07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

超ランチ本、第4弾“ランチパスポート”で500円ランチ ~鶏ラーメン&餃子 一石二鳥~ 

01-20150607_05.jpg
 今日のランチは三宮の高架下にあるこちら。ランパスの効果のせいか店の前には行列が。高架下には、昔ながらの老舗も多く軒を連ねているが、特に飲食店は激戦区ということもあって、その浮き沈みが顕著なようで入れ替わりが激しい。以前からこの“一石二鳥”があったかどうか定かでは無く、列に並びながらしばし記憶を辿ると、そういえば、以前は坂本竜馬のような志士の絵が描かれた“佐世保バーガー”のお店があったことを思い出した。いつか来たいなと思っていたが・・・結局逃してしまった。

鶏ラーメン&餃子 一石二鳥
神戸市中央区北長狭通2-31-64
TEL 078-334-1020


02-20150607_11.jpg
 ランパスによると、“同店のラーメンは「鶏」づくし。スープ、叉焼等は「淡路鶏」を使い、手作りで仕込む。香味野菜と鶏をじっくり煮込むスープは臭みのないアッサリ系。「鳥ラーメン」は部位の違う叉焼がのった鳥を丸ごと味わえる一杯。ご飯ものは、「叉焼丼」、「四川風麻婆丼」、「炒飯」、「ライス」から1品選択。丼はミニサイズなので満腹希望の人はライス選択がベター。“とのこと。


03-20150607_17.jpg
選べるランチセット(鳥ラーメンor鶏坦々麺or春野菜の彩ラーメン+餃子+ご飯もの)
鳥ラーメン、餃子、叉焼丼 950円→500円

 まずは店の外で待つこと15分、そして注文して5分。澄んだスープに色々な具材がトッピングされた鳥ラーメン。壁に貼り付けられた鳥ラーメンの張り紙を見ると「鶏胸肉チャーシュー、鶏もも肉煮込みチャーシュー、鶏皮の油かす、鶏卵の煮玉子、鶏コラーゲンたっぷりスープ。鶏丸ごと味わえる自慢のラーメンです。」とある。なるほど。まずはスープを一口。サッパリした中にも旨味が凝縮された塩ベースのスープ。素直に美味い。トッピングされた具材もそれぞれ工夫が凝らされていて、鶏軟骨の唐揚げは衣のサクサクにコリコリした食感が相まってその旨さが引き出され、鶏胸肉の叉焼はきめ細かい舌触りにしっとりした鶏肉の旨さが溢れ、鶏もも叉焼は皮の香ばしさがジュワリと溢れ、煮玉子は淡白な白身から濃厚な黄身が溢れだして融合し、サクサク野菜が清涼感を醸す。麺は細目のストレートで、あまり特徴はないが全体を調和させているように感じる。叉焼丼には鶏味噌が乗っていて、ネギとゴマと一緒に掻き混ぜるとシンプルながらも鶏の旨さに満ち溢れている。


04-20150607_19.jpg
 鶏肉の餃子。こちらは非常にあっさりとした味で、“王将の餃子”が大好きな私には、少し物足りなさを感じてしまった。しかしながら、全ての料理に鶏を絡めてしまう情熱と意気込みに、このお店の真剣さを感じた。いやはや、500円でこんなにも充実したランチを楽しむことが出来て感謝する他ない。ご馳走様でした。

05-20150607_08.jpg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今後の参考のために僭越ながら簡単な評価を・・・

(1)料理の満足度(味・分量・見た目など):★★★★☆
(2)店の雰囲気(内装、美品、音楽など):★★☆☆☆
(3)店のサービス(接客):★★★☆☆

★が多いほど満足(5段階評価)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ランチパスポート神戸 Vol.4
http://www.lunch-kobe.com/

・利用可能店舗:100店(三宮、元町、神戸、六甲)
・有効期限:平成27年5月29日~平成27年8月24日
・1店舗で3回まで利用可能
・各店指定の料理(700円~1300円)が全て500円
スポンサーサイト

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~痛恨、時合を逃して辛うじて~  |  渦潮鳴門海峡にて真鯛を狙う ~予期せぬ外道~ »

コメント

こんにちわ

鶏だし系ですか……
こちらも5~8年前くらいでしょうか
原点回帰なのか鶏だしベースの醤油が幅を広げています
こういうのにははやりがあるんでしょうね

汁なし熱もおさまりつつ
最近は味噌が気になり味噌行脚してます

悲しいお知らせで竿折られてしまいました

yutkun #- | URL | 2015/06/09 10:42 * edit *

yutkunさん、こんばんは~

こちらでも鶏だしベースが幅を利かせているような気がします。汁なし熱がおさまりつつあるとのことですが、私の中でも波があるようで、汁なしLOVEなシーズンが終わりそうです。まぁ、もともとコダワリがないので、ランパスに人生を左右されているような・・・そんな感じです。

ブログを拝見しました。
愛竿、やられちゃったんですね・・・・
鯉も命かかってて本気だと思いますが、こっちも本気で、これぞ釣りの神髄だ・・・っと思いました。私の釣りは、いつも人間側に圧倒的アドバンテージがあるので、ぬるいなぁ~と思います・・・。


donfan #mQop/nM. | URL | 2015/06/09 22:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/179-fa3b5736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)