03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

神戸・明石間メバリング釣行 ~痛恨、時合を逃して辛うじて~ 

 午後8時半、予定より少し遅れて待ち合わせの場所に到着し、釣りの準備を整えてM氏に連絡をする。湿り気を帯びた生暖かい潮風がフワリと漂っている。気温は28度。満潮からの下げの時合で、すでにメバルが釣れているとのことで、意気高揚し、鼻息荒めでいざポイントに向かわん、と暗闇の中、ヘッドライトが照射する細長い閃光を頼りに目的の場所を探すが、電話で事前に聞いていた現場の雰囲気とは随分と異なる。一抹の不安を感じつつ辺りを彷徨い歩くが、一向にM氏と落ち合うことが出来ず、地元の漁師らしき老人に現在地を確認したところ、あぁ無念、完全に場所が違うことが判明。絶好の時合を逃してしまっているという猛烈な焦燥感を感じながら、アクセルを踏んで本当の待ち合わせ場所へと向かう。

 午後9時40分、予定より1時間以上も大幅に遅れて現地に到着。すでに時合が遠のいているかも知れない。暗闇でM氏と落ち合い、状況を聞けば、すでに10匹近くの釣果であるとのことで、更には70cm近くあるシーバスもヒットしたとのこと。残念ながらメバリング専用タックルでシーバスと対峙するのは厳しかったようで、シーバスは取り逃がしたとのことだが、満潮から下げの時合に見事にハマっている。早速、釣りを開始する。


01-20150613_22.jpg
 午後9時54分。開始3投目で良型メバルがヒット。26cm。

 フロートリグを沖合に遠投して、ゆっくりとリーリングをする。風下方向であるものの潮上になるため、リグのテンションが緩く、自ら操っているという実感が乏しい。先ほどまでは潮目が近くを通っていたとのM氏の情報をもとに、まだ手前に居残っているメバルも居るのではと想像し、リグを軽く投げて、目の前の駆け上がりを中心に狙うことにする。この方が手返しも良いはずだ。
 潮にリグが押されているため、柔らかなPEラインが弛んでしまい、ロッドからの情報が鈍感になっているが、明らかな違和感があり、ロッドを少し送ってからフッキングを入れると、ジリジリジリ・・・とドラグが鳴る。ロッドの彎曲具合を確認すると良型であることが分かる。手前のブロックに潜られないように、強引にやりとりをして一気に抜きあげる。完全にワームが飲み込まれていたため、下手をすればラインブレイクを招いたかも知れない。幸先の良い、良型のメバル26cm。


02-20150613_24.jpg
午後10時10分、20cmを少し超えるメバル。

 方向を変えて、潮下の方向にキャスト。遠投の必要はないと判断して、駆け上がりを中心に攻める。潮の抵抗を感じながら、フロートリグの後方にあるジグヘッドがユラユラと漂うようなイメージで、超デットスローで引く。軽量のジグヘッドなら、場合によってはリーリングをせずに、ロッドにテンションをかけておくだけでも小魚やアミエビが漂う状況を表現することが出来るかも知れない。何度か小さなアタリがあるも乗らず、同じラインをトレースすると、クンッと明確なアタリ。ジグヘッドをひったくり、潮に乗って走っていることが分かる。潜られそうになるところを交わして、一気に抜きあげる。


03-20150613_25.jpg
午後10時20分、小型のメバル。

 潮下を更に攻めると、何度かメバルらしきアタリがあるも乗らず。ジグヘッドを1.0gから0.5gに変更する。即座にカツッと鋭いアタリ。小型ながら本命のメバル。バイト後の素早い動きに一瞬、セイゴがヒットしたのかと勘違いするほどであった。


04-20150613_30.jpg
午後10時30分。24cmのメバル。

 東の風が強く吹き付け、リグの操作が難しくなってきているが、構わず潮下にリグを送り込む。風の影響を極力避けるため、ロッドティップを下げて対抗する。まだ辛うじて潮が効いているためリグに抵抗があり、リグを操作している感触をロッドに乗せて、丁寧にリールのハンドルを回す。神経を研ぎ澄ませると、顔の横を通り過ぎていた耳障りな風音がスッと消えて、そしてその代りに静寂が訪れ、海中のジグヘッドがゆらりと漂い、虎視眈々とそれを狙うメバルの陰影が見え隠れする。ロッドティップが吸い込まれるような感覚の後に、クンッと小さなアタリ。少し送ってからフッキングを入れる。グググっとトルク感ある引きがロッドに伝達される。チリチリ・・・とドラグが鳴り、そして風音に掻き消される。ロッドのバット部に魚の荷重を乗せて、慎重に寄せつつ、手前まで魚が寄ってくれば、間髪入れずに一気に巻き上げ、そして抜きあげる。良型のメバル24cm。

 釣り開始からすでに50分。幸先が良いように思えたが、潮の動きが悪くなり、潮目も遠くにいったのか見えなくなり、アタリが遠のいてしまう。30分ほど継続するが、風の影響で体感温度がさがり、釣りに集中できなくなる。場所を移動したM氏に連絡を入れて納竿することに。M氏のクーラーボックスを覗き込むと、10匹以上の良型のメバルが収まっていた。小型はリリースしたとのことだったので、結構な数を掛けたことになる。アッパレ。


05-20150614_14.jpg
 メバルの松皮造り。昆布締めにして旨味をアップ。子供達に大好評。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年6月13日(土)午後9時40分~午後11時20分
 潮回り:中潮(満潮前後)
 天気:晴れ23度、東の風
 ポイント:神明間某所
 釣果:メバル4匹(最大26cm)


■使用タックル
(1)フロートリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2)スプリットショットリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs


■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ
(2) ジグヘッド
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0g
(3) フロート
 ・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20150613_2809_03.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 超ランチ本“ランチパスポート”で500円ランチ ~吉家~  |  超ランチ本、第4弾“ランチパスポート”で500円ランチ ~鶏ラーメン&餃子 一石二鳥~ »

コメント

こんにちは
メバルの松皮つくり・・・美味そうというか
子供に大人気ということはもううまいんでしょうな!
マネできんです
自分の方は
とうとうというか・・・当たり前というか・・・
竿が破壊してしまい
手竿感覚に近いインターラインにしてみました
磯のインターラインを河川で使うという愚行ぶりでしたが
これが意外にいい感じでした

YUTKUN #- | URL | 2015/06/15 17:41 * edit *

YUTKUNさん、こんばんはっ!

 ご愛用の手竿が逝かれたとのことで心中察します。磯竿を河川で使用されるあたりに、数々の大物と対峙されたエキスパート的なオーラを感じます。まだ入魂が未了とのことですが、新境地を開拓されることを楽しみにしています。

 それにしても、ミートステーション、やりますね~。美味そうですね~。イイ息抜きされてますね~。レバー、美味そう!


追伸:遠くから見れば、インターラインであることはバレないので、リールさえ風景に溶け込ませれば、今までどおりの魁手竿塾でいけるのではないでしょうか。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/06/15 22:33 * edit *

donfanさん

メバル、良型がまじって羨ましい釣果ですね。

横須賀は、GWに赤潮が発生したらしく、それ以来全く数が延びない状況に諦めました。 って、サイズも出ないんですが、、、
そして、シーバス&青物にスイッチした現在、、、何も釣れない日々を悶々と過ごしておりますが、、、またメバルが釣りたくなりました~

メバルの松皮造り? 挑戦できるサイズが欲しいですね。。。

bottu #knr25k1o | URL | 2015/06/16 21:38 * edit *

bottuさん、こんばんはっ!

私の方は、昨年の12月末頃から、時折、メバリングに興じておりましたが、そろそろ終わりになりそうなので、手軽に狙える次なる獲物を探しています。アジングも面白そうなのですが、繊細すぎて迷宮に入ってしまいそうなので、陸からタコでも狙おうかと思っています。

メバルの松皮造りなんですが、少し皮が固かったようで、火で炙る方が良いかも知れません。もしくは素直に皮を取った方がイイのかも。シーズンオフに入る前に、あと何度かメバリングに行っておきたいなと・・・思ってます。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/06/17 22:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/180-25019878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)