07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

瀬戸内エギング釣行 ~車中泊、必死過ぎるアオリイカ釣行~ 


 声援に包まれ、白熱する騎馬戦の勝敗が遂に決まった。大喜びする白組。雲ひとつない青空を眺めていると、校舎と体育館の隙間をスルリと風が吹き抜け、日陰に入ればすでに秋の気配。帰宅後に一息ついてから、車にタックルや食べ物やシュラフなどを積み込んで、陸っぱりの最盛期を迎えたアオリイカを求めて、いざ出発。現地に午後6時過ぎに到着。遠くにはロッドを煽るアングラーの姿がちらほら見える。
 今回の釣行では、時間の変化や潮の満ち引きが釣果にどのように結びつくかを知ることが出来ればと考えて、同じエリアを集中的に攻めることに拘ってみよう。何か発見があると良いのだが。


01-20140927_56.jpg
 過去に実績があったポイントに早足で向かうが先行者あり。止む無く、隙間を見つけて釣り開始。丁度、干潮の潮止まりからスタート。潮が動き出す時間と日暮れが重なっているため、少し時間が経てば、アオリイカの活性は高くなるに違いない。開始早々にバイトがあり、再度、餌木を同じラインに通して追い食いを誘うが思い通りの反応はない。場所を少し変えて、開始後30分でようやくの1杯目。しかし、潮が動き出し、日が暮れて、微風が通り過ぎ、下弦の黄色の月が浮かんでも、一向にアオリイカの反応は無い。午後8時頃に貴重なバイトがあるも、弾いてしまい釣果に繋がらず。


02-20140927_62.jpg
 午後8時半頃までロッドを振るも、何故かアオリイカの反応は無く、今回の釣行のテーマとした、時間の変化と潮の満ち引きが釣果にどのような影響を及ぼすか、ということを把握出来ないままにズルズルと時間だけが過ぎ去り、空腹に気が付いて、遅めの夕飯を食べることに。


03-20140927_70.jpg
 ランチジャーに詰め込んだホカホカご飯にレトルトカレーをかけて夕食の完成。冷たくなってきた潮風と大自然がこの簡単な夕食を美味くする。食後は、ラゲッジスペースに腰かけて、冷めた珈琲を啜りつつ、地図を広げて、タイドグラフを眺めながら作戦を練る。満潮の潮止まりに向かっている状況に変わりなく、このまま釣りを継続したところで好転する気配も無いので、歯磨きをして、ラゲッジルームに広げたシュラフに滑り込んで眠りに就く。我が身長では、ラゲッジルームの奥行が微妙に足りず、首が変な方向に折れるか、足首の自由を奪われるかになり、寝づらいなと思いながら夢の中に浸ると、旅先で釣りばかりしていたせいで、旅の本来の目的である妹に会うということが出来ず、誰かに怒られるという変な夢を見た。午前3時に目覚めて活動開始。


04-20140928_73.jpg
 目が覚めると目の前に釣り場が広がっていると言うのは、何とも贅沢な話だが、30分ほどロッドを振るも状況は変わらず、アオリイカの反応は無い。今回の釣行の目的である時間の変化、潮の満ち引きが、どのように釣果に影響するかと言うテーマを諦めて、ポイントを変えることに。車に乗り込んで、30分ほど移動。辿り着いた漁港の港内側が何やら騒がしいと思い、海面にヘッドライトの光を落とすと、そこには無数のベイトがぐるぐると群れていた。時折、豪快にライズする音が聞こえるが、その主はシーバスであろうか。


05-20140928_79.jpg
 港内側では反応が無く、更に進んで防波堤の先端まで行ってロッドを振るがこちらでも反応が無い。先行者に状況を確認するが、真意のほどは定かではないが、全然釣れていないとのこと。漁港内を歩きまわり、港外側に暗闇に伸びる石積みの突堤を発見。午前4時、干潮の潮止まりまであと2時間。2号の餌木を風に乗せてキャストして、20秒を数えて十分に沈めてから、シャクリを開始。数投後に久しぶりのアタリ。少しためてからロッドを立てて、緩やかにフッキング。


06-20140928_84.jpg
 数分後に2杯目。手前まで丁寧にしっかりと餌木を操って、ピックアップの寸前に食わせることに成功した。過去の釣行で、アオリイカの動きを十分に確認しつつサイトフィッシングで釣り上げたことが、暗闇でアオリイカの動きを確認出来ずとも、脳裏のスクリーンにアオリイカの捕食シーンをイメージすることによって、バイトに繋げることが出来た貴重な1杯。


07-20140928_86.jpg
 場所を少しづつ変えながら、餌木のトレースラインを変えながら、シャクリのタイミングを変えながら、様子を伺いつつロッドを振ると、昨日の夕方の苦労が嘘のように、爆釣とは言えないが、着実にアオリイカの反応がある。今回、餌木をシャクった後のフォーリングで、餌木の体制を整え、尚かつバイトに備えるためにも、リールのハンドルを非常にゆっくりと回して、餌木がスライドするようにすると、何故かこれが良いようだ。ただし、潮の流れと相まって、スライドの動きが速くなると、ミスバイトにもつながるようで、その加減については、まだまだ研究が必要なようだ。


08-20140928_88.jpg
 陽が昇り、冷え込んだ空気が徐々に温まってきた。アオリイカの反応も飽きない程度にある。


09-20140928_93.jpg

10-20140928_99.jpg

11-20140928_101.jpg

12-20140928_109.jpg
 本日9杯目。気が付けば、干潮の潮止まりから折り返し、上げ潮に変わり、右から左に勢いよく潮が流れ始めている。明るくなり、アオリイカの追尾も確認出来る。粘れば、まだ釣れそうな感じもするが、切り上げることに。


13-20140928_111.jpg
 すっかりと冷えた身体を温めるべく、ラーメンを作ろうと思い、持参しているインスタントラーメンの袋を引っ張り出すと、あぁ無念、パッケージには“冷やし中華”の文字。


14-20140928_116.jpg
 お湯を沸かして、玉子を投入し、乾麺を柔らかくほぐし、そしてお湯を切ってから冷やし中華の出汁を投入して、奇妙な“ホット冷やし中華”の出来上がり。味は文句なしに美味いのだが、出汁に入っている酢が気化して、麺を吸い込むと酢も吸い込んでしまいゲホッゲホッ・・・とむせてしまう。何とも間抜けな朝食となった。その後、北風が強くなり、釣りが出来る状況で無くなったため、途中の漁港の状況を確認しつつ帰途についた。

 ラン&ガンでアオリイカを見つけることが、釣果アップのカギなのかも知れない。


■釣行データ
 釣行日:平成26年9月 27日(土)午後6時~8時、28日(日)午前3時~午前8時
 潮回り:中潮
 天気:晴れ、南西の風後に北の風
 ポイント:瀬戸内某所
 釣果:アオリイカ10杯

■使用タックル
1.餌木2号~2.5号用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
2.餌木3号~4号用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Twinpower 4000mg
 Line: PE 1.0号
 Leader:フロロカーボン10lbs

■使用ルアー
 ・YO-ZURI、アオリーQ 2.0号
 ・YO-ZURI、アオリーQ Neo 2.5号
 ・YO-ZURI、アオリーQ Neo 3.0号


15-20140928_04.jpg
 アオリイカの刺身。


16-20140928_11.jpg
 定番の天ぷら。
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 超ランチ本“ランチパスポート”で500円ランチ ~炭焼き屋 まるわ~  |  瀬戸内エギング釣行 ~早朝から晩まで耐久アオリイカ釣行~ »

コメント

お久しぶりです。
毎釣行、2桁釣果は素晴らしいですね!
僕も今秋からエギングを始めたのですが、まだわかったような、わかっていないような感じです。パターンは作れても、まだワンパターンな釣り方でしか釣れていないので、ここで勉強させてもらっています(^_^)

今年は近所でも、多くの春イカが釣れ続いていたせいか、秋イカもいろんなところに群れています。実績のある場所はもちろん墨跡だらけでかなり釣られているようですが、今年に限っては意外な竿抜けポイントが他で見つけられるかもしれません。
短時間釣行しかできないとき等にでもいらしてみてはいかがでしょうか。

yot #- | URL | 2014/10/02 21:06 * edit *

yotさん、おはようございます!

最近はアオリイカにも挑戦されているとのこと、私は、昨年から知人の勧めでエギングを始めたのですが、昨年は2度しか釣行出来なかったために、今シーズンは、今か今かと待ち構えていました。
エギングには、自分でポイントの開拓をするという、遊漁船でジギングをするのとは別の楽しみがあり、また一人でも気ままに釣りが出来るのが良いですね。

今年の釣行の際に、サイトでアオリイカの動きを十分に観察できる機会があり、これが闇夜の釣りでも威力を発揮しています。yotさんはバスフィッシングをされるのでしょうか?私の感覚では、ノーシンカーリグと共通点が多くあるな~と感じながら、餌木を操っていますが、縦の釣りでも、横の釣りでも、捕食のタイミングには、魚種を問わず、やはり共通点が多くあるな~と思います。


私も機会があれば、例の近場を攻めてみたいと思います。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/10/04 10:02 * edit *

>ノーシンカーリグと共通点が多くある
おっしゃる通りです!メタルジグ等と比べると、いつになったら底に着くんやろか~ってぐらい沈むのが遅いですよね。
太刀魚や青物のような巻き中心の釣りの片手間ではとても耐えられません(^_^;)
タックルのパワーも違いますが、以前、目の前でナブラが立とうが我関せずで黙々としゃくり続けていたエギンガーの気持ちが今はよくわかります(笑)

>サイトでアオリイカの動きを十分に観察できる機会があり
僕は夜釣りばかりでまともにサイトの釣りをしたことがないので、エギが手前に寄って来てからの誘いの引き出しがなくて難儀しています(>_<)
テトラを除けるのが精一杯なので、なんとかそこでうまく餌木を抱かせるタイミングを作れればいいなと思うのですが、まだ試行錯誤中です。

>例の近場
例年、ほとんどイカが入ってこない場所なんですが、たまたま群れを作っているのを発見し、翌日すぐに餌木を持って行ってやってみたら、誰も狙っていた人がいなかったおかげか簡単に良型が連チャンで釣れて、それで完全にハマってしまいました(笑)
ただ、だんだん賢くなってきたようで自分の腕ではだいぶ厳しくなり、釣果は尻すぼみです。まだ釣り荒れしているところまではいっていないと思いますが。

donfanさんのように上手な方であれば神明激戦区でも十分な釣果を出されると思いますけど、淡路~鳴門エリアのような、日頃の生活圏から離れたロケーションで自力で釣り場を開拓されるほうが、より充実した釣行になるんではないかと勝手にそう考えております(ブログ読者として面白いのもあります)。
なので近場の情報はあくまでサブとして、参考程度に留めておいてくださるだけで結構ですよ。以前、ゴリ押ししてしまったのを、反省しておりますf^_^;)

yot #- | URL | 2014/10/04 16:57 * edit *

yotさん、こんばんは!

>テトラを除けるのが精一杯なので・・・
分かりますこの状況。過去に何度も餌木を最後の最後に消波ブロックに引っかけて、殉職させてしまったことがあるので、最後まで攻め切るのに躊躇しますが、活性が低い時には、いかに手前で喰わせることが出来るかで釣果に差が出てしまいますので、意を決して攻めています。ですので、私の場合は、ロスト前提でリーズナブルな餌木しか購入していません。でも昨年よりアオリーQが高くなっています・・・。


>例年、ほとんどイカが入ってこない場所なんですが・・・
やはり頻繁にフィールドに立ち、自然の状況を観察されているからこその釣果ですね。私はいつも、(公私ともに!?)行き当たりバッタリ系ですので、ハマれば釣れますが、当然ながら外せば撃沈です(←こちらの方が多い)。イカの場合は、墨跡のお蔭で釣れているポイントが分かる反面、墨跡のせいで自分が開拓したポイントもバレてしまうという、もろ刃の剣のような感じになるので、セコイ話ですが、イカが釣れると十分に慎重に海中で墨を吐かせるようにしています。っが、ピックアップの時にブシュと噴射されて、頭から浴びたこともあります(笑)


>donfanさんのように上手な方であれば神明激戦区でも十分な釣果を・・・
私には激戦区すぎて釣りにならないので、何やかんやの屁理屈をこねて、ボーズ回避のために遠征しているのが現実です(笑)。いつも珍道中になってしまうので、ブログのネタ的には良いのですが。エギングに関しては、なかなか具体的なポイントを記載していないので、内容が薄くなってしまいますが。

>以前、ゴリ押ししてしまったのを、反省しておりますf^_^;)
何をおっしゃいますやら。非常に参考になり、実は教えて頂いた情報を参考にして冬場に数回釣行をしたのですが、あまりの腕の無さにろくな釣果を出すことが出来ず、yotさんのご期待に応えることが出来ず、撃沈したことがあるんです。へっぴり過ぎて、実はブログにアップしていないものもあるんです(笑)

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/10/04 21:43 * edit *

わざわざ足をお運びいただいていたとは…
冬場というとメバル狙いだったんでしょうか。
まずまずの大物を釣ったとは言え、手持ちのルアーがたまたまハマっただけのいわゆる"釣れちゃった"が一度あったぐらいで、釣り場のポテンシャルを大きく見積もって不確かな情報をお伝えしていたかもしれず申し訳ありませんでした。
フロートリグや重めのリグも使えそうな竿を新調したので、次のシーズンが来たら色々な釣法を試してみたいと思います。良い釣果が上がりましたらお伝えしますね(^_^)

他にもエギングネタで食いつきたくなるコメントを返していただいているのですが、しつこくなりそうなんで自重します(^_^;)
また、時々ご迷惑にならない程度に別の記事にコメントいたします(^o^)

yot #- | URL | 2014/10/05 12:58 * edit *

yotさん、こんばんは~。

>冬場というとメバル狙いだったんでしょうか。
そうなんです。メバル狙いで釣行しましたが、潮流や風に翻弄され、更に寒さで鼻水垂れて撃沈・・・という何とも情けないことが数回ありました(笑)。冬場の釣りは、どうしても修行みたいになってしまうので、あまり得意でないのですが、これからの冬のシーズンもほどほどに楽しもうかと思います。
>良い釣果が上がりましたらお伝えしますね(^_^)
是非是非よろしくお願い致します。

>しつこくなりそうなんで自重します(^_^;)
(笑)。色々なことを深く観察し、考えておられるんだな~といつも感心します。釣り談議をしたら盛り上がるでしょうね~。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/10/05 18:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/106-688ea8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)