05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

瀬戸内エギング釣行 ~旬のアオリイカを求めて~ 

01-20140906_50.jpg
 漁港から港外側に潮が流れはじめた。漁港内を歩き回って餌木を投げるが、未だ反応なし。すでに30分以上経過しているだろうか。突堤の先端から港内側に放った餌木は、追い風を受けて綺麗な放物線を描き、小さな白い水飛沫を伴って海中へと消える。10秒ほどで餌木の着底を確認し、そして5回のシャクリに5秒のステイ。秋空に変わり、太陽のエネルギーが幾分か衰えつつあると言っても、降り注ぐ陽光は容赦が無く、腕がジリジリと攻撃にさらされている。長袖にすれば良かった。着底後の3度目のシャクリを開始しようとロッドを立てた瞬間に、ロッドにガンッと反動を感じた瞬間には、瞬間的に高々とロッドを持ち上げていた。実に1年ぶりのジェット噴射。遠く海面で、黒煙が見える。小さいながらも、本命であるアオリイカが反応してくれた。


02-20140906_51.jpg
 本来であれば、土曜日の夕刻から釣行に出かける予定だったのに、そんな時に限って、嫌な仕事が舞いこんで翻弄される。気が付けば午後11時。そんな時間からタックルを準備して出かける気にもなれず、自宅への道中でエビスの生ビールを流し込んで、気持ちを抑える。翌、土曜日に普段よりゆっくり目の朝食を取って、新聞を読んで、一休みしてから釣行の準備に取りかかる。高速を駆って現地に到着したのは、すでに太陽が頭上で威力を発揮する正午前であった。
 1匹目が釣れた同じ辺りに餌木を投入する。突堤の影響か、堆砂のために港外側から港内側にかけて、一気に水深が浅くなっている。海水の色がそれを証明してくれている。餌を求めて、活性の高いアオリイカが浅場に集まってきているだろうと推測し、深場から浅場への駆け上がり付近を攻めると、手前まで追いかけてきていたのであろう、アオリイカが俊敏に触腕を伸ばして餌木を捉えた。


03-20140906_56.jpg
 偏光グラスを通して、餌木の背後に一定の距離で近づくアオリイカを確認。数匹のアオリイカが、まるで未確認飛行物体が空中でピタリと制止し、そして次の瞬間には電光石火の如く残光を引いて夜空の彼方に消えていくかのように、時には白いアオリイカが、時には黒いアオリイカが、餌木に照準を定めて触腕をスラリと伸ばして待機し、餌木の鋭い左右のダートに追随しつつ、攻撃の隙を狙っている。異変を察知すれば、または攻撃が出来ないと分かると、スッと濃紺の海に消えていく。シャクリで寄せたあとの、アオリイカとの駆け引きが面白い。アオリイカと餌木の距離を縮めるため、意図的に弱いシャクリを入れると、白いアオリイカが満を持して、鋭い攻撃を仕掛けてきたかと思うと、瞬時に身体の色を変えて、そしてジェット噴射とともに煙幕を放ち、そして時を同じくして、ロッドが弧を描く。


04-20140906_57.jpg
 餌木のバリエーションが極めて少ないため、餌木のサイズを2号から2.5号に変えるか、オレンジ色、ピンク色、エビのような色の3色を使い回すしか手は無い。引き出しの少なさが、逆に優柔不断な自分の心の迷いを最小限に抑えてくれるので、これはこれでありだ。数匹を釣ったところで、反応が悪くなり、地味なエビの色の餌木から、派手なオレンジ色に変えると、反応は良くなるものの、率先して小型のアオリイカが釣れる。優しくリリース。餌木のサイズを2.5号にあげると、狙える範囲が広がるためか、それとも単純に小型が反応しづらくなるのか、多少は釣れるサイズが良くなる。十数杯を釣ったところで、潮止まりのせいか、パタリと反応が無くなったので、休憩がてら場所を移動する。


05-20140906_63.jpg
 1時間ほど、新たなポイントが無いか確認しながら移動する。小型の古びたテトラポッドが、良い感じに水中に没していて、海藻が揺らめき、海水の透明度も高い。幾分、太陽の角度が下がり、更に雲が空を覆いはじめた。偏光グラスで、餌木を追跡するアオリイカを確認出来たので、潮の流れや風向きを考慮しつつ、立ち位置を変えては色々な角度に餌木を放ってみる。最初は、餌木を慎重に観察していたアオリイカだが、アオリイカの数が増えるとライバル心が刺激されるのか、我先に触腕を差し伸べてくる。何とか1杯を追加。


06-20140906_65.jpg
 潮が動き始めた。差し込む太陽の光が陰り、偏光グラスで海中の様子を観察することが難しくなってきた。子供の頃、夏休みの夕暮れ時に感じた雨の予兆というものが分かる。自然の中に身を置いていると、動物的な感が鋭くなるのか。アオリイカの反応があまり良くないので、これ以上粘っても時間の無駄になるし、新たなポイント開発の妨げにもなるので移動することに。結局、このポイントでは、1時間ほどで4杯を手にした。全て小型だったのでリリース。


07-20140906_69.jpg
 車のフロントガラスに大粒の雨が落ちてきた。瞬く間にドシャ降り状態に。午後4時頃とは思えぬほどに薄暗くなり、コンビニで購入したアイスコーヒーを飲みながら、さてどうしたものかと思案する。最近のコンビニの珈琲はなんて美味しいんだろうか。数か所の漁港の位置を確認する。雨に濡れた先行者がロッドを煽っている姿が遠くに見える。


08-20140906_74.jpg
 知人から伝授して頂いたポイントに到着。密度の高い雨粒が容赦なく落ちてきているが、折角来たのだからと、雨具を着込んで、長靴に足を差し込んで、ロッド片手にポイントへと向かう。雨のお蔭で、随分と気温が下がったものの、雨具の内側は熱帯雨林の如くの温度と湿度に満ちている。不快極まりない。ポイントに着いたものの、風が出てきているために、餌木をキャスト出来る方向がかなり限定的になってしまっている。止む無く放った方角で、餌木が着底し、2度目のシャクリに入ろうかとしたところで、ロッドがしなった。同じようなトレースラインで7杯を追加したところで、遠くの空が明滅し、数秒遅れてゴロゴロと雷鳴が轟いている。一旦、車に撤収して様子をみることに。


09-20140906_82.jpg
 雷鳴が遠のいたのを確認して再度ポイントへ。夕闇まで残すところ1時間。天候が良ければ、日が落ちてからもヘッドランプを頼りに釣りを続けたいと思っていたのだが、こうも風雨が強くなると、モチベーションを保つことが難しくなる。アオリイカの活性が高まってきたのか、キャストの度に何らかの反応がある。すでに明度が落ちて、我が視力ではアオリイカの追尾を伺い知ることは出来ない。海中の様子、アオリイカの様子、餌木の様子を組み合わせて、想像を巡らせながら餌木を操る。今日1日の釣りで、何となくアオリイカの動きを知ることが出来たので、良く見えない状態でも、昨年よりかは自信を持って餌木を操ることが出来る。数杯を釣ったところで、今日一番の大物がヒット。ロッドの曲がり具合、ドラグのチリチリ鳴る音、ジェット噴射の勢いからも、良型であることは容易に想像がつく。目の前まで引き寄せて、さぁ引き上げようかと言うところで、ロッドのパワーが足りず抜きあげることが出来ず。それを察してか、アオリイカは、最後の威力を振り絞り、猛烈なジェット噴射を発射したところで、黒い塊が顔面に飛び込んできた。咄嗟に首をすくめたものの、劣化しつつある運動神経が対応できず、頭に墨が直撃。あぁ刹那、その瞬間にロッドのテンションは無くなっていた。最後の1時間で10杯を追加。


10-20140906_86.jpg
 分厚い雲が覆っている。


11-20140906_87.jpg
 午後6時半頃に釣りを切り上げて、出来る限り下道を使って、新たなポイントが無いか確認しながら移動するも、風雨が強く、見通しも悪いため、その目的を果たせず。いやしかし、左右に曲がりくねった夜道を、雨音を聞きながら、香りの良い珈琲を啜りながら、ジャミロクワイを聞きながら、のんびり走るのも悪くは無い。


12-20140906_93.jpg



■釣行データ
 釣行日:平成26年9月6日(土)午前11時~午後6時
 潮回り:中潮
 天気:晴れのち雨
 ポイント:徳島県某所
 釣果:アオリイカ35杯

■使用タックル
1.餌木2号~2.5号用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
2.餌木3号~4号用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Twinpower 4000mg
 Line: PE 1.0号
 Leader:フロロカーボン10lbs


■使用ルアー
 ・YO-ZURI、アオリーQ 2.0号
 ・YO-ZURI、アオリーQ Neo 2.5号
13-20140906_40.jpg


スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 瀬戸内エギング釣行 ~早朝から晩まで耐久アオリイカ釣行~  |  徳島県の清流穴吹川へ晩夏の旅 ~うどん、かつ天、うだつ~ »

コメント

こんにちは

エギングですか・・・
結構釣れましたね
アオリイカって結構な高級魚なんですよね
釣りってよくよく考えると漁では捕獲できない魚なんかが採れるから
高級魚と言われるものを以外とGETしてますよね

今度アオリの料理バリエーション紹介してください

何はともあれお疲れ様でした

YUTKUN #- | URL | 2014/09/08 18:41 * edit *

YUTKUNさん、こんばんは~。

久しぶりのエギングです。
本来ならば、1週間前の土日を使って、職場の仲間と日本海に遠征して、船からケンサキイカを狙う予定だったのですが、別の予定があり釣りにいけずに悶々としていたので、単独で釣行することに相成ったんです。
ひとりで気ままな釣りも楽しいですね~。


確かにアオリイカは高級ですよね。私が行く、普通のスーパーではお目にかかれないものですし。釣りは、プロセスを楽しむ遊びなので、費用対効果を考えるべきではないと思いますが、船に乗った場合は、ついつい損得を考えたり・・・・(笑)
アオリイカの料理は、またの機会にチャレンジしてみます!いつもながらの我流になりますが・・・。


さて、1週間のはじまりでテンションあがりませんが、次の楽しみに向けて徐々にモチベーションあげていかないと・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/09/08 21:44 * edit *

こんばんは。
早速エギング行かれたんですね。今年は数が釣れるといいんですが、どうなんでしょう。
日本海側と太平洋側の微妙な違い(釣果等)も気になるところです。
今週はやっと天気にも恵まれそうで、3連休からアオリイカはスタートしたいと思っています。
ケンサキ予定だったんですね~。丹後はオーシャンズが比較的良い釣果を上げられてますが、船長曰く「今年はきびしい」と発言されていました。
ということで、個人的にはアオリにかなり期待しています。
相変わらずカメラワーク最高ですね。教えてほしいです~。(笑)
ではでは

Aki #- | URL | 2014/09/09 00:13 * edit *

Akiさん、こんばんは~!

そうなんです、ケンサキの予定だったんです。しかも絶好調だった日のオーシャンズ(知人が嬉しそうにイカを片手に笑ってる画像も掲載されていて)・・・・なので、テンションあげるためにアオリイカ狙いで行ってきました。日本海でも釣れると良いですね~。

私は日本海でアオリイカを狙ったことが無いですが、いつかは行ってみたいと思っています。以前に、ビッグフィッシングで放送されていた柴山港(兵庫県)で大物を狙ってみたいと目論んでますが、なかなかチャンスがありません。

>カメラワーク最高ですね。
ありがとうございます!いつも難儀しながら撮影していますので、お褒めの言葉(お世辞でも)嬉しいです(笑)。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/09/09 22:45 * edit *

こんばんわ
数が釣れてよかった大分エギングが分かってきたんとちゃう?
自分より短時間で沢山釣れてるからこれから師匠と呼ばしてもらうわ(笑)
エギング行ってから十日ほどしかたってないのに釣り行きたくてしゃあないわ。

白ねこ #- | URL | 2014/09/11 00:47 * edit *

どもども~

先ほどはお電話ありがとうございました~。ようやく仕事が終わりました・・・ふぅ。

”師匠”はご勘弁(笑)。
事前に教えて頂いた情報をもとに釣行したのでまだまだです。

今回、明るい時間帯にサイトで釣りが出来たのが良かったですね。アオリイカの捕食の仕方が少しは分かりましたので、暗闇でもイマジネーションを働かせて、昨年よりはマシな釣りが出来そうです。

10月の釣行、よろしくです!
でも、抜け駆けして、釣行しちゃいますが、ご勘弁を(笑)

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/09/11 23:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/104-58b8b3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)