09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

神明間極寒メバリング釣行 ~本命を諦めてカサゴ狙い~ 

 神明間の瀬戸内海での陸っぱりの成否は、まずは風の強弱とその方向に左右されてしまいがちで、特に冬場は、西からの風が吹くと、淡路と舞子の出っ張りに絞り込まれた明石海峡を寒風が吹き抜けて、風に煽られた海面がざわめき、そして明石海峡の激しい潮流と同調するか、もしくは反旗を翻すが如く、海面が更に激しく波打ち、結果、釣りどころでは無い状況になってしまう。期待せずに天気予報を眺めていると、ほぼ無風で、何と気温は10度を超えるとのこと。年末に、無謀にも、雨が降りしきる極寒の中、二日連続で釣行したために体調を崩し、未だにコンコンと咳が治まらないので、さすがのバカ野郎でも慎重にならざるを得ないが、やはり根底にあるのはバカ野郎なので、明日は仕事だと言う日曜日の夕方に出撃することに相成った。潮は、干潮からの上げっぱな。横須賀在住時代の経験になるが、干潮からの上げは、メバリングには芳しくない。


01-20150125_04.jpg
 都会の喧騒を抜けて、午後5時半頃に入水。足元を見ると、随分と海藻が育っている。恐らく沖合では、メバルが好むアマモなどの海藻がモジャモジャと繁っているであろうと、良い方向の想像を膨らます。干潮の潮止まりからの開始なので、あまり期待は出来ないが、まずは本命のメバル狙いで、フロートリグを投入する。ジグヘッドは、0.5g。風に邪魔をされることもなく、快適にキャストが出来る。心地良い休日のひと時が、ゆっくりと過ぎていく。この瞬間に至福を覚えるのは、何も釣り人だけの特権ではあるまいが、都会の隙間の秘密の大自然を見つけて、その環境に浸れば感慨はひとしおだ。霞んだ淡路島が見える。


02-20150125_05.jpg
 フロートリグで広範囲を攻めるが、時間が早いのか潮が悪いのか、メバルの反応が無いので、ジグヘッドに切り替えて、ボトム付近を狙う作戦に変更する。ジグヘッドの小さな、小さな着水を目視して、ジグヘッドがボトムに到達したことを確認すると、ロッドを立てて、底に転がる石の上を擦るようにゆっくりとリーリングを開始する。ごく控え目なアタリの後にロッドティップがピコピコと動いた。現れたのはアナハゼ。ジグヘッドに切り替えて、第一投目で反応があったので、外道ではあるものの、嬉しい一匹となった。


03-20150125_10.jpg
 第二投目。1.5gの極小ジグヘッドで探ることが出来る範囲は、極めて限られてしまうが、ボトム付近を出来る限りのデッドスローで柔らかく攻めると、またもや小さなアタリ。手首を返して、鋭くフッキングを入れると、柔らかい繊細なソリッドティップが少しだけ曲がる。明らかに小さいが、狙い通りにカサゴが釣れた。


04-20150125_11.jpg
17:41-
 第三投目。微風が後ろから味方になってくれるので、極小ジグヘッドを快適にキャストが出来る。底を取ってから、リーリングで操るというよりかは、ロッドの柔軟なティップを活かして、ジグヘッドがボトムを這うように丁寧に、丁寧に操る。トゥイッチングにしても、ジギングのジャークでも、いかに“間”を作ることが出来るかが、釣果を左右することに変わりが無いが、もちろんジグヘッドで狙うカサゴ釣りも同様に、根掛かりを恐れず、海底をイメージしながら、ロッドを立てて、ラインを張って、ボトムにジグヘッドをステイさせると、狙い通りに小さな反応を感知する。間髪入れずにフッキングを入れると、またもや極小のカサゴ。


05-20150125_15.jpg
17:51-
 何度かフッキングを失敗し、アタリがあってからフッキングを入れるタイミングを熟考する。日没を迎えると、柔らかく優しい夕暮れが、一気に漆黒の闇に変わる。遠くに街の灯りがちらほら見えるが、周囲に灯りは無く、孤独感が増す。当然と言えば当然だが、真冬の日曜日の夕暮れ時に、膝から下を海水に浸して釣りをしているバカ野郎は、周りを見回したところで、そうそうにいない。干潮の潮止まりであるはずなのだが、予想に反して、アタリが途切れることは無く、ボトムを意識して、丁寧にジグヘッドを送り込むことが出来れば、乗るか乗らないかは別にして、キャスト毎に何らかの生態反応がある。面白い。更に小型を1匹追加。


06-20150125_18.jpg
17:54-
 風も無く、潮の動きも緩やかなせいか、ボトムの状況を詳らかに把握することが出来る。更には、魚がジグヘッドを啄み、もしくは吸い込む瞬間を察知することが出来るので、魚がジグヘッドを咥えて走り出す瞬間、所謂、前アタリが手に取るように分かるので、焦ることなく、ほんの少し溜めてからフッキングを入れると、グイッと先ほどまでとは明らかに異なる重量感。スピード感、躍動感、緊張感、これらとは無縁だが、カサゴらしい控えめなやりとりを楽しむ。22cmほどのグッドサイズ。


07-20150125_19.jpg
17:56-
 またもや小型のカサゴ。


08-20150125_20.jpg
18:01-
 次々に釣れる。


09-20150125_21.jpg
18:08-
 更に追加。


10-20150125_22.jpg
18:14-
 ジグヘッド(メバル弾丸1.5g)で狙える範囲をひととおり攻め終えると、カサゴの反応が明らかに落ちてきた。もっと丁寧に攻めれば、きっと更なる反応があるのかも知れないが、少し重めのラウンド型のジグヘッドに変更して、もう少し奥のポイントを攻めることにする。さらに干潮で止まっていた潮が、徐々に動き出し、ジグヘッドを手前、手前に押し込んでくるため、軽量のジグヘッドでは、ラインが緩んで底を取ることが難しく、当然、アタリを取ることも難しくなってきている。何度かアタリを逃し、更に何度かフッキングを失し、更に何度かバラシテしまう。


11-20150125_24.jpg
18:38-
 ジグヘッドを重くすると、新たなポイントにワームを送り込むことが出来るので、気分も一新され、集中力を維持しつつ釣りを続行できる。ジグヘッドを変えて、一投目でモゾモゾとしたアタリがあり、ロッドを立てたままで、リールのハンドルを回し、少しだけラインを張って、様子を確かめた後にフッキングを入れると、乗った。ドラグが甲高くチリチリ鳴るが、魚の躍動故の音では無く、魚の大きさ故の音だ。23cmほどの良型。


12-20150125_29.jpg
18:41-
 直後にアタリ。またもドラグが甲高く鳴る。往々にしてカサゴの引きは重量感のみでつまらないが、着底したジグヘッドの様子を脳裏の黒いキャンバスに描き、揺れ動くワームの波動に引き寄せられたカサゴが、クワッと口を開き、獰猛かつ果敢にワームにアタックしてくるシーンを思い描き、そしてそれに連動呼応するが如く、繊細なロッドと感度抜群のラインを通して手元にアタリが伝達されると、一気呵成にドーパミンが体中が放出され、そして駆け巡り、静から動へのシフトとともに興奮が起こるのである。釣りのプロセスの一部分を拡大して楽しむ。これはこれで楽しい。水面を割ったのは、産卵を控えたカサゴだ。静かにリリース。


13-20150125_32.jpg
18:51-
 カサゴよりか活発な引きの後に姿を現したのは、見慣れない魚。模様に濃淡・明暗がくっきりしていて、油絵のような佇まい。この魚はなんだろうか。


14-20150125_35.jpg
19:01-
 ジグヘッドが吸い込まれるような感触の後にツンと小さなアタリ。間髪入れずにフッキングを入れると、ドラグの高鳴りとともにロッドから重量感が伝わる。本日一番のカサゴ。と言っても24cmほど。遂に大型の爆釣タイムに突入したかと思いきや、明らかにカサゴの反応が鈍くなってきている。


15-20150125_39.jpg
19:07-
 違和感のあるアタリを何とか捉えたものの、ゴミが引っかかったようにだらしなく重く、一体何が釣れたのかと目を凝らせば、何とタコ。ジグヘッドを外そうとすると、吸盤に吸い付かれて、気持ち良いような気持ち悪いような不思議な感触と格闘しながら、何とかリリースに成功する。

 カサゴの反応が悪くなり、潮も動き出したので、表層に漂うメバルを狙うべく、ジグヘッドリグからフロートリグに変更する。2度ほどメバルらしきアタリがあるも、上手く乗せることが出来ず。2時間以上も真冬の海に立ちこんでいると、ネオプレーンのウェーダーであっても、さすがに堪える。足先がキンキンに冷たくなり、我慢できなくなって午後8時前に納竿することに。本命のメバルを手にすることが出来なかったが、カサゴ釣りの面白さを発見できた釣行であった。


■釣行データ
 釣行日:平成27年1月25日(日)午後5時30分~午後8時
 潮回り:中潮
 天気:雨、気温12度
 ポイント:神明間の某所
 釣果:カサゴ12匹、アナハゼ1匹、カサゴ似の魚1匹、タコ1匹

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs+3lbs

■使用ルアー、リグ
・ネジワーム1.5インチ
・メバル弾丸0.5g、1.5g、メバルショット3.5g
・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神明間極寒カサギング釣行 ~バルキーなワームで大型を狙う作戦が・・・~  |  瀬戸内ジギング釣行に備えてオシア・カルカッタ201HGを導入 »

コメント

こんにちは

大漁じゃないですか
自分はリール使った時点でドラグ音がしないと気が済まないたちなので
海のこういった魚はあまり釣った事ないのですが
これだけ釣れたら楽しそう
関西は色んなフィールドがごく近場にあって
羨ましい限りです
最近は神田駅周辺にはまってます

yutkun #- | URL | 2015/01/31 19:26 * edit *

yutkunさん、こんにちは~。

狙いはメバルだったんですが、どうやらアフタースポーンの状態で、反応が悪く、何度かあったメバルらしきアタリは、全てスポーニングに絡まない小型ばかりだったと思います。
途中でカサゴに切り替えたのが、結果的に良かったようです。カサゴもなかなか釣れないことがあるので、外道ながら良かったです。

神戸付近の釣り場は、旬の魚となると、どこも人が多いので、穴場を見つけるのが大変です。今日も行こうか行くまいか悩み中ですが、風が吹いているので諦めモードです・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/02/01 16:48 * edit *

遅ればせながら、明けましておめでとうございます(笑)
と言いますのも僕も昨年末、donfanさんの最終釣行の一週間ほど前に、背筋に寒気がするのに強行して釣りに出掛けた結果風邪を引き、正月を跨いでもダラダラと体調不良が続いて今に至るという有様でした…
そんな訳で、今季初釣りにはまだ行けていないのですが、魚のヌメりまで伝わってくるようなお写真を見て、久しぶりに自分の手で釣った魚の顔を拝みたくなりましたp(^_^)q
細番手PE用のリールを新調したので、そろそろ用意をしたいと思います。

今年ももう1ヶ月経ってしまいましたが、残りの11ヶ月よろしくお願いいたします<(_ _)>

yot #- | URL | 2015/02/01 18:15 * edit *

yotさん、ご無沙汰しております。こちらも遅ればせながら、今年も宜しくお願い致します(笑)。

体調不良の時には、くれぐれも無理して釣行なさらいように(笑・・・お前もだよって言われそうですね~)、そして早く復活出来るようにご自愛下さいまし。

メバルの反応がイマイチだったので残念でしたが、カサゴでカバーできたので助かりました。あまり過酷な環境になると辛いので、天候+潮を吟味しながら、無理せず楽しもうと思ってます。本当は、今日の夕方に出かけたかったんですが、やっぱり断念してしまいました・・・とほほ。

>細番手PE用のリールを新調したので・・・
イイですね~!どのような機種を購入されたのでしょうか?私は、現在、小型の使えるスピニングが1台しかないので、新しいものを追加したいなと思いつつ、なかなか購入することが出来ずにいます。バス用ですが、シマノのコンプレックスか、ツインパワーがイイな~と思ってます。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/02/01 22:04 * edit *

15フリームス2004Hです。
洗った時に水が溜まりやすいラインローラーやハンドルノブにはプラスチックのスリーブやブッシュが使われていて、ローター側のマグシールドとハンドル取付部のパッキンで機関部の防水性はバッチリ。
分解せずに干しておけばいいだけのリールを待っていたので、低番手のハイギアリールは初めてでしたが、即決で購入しました。

>シマノのコンプレックスか、ツインパワーがイイな~と思ってます。
ツインパワーは今年モデルチェンジするのでチラッとサイトを覗いて見ました。しばらくは未だ現役の02モデルで我慢ですが(笑)
今はステラに次ぐ上位機種の地位をヴァンキッシュに奪われているみたいですが、頭が古いせいかツインパワーに食指を動かしてしまいます。

yot #- | URL | 2015/02/01 23:51 * edit *

yotさん、こんばんはっ。

なるほど~フリームスですか。実は数日前に釣り具店で、まさにこのフリームスを見て、触って、イイな~と思ってました。今までシマノのリールばっかりだったのですが、ダイワのデザインやコンセプトに惹かれつつあります。

>ツインパワーは今年モデルチェンジするので
しっかりカタログもらってきました(笑)。
カタログの最初の方に、過去にリリースされたツインパワーの写真が載っているのでが、私が持っているリールは(すでにお蔵入りしちゃってますが)、なんと1999モデルです(しかも3台あります)。スローオシュレートでしたら、確実に今も使っていると思いますが・・・、ちょっと前にPEラインを巻いて使用したら、トラブってしまい、それ以来出番が減ってしまっています。PEラインの出現によって、ロッドもリールも随分と様変わりしましたね~~。

ダラダラ何だか主旨不明になりましたが、早いとこ、小型スピニング2台体制にしたいですね~。カタログ見て、熟考しよっと・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/02/02 22:58 * edit *

>ダラダラ何だか主旨不明になりましたが
いえいえ、その件についてはよくわかりますよ~。
自分も何度か現場で大バックラッシュをして泣きを見ました。
後でネットで調べると、02モデルの搭載機構"スーパースローオシュレーション"が曲者で、PEラインとの相性が非常に悪いようです。
理由もなるほどという内容で、事実、この世代で絶滅してしまったことがすべてを物語っていますね。
今はラインを交換する時に、摩擦熱が上がらないようにボビンを水に漬け込んでおき、きつく引っ張りながらスプールエッジの際よりだいぶ手前で巻き終わることでトラブルなく使用することができています。
ただ、エギングみたいに弱い力で引っ張られるフリーフォールの時にスプールエッジにいちいち引っ掛かるので、我ながら悪あがきして使ってるな~とは思いますが(笑)

新製品の機能向上には目を見張るものがありますが、昔のアレが良かったのにという部分が排除されていたりするので、なかなか愛着が湧いて捨てられなかったりします。
機種が増えすぎて最近のリールは把握しきれていないので、新しいリールをご購入されたら、またお披露目してくださいね~(^-^)/

yot #- | URL | 2015/02/03 22:16 * edit *

こんばんは~。

PEラインを使用するようになって、リールも進化しましたが、なによりも随分と釣りの幅が広がりました。深いところや、遠いところにルアーを送り込めるようになりましたし。以前は、ヨレヨレのナイロンラインや、冬場のカチコチのフロロラインに悩まされ、しょっちゅうラインを巻き替えていましたが、それを考えると今は楽チンです。PEラインが高いのと、PEにシュッがいるのと、リーダーのノットに難儀するというものはありますが、十分にこれらのマイナス面を打ち消してくれるだけのものはあります。

ラインに話がそれましたが、日本製のスピニングは秀逸ですよね。GTフィッシングをやっているときに、マリーナで色々な国の釣り人に会いましたが、GTやマグロなどの大物を真面目に狙っている人は、決まって日本製のリールでした(海外では、なぜかステラばかりでした・・・日本のステラとは若干異なって3割ほど安い海外仕様でしたけど)。皆、口をそろえて、日本のリールじゃないとだめだ~と言ってました。

日本にいれば、そんな日本のメーカーの釣り具が安く簡単に手に入るので、本当に恵まれているな~と思います。懐に余裕があれば、色々なリールを使ってみたいんですけどね~・・・そうもいかず、悩むんですよね。




donfan #mQop/nM. | URL | 2015/02/04 22:20 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/154-37c111d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)