09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

渦潮鳴門海峡にて真鯛を狙う ~スカートやネクタイの色が気になる~ 

01-20140801_05.jpg
 台風12号の行方とその影響を気にしつつ、午前2時半、鳴門市へと向かう。天気予報によれば、風速5mとのこと。鳴門海峡の激流と風が合わさると、釣りにどのような影響が出るのか想像できないが、いつもの如く前向きに想像を膨らませて、海の大荒れの前に真鯛が荒食いの行動をするのではないか、濁りを避けて爆釣をしたとのテレビ番組を引き合いに、今日もそのパターンにハマるのではないか、釣れすぎたらどうしようかなどと、車中ではそんな話題で盛り上がる。


02-20140801_09.jpg
 午前4時半過ぎに鳴門市は亀浦港に到着。今日は、いつもの釣りバカ3名と尼崎からの同船者2名の合計5名での釣行になると、事前に船長から聞いていたので、好みの場所に陣取るべく、真っ暗な桟橋を抜き足差し足で船に向かうと残念無念、すでに先行者ありということが分かり、結果、我々は船首に陣取ることになった。吉と出るのか凶と出るのか。出船まで時間に余裕があるので、街灯の明かりを頼りにして、タックルを準備する。今までに見たことも無い、巨大なやぶ蚊が容赦なく襲ってくるので、たまらない。


03-20140801_11.jpg
 午前5時過ぎに夜が明けてきた。1日の始まりだ。


04-20140801_13.jpg
 今回、お世話になるのは「はらまるⅡ」。若い方の船長が面倒を見てくれる。

釣船はらまる
http://www.haramaru.gr.jp/index02.html


05-20140801_15.jpg
 午前5時半に亀浦港を出航すると、ものの10分で最初のポイントに到着。東寄りの風が強く吹いていて、海面がざわざわ荒れている。開始早々にY氏が真鯛を1枚あげた後に、更にロッドを絞り込み、ドラグに容赦なく負荷をかける大物がヒット。老練な真鯛かと思いきや、途中から引きや動きが本命の真鯛とは明らかに異なり、青物か何だと噂話の末に姿を現したのは鮫。

06-20140801_17.jpg
 釣れない時間が過ぎる。午前5時半に出航し、すでに3時間以上が経過したにも関わらず、我がロッドに響くアタリは皆無・皆無・皆無。リーリング速度、タイラバの色・重さ、ラバーの色・ボリューム感、スカートの色・長さ、何が良いのか悪いのか、ヒントなしではどうにもならず、船のポジションが悪いのかなどと普段以上に思考を巡らせると、何故か猛烈な睡魔が襲ってきた。三半規管が未熟な幼児が、船酔い防止に自己防衛で眠くなるのと同じ、釣れないことによる心のダメージを軽減せよと本能が命じたのか、船の端を枕にしてうつらうつら。


07-20140801_20.jpg
 タイラバのヘッドの色とスカート&ネクタイの色を変えてみると、本日、最初のアタリあり。ロッドのティップを叩き、そしてグイとロッドを押し曲げる、いかにも真鯛の引き。しかし無念のバラしというか乗らず、というのを数回繰り返し、後に軽快な当たりの後に姿を現したのは、小型の真鯛。後に大物が釣れると信じて、まずはリリース。


08-20140801_23.jpg
 水深60メートル。東の風、船首は東の方向。西から東への潮流。船首に陣取ると不利な位置になるが、同船者が少ないのであまり関係が無いような気もする。30分後に2匹目。更なる大物を信じてリリース。

 なかなか本日のパターンが掴めず苦労が続くのだが、こういう時こそ自分の中で発見あり。どうやら、普段お気に入りで使用しているオレンジ色やピンク色のラバーへの反応が悪く、白色や淡い色に分があることに今更ながらに気が付いた。リーリングスピードについても、自分が無意識の時にハンドルを回すリズムより、やや遅い目が良いことを発見。しかし、食いが浅いのか、こちらの技術不足か、バイトのみだったり、乗ったかと思いきや途中でバラすなど、痛恨のダメ男にハマりつつある。


09-20140801_24.jpg
 更に30分が経過した頃に、いかにも真鯛のアタリの後にロッドがグイグイと絞り込まれ、遂に来たぞという気持ちと、またもやバラシてしまい痛恨のダメ男に磨きがかかるのではないか・・・との不安と葛藤しながら慎重にリールのハンドルを回すこと数分、無事に桜色の魚体が見えた。38cm。潮流が速く、底を取りづらいため、タングステン100gを使用。


10-20140801_26.jpg
 僚船の「はらまる」の横をJFEのバルク船がスルスルと通過する。だいぶ遅れて引き波が押し寄せてくる。


11-20140801_31.jpg
 船には生簀があるので、釣った魚を取りあえず活かしておいて、帰り際に必要な魚を選別することが出来る。クーラーボックスに飲み物や食べ物を入れておいても、釣りをしている間は臭くならないので快適。


12-20140801_33.jpg
 出航後、6時間を経過して、大鳴門橋の西側から東側に移動。


13-20140801_38.jpg
 7月28日に貨物船(499t)が座礁した後に転覆したとの情報があったのだが、赤色の船首がチラリと見える状態。サルベージの準備をしているのか?


14-20140801_40.jpg
 うずしお観潮船。今回で2度目の鳴門海峡での釣行であるが、正統派のうずしおにお目にかかることが出来ないかと周囲を観察するが、海面がざわついているものの、本物のうずしおは見当たらず。大鳴門橋の東側にて、1時間で5本ほどの流しがあったが、魚の反応は皆無。再度、大鳴門橋の西側に移動。


15-20140801_46.jpg
 潮流が緩んできたのか、それとも風力と風速と潮流が同調しているのか、ラインが船の真下に入っていて、釣り自体は簡単で楽ではあるが、イメージ的には真鯛の捕食ゾーンを線的にしか攻めることが出来ないのではないかと疑心暗鬼になりつつ、ひたすらハンドルを回しては、リールのクラッチを切って、底を探り当てて、またハンドルを回す。ようやくの魚信は小型の真鯛。


16-20140801_48.jpg
 徳島寄りのポイントに移動。亀浦港とは、目と鼻の先。納竿間近で、帰港まで1時間を切っている。潮流が緩んでいるので、タイラバを60gに変更。何とか有終の美を飾りたいところに、アタリはあるが乗らず、乗ったけど痛恨のバラしの後に劇的な大逆転の大物真鯛ではなく、小型の真鯛を追加。

 今回の釣行では、アタリがあるけど乗らず、または乗ったけど途中でバラすことが多くあり、今後の釣行に備えて考えるべきことが多かった。アシストフックの改良、スカート&ネクタイのカラーバリエーションの充実、バイト後のリーリングの工夫など、色々と思うところがあるので、仕事の合間にでも瞑想に耽ってみよう。


■釣行データ
 釣行日:平成26年8月1日(金)
 潮回り:中潮
 天気:曇り
 時間:午前5時30分出船、午後2時過ぎ帰港
 ポイント:鳴門海峡
 釣果:
  私:真鯛5(最大38cm)
  Y氏:真鯛3、マゴチ2
  N氏:真鯛8
 利用した船:釣船はらまるhttp://www.haramaru.gr.jp/index02.html


■潮汐
20-20140801_3609_03.png
出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)タイラバ用
 Rod: DAIWA 紅牙69HB-S
 Reel: Shimano Calcutta 201
 Handle: Studio Ocean Mark AC30S
 Line: Duel Hardcore X8, PE 0.8, 16lbs.
 Leader: 20lbs.
(2) タイラバ用
 Rod: DAIWA 紅牙69XHB-S
 Reel: SHIMANO Ocea Calcutta301HG
 Line: Duel Hardcore X4, PE 1.0, 18lbs.
 Leader: 20lbs.
(3) ジギング用
 Rod: Shimano Game Type LJ B631F
 Reel: SHIMANO AXIS101
 Line: Duel Hardcore X8, PE 0.8, 16lbs.
 Leader: 20lbs.


■ヒットルアー
・パブリック・ルアーズ 鯛ラバのび太(タングステン) 60g(赤)
・パブリック・ルアーズ 鯛ラバのび太(タングステン) 100g(オレンジ)

17-20140802_04.jpg
 タイラバのヘッドの色の違いによる釣果の差は無かったが、スカート&ネクタイについては、ピンク色やオレンジ色より白色の方が反応が良かった。他の船で釣行されたアングラーの情報によると、タングステンより鉛の方が大物に恵まれたとのこと。また、ラバーについては、緑色が好調であったとのこと。今まで、船上での迷いを極力排除するためにラバーの色を気にしないことにしていたが、やはり釣果に差があることが分かったので、今後は少しだけ色を意識した釣りをしよう。


18-20140801_51.jpg
 真鯛の煮付け。


19-20140802_01_01.jpg
 真鯛の松皮造り。昆布〆にして、冷蔵庫で1日寝かせたせいか、家族の評価によると、前回の真鯛より美味しかったとのこと。


スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« YAMAHA Motion MB 40C ~突然のBASSとの出会い~  |  ドカットD-4700プチ改造 ~閃いた!超簡単ロッドホルダー~ »

コメント

こんにちは

こんにちは
画像をみてもドンヨリですね・・・・
西日本は大荒れみたいですが
気をつけて釣行してください
食べるならあんまり大きい真鯛より食べごろサイズでは

因みにこちらはうだるような猛暑です
昼なんて釣りしたら死ぬかも

YUTKUN #- | URL | 2014/08/06 10:58 * edit *

YUTKUNさん、こんばんは~!

そうなんです。ここ最近、梅雨入りしたみたいに鬱陶しい天気が続いています。天気もパッとしなければ、釣果もパッとしません・・・(汗)。

暦上は、もう立秋だとか・・・まだ夏にも突入していないのに・・・


聞くところによると、真鯛シーズンも残すところわずかのようで、何とか今シーズンを良い感じに終えたいところです。次回の釣行に備えて、前回の反省も踏まえて、スカート部分を鋭意作成中です。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/08/07 21:17 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/100-efc18a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)