06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

神戸・明石間メバリング釣行 ~猛烈な引きの正体は~ 

01-20150724_33.jpg
 週末を最上の状態で突入すべく、飲みに行くか、釣りに行くか。思案の末に考え付いたのは、まずは潮風を感じながら釣りを満喫し、そして一度帰宅してから夜の町に紛れる欲張りプラン。街中の喧騒を抜けて神戸港へ。

 午後8時前にポイントに到着。満潮の潮止まりまでは3時間以上あるので、思う存分に釣りを楽しむことが出来る。昨日は、最初に中層に付くメバルに照準を合わせたが、メバル自体の数が少ないのか、思い通りの釣りが出来ず、結局、ダウンショットリグに頼る結果となった。今日は、最初からダウンショットリグで、ボトムを攻めることとする。


02-20150724_35.jpg
 場所を移動しながら5投目。護岸沿いにキャストして、底を取ってから一定の速度でリグを引く。モソッ・・・とした柔らかいアタリを感知し、ラインを巻き取りながら聞き合わせを入れると、一瞬、根掛かりしたような鈍重な抵抗感がロッドに伝わり、そして数秒後にトルク感たっぷりの猛烈な引きに変わる。甲高い音を奏でながらドラグが軽やかに滑る。ロッドは大きな弧を描き、バットの部分で耐えている。未だかつてない大物、慎重に、慎重にやりとりをすると、数分後に海面に魚体が見えた。でかい。ロッドで引き抜くことは不可能と判断し、手にタオルを巻き付けて、そしてリーダーを掴んで、一か八かで一気に抜きあげる。今まで見たことがない巨大なクロソイが横たわった。大雑把な計測であるが45cmほどある。幸先が良い。


03-20150724_37.jpg
 ここ最近の釣行では、ダウンショットリグを投じた際にストップ&ゴーでジグヘッドを動かして、魚にバイトの間を与えるようなリズムにしていたが、活性が高い場合には、ジグヘッドを飲み込まれてしまうことが数回あったため、極力、魚にダメージを与えないような釣りをせねばと常々考えていたこともあって、今回は、一定の速度でリグを引くことと、潮上には極力ジグヘッドを撃たないようにして、魚のアタリを即座に捉える状態を作ることに重きを置いて、釣りを進める。
 カツッと鋭いアタリ。20cm程度のカサゴ。先ほどの大物との対峙の直後では、物足りなく感じてしまう。


04-20150724_39.jpg
 カサゴよりかは柔らかいアタリで、しかしながら引きはカサゴより左右に大きく動き躍動感に溢れているタケノコメバル。見た目は同じような魚なのに、バイトの仕方、引き、釣り上げた後の暴れ方などが、魚種によって随分と違う。


 護岸沿いに投じたダウンショットリグをズルズルと弾いていると、パンッと弾くようなアタリ。即座にロッドを立てて、魚の動きを捉えると、明かにカサゴやメバルなどと動きが異なる。ドラグがジリジリと唸り、ロッドは引きに耐えるように大きく彎曲し、そしてラインが潮下に滑るように走る。シーバスの姿が脳裏をよぎる。突っ込むような引きを慎重にいなして、数分後に海面が割れた。何とチヌの銀鱗がギラリと光っている。サイズは40cmあるかないか。ランディングネットを持って来ていないため、またもや引き抜く必要がある。タオルを手に巻いて、リーダーを掴んで、意を決してヨイショと一気に引き抜くと、その画像はスローモーションに転じて、チヌが護岸に乗るか乗らないかの瀬戸際で、左手に握っていたラインのテンションが消えて、そして勢いよく海面に魚が飛び込んだ。フックの軸が#8では、止むを得ないが、見事にフックが伸びていた。


05-20150724_43.jpg
 魚の活性は依然として高い。カサゴやタケノコメバルが次々に反応してくれる。メバルも姿を現した。


06-20150724_46.jpg
 暗い海面が騒々しいなと思いきや、至る所でベイトが群れている。

 午後9時頃になり、パタリと魚の反応が悪くなる。キスのアタリが頻発するも、それも乗せることが出来ず。1時間と少しであったが濃密な時間を過ごしたこともあり、缶コーヒーを啜り素早く納竿とした。一度、帰宅して車を置いて、予定どおりに夜の街に紛れ込むことにしよう。楽しい週末の始まりだ。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月24日(金)午後8時~午後9時15分
 潮回り:小潮、上げ潮
 天気:晴れ、29度
 ポイント:神戸港
 釣果:計10匹(クロソイ1匹(45cm)、メバル1匹、カサゴ6匹、タケノコメバル2匹) 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグでも使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky, Clear Green Holo
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3) ダウンショットシンカー
 ・3/16オンス


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
20150724_2807_03.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~新釣法“キッシング”開拓?~ 


 鳴門海峡タイラバ釣行では、見事貧釣にて撃沈して不完全燃焼を引きずっている。仕事を終えてから帰宅し、シャワーを浴びて夕飯を食べ、そして週末の潮汐を確認すると潮が動かず芳しくないことが判明し、ならば今すぐに釣行するしかないと思い立ち、車に釣り道具を積み込んでいざ神戸港へ。


01-20150723_15.jpg
 午後9時30分、釣り開始。程なく潮風が吹いて気持ちが良い。まずはジグヘッド1.5gで護岸沿いの中層をトレースしてメバルを狙う作戦。第一投目からコツコツとメバルの反応。一瞬だけリーリングを止めて、ラインを少し送ってからフッキングを入れると、ソリッドティップが綺麗に彎曲してメバルを捉える。躍動感ある引きの後にメバルが姿を現した。


02-20150723_18.jpg
 中層の反応を見てから、お次はジグヘッドをボトムまで落とし込んでカサゴを狙う作戦。ジグヘッドの着底を確認してから、ジワジワとボトム付近をトレースすると、カツンと鋭いアタリの後にロッドが絞り込まれる。20cmを超える良型のカサゴ。


03-20150723_21.jpg
 場所を変えて中層をトレース。メバルを追加。冷たい缶コーヒーで喉を潤しながら釣りを続行する。


04-20150723_23.jpg
 メバルを中心に狙いたいところであるが、中層での反応が悪く、早々にダウンショットリグに変更する。ジグヘッドは0.5g。潮の流れを意識して、シンカーよりジグヘッドが奥に流されるようなトレースラインを取る。ボトムを丁寧にトレースすると、カツンとアタリ。素早くフッキングを入れるとロッドティップが入り、ラインを巻き取るとロッド全体で魚の動きを吸収して、そして高活性なカサゴが姿を現した。いつもながらにカサゴとは思えぬ躍動感ある引きに驚く。斑模様も見事に映えている。


05-20150723_26.jpg
 カサゴを更に追加するが、ストラクチャーに絡まないポイントで、なかなか乗らないアタリがある。こうなると釣り師なら誰しも意地になってしまうと思うが、コンコンと鋭いアタリを感知すれば、鋭くフッキングを入れたり、これでダメならラインを送ったり、ラインテンションを緩めて引いたり、ワームを小さくしたり、あれこれ試行錯誤の末にようやくフッキングに成功する。カサゴでもメバルでもない軽快な引きを楽しみながら、そして姿を現したのは何とシロギス。思い返せば、鋭いコツコツしたアタリには覚えがある。まさに夏の砂浜の女王シロギスのアタリだ。更にキス狙いを続行するものの、アタリがあるがなかなか乗せることが出来ず。リグを工夫すれば、ワームによるキス釣り“Kissing”が1つのジャンルとして確立する可能性は大いにある。

 更にカサゴを数匹追加して、午後11時前に魚の反応が悪くなり、幾分温くなったコーヒーを飲み干して納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月23日(木)午後9時30分~午後11時
 潮回り:小潮、満潮潮止まりまで
 天気:晴れ、27度
 ポイント:神戸港
 釣果:メバル2匹、カサゴ7匹、キス1匹 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグでも使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
・Gulp 2.35” Micro Shaky, Clear Green Holo
(2) ジグヘッド
・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g
・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3)ダウンショットシンカー
・3/16オンス

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
20150723_2807_03.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

渦潮鳴門海峡にて真鯛を狙う ~濁りと強風~ 

 台風11号の影響で、当初予定していた日本海白イカ釣行が中止となり、そのまま素直に大人しくしていれば良いのに、せっかくだからと海に出掛けたくなるのが釣りバカの所以であるが、台風11号ナンカー(ジャックフルーツとの意)は、名前のとおり南下するどころか近畿地方を北上するとの予報で、当然ながら釣りどころの状態ではない。7月19日から21日に日を改めて、これに合わせて仕事の休みも取り直して、鳴門海峡に繰り出すことと相成った。同行者は、いつものY氏とN氏。

釣船はらまる
http://www.haramaru.gr.jp/index02.html


01-20150721_03.jpg
 はらまるの船長曰く、台風の影響で濁りが入っているから厳しいで、との第一声。四国の吉野川の濁りが潮の干満によって、鳴門海峡まで入り込んで来ているとのことで、その影響が1週間程度は続くとのこと。タイラバで濁りや水潮は良くないということは、百も承知であるが、逆境を跳ね返してこそ、思考の余地が多いことが釣りの醍醐味であるのだ、と何の根拠も無しに前向きなのはいつも同じ。天気予報通りに南風が猛烈に強く、こんな状態で瞑想の如き精神統一釣法が実行可能であるのか不安になるが、ここまで来たのだ、楽しむしかない。


02-20150721_13.jpg
 南風を猛烈に受けながらも、船長の熟練の操船でスパンカーを立てた船は船首を南にして、何とかポジショニングに成功している。水深は40~60m。1回の流しが10分~20分程度と長めであるので、じっくりと攻めることが出来る。ラインが水面に対して垂直に刺さるように100gのタングステンのタイラバを投入する。ラバーの色は、海水の濁りもあるので、なるべく目立つ色が良かろうと考えて緑色を選択。流しの度に、1度は真鯛のアタリが出るが、食いが浅いのかなかなか乗らない。タイラバの数回目の流しにして、満を持してアタリを捉え、そしてフッキングにも成功する。小気味良い引きがロッドを曲げるが、強めのロッドの呼応を見れば、期待できるサイズでは無いのは一目瞭然だが、厳しい状況の中での1匹は感慨ひとしおである。


03-20150721_06.jpg
 アタリはあるが乗らない状態が継続しているが、遂に真鯛の強烈なアタリと鮮烈な引きがロッドに伝わり、ロッドが絞り込まれた適宜を逃さずフッキングを入れると、嗚呼刹那、PEラインが無念の高切れ。今日一番のアタリと引きだっただけに心のダメージは大きい。その後、タイラバが着底した瞬間に怪しげなアタリを感知し、フッキングした瞬間に真鯛では無い軽い引き。姿を現したのは河豚。ダメだこりゃ。


04-20150721_11.jpg
 船長が懸命に船の位置を変えて、我々が釣りやすいように調整してくれるが、なかなか結果が出ない。水深60m超えのポイントで、またもや着底直後のアタリ。慣れ親しんだアタリと引きにカサゴであることを直感するが、期待を裏切らずカサゴである。潮の動きが止まり、アタリも遠のき、更には霧雨が舞い落ちてきた。午後1時30分、無念の納竿となった。

 結局、真鯛の明確なアタリは8回、フッキングに持ち込めたのが2回、キャッチしたのは1回と散々な結果であったが、タイラバのスカート&ネクタイの色、ボリューム、アシストフックのセッティングなど、今後の釣行の際の参考となることが多々あり、次回の釣行に備えて、妄想の日々を楽しむことにしよう。


■釣行データ
 釣行日:平成27年7月21日(火)
 潮回り:中潮
 天気:曇りのち雨、南風強(風速7m以上)
 時間:午前5時30分出船、午後1時30分帰港
 ポイント:鳴門海峡
 釣果:真鯛1匹

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20150721_3609_03.png

■使用タックル
(1)タイラバ用(主にタイラバ60gに使用)
 Rod: DAIWA 紅牙69HB-S
 Reel: SHIMANO Ocea Calcutta201HG
 Handle: Studio Ocean Mark AC30S
 Line: Duel Hardcore X8, PE 0.8, 16lbs.
 Leader: 20lbs.
(2) タイラバ用(主にタイラバ100gに使用)
 Rod: DAIWA 紅牙69XHB-S
 Reel: SHIMANO Ocea Calcutta301HG
 Line: SHIMANO 炎月 PE1.0
 Leader: 20lbs.

■ヒットルアー
・パブリック・ルアーズ 鯛ラバのび太(タングステン) 100g

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~強風対策、ヘビーダウンショットリグにて~ 


00-20150720_55.jpg
 久しぶりに白鷺城こと世界遺産である姫路城を訪れてみたところ、平成の大改修を終えてお見事な姿に。天守閣から眺める景色は、往時とは随分と変貌しているが壮観である。殿様の絶大なる権力を実感する。スケールが大幅に小さくなってしまうが、話変わって、いつもの釣行記。


01-20150719_04.jpg
 三宮の街中の喧騒をくぐり抜けて神戸港へと向かう。メリケンパークで“みなとまつり”が開催されているせいか、普段より周辺の道路が賑わっている様子。午後7時30分過ぎにポイントに到着し、準備を整えて護岸に立つと、予想より強く南寄りの風が吹いている。気温が30度に近いため、通り過ぎる潮風がTシャツをパタパタと煽りたてて誠に心地良いが、ここまで風が強いと繊細な釣りには厳しい状況だ。


02-20150719_13.jpg
 ジグヘッドリグで開始するもラインをコントロールすることが出来ず、これでは釣りにならないと判断して、早々にヘビーダウンショットリグに変更する。必然的にボトムを中心に攻めることになるので、カサゴ中心の釣りになりそうだ。ジグヘッドリグならリフト&フォールで広範囲にアピールして、魚の興味を惹くことが出来るのだが止むを得ない。ラインをメンディングして、護岸沿いをゆっくりと攻めると、数投後に早速反応がある。予想通りのカサゴだ。


03-20150719_16.jpg
 割と早く1匹目が反応してくれたので余裕の展開になるかと思いきや、風の影響もあって狙いのトレースラインを描けずに苦戦する。2匹目も護岸沿いを丁寧に攻めての結果。かなりタイトに護岸にへばり付いているようだ。潮は満潮に向けてグイグイと押し寄せてきている。風も相まって、海面は激しく揺れている。


04-20150719_18.jpg
 カサゴ3匹目。潮の流れを意識しながら、0.5gのジグヘッドが潮下に漂うように、ふわふわ流れていくように、そしてアタリを感知出来るように、ジグヘッドをトレースする方向を選んでから魚の反応を待つことになる。


05-20150719_19.jpg
 意表をつく躍動感、俊敏な動き、海面を割ったのはメバル。鰭の大きさが際立つ1匹。


06-20150719_22.jpg
 お次は良型のカサゴ。


07-20150719_24.jpg
 更に良型のカサゴ。


08-20150719_26.jpg
 もういっちょカサゴ。


09-20150719_27.jpg
 ブログの絵的に気持ち悪くなってきているが、更にカサゴ。やはりメバルの登場が少ない。


10-20150719_28.jpg
 風の影響と、ダウンショットリグの影響と、腕の影響も大いにあるが、アタリがラインを介して、ロッドを介して伝達される頃には、幾分、感度が落ちてしまい、何やらゾワゾワ・・・であったり、コココ・・・であったり、モソモソ・・・であったり、鮮烈なアタリに対する電光石火な電撃フッキングというのとは対照的に、疑心暗鬼になりつつ、優柔不断の面持ちで、聞き合わせ状態になり、結果、カサゴのアタリだか、メバルのアタリだか、左右に揺れる海藻に触れたのか、普段以上に分からなくなる。カサゴかと思いきや、引きに俊敏さが加わっていたので、もしやと思いきや、メバルであった。


11-20150719_30.jpg
 カサゴ。


12-20150719_33.jpg
 場所を変えながら、トレースラインを考えながら、ラインをメンディングしながら、時折、潮風を浴びて放心状態になりながら、ボトムの形状を想像しながら、シンカーの移動作業を進めていると、ゾワワっと微妙なアタリ。ラインにテンションをかけると、グググっと魚の躍動感。メバルだ。


13-20150719_34.jpg
 更にメバル。このメバル以降、反応が途切れたので午後9時に早々に見切りをつけて、本日の夕涼み釣行を終えた。


15-20150720_75.jpg
 姫路市にある水族館でオヤニラミを発見。良く見れば、きっと同じ系統なのだろうかメバルに似ている。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月19日(日)午後7時30分~午後9時
 潮回り:中潮、満潮潮止まりまで
 天気:晴れ、29度、南の風強し
 ポイント:神戸港
 釣果:メバル4匹、カサゴ8匹 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグで使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky, Clear Green Holo
(2) ジグヘッド
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3)ダウンショットシンカー
 ・3/16オンス

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/

14-20150719_2807_03.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~台風一過、濁りをタイトに攻める~ 


 台風11号が過ぎ去った18日でさえ、神戸界隈の高速道路が規制されており、その影響が一般道にまで及び、終日、車の列が途絶えていない。ここ最近まれに見る渋滞ぶりに躊躇して、昼間の移動を最小限に留めて自宅にこもり、“Theフィッシング”や“ビッグ・フィッシング”や“The Hit”を拝聴してモチベーションを向上させ、そして潮汐を確認して出陣の適時を今か今かと伺う。

 午後8時、釣り開始。台風の影響を気にしながら海を覗き込むと、明かに濁っている。おまけに繊細な釣りでは特に厄介な浮遊ゴミも多数見える。悪戦を予想しながらも、海面を全体的に眺めると、良い感じにざわついていて、潮の流れもある。満潮の午後9時頃までが潮時と予測して、短期集中で勝負に挑む。至近距離の釣りでは、徐々にリグが安定しつつあるが、ジグヘッドはメバル弾丸1.5g、ワームはガルプのマイクロ・シェイキー。水面を凝視すれば、パシャパシャとサヨリのような形状をした稚魚が群れている。マッチ・ザ・ベイト。


01-20150718_01.jpg
 護岸沿いにジグヘッドをキャストして、中層域をストップ&ゴーで緩やかに攻める。繊細なアタリを感知するもなかなか乗らない。再度、同じ方向にキャストして、ロッドティップに僅かなテンションをかけつつ、カーブフォールでアタリを待つと、コツッと小さなアタリ。少しだけ送り込んでフッキングを入れると、小型ながらメバルが姿を現した。海水の濁りが気になっていたが、意外にも釣れそうな予感。


02-20150718_04.jpg
 別のトレースラインで更にメバル。以前から、メバルを釣る際には、ワームの長さを非常に気にしていて、長くても1.5インチと考えていたが、こんなにもヒョロ長いワームにでも、しっかりと喰ってくるのだなと今更ながらの発見をする。ワームの先を齧ったようなアタリもあるが、恐らくそれは極小メバルの仕業で、ある程度サイズがあればしっかりと頭部分にバイトしているようだ。


03-20150718_07.jpg
 護岸沿いにキャストしてから、次はボトムを意識して攻める。時折、気まぐれな強風が吹いて、PEラインが煽られてしまい、思い通りのトレースラインを描くことが出来なくなったり、PEラインが護岸に引っかかったりして、手こずったりしつつも、心静かにリフト&フォールを繰り返す。潮の流れの影響もあり、ジグヘッドが手前に押し流されているためにアタリが取りづらいが、何とかフッキングに成功する。躍動感ある引きの後に姿を現したのはカサゴ。


04-20150718_10.jpg
 更にカサゴ。身体の紋様が鮮明で美しい。


05-20150718_12.jpg
 更にカサゴ。然るべくポイントにジグヘッドを通すことが出来るとアタリがある。海水に濁りがあるせいか、ストラクチャーにタイトに付いている印象があって、トレースラインンがズレてしまうとアタリが無く、ジグヘッドを護岸やストラクチャーにタイトにスレスレに通すと、小気味良いアタリで応えてくれる。


06-20150718_14.jpg
 俊敏なアタリの後に素早い動きでロッドを曲げて、そして姿を現したのはクロソイ。この場所では、初めて手にする魚だ。


07-20150718_15.jpg
 中層狙いに切り替えるとメバルが反応する。


08-20150718_17.jpg
 良型のカサゴ。


09-20150718_20.jpg
 メバルを追加。


10-20150718_23.jpg
 カサゴを追加。スリムな体型ながら、メバルかと勘違いしてしまうような俊敏かつ強烈な引きを満喫する。


11-20150718_26.jpg


12-20150718_27.jpg


13-20150718_28.jpg
 狙う場所を間違わなければ、確実にアタリがあるものの、良型になればなるほどにアタリが繊細になり、慎重に聞き合わせを入れるとジグヘッドを飲み込まれてしまう。かと言って、最初の違和感で合わせを入れると抜けてしまう。満潮の潮止まり前の最後のチャンスかも知れない。

 場所を少し移動。護岸沿いにジグヘッドをキャストして、丁寧に沈めてからリーリングを開始すると、突如、猛烈な引き。繊細なメバリング用のロッドが大きく絞り込まれて、ドラグがチリチリと唸りラインが一気に引き出されて、成す術が無い。足場が高いため、大物であれば取り込みは間違いなく不可能。数分間のやりとりの末に、護岸の出っ張りにリーダーが擦れてしまいラインブレイク。逃した魚は大きいと言うが、トルク感からしてシーバスかチヌか・・・。


14-20150718_30.jpg
 更にボトムを攻めて更にカサゴを追加。


15-20150718_33.jpg
 護岸沿いの中層をリフト&フォールで攻めてメバルを追加。このメバルを最後に魚の活性が悪くなり、素早く撤収をすることに。乱れるように吹き抜けていた風が止まると、湿度を持った重い空気がまとわりついてきた。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月18日(土)午後8時~午後9時30分
 潮回り:中潮、満潮潮止まりまで
 天気:曇り、28度
 ポイント:神戸港
 釣果:メバル5匹、カサゴ9匹、クロソイ1匹 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky, Clear Green Holo
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g

16-20150718_35.jpg
 安売りをしていた際に購入しておいたワームが大活躍。匂いもさることながら、形状と色がマッチしているのだろうか。


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
17-20150718_2807_03.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~うら若き乙女の香りとともに~ 

 梅雨は何処かにすっ飛んでしまったのか、真夏と言わんばかりの気温に盛夏を待たずして既に辟易しつつある昼下がり、青空を見上げながらのプールはいわんや最高である。数か月前の淡路島釣行の際に、護岸から転落した際に負傷した右肩が未だにズキズキ痛むのは、打ち所が悪かっただけでは無く、経年劣化による筋力の衰退、自然治癒力の低下に他ならないという現実は百も承知であるので、右肩を労わりながら、リハビリを兼ねてクロールや平泳ぎや背泳ぎで河童タイムを満喫する。極楽である。

 夕飯を食べてから、少しのんびりと時間を過ごした後に、昨夜のカサゴ&メバル釣行の際のパターンを再検証すべく、道具を積み込んでいざ神戸港へ。釣行後に自宅で潮汐を確認して、ようやく気が付いたことであるが、別の港の潮汐を確認いていたらしく、現場の潮の動きが全くもって違っていたのだったが、嬉しそうに車のハンドルを握っている釣りバカはその事実を知らない。

 周囲に目を凝らすと、数人の釣り人の姿が見える。同じ狙いの釣り師なら、完全に釣り切られている感じもする。潮の香りに交じって、良き香りが漂ってきており、全神経を集中して凝視をすると、あろうことかこんな辺鄙な場所に、うら若き乙女がロッドを振っているではないか。しかも3名も。時代は変わったなと思ったら、オトコ達の姿もちらほら。なるほど。


01-20150711_02.jpg
 先人達がまだ狙っていないであろう足元を狙うことにする。灯台下暗し作戦だ。護岸沿いにジグヘッドをキャストして、1.5gのジグヘッドを十分に沈めてから、ゆっくりとリフト&フォールを繰り返す。ジグヘッドがリフトの体制に入ると、軽くラインテンションをかけてアタリを待つ。モゾゾゾ・・・コツッ・・・少しラインを送ってからジワリとロッドを立てると、グググっとロッドが反応する。なかなかの良型のカサゴが姿を現した。

02-20150711_05.jpg
 うら若き乙女の香りエリアを通過してから、再度、護岸沿いを丁寧に攻める。ほんの僅かに潮が流れているらしく、潮にジグヘッドを流しつつ、ボトム付近を集中的に攻めてアタリを待つ。クククン・・・と微細な反応を感知し、巻合わせを入れると、カサゴと思えないような躍動感。程なくして暗闇から姿を現したのは、カサゴでもなくメバルでもなく、メバルはメバルでもタケノコメバルである。


 開始15分ほどで2匹の釣果があり、その後のパターン成立が期待されるが、潮位を今更ながら確認すると、随分と潮が下がっており、しかも潮の動きが明らかに悪い。何故だと思いながら、釣りを続けるが、極々つぶらなアタリが数回のみの状態で釣果に結びつかない。何とかアタリを拾ってフックアップするも、魚をピックアップする際に、魚があまりに小さいために勢いが付き過ぎて、無念のバラシ。釣行開始から1時間でさっさと切りあがることにした。

 次回は、潮汐を間違えないようにせねば。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月11日(金)午後9時~午後10時
 潮回り:長潮、干潮前後の潮止まり
 天気:晴れ、28度、南東の風
 ポイント:神戸港
 釣果:タケノコメバル1匹(約22cm)、カサゴ1匹(約23cm) 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ
 ・ガルプ
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
03-20150711_2807_03.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

神戸・明石間メバリング釣行 ~マッチ・ザ・ベイトの効果~ 

 まったりと身体にまとわりつく湿り気のある風は、南海上に現れた3つの台風の影響だろうか。こんな夜には、海沿いで神戸の夜景を眺めながら、心地よい潮風を浴びながらの夕涼みフィッシングが最適であろう。まずは兵庫埠頭に車を横付けして、餌釣り師の釣果を確認すると、日没前には鯵の活性が猛烈に高く、サビキで入れ食いであったとのことであるが、すでに午後9時近くの時間帯になり皆さんタチウオなどの大物狙いに移行していて、黒い海にユラユラと電気ウキが瞬いているだけで、至って静かな時間が過ぎている。停泊している船の灯りの周りや、埠頭の角の要所でロッドを振るが全く持って反応が無い。素早く見切りをつけて、以前から気になっていた別の場所に移動する。


01-20150710_01.jpg
 ポイントに到着後、第一投目から反応があり、素早く合わせを入れるも甲高くドラグが鳴いたかと思いきや、フッキングに至らず。ドラグの締め忘れである。気を取り直して、ストラクチャーの際にジグヘッドをキャストし、ラインを送ってボトム付近までジグヘッドを沈め、そしてゆっくりとハンドルを回して、そしてラインテンションを確保しながらカーブフォールでアタリを待つ。久しぶりのジグヘッドの釣りであるが、やはりジグヘッドの釣りは、自らがワームを操っているというリニアな感覚があり、また海中の状況を逞しく想像していることもあり集中力が高く維持され、自分の世界にはまっている自覚がある。二度目のフォーリングでコツとアタリがあり、少し送ってからジワリと合わせを入れると、ドラグが一瞬だけチリリと鳴き、ソリッドティップが柔軟に追随して、魚の動きをいなす。程なくして姿を見せたのは、カサゴ。あまりの躍動感にメバルがヒットしたのかと思ったが。


02-20150710_07.jpg
 護岸沿いの中層をフワフワしたイメージで、ジグヘッドを流していると、コツッとバイト。スピード感ある動きの後に姿を現したのはメバル。もうメバルの時期は終焉したのかと思っていたので嬉しい1匹だ。干潮から上げていて、海がざわつき、風がそよいでる。


03-20150710_08.jpg
 キャスト毎に何らかの反応があるが、マイクロメバルの仕業なのか技巧派の餌取り名人か、それともワームが長すぎるのか、何故か乗らない場合がある。ちなみに、今回、投入しているワームはガルプの細長い餌のようなワーム。ジグヘッドを中層から浮かすようにロッドを高く掲げて、そしてラインテンションを保ったままに緩やかにフォーリング。ロッドを高く掲げて、ジグヘッドの動きが止まった瞬間にコンとアタリ。グイグイと素早い動きの後に姿を見せたのはメバル。まずまずのサイズ。


04-20150710_16.jpg
 ボトムを意識して、丁寧にリフト&フォールを繰り返す。潮が手前側に押してきているため、ジグヘッドがフォールに入る時には、ラインテンションが随分と緩んでしまうので、静かにラインを巻き取る動作が必要になる。モゾモゾと微妙なアタリがあり、ロッドの先端に意識を集中しながら、ラインを少し張りながら、フッキングの適時を伺う。ラインを少し巻き取り、ソリッドティップがスッと入ったことを確認して、フッキングを入れる。魚の荷重がロッドのバットに乗った感触が明らかに今までの小物とは違う。ドラグをジリジリと鳴らしながら抵抗する。遊泳力のある魚か。何度もグイグイと力強い抵抗を見せた魚が暫くすると海面に浮いた、ロッドを労わりながら、思い切ってエイッと抜きあげると何とカサゴであった。手尺ではあるが26cmを超えている良型のカサゴだ。


05-20150710_17.jpg
 ストラクチャーに対してタイトに丁寧に攻めれば、乗るか乗らないかは別にして、間違いなく何らかの魚が反応する。カサゴを1匹追加。


06-20150710_19.jpg
 ワームをダイワのビームスティックに変更する。潮が効いてきているので、潮の流れを利用して護岸沿いにジグヘッドを流してみるとコンッとアタリ。メバルを追加。


07-20150710_21.jpg
 歩き回りながら、色々なラインにジグヘッドを通してみる。潮に逆らうより、潮に乗せるようにジグヘッドを流した方が魚の反応が良く、また魚が乗りやすいことが分かり、潮の流れを意識してジグヘッドをキャストしてはリールのハンドルを回す。蒸し暑くてしようがなかったのに、気が付けば潮風が心地良く通り過ぎてゆく。遠くに揺らめく神戸の街の灯りを見て、ふと我に返るも、すぐに釣りに夢中になる。カサゴの活性があがり浮いてきているのか、ボトムから1mほど浮いたところでの反応が多いように思われる。またしてもカサゴと思えないような遊泳力、躍動感の後に24cmほどのカサゴが姿を現した。


08-20150710_25.jpg
 ワームをネジワームに変更してカサゴを追加。やはりこのネジワームも安定感ある釣果を約束してくれる。


09-20150710_27.jpg
 ネジワームで20cmオーバーのカサゴを追加。この界隈のカサゴの引きは、自分が今までに経験したカサゴの引きとは全く異なり、まるでメバルのような俊敏さと突進力を備えていて、眼から鱗でカサゴとのやりとりを楽しむことが出来る。


10-20150710_30.jpg
 小型のメバル。この後にカサゴを数匹追加して、徐々に潮の動きが悪くなったのか、反応が弱くなってきたので納竿とした。帰り際に海面をヘッドライトで照らしてみると、サヨリのような細身の魚の稚魚が無数に群れていた。メバルもカサゴも、この稚魚の群れに付いていたようで、従って白くて細いワームに良く反応したのかも知れない。結果的にマッチ・ザ・ベイトであった。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月10日(金)午後9時30分~午後11時過ぎ
 潮回り:小潮
 天気:晴れ、26度、南東の風
 ポイント:神戸港
 釣果:メバル4匹、カサゴ8匹(最大26m) 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ
 ・ガルプ
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0g~2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
12-20150710_2807.png

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

超ランチ本“ランチパスポート”で500円ランチ ~野菜とワイン Yaoya FARM~ 

01-20150705_10.jpg
 今日のランチはこちら。以前のランパスで何度も訪れたお店。ここ最近、この界隈では、野菜を前面に押し出したレストランやバーが多く立地し、昼夜を問わずオシャレな女性達で賑わっている。こちらのお店も例に漏れず、野菜を中心としたイタリアンで、綺麗に着飾った女性陣やハートマークが体中から放出されているラブリーなカップル達によって、店内が華やいでいる。
オヤジがカーゴパンツに緑色のTシャツとオレンジ色のスニーカーで突入するには、いささか躊躇するものの、結局のところ空腹には勝てず、環境破壊を承知のうえで席に着くのである。店の隅っこで景色に同化してしまえば、思いのほか違和感が無い・・・と思っているのは自分だけか。

野菜とワイン Yaoya FARM
神戸市中央区下山手通2-12-6 LOUPE TOREAST3/4F
TEL 078-321-3340


02-20150705_03.jpg
 ランパスによると、“メインは、ピリッと辛いガーリックオイルにレモンの酸味が爽やかな「夏野菜のアーリオ・オーリオレモン風味」(写真)、トマトソースにチーズが入った「北区のフレッシュトマトとツナと淡路玉ねぎのアラケッカ」、別添のトマト風味のソースをお好みでかけて食べる「バジルソースであえた蒸し鶏の冷製パスタ」の3種から1品を選択。野菜をたっぷり使用した同店自慢のパスタを是非味わって。“とのこと。

 最近は、お酒を飲むと言えば、専ら椅子のないカウンターだけのシンプルなつくりの、所謂、立飲み屋で麦酒を飲みながら、牛モツ煮込みを突きながら、そして管を巻くのが常套となっているが、たまには、おちょぼ口で新鮮なお野菜を味わいつつ、丸いグラスをぐるぐると回して香りを楽しんでから、“陽の当たる何とかの丘で云々”と口上を垂れながらワインでも嗜みたいところであるが、まぁ勝手にどうぞと言ったところか。


03-20150705_05.jpg
3種類から選べるパスタランチ(冷製パスタ、バゲット、ドリンク) 1000円→500円

 梅雨時ならではの蒸し暑い気候なので、迷わず冷製パスタを注文。程なくして、何とまぁお上品な感じでパスタが登場する。味の形容にいつもながら難儀するが、トマト然としたトマト味の冷たいトマトの喉越しの良いこと、冷たくてキリっと締まったパスタの歯応えの良さ、パジルソースにまみれた鶏肉の芳醇さ、振りかけられた粉チーズの濃密さ、雰囲気が綺麗すぎて居心地が悪いが、いつもながら安定感ある味でした。ご馳走様でした。そういえば、ランパスに記載されていた“別添のトマト風味のソース”を見かけなかったが。

追記:バジルソースとバジルソースにまみれた鶏肉を白い熱々ご飯にぶっかけて食べると美味いだろうな。出来れば生卵(黄身だけ)を投入して、更にマヨネーズをたっぷりかければ完璧であると思う。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★☆☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★★☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸 Vol.4
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:100店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年5月29日~平成27年8月24日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1300円)が全て500円

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]