05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

神明間極寒メバリング釣行 ~春を告げるか~ 


01-20150221_02.jpg
 天気予報を確認すると無風。更に潮汐を確認すると、ちょうど良い具合に夕暮れ時に潮が動いている。ならば釣行するしかない。タックルを車に積み込んで、一路、釣り場へと向かう。左手に穏やかな瀬戸内海が見え始めると、どんな風に攻めようかと気持ちが昂り、間違いなく嬉しそうな顔をしているに違いないが、そんなワクワク感を見透かしたように、赤いランプが次々に灯り、そして見事に渋滞にはまってしまう。この界隈は、左手は海と線路、右手も線路と山で、左右を完全に封じ込まれているため、全くもって抜け道が無く、この状態を(修業をしたことは無いが)修業中のような心境で、ぐっと耐え忍ばねばならない。車の列を横目に、スイスイと電車が通り過ぎてゆく。

 午後5時過ぎにポイントに到着し、素早く釣りの準備をして、海へと向かう。風も無く、波も無く、時が緩やかに日没に向かっている。


02-20150221_04.jpg
 前回の釣行では、何とかカサゴを手にすることが出来たので、今回もボウズ回避のために、まずはカサゴ狙いで開始することに。ここ最近のパイロットルアー的存在になりつつある、3.5gの蓄光のメバルショット(ジグヘッド)にネジワームの組み合わせ。そういえば、先日、釣具店でネジワームを購入しようかと思いきや、随分と在庫が少なかったので、店の方に、入荷の予定を聞いたところ、近頃はメバル専用やカサゴ専用のワームが次々とリリースされていることもあり、今となっては、ネジワームの人気はいまいちで、それ故に今後はあまり入荷しないとのこと。自分にとっては、10年以上も前からネジワームを信頼して使用しているだけに、今後、購入できなくなってはマズイと思い、複数個まとめて調達した。折を見て、更に買いだめしておかなければ。我がメバル用の小さなボックスを開くと、ネジワーム以外のワームもちらほら見えるが、実はネジワーム以外のワームでの実績はあまりない。

 ジグヘッドでボトムを狙おうにも、海藻が繁ってきているために底を取ることもままならず、ならば底を切って浮かすとなれば3.5gのジグヘッドでは、カサゴが反応できないスピードになり、ジグヘッドを1.5gまで軽くしていくと、今度はポイントに届かない。仕掛けを変えたり、根掛かりしたり、リーダーが切れたり、モタモタしていると、気が付けば既に1時間以上経過しているにも関わらず未だアタリが無い。このままカサゴ狙いを続行するのは無理と判断し、フロートリグに変更して、メバル狙いに変更。


03-20150221_06.jpg
 潮が徐々に上げてきている。コツッと小さなアタリ・・・フッキングを入れるも乗らない。また微小なアタリ・・・これまた乗らない。ツンと触れるようなアタリ・・・これまた乗らない。キャストする度に反応があるもフックアップには至らず、小さなメバルの仕業か・・・。またもやアタリ・・・よし乗った・・・と思いきや、すっと抜けて無念のラインブレイク。またまたアタリ・・・これも乗らず。上げ潮にワームが乗ってしまうと、どうもうまく乗らないようだ。ロッドティップに伝わるフロートリグの抵抗の違いから、潮が転流して沖に払い出すポイントを発見。こちらをジワジワとトレースすると、コツッとこれまた小さなアタリの後に、ほんの少しだけロッドティップを送ってから、手首を返すと、チリチリチリ・・・と甲高いドラグの音が鳴り響く。ようやくフックアップに成功した。沖に払い出す潮に乗って、グイグイと走り、弱めに設定していたドラグがチリチリと鳴り響く。ドラグを少し締めて、柔軟なソリッドティップに乗っていた荷重を、バット部分に乗せて、主導権をこちらに引き寄せて、丁寧に引き寄せると、ヘッドライトに照らされてメバルが姿を現した。21cmの良型。背ビレの手前がグッと盛り上がっている。


04-20150221_10.jpg
 10分後。沖に払い出すトレースラインでアタリ。今回も上手く乗った。カサゴのコツコツッと鋭いアタリも魅力的だが、繊細なアタリを捉えた後のメバルの軽快な引きも楽しい。20cmを切っているが、なかなかの良型。潮が勢いよく満ちてきている。いよいよ爆釣タイムに突入したか。


05-20150221_14.jpg
 フロートリグの抵抗を繊細なティップで捉えながら、リールのハンドルを丁寧に回す。ハンドルを5回ほど回したところで、僅かにティップが入る。手首を返してフッキング。ググググ・・・と力強い引き。ドラグから、チリッ・・・チリッ・・・チリチリ・・・と甲高い音が鳴る。魚を掛けるまでは繊細なティップが物を言うが、魚を掛けると今度はバット部が魚の引きを受け止めて、いなしてくれる。リールとロッドが見事に調和した瞬間、最高の充実感が訪れる。しばらくして姿を現したのは、20cmを少し超える良型のメバル。楽しい。

 これで勢いに乗るのかと思いきや、満潮の潮止まりに近いのか、パタリとアタリが無くなった。最初の1匹を釣り上げてから、わずか20分でアタリが遠のいた。アタリを取れずに悶絶していた時間が悔やまれるが、なかなか思い通りにならないのも釣りの面白さ。徐々に春が近づいてきている。



■釣行データ
 釣行日:平成27年2月21日(土)午後5時30分~午後8時00分
 潮回り:中潮
 天気:晴れ、気温10度
 ポイント:神明間の某所
 釣果:メバル3匹

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs+3lbs

■使用ルアー、リグ
・ネジワーム1.5インチ
・メバル弾丸0.5g、メバルショット3.5g
・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g
スポンサーサイト

[edit]

« 神明間極寒メバリング釣行 ~動かぬ潮、釣れぬメバル、危機一髪~  |  神明間極寒カサギング釣行 ~バルキーなワームで大型を狙う作戦が・・・~ »

コメント

こんにちは

なかなかな鮴ですね
早く春にならないかな~と思いつつも
冬場の厳しい釣りももうそろそろかと
少し寂しくなります
かなり寒いから誰もいなくていいんですよね
~冬の釣り場は!
帰り道のラーメンもウマイし

yutkun #- | URL | 2015/02/23 18:59 * edit *

おおっ!
チャンスを逃さず固め打ち、お見事です(^_^)
土曜日は気温も高く、風も穏やかで釣り日和だな~と感じながら、自分は何も行動を起こさず過ごしてしまいましたf^_^;)

ネジワームは僕も好きですね(←前も言ったような…)
同じ形状のワームと比べてボリュームがあるので、そのままガシラに流用できて便利なんですよねー。特価の時にしこたま買い溜めた分がまだ残ってます(笑)
ガシラだけなら2.5inchシャッドテールもオススメですよ。
こちらもまた昨今のアジング・メバリングに特化した商品戦略の影響であまり見かけなくなりましたが…

yot #- | URL | 2015/02/23 22:09 * edit *

訂正です

失礼しました。
2.5inchシャッドテールは1.5~2inchの間違いでした。
まあ、ガシラはとんでもないビッグワームで釣れたこともあるんで2.5inchでも問題ないとは思うんですけど、もう一回り小ぶりなほうが手頃ですね。
余談ですがホッグ系は投げやすさも考えて手を千切って使ったりします(^o^)

yot #- | URL | 2015/02/23 22:45 * edit *

yutkunさん、こんばんは~。

泊りで東京出張でした・・・今しがた帰宅したところですが、新幹線の速度に身体が追い付かず、移動するだけで疲労します・・・・(笑)。さらに自由になる時間がほとんどなく、”てんや”すら行けませんでした・・・・その代わりに出張先の地下にある吉野家でご飯を食べました(涙)。

さて、三寒四温で徐々に春の訪れを感じます。
春になれば、海の釣りは、魚種が増えて賑やかになりますが、やはり釣り人も増えるので、釣り場の争奪が厳しくなり、そうなると安直に船で釣りに行きたくなっちゃいます。

ここ最近は、釣り+温泉がパターン化しています。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/02/25 00:28 * edit *

yotさん、こんばんは~。

土曜日は釣行して正解でした!本当は土曜日に日本海釣行の予定だったんですけど、東京出張のための準備で、金曜日に前日入りすることが出来ず、直前で断念してしまったので、まぁ、その反動です(笑)。

ネジワーム、イイですよね!
安いし、釣れるし!

思えばシャッドテールも使わなくなりましたね~。久々にゲリヤマワームをお店で見たんですけど、まぁラインナップが増えていること。驚きました。でもちゃんと私が長らく愛用していたセンコーありました!

ホッグ系ワーム、今度ちぎって使ってみます!

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/02/25 00:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/156-27220aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)