09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

瀬戸内ジギング釣行に備えてオシア・カルカッタ201HGを導入 

 正月早々に猛烈に物欲を発揮するのは、煩悩の塊で不届き者のような感じがしてならないが、毎年恒例のことだし、どうせ煩悩を組み合わせて出来ている身なので、やっぱり今年も気にしないことにして、まずはモンベルの福袋を4つ購入して、そして興奮冷めやらぬままに釣具店へ。

 ここ最近になって、近海ジギングに出掛けることも多くなり、必然的にベイトタックルの出番も多くなるのだが、ここ数年は、日本海は丹後半島沖の巨鰤対応のスピニングタックルを充実すべく、こちらに熱意を注いでいたこともあって、未だ貧相なラインナップのベイトタックルで頑張らざるを得ない状況だ。ちなみに、現在、所有しているベイトリールは次のとおり。


(1)シマノ・オシア・カルカッタ301HG
 1年前に近海ジギング用に購入。ジギングはもちろんのこと、タイラバにも活用しており、オシアならではの堅牢性と巻き上げ時の力強さ、更にはコンクエストには及ばないものの滑らかな巻き心地が気に入っている。

(2)シマノ・カルカッタ201(2005モデル)
 東京湾でボートシーバスに興じていた頃に購入したもの。既に10年も経過したモデルでありながら、未だ現役で活躍しており、特に最近ではタイラバでの出番が多い。遠心ブレーキが搭載されているので、アンダーキャストでジグやタイラバを投げる時にも安心。

(3)シマノ・コンクエスト201
 10年ほど前にバス用に購入。既に後継機にあたる新しいコンクエストが発売されているが、言わずと知れたシマノが誇る高級機で、デザインも凝っていて、更に十分な性能も兼ね備えているので、今尚もって非常に愛着を持って快適に使用出来る。長い期間、モデルチェンジをしなかったリールであるが、手にしてみると所以を実感できる。

(4)シマノ・コンクエスト101
 こちらも10年ほど前にバス用に購入。201より小型でパーミングしやすいので、バス釣りでは101の方に分がある。所有しているベイトリールの中では、一番好きなリール。

(5)シマノ・アクシス101
 東京湾でボートシーバスに興じていた頃に予備機として購入。当時は、キャスティングが出来るソルト用のベイトリールがあまり無かったと記憶しているが、このアクシスは、廉価版ながらソルト仕様で更にロングハンドルも備えていて、確か若干のハイギアということもあり、予備機でありながら重宝していた。後にコンクエストやオシア・カルカッタなどを導入したこともあって、めっきりと出番が減ってしまっていたが、スタジオ・オーシャンマークのロングハンドルを取り付けたことにより、また息を吹き返した。

(6)シマノ・コンクエスト401
 数年前にソルト用に購入。フィジー在住時に何度かジギングで使用したものの、ギヤ比が低すぎるので出番は少なかった。昨年、売却。

(7)シマノ・カルカッタ201(初期の頃のもの)
 10年以上前に野池でのバス釣りで大活躍していたが、コンクエストの導入に伴って、使用頻度が激減したために売却。金色の削り出しのボディに、穴がいっぱい開いたデザインがこれまた高級感もあって、初めて所有する喜びを知ったリール。今思えば、記念に保存しておけば良かったと後悔。


01-20150112_07.jpg
 前置きが長くなってしまったが、今回、我が釣り道具に仲間入りすることになったベイトリール、シマノ・オシア・カルカッタ201HG。鳴門海峡や明石海峡でのタイラバで主に使用することになるので、潮流の速い海峡で、タイラバで底を取ったあとの切り返しが素早く出来るように、またサーベリングでは、リズミカルにかつダイナミックにジグを操ることが出来るようにハイギアを選択。世間ではタイラバにはローギアが良いとされているようだが、ゆっくりとリーリングすれば事は済むので、それよりかは、ジグやタイラバを再投入する際に素早く手返し出来るという方に重きを置いた。現に、オシア・カルカッタ301HGでも何ら問題が無かったので、201HGの導入も何ら躊躇いは無かった。オシア・カルカッタの使い分けは、301HGをタイラバ100g用に、また201HGを60g用にしようと考えている。


02-20150112_12.jpg
 オシア・カルカッタ201HGの不満な点が1つ。純正のハンドルが短い。と言うことで、スタジオ・オーシャンマークAC30S(ハンドルの長さは53mm)を装着。ちなみに純正のハンドルの長さは45mmだが、グリップの形状も相まって、ハンドルがたった8mm長くなるだけで、随分と力を入れやすくなり快適になる。オシア・カルカッタ301HGのハンドル(長さは70mm)を201HGに装着出来れば文句なしだが、残念ながらハンドル軸が異なるせいか装着は不可能。


03-20150112_15.jpg
 オーシャンマークのハンドルに付いているリテーナー(青色のキャップ状)が使用出来ないので工夫が必要になる。話がややこしくなるが、オーシャンマークに付いているナットは、M7の通常のネジ山だが、オシア・カルカッタの左巻きハンドルの締め込みナットは、M7の逆ネジ(ネジ山の切り方が逆なので、締め込む方向が反対)なので合わない(但し、オシア・カルカッタの右ハンドルには合う)ので、オシア・カルカッタ純正のナットを使用せざるを得なくなり、オシア・カルカッタの純正ナットとオーシャンマークのナットの大きさと形状が異なることから、オーシャンマークのリテーナーが使用出来ない。よって、オシア・カルカッタのリテーナーを使用することになるが、オーシャンマークのリテーナーとは、軸の中心からネジ穴の距離が微妙に異なるので、リテーナーを固定するための固定ネジを締め込むことが出来ない。


04-20150112_23.jpg
 オシア・カルカッタ(手前)とオーシャンマークのリテーナー。微妙にネジ穴の位置が異なる。


05-20150112_16.jpg
 東急ハンズで精密ヤスリを購入。4本のヤスリが入って1300円也。


06-20150112_25.jpg
 1.5mmのヤスリで穴を広げる。ヤスリの性能が良いのか、リテーナーの材質が柔らかいのか、渾身の力で削り過ぎたせいか、思いのほか削れてしまい、穴の形を綺麗に整えようとするも時既に遅しで、これ以上削ってしまうとマズいので、結果、歪な穴が完成した。ちょっとばかり、やってもうた感じ。


07-20150112_28.jpg
 オーシャンマークのハンドルの穴と、オシア・カルカッタのリテーナーの穴が仲良く一致した。


08-20150112_30.jpg
 固定ネジを締め込んで完成。これでハンドルのナットが緩むことなく、安心して釣りに集中することが出来る。


09-20150112_19.jpg
 シマノ・オシア・クロロプレン・オフショアグローブ(GL-202J)。

 今まで、冬場の極寒日本海のジギングで使用していたグローブは、南国フィジーで使用していた通気性抜群の夏用のグローブだったので、当然ながらすぐに手が冷たくなるわけで、爆釣ならいざ知らず、横殴りの雪が降り、更に貧釣に見舞われた際には、それはそれは悲しくてしようがないので、遂に念願の冬用のグローブを購入した。説明によれば“断熱保温素材タイタニューム・アルファ(0.5mm厚)を採用”、更に“指先をフルカバーした防寒仕様”とのことで快適に違いない。フィット感も丁度良い。若干、ゴムのような匂いが漂うのが気になるが、何度か使用して、何度か洗濯すれば、この匂いも消えるであろう。


10-20150112_18.jpg
 立体的なオシアのゴム文字。使い込んで、良い感じになってきた頃に、オシアの文字が順次剥がれてくるんだろうな。刺繍にしてくれれば良いのに。


11-20150112_22.jpg
 今や必需品。最近は、飛行機に乗って遠征釣行をすることも無いので、普通のガスタイプを購入。お値段は、ノンガスタイプより安い・・・と思われる。

スポンサーサイト

[edit]

« 神明間極寒メバリング釣行 ~本命を諦めてカサゴ狙い~  |  超ランチ本“ランチパスポート”で500円ランチ ~Melmel café~ »

コメント

こんばんわ

こんばんわ
釣りは用意してる時も楽しいですよね~
あれこれどうこうと…
こちらでは最近というか前からあるのですが
台湾まぜそばが比較的人気あるのかな~
何が台湾か分かりませんがね
来週あたり載せてみようかななんて

yutkun #- | URL | 2015/01/19 21:27 * edit *

yutkunさん、こんばんはっ!

釣りはプロセスだ!なんて言いますけど、本当にそうだな~と思います。特に釣りにいける回数が少ないので、釣りの前後をいかに楽しむかが重要になります。私の場合は、もっぱら物欲の部分で楽しんでいる感がありますが・・・

台湾まぜそば、まだ食べたことがないので、是非是非レポをお願いします。思えば、つけ麺すらまだ食べたことがないほど・・・なんです。とほほ。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/01/19 22:57 * edit *

こんばんは

こんばんは
忙しそうですね・・・ジギング行けましたか?
ご要望のませそばUPしました

昨日は神田のほうきぼしというところで台湾まぜそば食べました
何だかちょっと好きになっているかもです

YUTKUN #- | URL | 2015/01/29 23:29 * edit *

yutkunさん、こんばんは!

台湾まぜそば、拝見しましたよっ。あれは美味そうですね。特にシメのまくり飯がたまらんですね~!

ジギングは相変わらず行けず、近場で何とか耐えしのぎました。再来週に日本海釣行を予定しているんですが、行けるかどうか・・・心配です。ジギング釣行にでかけると、結構お金がかかるんですけど、その分が浮いてしまっているので、リールでも買いたいな~と物欲方向に走りつつあります・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/01/31 18:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/151-9acef77c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)