09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

神戸・明石間メバリング釣行 ~台風一過、濁りをタイトに攻める~ 


 台風11号が過ぎ去った18日でさえ、神戸界隈の高速道路が規制されており、その影響が一般道にまで及び、終日、車の列が途絶えていない。ここ最近まれに見る渋滞ぶりに躊躇して、昼間の移動を最小限に留めて自宅にこもり、“Theフィッシング”や“ビッグ・フィッシング”や“The Hit”を拝聴してモチベーションを向上させ、そして潮汐を確認して出陣の適時を今か今かと伺う。

 午後8時、釣り開始。台風の影響を気にしながら海を覗き込むと、明かに濁っている。おまけに繊細な釣りでは特に厄介な浮遊ゴミも多数見える。悪戦を予想しながらも、海面を全体的に眺めると、良い感じにざわついていて、潮の流れもある。満潮の午後9時頃までが潮時と予測して、短期集中で勝負に挑む。至近距離の釣りでは、徐々にリグが安定しつつあるが、ジグヘッドはメバル弾丸1.5g、ワームはガルプのマイクロ・シェイキー。水面を凝視すれば、パシャパシャとサヨリのような形状をした稚魚が群れている。マッチ・ザ・ベイト。


01-20150718_01.jpg
 護岸沿いにジグヘッドをキャストして、中層域をストップ&ゴーで緩やかに攻める。繊細なアタリを感知するもなかなか乗らない。再度、同じ方向にキャストして、ロッドティップに僅かなテンションをかけつつ、カーブフォールでアタリを待つと、コツッと小さなアタリ。少しだけ送り込んでフッキングを入れると、小型ながらメバルが姿を現した。海水の濁りが気になっていたが、意外にも釣れそうな予感。


02-20150718_04.jpg
 別のトレースラインで更にメバル。以前から、メバルを釣る際には、ワームの長さを非常に気にしていて、長くても1.5インチと考えていたが、こんなにもヒョロ長いワームにでも、しっかりと喰ってくるのだなと今更ながらの発見をする。ワームの先を齧ったようなアタリもあるが、恐らくそれは極小メバルの仕業で、ある程度サイズがあればしっかりと頭部分にバイトしているようだ。


03-20150718_07.jpg
 護岸沿いにキャストしてから、次はボトムを意識して攻める。時折、気まぐれな強風が吹いて、PEラインが煽られてしまい、思い通りのトレースラインを描くことが出来なくなったり、PEラインが護岸に引っかかったりして、手こずったりしつつも、心静かにリフト&フォールを繰り返す。潮の流れの影響もあり、ジグヘッドが手前に押し流されているためにアタリが取りづらいが、何とかフッキングに成功する。躍動感ある引きの後に姿を現したのはカサゴ。


04-20150718_10.jpg
 更にカサゴ。身体の紋様が鮮明で美しい。


05-20150718_12.jpg
 更にカサゴ。然るべくポイントにジグヘッドを通すことが出来るとアタリがある。海水に濁りがあるせいか、ストラクチャーにタイトに付いている印象があって、トレースラインンがズレてしまうとアタリが無く、ジグヘッドを護岸やストラクチャーにタイトにスレスレに通すと、小気味良いアタリで応えてくれる。


06-20150718_14.jpg
 俊敏なアタリの後に素早い動きでロッドを曲げて、そして姿を現したのはクロソイ。この場所では、初めて手にする魚だ。


07-20150718_15.jpg
 中層狙いに切り替えるとメバルが反応する。


08-20150718_17.jpg
 良型のカサゴ。


09-20150718_20.jpg
 メバルを追加。


10-20150718_23.jpg
 カサゴを追加。スリムな体型ながら、メバルかと勘違いしてしまうような俊敏かつ強烈な引きを満喫する。


11-20150718_26.jpg


12-20150718_27.jpg


13-20150718_28.jpg
 狙う場所を間違わなければ、確実にアタリがあるものの、良型になればなるほどにアタリが繊細になり、慎重に聞き合わせを入れるとジグヘッドを飲み込まれてしまう。かと言って、最初の違和感で合わせを入れると抜けてしまう。満潮の潮止まり前の最後のチャンスかも知れない。

 場所を少し移動。護岸沿いにジグヘッドをキャストして、丁寧に沈めてからリーリングを開始すると、突如、猛烈な引き。繊細なメバリング用のロッドが大きく絞り込まれて、ドラグがチリチリと唸りラインが一気に引き出されて、成す術が無い。足場が高いため、大物であれば取り込みは間違いなく不可能。数分間のやりとりの末に、護岸の出っ張りにリーダーが擦れてしまいラインブレイク。逃した魚は大きいと言うが、トルク感からしてシーバスかチヌか・・・。


14-20150718_30.jpg
 更にボトムを攻めて更にカサゴを追加。


15-20150718_33.jpg
 護岸沿いの中層をリフト&フォールで攻めてメバルを追加。このメバルを最後に魚の活性が悪くなり、素早く撤収をすることに。乱れるように吹き抜けていた風が止まると、湿度を持った重い空気がまとわりついてきた。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月18日(土)午後8時~午後9時30分
 潮回り:中潮、満潮潮止まりまで
 天気:曇り、28度
 ポイント:神戸港
 釣果:メバル5匹、カサゴ9匹、クロソイ1匹 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky, Clear Green Holo
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g

16-20150718_35.jpg
 安売りをしていた際に購入しておいたワームが大活躍。匂いもさることながら、形状と色がマッチしているのだろうか。


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
17-20150718_2807_03.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~強風対策、ヘビーダウンショットリグにて~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~うら若き乙女の香りとともに~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/190-0a3cc902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)