09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

神戸・明石間メバリング釣行 ~猛烈な引きの正体は~ 

01-20150724_33.jpg
 週末を最上の状態で突入すべく、飲みに行くか、釣りに行くか。思案の末に考え付いたのは、まずは潮風を感じながら釣りを満喫し、そして一度帰宅してから夜の町に紛れる欲張りプラン。街中の喧騒を抜けて神戸港へ。

 午後8時前にポイントに到着。満潮の潮止まりまでは3時間以上あるので、思う存分に釣りを楽しむことが出来る。昨日は、最初に中層に付くメバルに照準を合わせたが、メバル自体の数が少ないのか、思い通りの釣りが出来ず、結局、ダウンショットリグに頼る結果となった。今日は、最初からダウンショットリグで、ボトムを攻めることとする。


02-20150724_35.jpg
 場所を移動しながら5投目。護岸沿いにキャストして、底を取ってから一定の速度でリグを引く。モソッ・・・とした柔らかいアタリを感知し、ラインを巻き取りながら聞き合わせを入れると、一瞬、根掛かりしたような鈍重な抵抗感がロッドに伝わり、そして数秒後にトルク感たっぷりの猛烈な引きに変わる。甲高い音を奏でながらドラグが軽やかに滑る。ロッドは大きな弧を描き、バットの部分で耐えている。未だかつてない大物、慎重に、慎重にやりとりをすると、数分後に海面に魚体が見えた。でかい。ロッドで引き抜くことは不可能と判断し、手にタオルを巻き付けて、そしてリーダーを掴んで、一か八かで一気に抜きあげる。今まで見たことがない巨大なクロソイが横たわった。大雑把な計測であるが45cmほどある。幸先が良い。


03-20150724_37.jpg
 ここ最近の釣行では、ダウンショットリグを投じた際にストップ&ゴーでジグヘッドを動かして、魚にバイトの間を与えるようなリズムにしていたが、活性が高い場合には、ジグヘッドを飲み込まれてしまうことが数回あったため、極力、魚にダメージを与えないような釣りをせねばと常々考えていたこともあって、今回は、一定の速度でリグを引くことと、潮上には極力ジグヘッドを撃たないようにして、魚のアタリを即座に捉える状態を作ることに重きを置いて、釣りを進める。
 カツッと鋭いアタリ。20cm程度のカサゴ。先ほどの大物との対峙の直後では、物足りなく感じてしまう。


04-20150724_39.jpg
 カサゴよりかは柔らかいアタリで、しかしながら引きはカサゴより左右に大きく動き躍動感に溢れているタケノコメバル。見た目は同じような魚なのに、バイトの仕方、引き、釣り上げた後の暴れ方などが、魚種によって随分と違う。


 護岸沿いに投じたダウンショットリグをズルズルと弾いていると、パンッと弾くようなアタリ。即座にロッドを立てて、魚の動きを捉えると、明かにカサゴやメバルなどと動きが異なる。ドラグがジリジリと唸り、ロッドは引きに耐えるように大きく彎曲し、そしてラインが潮下に滑るように走る。シーバスの姿が脳裏をよぎる。突っ込むような引きを慎重にいなして、数分後に海面が割れた。何とチヌの銀鱗がギラリと光っている。サイズは40cmあるかないか。ランディングネットを持って来ていないため、またもや引き抜く必要がある。タオルを手に巻いて、リーダーを掴んで、意を決してヨイショと一気に引き抜くと、その画像はスローモーションに転じて、チヌが護岸に乗るか乗らないかの瀬戸際で、左手に握っていたラインのテンションが消えて、そして勢いよく海面に魚が飛び込んだ。フックの軸が#8では、止むを得ないが、見事にフックが伸びていた。


05-20150724_43.jpg
 魚の活性は依然として高い。カサゴやタケノコメバルが次々に反応してくれる。メバルも姿を現した。


06-20150724_46.jpg
 暗い海面が騒々しいなと思いきや、至る所でベイトが群れている。

 午後9時頃になり、パタリと魚の反応が悪くなる。キスのアタリが頻発するも、それも乗せることが出来ず。1時間と少しであったが濃密な時間を過ごしたこともあり、缶コーヒーを啜り素早く納竿とした。一度、帰宅して車を置いて、予定どおりに夜の街に紛れ込むことにしよう。楽しい週末の始まりだ。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年7月24日(金)午後8時~午後9時15分
 潮回り:小潮、上げ潮
 天気:晴れ、29度
 ポイント:神戸港
 釣果:計10匹(クロソイ1匹(45cm)、メバル1匹、カサゴ6匹、タケノコメバル2匹) 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグでも使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky, Clear Green Holo
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
(3) ダウンショットシンカー
 ・3/16オンス


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
20150724_2807_03.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~満月、大潮、熱帯夜のボトム狙い~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~新釣法“キッシング”開拓?~ »

コメント

すごいですね!!

初コメント失礼します。神戸港のおかっぱりで45cmのソイとは強烈ですね!しかもタモなしでよく取り込めましたね!!お見事としかいいようがありません!!自分も神戸在住ですが普段は船釣りがメインでおかっぱりは秋の太刀魚ぐらいしかしませんでしたがオレノスタイルさんのブログを拝見して今後はおかっぱりの根魚もチャレンジしてみたいです!!

tribute #- | URL | 2015/07/26 11:23 * edit *

donfanさん

ソイ45cmとは、、、恐れ入りました~
末端価格(居酒屋相場)は、お刺身で4000円ってとこでしょうか。

一瞬、キタキツネの住む地域で釣をされたのかと思ってしまいましたよ 笑

それにしても凄い! おめでとうございます。
あ~ あやかりたいっす。。。

bottu #knr25k1o | URL | 2015/07/26 16:15 * edit *

tributeさん、はじめまして。オレスタご訪問ありがとうございます。

 私も船での釣りを楽しんでいるのですが、お金もかかるし頻繁に行けないので、最近は陸っぱりを挟みながら楽しんでいます。

 普段は、良くてもカサゴの26cmがせいぜいなんです。このソイは本当にまぐれで、我ながら良く捕れたなと思います。フックの刺さった位置も良かったのかも知れません。このソイの直後に掛かったチヌは、抜きあげるときにフックが伸びてポチャリ・・・でした。すでにソイを釣った時にフックが伸びかかっていたのかも知れません。

 どんな場所でもフィールドに出ると、毎回、色々な発見があって面白いですね~。これからもボチボチと神戸界隈の釣果をアップしますので、お時間のある時にでもご覧くださいまし。

 

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/07/26 18:31 * edit *

bottuさん、どもどもです。

 やはり丸ボTシャツの御利益かと思っています(笑)。先日のタイラバの時に着て行けば良かったなと。

 今年は、アジングを楽しもうと目論んでいるんですが、この辺では、あまり良い話が聞こえてきません・・・。引き続き、秋頃まで、カサゴ中心で粘ってやろうかと目論んでいます。

 今日は潮が悪いので、出撃するのを躊躇しています・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/07/26 18:38 * edit *

釣れてますね

こんにちは
いやー何だかんだ釣れてますね・・・
やっと坊主街道から抜け出れましたよ
やっぱり釣りは迷ったらダメですね
どうしても釣りたいからああじゃないこうじゃないやってしまうのですが
それがいけないとは言いませんが
どんどん狂っていいってしまうのがわかったので
はじめの釣り方に戻したら
釣れちゃいました

しかし暑いです・・・・

YUTKUN #- | URL | 2015/07/27 13:00 * edit *

YUTKUNさん、こんばんは~。

あぁ~まったくもって同感です。

釣り具屋に行ったり、雑誌を読んだり、テレビを観たり・・・すると、いつもながらに洗脳され、あれこれとお金を投資してはいらぬものを購入し・・・現場で使用するも使いこなせず、あげく訳が分からなくなって撃沈・・・ということが何度もあります。イイ加減に学習せねばならぬのですが・・・日本の商売の巧みさに翻弄されています。

こちらも暑くてたまらんです。


donfan #mQop/nM. | URL | 2015/07/28 00:15 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/194-f0e8eae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)