06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

神戸・明石間メバリング釣行 ~メバルとカサゴを同時に狙う欲張り釣法~ 


01-20150409_01.jpg
 気温が一気に下がり、関東地方では雪が降ったとの予報も。三寒四温をもって徐々に春の訪れを体感するが、以前より三が六に、四が六のように周期が長くなったような気もするし、何より気温の上がり下がりが激しくて、せっかく片付けた冬物の服を引っ張り出しては寒さに耐え凌ぐのは困る。でも春はすぐ近くまできている。

 訳あって仕事を休んだこともあって、平日の夕方に余暇があるのは、何とも気分が良い。例によって天気予報を確認すれば、多少の風があるものの、釣りに問題がありそうなほどではなく、更に潮汐を確認すると、夕暮れ時から潮が動き出すとのこと。車に釣り具を積み込んで、いざ西へ。


02-20150409_20.jpg
 午後6時頃から釣り開始。日没後、予報よりも強めの風が出てきた。向かい風になってしまうために、ポイントまで仕掛けを送り込めるかどうか難しいが、少しでも風の影響を受けないようにサイドキャストで仕掛けを投入しては、ゆっくりとハンドルを回す。いつものようにフロートリグで広範囲を探る作戦だ。リーダーを約70cm、2gのジグヘッドにネジワームという、ここ最近の信頼できる組み合わせ。沖合の水深があるポイントでは、リグを一定の速度で引いてメバルを狙い、そして手前まで引いてくると、ジグヘッドの重みでジワリと沈むフロートの特性を活かして、ゆっくりとワームを沈めてボトム付近を探ってカサゴを狙うという、ワンキャストで2魚種の捕獲を目論む欲張り釣法だ。生い茂るワカメに行く手を阻まれて、明確なアタリはあるもののフッキングに失敗したり、ようやく魚を掛けてもワカメの樹海が邪魔をしてバラシたりと、苦難が続く。反応をしているのは、いずれもカサゴだ。午後6時45分、ようやく辺りが暗闇に包まれた頃にカサゴの捕獲に成功する。ワカメの邪魔を避けるトレースラインを発見したことが奏功した。


03-20150409_23.jpg
 干潮からの上げ潮で、良い感じに潮が動き出している。そのうちにメバルが入ってくることを期待しつつ、ボトムを意識した釣りを展開する。5分後にカサゴを追加。


04-20150409_25.jpg
 風が不規則にざわつき始めたかと思うと、ポツリポツリと冷たい雨粒が落ちてきた。潮が満ちてきたこともあり、幾分かトレースラインに選択肢が増えて、ワカメ群生地の上を滑るようにジグを通すことが出来るようになってきた。リグを沖合にキャストしてから、満ち潮にリグを乗せるようにして、デッドスローでリグを引くと、ホワッと抵抗が緩んだ次の瞬間に、コツッと極小のアタリを感知。ロッドティップを少し送り込んでからフッキングを入れると、ドラグがジジジジ・・・と心地良く音を立てる。カサゴとは違う躍動感のある動きに、メバルであることを確信する。何度がドラグを鳴らしながら、丁寧にやり取りすると、良型のメバルが姿を現した。23cm。午後7時10分。


05-20150409_27.jpg
 密度の濃い雨が降り注いでいるが、潮が動き、時合が到来しているに違いないので、寒さに耐えながら釣りを続行する。気温は13度ほどのようだが、海水に立ち込んでいることもあり、また風と雨で体感温度はずっと低く感じる。カサゴ狙いからメバル狙いに完全に切り替えたいが、メバルの反応は悪く、逆にカサゴの反応は断続的にあり、ついついカサゴ中心の釣りになってしまう。3匹目のカサゴを追加。午後7時29分。


06-20150409_29.jpg
 その直後にワカメ群生地の上を引いていると、カツッと鋭いアタリ。魚の躍動感、レンジからして待望のメバルであることが分かる。小型ながら2匹目のメバル。午後7時32分。


07-20150409_31.jpg
 カサゴらしく細かいアタリを捉えきれず、悶絶しつつ釣りを続行する。雨が降り出してから、いつしか風が穏やかになっている。干潮から満潮までの時間が短く、すでに潮の動きが悪くなってきている。リーダーの長さを短くして、更にはジグヘッドを0.5gに変更して浮いているであろう活性の高いメバル狙いに的を絞るも、一向にメバルの反応は無く、時合が短いメバル釣りの難しさを痛感する。メバルが沈んでいるのかも知れない。リーダーを70cmほどに長くして、狙うレンジを下げてみる。沖合ではメバルの反応は無い。反応するのは、やはりカサゴ。午後8時10分。この後に更に小型のカサゴを1匹追加したものの、満潮の潮止まりに近くなったために、脈なしと見切りをつけて納竿することに。


■釣行データ
 釣行日:平成27年4月9日(木)午後6時00~午後8時30分
 潮回り:中潮(干潮からの上げ~満潮潮止まり)
 天気:曇り時々雨、15~13度、北西の風
 ポイント:神明間の某所
 釣果:メバル2匹、カサゴ5匹

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs+3lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ネジワーム1.5インチ
 ・エコギア パワーシラス2inch
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド0.5g~2.0g
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3) フロート
 ・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 超ランチ本、第3弾“ランチパスポート”で500円ランチ ~麺道 しゅはり~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~春爛漫、ベタ凪、上げ潮・・・爆釣?~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/166-e77f13d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)