01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

神明間極寒メバリング釣行 ~動かぬ潮、釣れぬメバル、危機一髪~ 


 久しぶりに仕事を定時で切り上げることが出来そうだなと思った瞬間に、急速に釣り方面の思考にスイッチが入り、気もそぞろで脳味噌はすでにそっちに行ってしまっている。定時の合図とともに、赤信号で止まることすらもどかしく、超高速の早歩きで街角のコーナーリングを決めて帰宅を急ぐ。潮汐を確認すると、準備と移動を考慮すれば、ちょうど干潮からの上げ潮の時間帯にハマる。さらに風の具合を確認すると、今のところはほぼ無風で、夜が深まる頃になって風が吹くとの予報。釣り具、長靴、防寒具などを車に放り込んで、夕暮れの街中を抜けて、一路釣り場へと向かう。ちょうど帰宅時間と重なっているせいか、いつものボトルネックで渋滞にはまる。

 午後7時に釣り場に到着し、30秒ほどで準備を整えて、海へと向かう。少し風が吹いているが、キャストには問題がなさそうだ。今回は、普段使用しているソリッドティップのロッドではなく、少し硬めのチューブラーのロッドを持参してきている。こちらの方が長く、また張りがあるので、多少風があっても力強くリグをキャスト出来る・・・と思ってのこと。


01-20150225_10.jpg
 いつもどおりのフロートリグ+0.5gのジグヘッドの組み合わせで釣りを開始する。ワームだけ、いつものネジワームではなく、ひょろ長いアジング用のものを使用する。事前に調べた潮汐では、干潮からの上げで、魚の活性がジワジワと良くなる時間帯の予定であったが、やはり現場とはギャップがあるようで、まさにド干潮の雰囲気。4投目で早くもアタリ。ツンッと叩くような感触がロッドに伝わったかと思うと、グググっと魚の躍動感。ソリッドティップとは違う明確なアタリを合わせることに成功し、まずは1匹目。

 今日は調子が良いと思うのも束の間、潮が見事に止まっているようで魚の反応は皆無の皆無。1時間ほどロッドを振るが全く反応がない。場所を変えてロッドを振るがこれまた反応がない。お腹の具合が悪いなと思った瞬間に、猛烈な便意が襲い、またもや超高速の早歩きでトイレへと向かう。途中でもうダメか、野垂れ死にか、と思える猛烈な腹痛と便意に襲われたが、括約筋が最後のチカラを振り絞って、辛うじて急場をしのぐ。括約筋の活躍に敬意を表しながら、幾度となく襲い来る便意と戦いながら、何とかトイレに到着し、今回ばかりは厚着をしていることを猛烈に後悔しつつ、ズボンのボタンを引きちぎらんばかりの勢いで、何とか体制を整えて、そして事なきを得た。あと3秒到着が遅ければ、間違いなくタレていた。セーフ。


02-20150226_15.jpg
 本日のヒットワーム。普段はあまり使用しないワームで本命を釣ることが出来たので、嬉しさ倍増。フックの先端が鈍っている。

 その後もロッドを振るが時間だけがジリジリと過ぎる。一度だけ、明確なメバルのアタリがあるも、チューブラーのロッドが硬すぎるのか、ワームを切らずに長めで使用していたのが悪かったのか、完全に釣れないと油断していたのが悪かったのか、無念、痛恨、バカ野郎、貴重なアタリを逃してしまう。その後も潮があげてくる様子も無く、翌日は仕事だなと今更ながらに我に返り、午後9時を確認して帰途につくのであった。


03-20150226_17.jpg
 愛用のネジワーム。少し切って使用している。これぐらいの長さがちょうど良い。


04-20150222_07.jpg
 あまりの貧釣故に魚の写真がないので、全く釣りには関係ないが車の写真を1枚。少し前にテールランプにガーニッシュを装着。性能的には何ら変化はなく、ただの自己満足でしかないが、車の雰囲気が変わって良い・・・と一人悦に入るのであった。家族からは何らコメントは無い・・・。



■釣行データ
 釣行日:平成27年2月25日(水)午後7時~午後9時
 潮回り:小潮
 天気:晴れ、気温13度
 ポイント:神明間の某所
 釣果:メバル1匹

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs+3lbs

■使用ルアー、リグ
・ネジワーム1.5インチなど
・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神明間極寒メバリング釣行 ~春を告げるか~ 


01-20150221_02.jpg
 天気予報を確認すると無風。更に潮汐を確認すると、ちょうど良い具合に夕暮れ時に潮が動いている。ならば釣行するしかない。タックルを車に積み込んで、一路、釣り場へと向かう。左手に穏やかな瀬戸内海が見え始めると、どんな風に攻めようかと気持ちが昂り、間違いなく嬉しそうな顔をしているに違いないが、そんなワクワク感を見透かしたように、赤いランプが次々に灯り、そして見事に渋滞にはまってしまう。この界隈は、左手は海と線路、右手も線路と山で、左右を完全に封じ込まれているため、全くもって抜け道が無く、この状態を(修業をしたことは無いが)修業中のような心境で、ぐっと耐え忍ばねばならない。車の列を横目に、スイスイと電車が通り過ぎてゆく。

 午後5時過ぎにポイントに到着し、素早く釣りの準備をして、海へと向かう。風も無く、波も無く、時が緩やかに日没に向かっている。


02-20150221_04.jpg
 前回の釣行では、何とかカサゴを手にすることが出来たので、今回もボウズ回避のために、まずはカサゴ狙いで開始することに。ここ最近のパイロットルアー的存在になりつつある、3.5gの蓄光のメバルショット(ジグヘッド)にネジワームの組み合わせ。そういえば、先日、釣具店でネジワームを購入しようかと思いきや、随分と在庫が少なかったので、店の方に、入荷の予定を聞いたところ、近頃はメバル専用やカサゴ専用のワームが次々とリリースされていることもあり、今となっては、ネジワームの人気はいまいちで、それ故に今後はあまり入荷しないとのこと。自分にとっては、10年以上も前からネジワームを信頼して使用しているだけに、今後、購入できなくなってはマズイと思い、複数個まとめて調達した。折を見て、更に買いだめしておかなければ。我がメバル用の小さなボックスを開くと、ネジワーム以外のワームもちらほら見えるが、実はネジワーム以外のワームでの実績はあまりない。

 ジグヘッドでボトムを狙おうにも、海藻が繁ってきているために底を取ることもままならず、ならば底を切って浮かすとなれば3.5gのジグヘッドでは、カサゴが反応できないスピードになり、ジグヘッドを1.5gまで軽くしていくと、今度はポイントに届かない。仕掛けを変えたり、根掛かりしたり、リーダーが切れたり、モタモタしていると、気が付けば既に1時間以上経過しているにも関わらず未だアタリが無い。このままカサゴ狙いを続行するのは無理と判断し、フロートリグに変更して、メバル狙いに変更。


03-20150221_06.jpg
 潮が徐々に上げてきている。コツッと小さなアタリ・・・フッキングを入れるも乗らない。また微小なアタリ・・・これまた乗らない。ツンと触れるようなアタリ・・・これまた乗らない。キャストする度に反応があるもフックアップには至らず、小さなメバルの仕業か・・・。またもやアタリ・・・よし乗った・・・と思いきや、すっと抜けて無念のラインブレイク。またまたアタリ・・・これも乗らず。上げ潮にワームが乗ってしまうと、どうもうまく乗らないようだ。ロッドティップに伝わるフロートリグの抵抗の違いから、潮が転流して沖に払い出すポイントを発見。こちらをジワジワとトレースすると、コツッとこれまた小さなアタリの後に、ほんの少しだけロッドティップを送ってから、手首を返すと、チリチリチリ・・・と甲高いドラグの音が鳴り響く。ようやくフックアップに成功した。沖に払い出す潮に乗って、グイグイと走り、弱めに設定していたドラグがチリチリと鳴り響く。ドラグを少し締めて、柔軟なソリッドティップに乗っていた荷重を、バット部分に乗せて、主導権をこちらに引き寄せて、丁寧に引き寄せると、ヘッドライトに照らされてメバルが姿を現した。21cmの良型。背ビレの手前がグッと盛り上がっている。


04-20150221_10.jpg
 10分後。沖に払い出すトレースラインでアタリ。今回も上手く乗った。カサゴのコツコツッと鋭いアタリも魅力的だが、繊細なアタリを捉えた後のメバルの軽快な引きも楽しい。20cmを切っているが、なかなかの良型。潮が勢いよく満ちてきている。いよいよ爆釣タイムに突入したか。


05-20150221_14.jpg
 フロートリグの抵抗を繊細なティップで捉えながら、リールのハンドルを丁寧に回す。ハンドルを5回ほど回したところで、僅かにティップが入る。手首を返してフッキング。ググググ・・・と力強い引き。ドラグから、チリッ・・・チリッ・・・チリチリ・・・と甲高い音が鳴る。魚を掛けるまでは繊細なティップが物を言うが、魚を掛けると今度はバット部が魚の引きを受け止めて、いなしてくれる。リールとロッドが見事に調和した瞬間、最高の充実感が訪れる。しばらくして姿を現したのは、20cmを少し超える良型のメバル。楽しい。

 これで勢いに乗るのかと思いきや、満潮の潮止まりに近いのか、パタリとアタリが無くなった。最初の1匹を釣り上げてから、わずか20分でアタリが遠のいた。アタリを取れずに悶絶していた時間が悔やまれるが、なかなか思い通りにならないのも釣りの面白さ。徐々に春が近づいてきている。



■釣行データ
 釣行日:平成27年2月21日(土)午後5時30分~午後8時00分
 潮回り:中潮
 天気:晴れ、気温10度
 ポイント:神明間の某所
 釣果:メバル3匹

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs+3lbs

■使用ルアー、リグ
・ネジワーム1.5インチ
・メバル弾丸0.5g、メバルショット3.5g
・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g

[edit]

神明間極寒カサギング釣行 ~バルキーなワームで大型を狙う作戦が・・・~ 


 潮が大きく動く時間帯と、夕暮れ時の所謂夕まずめ時と、そして無風の状態が重なるような時間帯があれば、車にタックルを積み込んで、アクセルをギュッと踏み込んで週末の混雑した道路を縫い、一気にポイントへと向かうところであるが、残念ながら、週末アングラーがこのような理想的な時間帯にズバリ巡り合うことは皆無に近く、何らかのマイナス要素を抱えながらの釣行となる。ましてや厳冬期の釣りともなれば、気温や降雨の有無も条件に加味せねばならず、つべこべ言っているようでは、釣りなんかは出来ない。例え釣果に恵まれなくても、大海原に向かって無我夢中に、もしくは無心でロッドを振ることさえ出来れば、平日に溜まったストレスを見事に解消出来ると言う最初の頃のワクワクを忘れつつあるのかも知れない。

 午後5時30分前にポイントに到着。タイドグラフによれば、干潮から半分ほど上げている状態で、夕暮れ時のベストタイムから満潮の潮止まりまでは、良くて3時間あるか無いかであるが、幸いなことに北東の風が僅かに吹いている程度なので、短時間ではあるが快適に釣りが出来そうな環境だ。気温は10度近くあり、寒さを感じない。


01-20150207_08.jpg
 前回の釣行では、ネジワームをボトムに落とし込んでから、丁寧に誘う方法でカサゴのアタリを拾うことが出来たので、今回も同様の釣法で攻める作戦で、バルキーなクロー系のワームを使用して、より大物にターゲットを絞り込むことにする。

 前回の釣行からわずか2週間ほどしか経過していないのに、海の中は随分と状況が変わっていて、ふわふわのとろろ昆布のような海藻やワカメが生育していて、ジグヘッドがボトムを捉える頃には、これらの海藻に動きを封じられてしまっている。釣りにならない。運悪く数投後に根掛かりしてしまい、普段なら、ジグヘッドのフックを曲げて回収することが出来るところが、リーダーからぷっつりと切れてしまった。PEラインに傷が入っていたのかも知れない。現場でのショックリーダーとPEラインの結束は、かなり面倒であり、また貴重な時間を費やしてしまうので精神的に滅入ってしまうが、まだ釣りを開始したところなので、丁寧にFGノットで結び直す。海藻に邪魔されないように、フロートリグに変更して釣りを開始。


02-20150207_10.jpg
 しかし、当たり前だがフロートリグでは、泳層が異なることからカサゴを捉えることは出来ず、ならばメバルでもいればと、安易にメバルにターゲットを切り替えるところであるが、ワームを変えて、色々なトレースラインを試みるも生体反応が無い状態で、貴重な時間がズルズルと過ぎてしまう。再度、ジグヘッドに結び直して、今度は、ボトム付近をゆっくりと泳がせる方法に切り替える。海藻にジグヘッドの動きが妨げられないように、ロッドの角度を細かく調整しつつ、ジグヘッドが出来る限り海藻の上を泳ぐように全神経を集中する。すると、ジグヘッドに切り替えて一投目で反応が出た。コッと僅かなアタリの後にほんの少しだけ送ってフッキングを入れると、小型であるが狙い通りカサゴが姿を現した。時計を見ると、釣行開始から30分も経過していた。


03-20150207_11.jpg
18:04-
 ボトムを切ってジグヘッドを泳がしても、活性の高いカサゴなら十分に反応出来ることが分かった。小さいながらも即座に2匹目。


04-20150207_15.jpg
18:09-
 何度かフッキングに失敗するも、キャスト毎に反応がある。3匹目。


05-20150207_18.jpg
18:12-
4匹目。これまた小さい。


06-20150207_21.jpg
18:16-
 ジグヘッドのスイミングが中心の釣りになると、どうしても遊泳力が高い小型のカサゴの方が反応してしまうようだが、ボトムを意識するとすぐに海藻にジグヘッドが絡んで釣りにならない。悩ましいところだ。


07-20150207_24.jpg
18:21-
 6匹目。少しサイズアップ。

 計算で導き出されたタイドグラフによれば、満潮の潮止まりまでは、後2時間近くあるはずだが、突如、物の見事にピタリとカサゴの反応が無くなってしまう。場所を変えて、トレースラインを変えてみるが、僅か数分でカサゴの活性が止まってしまっている。計算値では、満潮の潮止まりはまだ先の時刻であるが、複雑に海流が流れる明石海峡では、地形の変化、海底の凹凸、突堤や防波堤などの構造物の存在などで、場所によって潮流が目まぐるしく変化し、そしてこれらの要素が複雑に絡み合って魚の活性に影響を与えているようだ。

 こうなれば、やはりボトムに張り付くカサゴの目の前で、じっくりとワームを見せて喰わせるしか手は無い。ネジワームから、切り札的に持参しているガルプのホッグ(1.5インチ)に変更する。ボリュームがあるワームなので、ジグヘッドが海藻の中に埋没することは無く、ロッドを高く掲げてコントロールすれば、海藻の上でステイさせることが出来る。30分以上も粘りに粘って、ようやくコツッと小さなアタリ・・・バルキーなワームであることを忘却の彼方にして、瞬間的にフッキングを入れてしまい、当然ながら乗らず・・・。ワームが途中で切れてしまっている。その後も粘りに粘るが、徐々に西風が強くなるにつれて、体温が奪われ、足先がコチコチに冷えてきたために午後7時半ごろに撤収することに。


 後から振り返れば、今日の釣りのパターンを導き出すのとショックリーダーの結束で30分を費やし、ようやくカサゴが反応するものの僅か30分で活性が落ちてしまい、あとは修業状態で、それなりに良い条件がそろった釣行であると考えていたものの、蓋を開けてみれば重要な条件である潮汐に計算値と大きな誤差があることが判明した。次回の釣行に活かさねばなるまい。



■釣行データ
 釣行日:平成27年2月7日(土)午後5時30分~午後7時30分
 潮回り:中潮
 天気:晴れ、気温9度
 ポイント:神明間の某所
 釣果:カサゴ6匹

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs+3lbs

■使用ルアー、リグ
・オフト ネジワーム1.5インチ、ガルプ ホッグ1.5インチなど
・メバル弾丸0.5g、メバルショット3.5g
・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]