06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

神戸・明石間メバリング釣行 ~予期せぬ大物とのやりとり~ 

01-20150912_06.jpg
 鬱陶しい秋雨が続き、晩夏の名残を感じるまでも無く、道行く人々の装いはすっかり秋色に変わっている。先週は早朝から鰤狙いのキャスティングゲームに没頭したため、夜のライトゲームを楽しむ時間が無かったが、さすがに疲労困憊となったので、週末はのんびりと神戸港で小物狙いに興じるとする。

02-20150912_09.jpg
 緩やかに潮風が流れ、実に気持ちが良い。海面は少しざわついていてベイトが群れている状態であることが伺える。まずはいつも通りにダウンショットリグを投入する。1投目から違和感を察知し、再度、同じラインを通すとクンッと鋭いアタリの後にラインが走る。予想通りのメバル。幸先が良い。


03-20150912_11_01.jpg
 過去の実績を思い出しながら、良さそうな場所を中心にテンポよく探る。メバルらしきアタリが頻発するが、小型すぎるせいか、なかなかフックアップに至らない。満潮からの下げで潮がグイグイと動いている。護岸沿いにリグを投入して、潮の重みを感じながらゆっくりとリグを操作すると、静かな違和感の後にジリジリと増す重量感。素早くフッキングを入れると、ソリッドティップが柔軟に魚の動きに追随する。やりとりを楽しんだ後に姿を現したのは25cmを超える良型のカサゴ。


04-20150912_14.jpg
 色々なラインを手短にトレースするも、微細なアタリはあるものの、なかなかロッドを絞るに至らない。場所を移動しながら、次々にリグを投入するが沈黙が続く。護岸沿いにリグを投入して、一定の速度で引いていると、メバルのアタリが頻発するが、相変わらず乗らず、メバルを避けるようにして、別のトレースランを選ぶと、極わずかなアタリを察知して、少しラインの動きを止めて様子を伺うと、グググと引きが伝わってきた。ロッドを大きく引いてフッキングを入れると、大型のメバルのような遊泳力ある躍動感に満ちた引きが、ドラグを鳴らす。そして姿を現したのはカサゴ。サイズは25cm程度であるが、カサゴにこれほどまでの手応えがあるとは驚きを隠せない。


 徒歩で場所を大きく移動する。移動途中に数人の釣り師と挨拶がてらに情報交換すると、鯵が入ってきている、サヨリの群れでシーバスがボイルしていたとのことで、海が賑やかになってきている様子だ。中層を狙うためにジグヘッドリグに変更する。

 照明が海を照らす突堤沿いにジグヘッドを投入する。2投目。


05-20150912_15.jpg
 中層を一定の速度で移動するジグヘッドに、潮流の影響を受けた時のような重みを感じた瞬間に圧倒的なトルク感がロッドを絞り込み、そしてドラグが甲高く唸り、ラインが遠慮なく引き出されていく。少しだけドラグを締めて魚の動きを制するが、リール、ロッド、ライン、リーダーはこの引きに耐え得ることが出来るが、肝心要の魚の接点であるフックが危うい。メバル用の細軸フック(メバル弾丸#8)でどこまで頑張れるか。そもそもランディングネットも無い。

 隣で釣りをしていた年配の方にタモを拝借出来ないか尋ねると、快く貸してくれるとのこと。“焦らんでイイからなぁ”と言葉を残し、ミニバンのラゲッジに頭を突っ込んでゴソゴソとタモを捜索してくれている。黒い海にギラリと銀鱗が翻った。シーバスだ。ジグヘッドのフックを労わるために、ドラグを少し緩めてタモを待つ。他力本願極まりないのは百も承知であるが、なかなかオジサンが現れない。その間もシーバスは有り余る力を発揮して、ロッドを根元から豪快に曲げながら、ドラグを軽快に鳴らしながらグイグイとラインを引き出す。ポンピングで慎重に魚を寄せる。待つこと5分。ようやくオジサンがタモ片手に現れ“これ新品なんや~”と言いながら、タモを海中に浸して準備万端整った。数回に亘ってシーバスの突っ込みに堪えて、ようやくタモに納まったのは良型のシーバス。計測すると76cm。快いオジサンに感謝。

 タモを貸して頂いた御礼にシーバスを差し上げて、本日はこれにて納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年9月12日(土)午後7時40分~午後9時30分
 潮回り:大潮、下げ
 天気:晴れ、気温:27度、水温:25度
 ポイント:神戸港
 釣果:計4匹(シーバス1匹76cm、カサゴ2匹、メバル1匹) 

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグでも使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ バランサーヘッド0.3g
 ・ダイワ ロックフィッシュ・ジグヘッド0.5g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g
(3) ダウンショットシンカー
 ・3/16オンス

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20150912_2807.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~鰯の大群、ボイル~  |  瀬戸内海キャスティングゲーム ~ショアから狙うは鰤~ »

コメント

こんにちわ

メバリングでシーバスは厳しそうだ
超ライトタックルでこのての魚は
リスキーだけどたのしいですよね
シマノのホリデーボートてカツオ掛かったときは
ドキドキでした

yutkun #- | URL | 2015/09/15 13:00 * edit *

donfanさん

絶好釣ですねぇ~♪
あやかりたい。。。(^^ゞ

kuri #wQAHgryA | URL | 2015/09/15 22:06 * edit *

yutkun、おはようございます。

このシーバスを釣った時は、もしかすると今までで一番スリリングなやりとりだったかも知れません。なんとなく、yutkunさんが楽しんでおられる延べ竿での鯉釣りがこれに通ずるのかなと感じました。

普段、オーバースペック気味なタックルで釣りをしているので、この機会に少し見直しても良いかと思ってます。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/09/17 07:39 * edit *

kuriさん、おはようございます。

絶好調・・・・のように見えますが、最近はかなりの頻度で釣行しているので、結果、色々なハプニングがあってブログのネタになります(笑)。可能な限り、フィールドに出ようと思ってます。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/09/17 07:42 * edit *

Yes seabass!

donfanさん
今度はシーバスですね、、、しかもグッドサイズ!
76cmをライトタックルで捕るとは、お見事ですね。。。

きっとロッドがグリップから弧を描いたでしょ ^^

以前メバルのロッドでイナダを狙っていたころを思い出しました  笑

bottu #mQop/nM. | URL | 2015/09/17 22:08 * edit *

bottuさん、どもどもです。

シーバスを無事に捕獲できたのは、他力本願、偶然にも隣で釣りをされていたオジサン(釣り具販売を商売にしている人)が新品のタモを差し出してくれたからこそ・・・なんです。

PEラインの進化のお蔭で、昔なら確実にラインブレイクするような魚が捕れるようになりました。Japanese Technology に感謝です。

っで、メバルロッドでイナダですか!?
根元からブチ曲りで最高に面白いでしょうね~。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/09/18 01:04 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/205-e7ae9905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)