05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

フィクセルにロッドホルダーを装着 ~シマノ・ダイワの夢のコラボ~ 

 以前からメバリングやエギング釣行の際に手軽に携行できる小型のクーラーボックスが欲しかったのだが、貧乏臭さ極まれりで、イイ歳した大人が1万円程度の出費になかなか踏み切れず、カタログを眺めては静かに閉じる日々が何と半年ほども続いた。最近は、めっきり陸からの釣りの回数が増え、小型のクーラーボックスの必要性が高まり、更に夏至を過ぎて盛夏が間近になればより必須になるとの切迫感とも相まって、満を持して、購入するに至った。


01-20150620_33.jpg
 熟考の末に選んだのが、シマノ・フィクセル・ベーシスの9リットル。4つのグレードの下から2番目のもので、所謂、廉価版に属する。車で釣行することが主になるので、メインのクーラーボックス(フィクセル30リットル)を車に積み込んでおいて、この9リットルを携行すれば、それほど長時間の保冷力を要しないとの判断の末の選択なのである。上位グレードのリミテッドも気にはなっていたが、金額の壁により敢え無く断念。


02-20150620_34.jpg
 クーラーボックスを購入した暁には、ロッドホルダーを是非とも装着したいと妄想していたのだが、なかなか気に入ったものが無く、これまた熟考の末に選択したのが、ダイワのCPロッドホルダー(定価1,000円程度)。色合いもクーラーボックスに合うし、更には筒状の部分が着脱可能だし、何よりシンプルなデザインが決め手となった。


03-20150620_38.jpg
 本当は、持ち運びのバランスを考えて、横面に装着したかったのだが・・・。


04-20150620_37.jpg
 上の台座の装着部分が浮いてしまう。


05-20150620_39.jpg
 ならば少し下にズラしてみると・・・。


06-20150620_40.jpg
 今度は下の台座の装着部分がハミ出てしまう。

 熟考の末の選択であった筈なのに痛恨のミス。今更ながら、12リットルのフィクセルを購入しておけば良かったと、後悔の念にかられるが、時すでに大幅に遅し。実は、直前まで、9リットルにするか、12リットルにするか悩んでいたのだが、9リットルの方が、本体重量が1kgほど軽くて、持ち運びも良かろうとの最終判断に至り、最後の最後に9リットルを選択したのであった。ちなみに12リットルの方が、僅かに本体に高さがあるのである。とにかく今更遅い。


07-20150620_41.jpg
 ようやくロッドホルダーの居場所を発見。クーラーボックスの前面となるが、唯一、この場所しか安定した装着場所は無いので、止むを得ないのである。


08-20150620_44.jpg
 ロッドホルダーに付属の型紙のようなもので、台座の装着位置を決める。


09-20150620_45.jpg
 油性のマジックでネジを留める場所に目印をつける。


10-20150620_47.jpg
 小型のルーターで、ネジの“とっかかり”となる窪みを付ける。


11-20150620_49.jpg
 台座には、両面テープが付随している、まずは台座を両面テープで固定したうえでネジ留めにかかる。少し体重をかけると意外に簡単にネジが入っていくので、思っていたよりも作業は楽である。上の台座を装着した後に念のため、ロッドホルダーの本体を装着して、下の台座の位置を確認すると、先ほどマジックで目印を付けたところから随分とズレていたので、再度、下の台座の装着位置を調整する。説明書きには、くれぐれもネジを回し過ぎるなと記載されている。


12-20150620_53.jpg
 台座を装着し、ロッドホルダーの本体を取り付けると、このような状態になる。シマノとダイワの素敵なコラボレーションに思わず拍手喝采である。ダイワのマークを消そうかとも思っていたが、意外にイケていると思うので、このままにする。


13-20150620_56.jpg
 ホルダーにロッドを預けてみるとご覧のとおり。クーラーボックス自体に高さが無いために、リールシートが上空に浮いてしまうが、まぁ止む無し。これで今後の陸っぱり釣行が快適になるはずである。


【補足】
 クーラーボックスの側面では無く、前面にロッドホルダーを装着すると、タックルをロッドホルダーにセットしたままにクーラーボックスを持ち上げると、タックルの重みでクーラーボックスが斜めに傾くという予想どおりの状態になるが、クーラーボックスに氷と獲物が入ると、重心が下がり、その傾きも随分と緩和されるのでご安心を。ちなみに私の場合は、移動時には右手にタックルを、左手にクーラーボックスを別々に持つので、心配無用である。負け惜しみでは無い。

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 超ランチ本“ランチパスポート”で500円ランチ ~小麦の実り 灘本店~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~二夜連続、梅雨メバル耐久戦~ »

コメント

おかっぱりはなによりも機動力ですもんねー!ロッドとクーラー両手のときは、古びた足場に足掛けたらダメですよ~笑

どM #- | URL | 2015/06/25 07:25 * edit *

どM殿

 確かに、陸っぱりは機動力がモノをいうので、やはり軽いクーラーにしておいて正解でした。

 古びた木製ハシゴのせいで本当に痛い目にあったので、イシバシのみならず、ハシゴも叩いて渡るようにしています。人生においても、同じような慎重さが必要であるなと・・・思うのですが・・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/06/25 21:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/183-88a39040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)