08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

鳴門市、淡路島夜通しエギング釣行 ~初のエギングで旬のアオリイカ捕獲なるか~ 

 白ねこさんことT氏の白いパジェロが三宮の街中を疾走する予定であったが、先週の3連休が台風18号で台無しになったせいか、この9月2度目の三連休は、多くの人達が観光地である三宮にどっと溢れて、トアロード、山手幹線、鯉川筋などなど、車の列がノロノロと延々に続く状態。2号線に入りようやく車の流れが良くなり、阪神高速に飛び乗って、ようやくパジェロが車体を低く轟かせながら路面を鋭く駆って、一路、淡路島へ。以前より、T氏からエギングのお誘いを頂いていたにも関わらず、都合が悪かったり、我が勘違いにより釣行日を間違えていたり、気が付けば、猛暑、酷暑の酷い夏を越えて、残暑もほどほどに、素晴らしい中秋の名月を見上げたかと思うと、明日は秋分の日。六甲おろしの季節が到来する。


01-20130922_06.jpg
 淡路島のとある港に到着したのが午後4時。思った以上に釣り人が多いが、釣り場が広々しているので問題なし。港外側の消波ブロックが折れ曲がったところに陣取って、実はエギング初挑戦の我が第一投を。ここに来て、残暑厳しく、ジリジリと太陽が照りつける。真上から急転直下の日差しではないものの、太陽系の主の威力は衰えず、暑さに悶絶しつつ、餌木を投げる。ほどなくして、T氏がサイトで見事にアオリイカをゲット。今日は、T氏にエギングの手解きを受けつつ、初のアオリイカ捕獲を目指す。
 先週は、ここ淡路島はアオリイカ絶好調だったらしいのだが、今日はどうやら簡単ではない様子。このポイントに素早く見切りをつけたT氏、素早く近くの漁港に移動。潮流が速く、なかなか餌木で底を取れないが、何となくその雰囲気が分かってきた。しゃくりについては、初心者丸出しだが、見よう見まねで、ロッドを煽ってみる。ここでもT氏、素早くアオリイカ2杯を追加。


02-20130922_09.jpg
 早くもポイントに見切りをつけて、淡路島を一気に南下して、鳴門市を目指す。T氏のポイントの見切りの素早さは、過去の豊富な経験に裏付けられているに違いないが、ポイントが変わると、気持ちのスイッチも変わるので、長時間、安定的に集中力を保つには良い方法であろう。

 移動してきたのは、鳴門市のとある海岸。沖合から風が吹き付けて、消波ブロックに砕けた波が霧状になって舞っている。ヘッドライトを照らすと、白く細長い線が伸びる。2.5号の餌木を逆風に負けじと投げ入れ、餌木が着底するまで、頭の右上の辺りに数字を明滅させながら数えること20秒。いやもっと長かったか。最初のしゃくり、フォーリング、二度目のしゃくり、フォーリング・・・モワモワグググ・・・。魚類とは明らかに異なる柔らかくも、明かに意志を持った生体反応に、電光石火とは言えない、疑心暗鬼なフッキングを入れると、吸い込まれるようにロッドが曲がる。あぁ~これが10本足を持つ軟体動物のアタリなのか。


03-20130922_13.jpg
 ヘッドライトには人生初のアオリイカが舞台でスポットライトを浴びるかの如く、黒い海に浮かび上がった。やった~っと言ったか、言わなかったかの瞬間に、黒いものがこちらに向かって勢いよく飛んできた。間一髪で顔面直撃を回避したものの、左腕には黒いものがだらり。アオリイカの不思議な色の変化に見とれつつ、写真を撮る。


04-20130922_21.jpg
 反応が長く続かず、またもや素早く別のポイントに移動。港外側の消波ブロックが折れ曲がった、如何にも潮通しが良さそうなポイント。風が強く、いまいち餌木の着底が確認出来ないが、頭の右上に数値を明滅させながら、餌木が着底をしたつもりで、しゃくりを開始。数度目のしゃくりでモゾッとした感触の後に、ジェット噴射がロッドに伝わる。2杯目。
 その後更にポイントを移動。北西の風がもろにぶち当たる港外側の大きな消波ブロックの上には、多くの釣り師がロッドを上下させている。大きな黄色い月が、気が付けばかなり真上に輝いている。時刻は12時前。こんな真夜中でも、風が激しく吹き付ける中でも、釣り人がいることに驚くが、実は我々もその一部なんだと思うと、あぁそういうことかと納得する。強風で餌木をまともに扱うことが出来ず、集中力が切れそうになりったところで、T氏が良型のアオリイカを追加。ボトムを意識して捕ったとのこと。この環境下で確実に獲物を仕留める腕前に感服する他ない。

 数回のポイント移動をした後に淡路島に舞い戻り、とある漁港に。すでに日付が変わっていると言うのに、月光に照らされて、護岸の釣り人が浮かび上がっている。


05-20130922_23.jpg
 足元に光を落とすと、至る所に墨の後。薄くぼけたものや、くっきり濃いものや、長く飛び散ったものや、筆で整えたものや、龍のようなものや、饅頭のようなものや。見る人が見れば芸術的となるかも知れないが、我が脳内はこの黒い適当な濁点を見て、我ながら単純なもので早くも活性化している。


06-20130923_24.jpg
 ヘッドライトを海面に落とすと、岩が沈んでいるのが見える。この真横のラインを意識して、餌木を通すことにする。一度、アタリらしき魚信ならぬイカ信があったが、瞬間的にフッキングをしたら外れた。立ち位置を変えて、似たようなコースをトレースすると、トゥイッチングを止めた瞬間に来た。自動的にフッキングに繋がったらしく、久しぶりにジェット噴射を楽しむ。


07-20130923_28.jpg
 更に同じラインを通してやろうと鼻息荒くも、餌木を暗闇に放り投げた後に、頭の右上で数字を明滅させ、27か28か29のあたりで、違和感と同時に反射的にフッキング。これが上手くいって、連続キャッチに成功。

 遠くでT氏のライトが時折長い閃光を放っている。絶好調に違いないと、T氏のもとにヨロケナガラ近づくと、予想通りにイカを仕留めている。良さそうなポイントを譲ってもらって、すっかりヨーヅリ・アオリーQ2号命!と化している私は、専ら2号を投げまくっているが、例に漏れず、2号を投げ入れる。数十秒後・・・根掛かりしたか・・・。すでに本日、愛しのアオリーが3本も海の藻屑となっており、残りの援軍達も非常に心細くなっている。ここで2号をロストしてしまうと、もとより手数が少ないのに、貴重な戦力を欠いてしまうので、やや焦りながらロッドを立てたら、勝手にイカが乗ってました状態で1杯を追加。


08-20130923_29.jpg
 良型のアオリイカ。この後に1杯追加して、この時点でようやく「ロスとした餌木の数<釣ったイカの数」となり、ほっと一息。

 更にとある港のようなところに移動。地形が特徴的なこともあり、結構な速さで潮が流れている。先行者がすでに1名。釣果は1時間で2杯とのこと。真横でT氏が1投目でアオリイカをゲット。更にすぐさまに追加。私はアタリも無いままに終了。


09-20130923_32.jpg
 淡路島を北上し、次なるポイントはこちら。月夜で結構な明るさ。ヘッドライトで周囲を凝視すると、徐々に周りの風景が浮かび上がるように明らかになってくる。ゾワゾワとフナ虫が辺り一面に蠢いている。


10-20130923_34.jpg
 先行者が数名いるので、少し離れて釣り開始。潮が右から左に流れている。おまけに真正面から風が吹いているので、右方向にキャストして、潮に乗せてドリフトさせて、やや左前で着底するようにする。エギングの熟練者がやるような縦方向の鋭いビシバシ的なしゃくりがなかなか上手く出来ないので、リザーバーで岬周りをサスペンドのシャッドで狙う時のような、ロッドの先を下げてトゥイッチング的なアクションを続ける。着底後の数回目のトゥイッチングで、餌木をフォールさせようかと思った瞬間にモワリと乗った。


11-20130923_36.jpg
 少し場所を移動して、同じようなアクションで1杯追加。頭上には、我々の釣行を見守るかの如く、黄色く輝く名月がぽかりと浮かんでいる。


12-20130923_37.jpg
 その後、昨日の夕方に訪れた漁港に立ち寄って、締めくくり。潮が動き始めたのか、かなりの速さで潮が動いている。2.5号の餌木では、到底ボトムに到達することは無い。一方のT氏は、大きめの餌木を遠投して、確実にボトムを捉えて、今回の釣行で最も大きなアオリイカを追加。しかも2杯。これが釣り番組なら、気持ちの良い締まり具合だろうな。今回の釣行では、ポイント選び、釣法、餌木の選び方、さらに車の運転など、色々とお世話になったT氏。初心者でありながら8杯を手にすることが出来たことに感謝!

 時計を見ると、午前5時を過ぎている。実釣時間が実に12時間、いやはや満喫した休日だった。


■釣行データ
 釣行日:平成25年9月22日(土)午後4時~23日(日)午前4時
 潮回り:中潮
 天気:晴れ
 ポイント:鳴門市、淡路島
 釣果:アオリイカ8杯

同行者の釣果:
13-20130923_41.jpg
 こちらはT氏の釣果。何と18杯。結構、渋い状況であったようだが、さすがと言う他ない。

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Sensilite Mg2500
 Line: PE 0.6
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用した餌木
14-20130904_13.jpg
・YO-ZURI、アオリーQ 2.0号
・YO-ZURI、アオリーQ Neo 2.5号、3.0号


15-20130923_07.jpg
 ネットでアオリイカの捌き方を見ながら、薄い皮に難儀しつつ、何とか刺身に出来た。クセが無く、もっちりとした歯応え。


16-20130923_09.jpg
 片栗粉を付けて炒めて塩胡椒で味付け。更に定番の醤油で味付け。


17-20130923_05.jpg
 エンペラはシンプルに塩味で焼いてみる。いずれも美味。
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

国道9号と国道27号、いざ舞鶴へ ~ふらり道の駅~ 

 用事があり、神戸から京都経由で京都府北部の舞鶴へ。老ノ坂峠を越えて国道9号を更に北上すると「道の駅 丹波マーケス」の文字を発見し、ハンドルを右に切る。大粒の雨が降り落ちる中、そそくさと店舗の中へ。


01-20130825_49.jpg
 道の駅かと思いきや、実はJA京都の直売所らしく、偶然にも朝市をやっている。


02-20130825_41.jpg
 店舗の中に入ると農産品が沢山販売されている。玉ねぎ、ジャガイモ、シシトウ、ピーマン、キュウリ、生花などなど。


03-20130825_44.jpg
 籠の中を覗き込んでみると、野菜が激安。いずれも1袋100円~150円。普段、三宮界隈で利用しているスーパーの半額以下の金額。籠を覗き込んでは驚き、覗き込んでは驚き、全ての籠をチェックする。


04-20130825_45.jpg
 タマネギと思いきや、巨大なニンニク。素揚げにしたら美味しそうだなと思い、購入。


05-20130825_48.jpg
 須知高校の生徒が作ったヨーグルティ。2個購入。

道の駅は、駐車場を挟んでJAの対面にあるのだが、まだ時間が早く、開店していな店舗が多く、閑散としていた。

道の駅 丹波マーケス
http://www.tamba-markeds.com/
京都府船井郡京丹波町須知色紙田3番地5
0771-82-3180


23-20130825_212.jpg
 京丹波町で、国道9号から国道27号に折れて、更に北上する。久しぶりに走る27号だが、以前は山陰本線や崖下の川を見下ろしながら、風情のある景色を楽しみつつハンドルを左右に切って進んで行った記憶があるのだが、いつしかバイパスが出来たらしく、非常に走りやすい直線道路に変わっていた。道の駅の標識を発見して、再度ハンドルを切って駐車場に。


06-20130825_65.jpg
道の駅 和(なごみ)
http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/k04_nagomi/index.html
京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11番地
0771-84-1008


07-20130825_64.jpg
 鯖の押し寿司、鮎の甘露煮、野菜のてんぷら、佃煮など、手作り感があるものが多数販売されている。いずれも食欲をそそるものだが、すでに朝食を食べてしまっており、また昼食は先方で用意して頂いているので、我慢して眺めるだけにする。


08-20130825_63.jpg
 今まで見たことが無い巨大なスイカ。買うか買うまいか悩んだが、この大きさでは冷蔵庫に入らないので断念。


08a-20130825_61.jpg
 姫枕という可愛らしい名前の小玉のスイカを購入。


09-20130825_55.jpg
 手作りの竹細工がいっぱい。いずれも地元の方が作られたもののようで、値段とともに作者の名前が記載されている。お値段は手頃。華道を嗜むような身であれば、花瓶を覆うための飾りとして購入したいなと思う美しい竹細工があったが、そんな高尚な趣味は無いので、こちらでも眺めるだけとなった。


10-20130825_52.jpg
 旨そうな鮎の塩焼き。


11-20130825_57.jpg
 清流、由良川。鮎釣り師なら、この流れを見てしまうと、じっとしていられないはず。鮎釣りもいつかは楽しみたい釣りだが、将来の楽しみに取っておこうと思う。深く垂れこめた雲が遠くの景色を趣のある靄に変えている。ふと腕時計に目をやると、あまり時間が無いことに気が付き、雨の中、急いでさらに27号線を北上する。舞鶴には正午に到着。


12-20130825_68.jpg
 午後3時過ぎに用事を終えて、帰り際に道の駅に立ち寄る。

道の駅 舞鶴港とれとれセンター
http://www.toretore.org/
京都府舞鶴市字下福井905番地
0773-75-9945


13-20130825_78.jpg
 中に入ると、イカ、サザエ、エビなどの海産物を焼いた香ばしい匂いが立ち込めている。


14-20130825_75.jpg
 新鮮な海産物が所狭しと並ぶ。


15-20130825_73.jpg
 最高に美味い。程よく柔らかく、噛みしめるとジワリと旨味が溢れ出てくる。


16-20130825_77.jpg
 岩ガキを食べようと思っていたが、お昼に食事をご馳走になり、すでに満腹のため断念。お値段は500円~700円。ちょっと高いなと。舞鶴在住の親戚の話によると、地元の人達は、ここではあまり購入することは無いようで、どうやらお値段が観光客向けで高いのだと言う。しかし、色々なものが一気に手に入り、誰しも何を買おうかとワクワクしているこの雰囲気は、なかなか良いなと思う。


17-20130825_90.jpg
 国道27号を南下する途中で「舞鶴かね和」に立ち寄る。随分と昔からこのお店はあり、遠い昔に立ち寄ったことがある。

舞鶴かね和
https://kanewa-m-com.ssl-xserver.jp/京都府舞鶴市京田555−1
0773-75-0586


18-20130825_79.jpg
 イカの姿干し。試食があったのでつまんでみると、内蔵が入ったままなのだが、これが絶妙な大人の味を醸している。言うなれば、イカの塩辛の熟成する前の状態なので、美味いはずである。2串購入。


19-20130825_81.jpg
 ハタハタもこのお値段。こちらも当然ながら美味い。


20-20130825_87.jpg
 懐かしのエテガレイの一夜干しを購入。1串10匹で850円。


21-20130825_86.jpg
 更にエテガレイの揚げたての素揚げを購入。サクサクホクホク堪らない美味さ。エテガレイの素揚げの良い香りが充満した車で、舞鶴若狭自動車道を駆って一路神戸へ。以前は、いかにして目的地に早く到着するかということばかりを考えていたが、最近は、心に余裕が出来たせいか、道の駅に立ち寄りながら、地元の特産品を眺めたり、珍しいものがあれば購入したり、つまみ食いをしたりしながら、その土地土地の文化に触れながら移動することが楽しみになりつつある。道の駅は、もしかすると「未知の駅」と書いた方が良いのかも知れない。


22-20130825_94.jpg
 帰宅後にシンコイカを甘辛く焼いてもらった。これがまた美味いのなんの。

テーマ: 京都

ジャンル: 旅行

[edit]