07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

瀬戸内エギング釣行 ~気難しいアオリイカを攻略せよ~ 

 1年ぶりのエギング釣行を目前に控え、餌木を買い足したり、PEラインを巻き替えたり、FGノットにてリーダーを結束したり、録画しておいた釣り番組で予習復習したり、過去に釣れた場所や時間を確認したり、瞑想に耽ったり、備忘録(遠足で言えば持ち物リスト)を確認しながら準備を万全に整え、翌朝に備えて、午後9時に眠りに就くが、これがいけなかったのか“遠足前の子供みたい”と形容されるが如く、見事に寝付けず、家族が次々に眠りについていくが、最初に眠りに就こうとした私であったが最後に取り残され、10時が過ぎても、11時が過ぎても、日付が変わっても、依然として頭が冴えわたり一向に睡魔が襲ってこない。職場の会議で自分の出番が無いことが分かった瞬間に襲ってくる睡魔なんて、猛烈で、瞬間的で、強引で、延髄を蹴っ飛ばされたようにして意識を失うほどだと言うのに、長いこと生きていても、心のコントロールは難しいものである。

 予定時刻の午前4時30分より、大幅に早起きと相成ったが、この調子では眠れそうに無いと判断して、午前0時30分に起床して午前1時にはアクセルを踏み込んでいた。世間では、まだ金曜日の続きを楽しんでいる人達が大勢いるが、一歩先を行く私は、すでに由緒正しき充実の週末土曜日が開始されたのだ。


01-20150829_03.jpg
 今シーズン初の獲物は、予期せぬケンサキイカ。

 午前2時半頃から釣りを開始。先行者は全くいない、っと思っていたが、金曜日からの延長戦に挑んでいるツワモノか、それとも私と同じように眠りに就けず早めの土曜日を開始した遠足前の子供か、いずれかは知らないが、兎に角、先行者がいるので狙い定めたポイントでは無く、防波堤の突端に陣取りつつ開始する。晩夏の風が気持ちよく吹き抜けている。2号の餌木をキャストして、十分に沈めてからシャクリ続けるが、睡眠の時間を削って妄想しすぎたいせいで、頭に爆釣のイメージが醸成癒着していて、イカの反応の無さに精神的ダメージをまずは受ける。餌木を色々な方向に投げ倒して、ようやく弱々しいイカらしき反応があり、墨が噴出されるのを目視しつつ、ゆっくりと抜きあげると、“アオリイカって、こんな形だっけ?”っと1年のブランクは脳内に保存されたデータをいとも簡単に劣化させる。良く見るとケンサキイカではないか。


02-20150829_04.jpg
 あまりに釣れないためダウンショットリグを投入して、足元を攻めるとカサゴが反応してくれる。素直で宜しい。ここで大粒の雨が落ちてきたために素早く撤収して、車内で横になる。暗闇で、天空から降り注いできた大粒の雨が、車の屋根をバタバタ叩く音を聞いていると、修行僧の如く、精神が統一され、無に帰していく。修業をしたことが無いので、あくまでイメージであるが、恐らくこれに近いはずだ。


03-20150829_06.jpg
 雨があがり、釣りを再開する。ケンサキイカを2杯追加する。しかしながら、何故かアオリイカの反応が無い。近くまで餌木を追尾してきているのかも知れないが、暗闇では、それを確認する術が無い。午前4時前、このまま粘っても状況が好転しないと判断して、夜明けの時合を逃すまいと別のポイントに移動する。


04-20150829_08.jpg
 本日、1杯目のアオリイカ。

 ジワジワと夜が明けると、空にはみっちりと雲が詰まっていて、僅かな隙間から水色の空が見えている。昼間の釣りのことを考えると、晴天灼熱地獄より、ぼんやり曇っている方が有り難い。追い風に乗せて、餌木を出来る限り遠投して、十分に沈めてから、シャクリとステイを繰り返す。数投して、ようやくアオリイカの姿を確認する。満潮の潮止まり前で、いまいち活性が高くないのか、イカ達は一定の距離を保ったままに餌木に接触することはなく、警戒心を露わにして遠目に餌木の動きを凝視している。餌木を再度投入して、誘いをかけるとようやくイカパンチの後にグイグイとイカの噴射による引きがロッドに伝わってきた。餌木のカンナが辛うじて触腕を捉えている。


05-20150829_09.jpg
 不安定な足場を慎重に移動しながら餌木をキャストしてはシャクリを繰り返す。30分後にようやくの2杯目を追加し、更に3杯目を追加するが、潮が止まったせいかその後が続かない。


06-20150829_12.jpg
 あまりにイカの反応が悪いため、集中力欠如の後に戦意喪失、寝不足で意識朦朧の状態となり、気分を変えるためにアジングを楽しんでいる人達に交じって、ジグヘッドを投入する。足元に群れているメバルを執拗に攻めて、ようやくヒットに持ち込むことに成功する。小さすぎる。


07-20150829_14.jpg
 午前9時半頃に干潮の潮止まりから、潮が動き始めた。潮上に餌木をキャストして、アップクロスで攻める。なかなか気持ちの良いバイトに持ち込めずに苦戦するが、まずは遠目に居るアオリイカを近場まで集め、餌木に興味を示すアオリイカ数杯を確認すれば、いざ接近戦にてリアクションバイトへと誘導する。ライバルとの競争心に満ちたイカ達が、我先に餌木にアタックする状態を作ることが出来れば、こっちのもの。偏光グラスの威力発揮であるが、イカパンチの瞬間と合わせのタイミングが合えばフッキングに持ち込むことが出来る。


08-20150829_19.jpg
 触腕イカパンチを捉えたアオリイカ。


09-20150829_20.jpg
 ガッチリと餌木を抱いたアオリイカ。

 潮が動き始めてから明らかにアオリイカの反応が良くなっている。一方で警戒心満載の慎重な奴らも居るために、潮上に餌木を遠投して、餌木が沈む頃には斜め左10度アタリになり、少しアップクロスの状態からシャクリを入れると、沖合の海の色が少し濃い部分でグワンと心地良いアタリを捉えることに成功する。グイグイとジェット噴射の抵抗の後に餌木をガッチリと抱いたアオリイカの姿が見える。

 午前の部でケンサキイカ3杯、アオリイカ12杯。思いの他、厳しい状況であるが、潮止まりを利用して、近くのコンビニで昼食を調達して、更に休憩を入れる。程なくして、釣友T氏とその友人と合流して、午後の部を開始する。


10-20150829_22.jpg
 場所を数キロ移動して、海水浴場の両脇の突堤で釣りを開始する。砂浜には、夏を満喫している水着の人達が大勢いて、歓喜が響き誠に楽しそうであるが、一方のこちらの格好と言えば、長袖、帽子、サングラス、ウエストバックにロッドという、明かに海水浴場の雰囲気にそぐわないこともあって、好奇の標的に晒されるのであるが気にしない。開始15分、砂浜に沈むブロックの脇に餌木を通すと、ワラワラと興味を示すアオリイカの姿が見える。奥にも数杯のアオリイカが餌木を注視している。アンダーキャストでフォローを入れると、あっさりと喰ってきた。同じ場所で更に2杯のアオリイカを追加したところで、イカスミのせいか警戒心が高まり反応が無くなってしまう。


11-20150829_23.jpg
 5分ほど歩いて、砂浜の両脇にある反対側の突堤にて再開する。潮通しの良い突堤が切れる部分に餌木を遠投して、まずはアオリイカが居るかどうかを探ると、早速、ワラワラとアオリイカの姿が見える。やや良型のアオリイカも見える。フォローで表層をキビキビとシェイキングしてから、アオリイカ達の真上で、スッと力を抜いてフォーリングさせると、間髪入れずに喰ってきた。狙い通りだ。更に数を伸ばしたいところであるが、大粒の雨が落ちてきたために撤収し、午後2時過ぎ頃をもって納竿とした。T氏及びその友人は、更に夕方まで粘るとのことで、雨の中を車で颯爽と走り去った。


 秋のアオリイカのシーズンが始まった。

12-20150829_26.jpg



■釣行データ
 釣行時間:平成27年8月29日(土)午前2時~午後2時
 潮回り:大潮
 天気:曇りのち雨、気温:24~28度
 ポイント:瀬戸内某所
 釣果:計19杯(ケンサキイカ3杯、アオリイカ16杯)

13-20150829_29.jpg


■使用タックル
(1) 餌木2号~2.5号用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2) 餌木2号
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー
 ・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)
 ・YO-ZURI、アオリーQ RS 2.0号(8.6g、沈下速度 3秒/m)

スポンサーサイト

[edit]

« 瀬戸内エギング釣行 ~エギング修業、朝から晩まで耐久釣行~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~カサゴ、メバルともに神戸港復調の兆しか~ »

コメント

donfanさん

凄いですね、爆釣じゃないですか。
しかもケンサキイカまで釣れるとは、瀬戸内海恐るべしって感じですね。

う~ん、食べたくなってきました~ 笑

bottu #mQop/nM. | URL | 2015/09/01 12:23 * edit *

こんにちは

アオリですか・・・
アオリイカはうまいですよね
イタリアいってもスペインいっても
アオリイカは大人気でしたよ
イタリアでエギ使ったら
地元の方が凄い興味津々で5時間くらい
付きまとわれたの覚えてます
3ッあげちゃいました

YUTKUN #- | URL | 2015/09/01 14:02 * edit *

bottuさん、こんばんは!

ケンサキイカは狙いじゃなかったんですけど、なんか釣れちゃいました(笑)。お次は狙って釣りたいところです。釣れる期間が短いので、バシバシ行こうと思うます!

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/09/01 21:15 * edit *

yutkunさん、こんばんは~!
先ほどまで、どえらい雨が降ってました。

海外でもアオリイカは大人気なんですね~。イタリアでエギング?なんと。海外でエギングはしたことがありませんが、釣れるもんですね~。そういえば、結構、ヨーヅリの餌木やルアーって海外で売っていますよね。

鋭いシャクリを海外の人たちが見たら、きっと不思議な釣り人に見えるでしょうね。海外に行く機会があったら、是非、エギングにチャレンジしようと思いま~す。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/09/01 21:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/202-0cc68883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)