10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

春の四国メバリング釣行 ~捕れるか尺メバル~ 

01-20150418_02.jpg
 本場の徳島ラーメンを啜ると、遂に四国に上陸したことを実感する。メバリストならば、いつかは尺超えを仕留めたいとの願望が心の奥底に潜んでいるに違いないが、神戸~明石界隈では、尺を超えるメバルになんて、なかなか巡り合うことが難しく、20cmを超えでもすれば歓喜に沸くぐらいなので、異次元のステージと言えよう。釣友M氏によれば、四国のポテンシャルは私の想像を簡単に凌駕してしまうのだそうだ。

 午後6時30分、満潮からの下げから釣りを開始。潮回り、時間帯、潮の動き、全てが揃っている。期待が高まる。


02-20150418_09.jpg
 いつものフロートリグで釣りを開始するが、潮位が高く、日没までに時間があるので、トレースするレンジを下げるために、スローシンキングのフロートを投入する。追い風も手伝って、広範囲を容易に攻めることが出来る。開始早々に小型のメバルが姿を現した。神戸なら漏れなく写真を撮るが、今のところ志は高く、狙いはあくまで大物であるので即座にリリース。遠投したリグをゆっくりと巻き取る。海藻の上を舐めるようにトレースするイメージで丁寧にハンドルを回していると、海藻の切れ目あたりでグワンッと大きなバイト。すかさずフッキングを入れると、ラインが張りつめて心地良い引き。まずは幸先の良い24cm。
 M氏からの助言もあり、大型魚に備えて、リーダーはフロロの5ポンド、フックは、普段使用している細軸(メバル弾丸)では伸ばされる可能性があるためにダイワのものを使用しているが、その必要性をこの24cmのメバルを釣ったことで実感。


03-20150418_11.jpg
 同行のM氏が大型のメバルを掛けるもランディングで惜しくもリリース。午後8時、暗闇に微かに映るM氏の挙動が素早くなった。どうやら良型のメバルがヒットしたようだ。ランディングしたメバルにライトを照射すると、そこに威風堂々たるメバルが横たわっている。計測すると27cm。でかい。


04-20150418_12.jpg
 状況は最高であると思えるのに、なかなか調子があがらない。場所を変えて、M氏が1匹追加するも、目標とするサイズには届いていない。我がロッドにも反応があるも、フッキングの数秒後には小型であることが分かるサイズ。午後9時40分。


05-20150418_15.jpg
 左から右手に向かって流れる潮にリグを乗せてから、潮に逆らうようにジワジワとリーリングを進めると、コツッと心地良いバイト。事前のM氏からの情報によれば、尺に近い大型のメバルのバイトは、小型のメバルにありがちな、コツッというような明確なバイトではなく、大型ならではの遊泳力を駆使して、ワームを追尾してからワームにバイトしたまま反転せずに泳ぎ進むことが多いようで、モゾモゾした違和感のあるバイトの後に鮮烈な引きがロッドを絞るとのことなので、今この瞬間の明確なバイトを手にするも、大型ではないことが明白であるので気持ちは複雑である。普段なら、メバルが釣れたという事実に純粋に歓喜するが、すでに狙いがいつもと異なっているせいか、冷静極まりない。四国のフィールドの潜在能力を知らず知らずに意識しているのか知れない。

 途中で休憩を入れながら、ポイントを移動するが、想像していた状況とは程遠い。午前零時を過ぎた頃に干潮前後を攻めるが、芳しい反応は無い。いくら自然環境が恵まれた四国でも、やはり自然に生きる魚を相手するとなると、色々な条件が揃わなければ良い結果を得ることは出来ない。朝マズメに照準を合わせるべく、午前1時頃から3時頃まで仮眠を取る。普段なら数秒で熟睡体制に入ることが出来るが、気持ちが昂っているせいか、熟睡するに至らずに静寂の中で時間がゆっくりと過ぎてゆく。


06-20150419_21.jpg
 午前3時過ぎに釣りを再開。満潮に向かい潮が上げている。まずは未知のポイントの状況を知るためにフロートリグを投入して潮の流れを確認する。潮が右から左に流れていることを確認したうえで、アップクロス、クロス、ダウンクロスと大雑把にトレースラインを変えて様子を見る。クロスに投じたリグを流れに乗せながらデッドスローで引いていると、モゾモゾとした違和感。リールのハンドルを少し早く回してから聞き合わせを入れると、強めに設定したドラグがジジジ・・・っと、静寂の中に響く。メバルであれば、今までに経験したことが無い引きだ。相手に主導権を握られないように一気に引き寄せてから抜きあげる。背ビレの前が盛り上がり、貫録のあるメバル。27cm。午前3時30分。

 ジグヘッドを確認すると、完全に飲み込まれている状態で、やりとりに時間がかかっていたら、ラインブレイクしていたに違いない。モゾモゾとしたバイトを感知した時には、すでにメバルがジグヘッドを飲み込みにかかっているのかも知れない。
 場所を移動しながらアップクロスで撃つと、リグが潮下に流されることによってロッドのテンションが無い状態になるのが常であるが、潮が反転しているせいかリグに抵抗を感じるところがあり、更にデッドスローで引くと、例のモゾモゾしたバイトを感知し、鋭くフッキングを入れるも、刹那、数秒後に無念のラインブレイク。ジグヘッドを完全に飲まれてしまったようだ。更に同じところにアップクロスでリグを通すと、何かに触れるような違和感を察知して、間髪入れずにフッキングを入れると、メバルなら目標である尺超え達成をも意識するような猛烈な引き。これも無念、フックアップした場所が悪かったのか、すぐにラインテンションが消える。


07-20150419_23.jpg
 気を取り直してダウンクロス。リグが潮に押されている。ジグヘッドが潮に揉まれながら泳いでいる姿を想像しながら、丁寧にリールのハンドルを回す。駆け上がりの捨て石の法尻付近を通過したところで、またもや大型特有のモゾモゾとしたバイト。失敗を繰り返さないために、モゾモゾの“モゾ”を感知した瞬間にリーリングスピードを上げて、2回目のモゾでフッキング。乗った!一気に引き寄せて、抜きあげると24cm。午前4時20分。


08-20150419_26.jpg
 更に1匹を追加。ジグヘッドが飲み込まれずに、良い位置に掛かっている。22cm。午前4時30分。ここで反応が途切れてしまう。


09-20150419_29.jpg
 時合を見事に捉えたM氏

 午前4時50分頃にM氏から携帯に連絡があるも取り損ね、更に午前5時10分にM氏から連絡があり・・・“こっち側で爆ってます!早く来てください!”とのこと。大急ぎで移動するも、時すでに遅し、空は明るみ、夜明けの爆釣タイムは終焉を迎えていた。M氏は、ものの20分の間に25cm前後の大型のメバル6本の捕獲に成功していた。聞くところによると、夜明けとともにメバルのボイルが始まったかと思うと、ワンキャスト、ワンヒットの爆釣モードに入り、時合はほんの一瞬であったとのこと。


10-20150419_28.jpg
 岸際を攻めて、締め括りにはならないような、締めの小型のメバル。午前5時30分、メバリストがひとつの目標とする尺超えには全然届かなかったものの、自己記録を更新する27cmのメバルを手にすることが出来、また大型のメバルを狙う際の課題も見つかった。この雄大なる四国のフィールドに感謝。そして新たな境地を知る機会を与えてくれたM氏に感謝。


11-20150419_39.jpg
 雨音を聞きながら、長く充実した釣行を振り返りながら、この橋を渡れば、現実逃避の旅が終わるのだ。


■釣行データ
 釣行日:平成27年4月18日(土)午後6時30分~19日(日)午前5時30分
 潮回り:大潮(満潮~干潮~満潮)
 天気:晴れのち雨、20~13度
 ポイント:四国某所
 釣果:メバル8匹(最大27cm、25cm、24cm、22cm)、カサゴ1匹

 同行者M氏:メバル8匹(全て20cmオーバー、最大27cm)


■使用タックル
(1)フロートリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2)フロートリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs


■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・ネジワーム1.5インチ
(2)ジグヘッド
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド0.5g~2.0g
(3)フロート
 ・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g
 ・アルカジック ぶっ飛びRocker S9.0g

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 冷蔵庫で簡単、メバルの一夜干し(本当は二夜干し)  |  超ランチ本、第3弾“ランチパスポート”で500円ランチ ~麺道 しゅはり~ »

コメント

おはようございます

おわっちゃいましたね
現実逃避!
自己記録おめでとうございます
自分は記録どこではないですね~最近は……
完全に迷走しています
季節がバラバラなんです……

yutkun #- | URL | 2015/04/20 09:50 * edit *

yutkunさん、おはようございます。

 そちらの豪快な釣りとは、随分と魚のスケールが異なりますが、どんな魚でも大物狙いはワクワクします。いつかは尺超えを!

 現実逃避が終わり、現実を目の当たりにして、テンション下がりまくっています・・・。まだ火曜日かぁ~・・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/04/21 07:21 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/168-7aa369ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)