイドコリドール・オートキャンプ場
http://www.city.sanuki.kagawa.jp/sightseeing/sights/oogushi/corridor/

〒769-2103
香川県さぬき市小田2671-88
TEL:087-895-1150

01-20130713_36.jpg
 車にキャンプ道具一式を積み込んでいざ出発。今回は、次男との二人旅なので、家族四人でキャンプに出かける時のような、もしや夜逃げか?的な天井まで荷物満載状態にならず、ゆとりある車内で快適。緻密なパズルのような荷物の積み込みで体力及び精神共に疲弊しないというのは、こんなにも楽なのか・・・ちなみに今回の荷物はこれら。車はレガシー。

・ドーム型テント×1
・ヘキサゴンタープ×1
・テントシート×1
・テーブル×1
・キャンピングチェアー×2
・シュラフ(3シーズン用)×2
・クーラーボックス(80リットル)×1
・食器
・調理道具(フライパン×1、鍋×1、コッフェルセット×1など)
・ガスコンロ×2
・ランタン×1
・釣り道具 など


02-20130713_41.jpg
 明石淡路鳴門自動車道を駆け抜け、徳島県に入ったところで突然のスコール。気温が30度を超えていただけに、この恵みの雨に感謝しながら、でもキャンプ場で大雨は困るなと思考しながら、トンネルを抜けると。


03-20130713_44.jpg
 おいでまーせ讃岐では、先ほどの鉛色の雲はいったいどうした!と思えるような快晴。そして、ジワジワと気温が上昇。いつしかうどん県に入る。


04-20130713_49.jpg
 うどん県に足を踏み入れるからには、うどんを食さずして立ち去る訳にはいかないので、高松自動車道の引田ICで高速を降りて、国道11号線を西へと向かいつつ、うまいうどん屋さんは無いかと鋭い眼光で進行方向の左右を睨みつつ、うまいうどん屋捜索に余念がないのだが、そもそもその経験はおろか知識も皆無なので、あっさりと諦めて、誰かに聞くことにした。道の駅“津田の松原”にて、女性店員二人のうち、四半世紀前なら看板娘であったに違いない人生経験が豊富そうな女性に、“うまいうどん屋さんを教えて候”と尋ねたところ、この界隈では“ゲンヤが美味かろう”との助言を頂いくに至った。家系ラーメンの一派かと詮索をするも、どうやらと言うか、当然ながら違うようで、濃厚豚骨醤油ラーメンは無い。


05-20130713_50.jpg
 如何にも歴史のある老舗ですと言わんばかりの暖簾をくぐり、年季の入った重い引き戸を開けて店内に。非常に良い雰囲気であるが、所謂セルフ系のお店ではないようだ。メニューはこのようなことになっていて、ここに来て、またもや我が知識経験不足を露呈してしまうのだが、うどん県でうどんと言えば“ぶっかけ”だと勝手に思っていたがために、店員さんの“あなた達は素人でしょう”的な無言のプレッシャーに焦りながら、“かけ”つながりで“かけうどん”を注文。


06-20130713_56.jpg
 普通に考えたら気が付きそうなものだが、“かけうどん”は普通のうどんであるので、当然ながらホットなうどんが出てきた。このクソ暑い日に、わざわざ熱いうどんを頼むバカは皆無だと思うが、冷たいうどんと思って汗だくで戦いに挑む。しかし、麺の弾力、ツルツル感、あっさりしているけどきっぱりな出汁、美味い!息子は難なく“ざるうどん”の注文に成功して、正に涼しい顔をして麺を啜っている。ちょっと羨ましい。


07-20130713_53.jpg
 こちらから、好きなものを取って食べることが出来る。見るからに美味そう。どれも100円のようだ。


08-20130713_54.jpg
 牛筋と練り物。辛子味噌?のようなものを付けて食べる。あっさりとしたうどんとの相性が抜群。熟練の店員さんが、横目で串の本数を素早くカウントして、伝票にこれまた素早く書き込む。

手打ちうどん 門家
香川県さぬき市鴨部1388-1
電話087-895-1983


09-20130713_68.jpg
 国道11号線を少し西へ向かい、車載ナビに誘導されるがままに、進路を北に変えて、木々が生い茂る半島の山道をくねくねと進むこと数十分、遂に本日の目的地に到着。大串半島の先端部の大串自然公園内に位置している。

10-20130713_71.jpg
 管理事務所でチェックインを済ませる。オートキャンプは、1泊4000円。利用する人数に応じて料金を徴収することもなく、環境美化整備協力金なるものを徴収することもなく、テントやタープの張数に応じて追加徴収することもなく、“4,000円、以上”である。良心的で良い。ただし、AC電源を利用する場合には、追加費用1,000円が必要。

シーサイドコリドール・オートキャンプ場
http://www.city.sanuki.kagawa.jp/sightseeing/sights/oogushi/corridor/


11-20130713_75.jpg
 ほどなくして、tam一家が到着。午後2時を過ぎると、降り注ぐ陽光は半端なく強烈なため、子供達は車内または日陰に避難した状態で、オッサン2人(もちろんtamと私のこと)は、灼熱太陽の下、勇気を振り絞り、若干輝きを失いつつある汗を滴らせながら、万全の熱中症対策を講じつつ、野営地の設営に成功。キャンプサイトは、100㎡ほどあるようで、ドーム型テント2張とヘキサゴンタープを設置することが出来た。別途駐車場があるので、車を避けると、更にサイトを有効活用することが出来る。芝生の状態は抜群で、ペグの刺さりが良く、裸足で歩いても全く問題なし。

 あまりに暑いので、水着に着替えて水遊び。


12-20130713_72.jpg
 キャンプ場から海側を見渡すと絶景が広がる。キャンプサイトは、1番~12番まであり、今回、我々は9番のサイトであったので、海を見渡せる環境には無かったが、特に1番~5番のサイトは、海側に位置しているので、最高の眺めを楽しむことが出来る。見たところ、5番が一番良さそうだ。


13-20130713_83.jpg
 キャンプ場から徒歩10分ほどのところに砂浜がある。


14-20130713_86.jpg
 以前は、海釣り公園であった場所が今も残っている。少し投げると砂地が広がっているので、初夏から夏にかけては、キスやコチを狙うことが出来るようだ。ライトタックルを持参していたので、ジグヘッドで周囲を軽く探るも、潮位、時間帯など何も考えていなかったために、魚信ゼロ。ちなみにtamは天秤仕掛けにゴカイを餌にして、ベラなどの小魚を数匹手にしていた。午後5時を過ぎて、キャンプサイトに戻る。


15-20130713_92.jpg
 午後6時前頃から夕食の準備。料理人tamに任せっきりなのだが。自分の担当は、野菜スティックとご飯。野菜スティックは自宅から準備してきたので、クーラーボックスから出すだけ。唯一のまともな任務である炊飯であるのだが、水の分量や時間など、無頓着状態であったために、無念アルデンテご飯となってしまった。


36-20130713_381.jpg
 アルデンテ状態のご飯を鋭意作成中。


以下、コメントが美味いだらけになってしまうが、美味いのだからしようがない。


16-20130713_90.jpg
 tamがバーナーを使って素早くマグロのたたきを作ってくれる。美味い!


17-20130713_98.jpg
 見るからに美味そう。ジュワジュワ。やっぱり美味い!


18-20130713_94.jpg
 “焼けたで~1本どうや”。ならば・・・美味い!


19-20130713_99.jpg
 お次はエビ。周囲に香ばしいかおりが漂う。そして美味い!


20-20130713_91.jpg
 tamから頂いた“さぬきビール”。濃厚芳醇でこれまた美味い!


21-20130713_111.jpg
 手羽先。塩味が効いていて、そして香ばしくて美味い!


22-20130713_118.jpg
 どうだ参ったか!“グレの開き”(私が作ったものではなく、tamが釣って、作って、そして焼いてくれたもの)。身がホワホワで脂が乗っていて美味い!お世辞にも見た目は美しくないグレだが、こんなにも勝負が出来る魚であったとは知らなかった。グレの体型からしても引きが強いに違いなく、釣ってよし、食べてよしの全方位系のグレにtamが夢中になるのも納得がいく。


 この他にも牛肉があったのだが、美味い料理と、美味いビール、そして久々の楽しい会話で、撮影作業を怠ってしまっていた。


23-20130713_114.jpg
 夜も更けて、キャンプならではの至福の時間が到来する。気温が徐々に低下して心地良い。山側のサイトに、日帰りバーベキュー組のバカモノじゃなかった若者が20人?ほどいたのだが、こいつらがウルサイ(五月蠅い)の何の。どこのキャンプ場にも、少なからず周囲のことを気にしないバカどもがいるのだが、何とかこういう輩を排除することが出来ないものかと思うのである。午後10時にバカモノ達が去ると、ようやくキャンプ場らしい静寂の夜が訪れた。

 翌朝、午前6時半頃からもぞもぞと起床して、簡単な朝食を取ったあとに撤収作業。陽が昇ると、またもや暑さに悶えながら、更に輝きを失い劣化著しい汗を撒き散らしながら、目標の午前10時頃に何とか手集作業を完遂。シャワーを浴びてお次の目的地へ。


 そういえば、このキャンプ場に滞在していて、唯一の欠点であると思ったのは、シャワーが1つしかなく、しかも管理棟の横に後から取って付けたような構造になっていて、脱衣室が無く、換気が非常に悪いので、快適とは言い難い状態。時間を見計らってシャワーを利用しないと、待ち時間が長くなってしまう。また、お湯の貯蔵量?に限りがあるらしく、途中からお湯が出なくなるので注意が必要であると、管理人から教えて頂いた。まぁ、利用料金は無料と言うことなので、我慢が出来る範囲かも。夏場のキャンプなら、サイトの横の水道から水を浴びれば問題なし。


24-20130714_124.jpg
 キャンプ場から車で15分程度のところにある興津海水浴場。まだ繁忙期に突入していないせいか、駐車場料金は無料。海水の透明度は高い。数メートル進むと、水深が一気に深くなるので注意が必要。先ほどまで汗だくツユだく状態であったが、海水に浸かるとヒンヤリと気持ちが良い。1時間ほど楽しんで終了。
 シャワー室は、海水浴場の中ほどにある建物で、300円で利用することが出来る。海の家にあるような、“3分500円、どうやって浴びるのか”的な時間制ではないので、ゆっくりと浴びることが出来る。ただ、お湯は出ない。


25-20130714_125.jpg
 昼食は、うどん県在住のtamご推奨である“とんぼ”。この界隈のチェーン店らしく、“キリン”という名のお店もあるとか。店内は活況を呈している。

セルフうどん とんぼ
香川県高松市牟礼町牟礼287-1
電話087-845-4510


26-20130714_132.jpg
 Tamのアドバイスに従って、注文したものは“肉ぶっかけうどん”380円。ボリュームが凄い。これでも“小”のサイズ。肉は柔らかく、あっさり味で大根おろし、生姜、ネギとの相性が抜群。このボリューム感でも、全体的にすっきりとした味で、もちろん美味しいので、いとも簡単に完食!ちくわの天ぷら(60円)、牛筋(120円)の脇役も文句なし。

 ここでtamとお別れ。わずか2日間のキャンプだったが、非常に楽しい時間を過ごすことが出来た。急な計画であったが、全て完璧の段取りで、本当に感謝のひとことに尽きる。次回は例のキャンプ場で再開できることを心待ちにしている!


27-20130714_145.jpg
道の駅“源平の里むれ”
http://www.genpei-mure.com/


28-20130714_148.jpg
 地元の名産品が所狭しと並ぶ。


29-20130714_149.jpg
 源氏スイカを購入。


30-20130714_150.jpg


31-20130714_152.jpg
 地元野菜や果物。神戸では見かけないような野菜がいっぱい。


32-20130714_157.jpg
 甘い香りに誘われて、ここ香川県が桃の産地であるかどうかを知らず桃を購入。


33-20130714_158.jpg
 こちらは“瀬戸ジャイアンツ”。皮ごと食べることが出来るらしい。今まで見たことが無い種類で購入しようかと悩んだが、結局、値段が高すぎるなと思い、購入を断念。


34-20130714_155.jpg


35-20130714_162.jpg
 いや~本当に旅は良いもんだ。


テーマ: アウトドア

ジャンル: 趣味・実用

[edit]