07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

兵庫県明石沖ジギング ~タチパターンに裏切られ~ 

01-20141124_02.jpg
 午前5時過ぎ、同じような姿形の漁船で埋め尽くされた明石林崎の漁港に到着するも、今日乗船する中島丸がなかなか見当たらず、船長に電話で確認しながら何とか辿り着き、場所取りは早い者順ということなので、そそくさと船に荷物を運びこみつつ、第二希望のミヨシ右舷4人分を辛うじて確保することに成功。気温は10度と少しで、いつしか冬の冷気がジワジワと肌身に浸みる季節に突入しているにも関わらず、季節の移ろいの速さに気が付かず、やや薄着の上着を羽織って、肩をすくめて珈琲を啜る。


02-20141124_14.jpg
 午前6時過ぎに出航。本日の同行者は、Y氏、W氏、そして今回初挑戦のK氏。三連休最終日の月曜日だというのに、12名の満船で、左舷、右舷共に6名ずつが陣取って実に賑やかなことになっている。船は明石港を出ると、勢いよく、墨汁を垂れ流したかのようなヌメッとした黒い海を突っ走る。黒いはずの海水が飛び散ると、白色に変わる。30分ほど走り、淡路島の西側に到着した。すでに空は明るみ、淡路島越しに朝陽が射している。

 事前の情報によると、タチパターンが成立しているということで、ボトムに張り付くメジロ、はたまた本命の鰤を狙うも良し、ボトムから中層付近まで探ってサゴシ、はたまた魚編に春という漢字の組み合わせとは裏腹に今が旬の鰆を狙うも良し。今日の明石海峡界隈は、大潮周り故の潮位差によって生じる強烈な潮流によって、ターゲットは青物に絞り込まれている。青物の調子が悪ければ、サーベリングやタイラバに逃避するという逃げ道が閉ざされているために、ここは気合を入れて攻め抜くしかない。


03-20141124_09.jpg
 激流の中、セオリーどおりに、銀色に輝くセンターバランスのロングジグを底まで沈めて、ワンピッチ&ワンジャークで太刀魚の舞を演出すべく大きく誘う。底から5メートル以内を集中的に攻めるも長らく反応なし。アンダーキャストで潮上にジグを遠投して、斜め引きに徹する。すでに本日の本命であるメジロ・鰤狙いから的が外れつつある。船長の“場所を移動するからジグをあげて下さい”というアナウンスを聞いて、斜め引きのトゥイッチングでジグを回収している最中に少しだけ間を入れるとガシッとアタリ。ドラグは鳴らず、暫くすると高速で泳ぎまわるサゴシが姿を現した。船長が素早くランディングしてくれたかと思うと、写真を撮影する間もなく、素早く〆て青いビニール袋に入れてくれた。


04-20141124_16.jpg
 青物の反応が悪いようなので、中層攻めでサゴシまたはサワラにターゲットを絞り込むが、斜め引きにも全く反応しない。船長は、今日の厳しい状況を何とか打破しようと、色々なポイントを流してくれるものの、船上のアングラーは誰しもそれに応えることが出来ず、歯痒い時間が過ぎる。
 潮が緩むのを待って、明石海峡の西側から東側に大きく移動。転流の前後であれば、激流の明石海峡がほんの少しだけ穏やかになる。


05-20141124_24.jpg
 明石海峡付近には、起伏が激しい根のあるポイントもあり、青物をしつこく狙うのも疲れてしまったので、完全に気分を切り替えて、タイラバで真鯛を狙う作戦に変更する。転流前後の潮が緩む時間と言えども、ここはやはり激流の明石海峡に他ならず、丁寧にラインを捌くことを疎かにすると、タングステン100gのタイラバであっても、コントロールを失うことになる。船長の事細かな地形の情報を聞き逃さないようにして、底を丁寧に、丁寧に舐めるように攻める。

 明石海峡の東側に移動してから、実に10回前後の流しの際に、ボトムの駆け上がりに魚影があるとのアナウンス。赤色のタイラバのヘッドに、太刀魚の幼魚をイメージして自作の白色スカートの組み合わせ。底を取ってからリールのハンドルを5度ほど回したところで、ロッドが一気に絞り込まれて、ラインがズルズルと滑り出る。大きく頭を振る振動がロッドに伝わり、潮の流れに乗った魚は勢いよく突き進み、このままでは他のアングラーとのオマツリが確実になるので、最小限の力で、かつ最大限の注意を払ってベイトリールのスプールを押さえる。魚の勢いは止まらず、止む無く、スプールにかけた親指に力を入れると刹那、一気に走られて痛恨のラインブレイク。やはりPE0.8号にフロロのリーダー20lbs.には限界があった。

 魚の引きから想像するに、“逃した魚は大きい”の典型ではあるが、真鯛では無く、メジロ以上の魚であったと思う。久しぶりに後悔の残るバラシであった・・・何とか捕りたかった。その後、ラストの流しの後に納竿となった。

残りの同行者3名ともに痛恨のゼロ、船中12名が寄ってたかって頑張って、何と4匹の貧果に沈んだ。



■釣行データ
 釣行日:平成26年11月24日(月)
 潮回り:中潮
 天気:晴れ
 時間:午前6時出船、午後2時ごろ帰港
 ポイント:明石海峡界隈
 釣果:サゴシ(約50cm)1匹
     何と船中12名で4本(サゴシ2、ハマチ1、コブダイ1)の貧果・・・。
 利用した船:中島丸


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20141124_2811_03.png


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger S584
 Reel: Shimano 2013 Stella 8000PG
 Handle: Studio Ocean Mark, NO LIMITS08SW10000/8000
 Line: PE 3号
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger S603
 Reel: Shimano 2013 Stella 8000HG
 Handle: Studio Ocean Mark, NO LIMITS08SW10000/8000
 Line: PE 3号
 Leader: 50lbs.
(3)ジギング用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO Ocea Calcutta301HG
 Line: PE 2.0
 Leader: 30lbs.
(4)タイラバ用
 Rod: Shimano Game Type LJ B631F
 Reel: Shimano Calcutta 201
 Handle: Studio Ocean Mark AC30S
 Line: Duel Hardcore X8, PE 0.8, 16lbs.
 Leader: 20lbs.


■ヒットルアー
 CB.ナガマサ(レーザータチ)200g
06-20141124_04.jpg
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« トクトクきっぷ「特急くろしお」で行く本州最南端、捕鯨の町へ ~男二人旅~  |  超ランチ本“ランチパスポート”で500円ランチ ~素材キッチン 菊兆~ »

コメント

こんにちは

いや~凄い釣果ですね
12名でこれだと・・・海では厳しいですね
オニカサゴやモロコ釣りみたいな・・・感じ
サゴシでも貴重な一本になりましたね

自分の釣りは1本でOKだけど船に乗ってボウズとかだと
ショックもひとしおですね

YUTKUN #- | URL | 2014/11/28 12:42 * edit *

YUTKUNさん、こんばんは~!

いやぁ~ホントに船に乗ってこれだと正直凹みます。アタリがゼロって人もいましたよ。まぁ、こんな時は、”釣りは結果じゃなくて、プロセスを楽しむ遊びなんだよなぁ”なんて強がったところで、虚しいだけですね~。

お次は、さらにボーズ覚悟の釣行を検討中です。←懲りてない(笑)

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/11/28 20:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/127-0b034458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)