03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

神戸・明石間メバリング釣行 ~神戸港のカサゴは何処へ~ 

01-20150816_18.jpg
平等院鳳凰堂(京都府宇治市)。言わずと知れた10円玉の表側のデザインになっている。


02-20150816_42.jpg
蓮の華が煌びやかに。


03-20150816_43.jpg
鳳凰堂たる所以、金色の鳳凰が本堂の屋根に輝いている。1万円札をご覧頂くと、この鳳凰が描かれている。

8月18日(火)

 仕事を終えてから、車に釣り道具を積み込んで神戸港へ。忙しないクマゼミの鳴き声が、いつしか晩夏の哀愁漂うヒグラシのカナカカナカの鳴き声に変わっている。曇り空が多いこともあり、随分と過ごしやすくなってきた。神戸港に到着すると、潮風がふわりと流れていて、海面のざわつき、サヨリの稚魚の群れ、新月周りならではの明暗、潮回り、釣れそうな雰囲気は十分に漂っているが、少し前にエイが現れてからは、何故か釣果が思わしくない。

04-20150818_57.jpg
 潮止まりまであまり時間が無く、時合は極短いはず。ダウンショットリグを投入して、護岸沿いを念入りにトレースすると、微細なアタリは感知するものの、なかなか乗らず。微細なアタリを感知すれば、ハンドルを回す手を少し止めて、ロッドを立てながら魚の反応を窺う。ロッドティップが、クッと入った瞬間にハンドルを回してジワリとラインにテンションをかけると、何とか乗せることに成功する。最近稀に見る極小カサゴ。


05-20150818_58.jpg
 なるべく潮通しが良さそうな場所を選んでは、リグを投入して全神経を集中して魚の反応を探すが、たまに小さなアタリはあるものの、食いが浅いのか、それとも別の魚なのか、なかなか乗せることが出来ない。バラバラに散っているカサゴを見つけては、辛うじて拾い釣りをする状況が続く。明らかに魚の個体が少なくなっている。先日の高水温のせいか、エイのせいか。


06-20150818_61.jpg
 乗らなかったアタリをしつこく攻めて、何とか3匹目。すでに1時間以上が経過している。貧釣にも関わらず、海沿いでロッドを振っている間は、暗闇に包まれて、波のざわめきを聞きながら、潮風を浴びながら、無に帰す状態が心地良い。ただ、ワームを交換した際など、しゃがんだ状態からふと立ち上がる時に、猛烈な立ちくらみがしてフラフラと海に落ちそうになるので、これは要注意であるが、兎に角、良い時間が過ぎる。


07-20150818_62.jpg
 場所を移動して、護岸沿いを丁寧に攻めて4匹目。満潮で潮の動きが悪くなり、これにて納竿とする。


8月20日(木)
 釣れない理由が単なるシーズナルパターンに起因するものなのか、それとも海水温の上昇やエイなどのフィッシュイーターの回遊による一時的な影響なのか、未だに釈然としないことを理由にして神戸港に車を走らせる。時折、小さな雨粒が落ちてくるが、火照った身体に落ちると、これが結構気持ちが良い。潮回りは新月後の中潮、満潮まで3時間、夜風、海面のざわつき、状況は悪くない。冷たい缶珈琲を啜って、そして釣りを開始する。

08-20150820_64.jpg
 護岸沿いにダウンショットリグを投入して、小さな違和感をも逃すまいと、ロッドの角度、ラインの張り、トレースライン、動から静への間、潮の流れなどを考慮して、持ちうる我が狩猟本能を総動員して取りかかるも、海況はより渋さを増しているようで思うようにはならない。一度アタリがあったポイントを確認したうえで、再度、丁寧に、慎重に、執拗に、眼を見開いて同じところを攻めると、辛うじて本日1匹目をキャッチ。苦労した分だけ、小さなカサゴと言えどもやりとりが充実する。


09-20150820_66.jpg
 捕れない微細なアタリの主を突き詰めるべく、ラインテンションの具合、食わせの間、フッキングのタイミングなどを色々と組み合わせて、ようやく貧相な引きの末に姿を現したのは砂浜の女王たるシロギス。護岸沿いにタイトに付いていたのが不思議であるが、思えば、ロッドティップを弾くような連続でカンカンカンとするアタリは確かにキスであろう。我ながらセコイ話であるが、“鬼爪フック”なる超小型のアシストフックをジグヘッドのゲイプに取り付けて、更なるシロギス捕獲を画策するも、残念ながら功を奏することはない。


10-20150820_68.jpg
 潮が動き、良い感じに護岸沿いを潮が流れているが、魚の活性はいまいち。と言うか、そもそも魚が居ないのではないか。一度取り損ねたアタリを再度攻めて、何とか本日3匹目。これ以上続けても好転しないだろうと判断して、ぬるくなった珈琲を飲み干したうえで納竿とした。

 カサゴのシーズンが終わったのであろうか。垂水方面や明石方面では、カサゴの釣果もちらほら見られる。ポイント開拓も兼ねて少し遠出をする必要があるんだろうな。

■釣行データ

1日目
 釣行時間:平成27年8月18日(火)午後8時45分~午後10時30分
 潮回り:中潮
 天気:曇り、気温:27度、水温:28度
 ポイント:神戸港
 釣果:カサゴ4匹 全てリリース

2日目
 釣行時間:平成27年8月20日(木)午後7時45分~午後10時
 潮回り:中潮
 天気:曇り、気温:27度、水温:27度
 ポイント:神戸港
 釣果:カサゴ2匹、キス1匹 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグでも使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky, Clear Green Holoなど
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ バランサーヘッド0.3g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g
(3) ダウンショットシンカー
 ・3/16オンス

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~カサゴ、メバルともに神戸港復調の兆しか~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~フラストレーション解放釣行~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/200-1111a831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)