07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

瀬戸内エギング釣行 ~今シーズン最後のエギング釣行~ 


 遅ればせながら9月最終週に滑り込みで夏季休暇を取ることが出来たので、虎視眈々と釣行の機会を伺うが、十数年ぶりに倉敷にお出かけしたり、天候(風)がいまいちであったりして、機会を逸しそうな予感も漂いつつある週半ば、爆弾低気圧が近畿地方に迫りくる前に釣っておかないと、今シーズンのエギングが終わってしまうとの焦燥感も高まり、9月最終日にいざ釣行と相成った。今日は、ポイント毎の潮汐と風向き考慮して、夕方までに4~5か所程度をランガン釣行する作戦。


01-20150930_05.jpg
 午前6時、最初の港に到着。前方には、よく見れば欠け気味ではあるが、普段の1.14倍の大きさを誇る所謂スーパームーンが夜明けの空に凛と輝きを放ち、海面を眺めれば、干潮からの上げ潮でグイグイと潮が動き始めているし、少し冷たい秋風が追い風として味方してくれているし、万端整った感があり、釣れそうな雰囲気満載である。しかしながら、この港は相当な人気ポイントらしく、平日の午前6時だと言うのに10人近くの釣り人が勢いよくロッドを煽っている。


02-20150930_08.jpg
 潮の流れが淀むポイントに狙い定めて餌木を通すが、一向にアオリイカの反応は無い。場所を変えながら、トレースラインを変えながら、1時間30分も餌木を投げ倒すも、アオリイカの追尾を確認出来たのは、たったの1回。この餌木を追尾してきた良型のアオリイカは警戒心が高く、フォローを入れるも素早く濃紺に消えた。朝の最高の時合に、危うく撃沈してしまいそうな危機を救ってくれたのは、誰も見向きもしない港内側のストラクチャー。アンダーキャストで餌木を投じた後に、じっくりと沈めてから物陰に潜むアオリイカを誘い出して、そしてフォローで複数のアオリイカの間に餌木を落とすと喰ってきた。周りの誰しもが苦戦するなかでの嬉しい1杯。


03-20150930_09.jpg
 更に港内側を丁寧に攻める。漂っているロープの脇に餌木を投じてから、十分に沈めてワンアクション。グググ・・・と力強い引き。豪快に黒煙を噴射してあがってきたのは、1杯目より良型のアオリイカ。更に1杯を加えたところで、俄かに港内側に釣り師が集まってきたのと、これ以上粘っても良い結果が得られないとの判断から、移動を開始する。


04-20150930_12.jpg
 午前9時、今回初めて訪れるポイント。海水の透明度が高く、また偏光グラスを通すと沖合にシモリが見えて、いかにも良さそうなポイント。横に続く砂利浜も攻めるが、アオリイカの追尾を確認することが出来ず1時間ほどで撤収する。満潮回りが良いのかも知れない。


05-20150930_16.jpg
 更に2時間をかけて、3か所の港を巡るが、人気の場所なのかメディア等で情報が流れているのか、やたらにエギンガーが多くて既に攻めきられた感があるか、ようやく辿り着いた人が少ない港では、アオリイカが餌木を追尾するも潮の動きが悪いのかフォローを入れるまでも無く、早々に見切られてしまう状態で、午前中で僅か3杯の貧果に喘ぐ。イカ墨アートの鑑賞をしている場合では無い。


06-20150930_17.jpg
 正午を境に風向きが変わり、満潮からの下げに切り替わったことを確認して、満を持して実績ポイントに移動する。上げ潮と風の影響で普段より濁りが入っていて、これは具合が悪いなと愕然としたが、潮が下げ始めると、潮の色が良くなってきている。


07-20150930_18.jpg
 地形により潮が転流して、潮の流れが緩むポイントに狙いを定めて餌木を投げ込む。餌木のトレースラインと風向きの相性が悪く、ラインメンディングをしっかりしないと、餌木が流されてしまい、更に餌木が浮いてしまい、狙いたいレンジを外してしまうため、神経を使いながら丁寧に餌木を送り込んではシャクリを繰り返す。まだ波が荒くて、偏光グラスを通しても海中の様子を窺うことが難しいが、活性の高い複数のアオリイカの追尾を確認する。シモリをかすめるラインに餌木を上手く送り込むことに成功すると、予想通りにグインとロッドが入り、そして黒煙が勢いよく噴射される。


08-20150930_23.jpg
 爆釣モードに突入するかと思いきや、かなり渋い状況のままで、シモリに狙いをしっかりと定めて、そして上下左右のメリハリが効いたダートとじらすような十分なフォーリングで誘い出し、最後はフォローで奥に送り込んでから仕留める・・・作戦で更に3杯を追加したが、下げ二~四分でこの状況なので、早めに見切りをつける。


09-20150930_24.jpg
 夕方の時合に併せて、干潮までの下げ止まり前を狙うべく港を移動する。風が吹いているものの、横風では無いので釣りに支障はなさそうだ。今日の釣果を振り返ると、アオリイカがシモリや岩礁耐などの障害物にタイトに付いていることが判明したため、海の状況を観察しつつ、シモリなどを集中的に攻めることとする。また、活性の高い個体は、最初の1投目で餌木を追尾してくるか、もしくは何らかの反応を見せるので、1つの場所に固執せずに素早く探っていくこととする。シモリの奥に餌木を投げ込んで、沖合で十分に沈めてから数回のシャクリとフォーリングでシモリの奥で仕留めた狙いどおりの1杯。ガッツリと餌木を抱いていて活性が高そうである。


10-20150930_25.jpg
 偏光グラスをとおして、餌木を追尾するアオリイカの姿を確認する。十分に寄せてからフォローで餌木を投じて、長めのフォーリングで喰わす作戦で更に2杯追加。


11-20150930_29.jpg
 海中に沈む岩盤を発見し、岩盤と岩盤の間で餌木を操っていると、小型のアオリイカがスッと現れて、餌木に興味を示している。手前にシャクるスペースが無いため、ラインを送り出してから柔らかく餌木に動きを加え、黙視できないほどに餌木を沈めると、一瞬、根掛かったような重量感と違和感。すぐさまロッドを立てると、同時に強烈な引き。快音と共にドラグが鳴り、スプールが滑っている。スプールを軽く手で押さえて、アオリイカの動きをコントロールする。海中に黒煙が滲んでいる。慎重に手前まで寄せてから、リーダーを掴んでゆっくりと抜きあげると同時に豪快に墨を噴射され、上半身が墨だらけになりつつも、今シーズン最大を捕獲出来た喜びの方が大きく、思わず笑みがこぼる。活性が高くなってきている。


12-20150930_32.jpg
 場所を変えて更に良型を追加。この個体も深いレンジで反応したために、バイトの瞬間を目視することが出来ず、更によそ見をしていたこともあって、いきなりロッドが持っていかれた格好になり少し焦ったが、何とか捕獲に成功する。


13-20150930_34.jpg
 アオリイカが反応する場所は、決まってシモリや岩礁などの障害物回りであるため、釣れた場所を少し休ませた後に、同じトレースラインに餌木を通すとやはり良型が反応してきた。更に数杯を追加したものの、干潮の潮止まりで活性が悪くなり、移動しながら潮の動きを待って他の港を攻めようとしたが、現状、良型で締め括れているので、日没を待たずして納竿とした。今シーズンのエギング釣行、これにて終了。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年9月30日(水)午前6時~午後5時
 潮回り:中潮
 天気:晴れ時々曇り、気温:19~24度
 ポイント:瀬戸内某所
 釣果:アオリイカ16杯(小型はリリース)
14-20151001_36.jpg


■使用タックル
(1) 餌木3号以上用
 Rod: Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2) 餌木2号用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
 ・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)
 ・YO-ZURI、アオリーQ RS 2.0号(8.6g、沈下速度 3秒/m)
 ・シマノ Sephia Egixile 4×4tune 2.5号
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~乗らないバイトの正体は?~  |  ランチパスポート神戸版Vol.5 ~Little Treasure Chest~ »

コメント

こんにちわ

ナイスアオリイカですね~
自分の近所だとアオリいないので羨ましい
食ってもうまいし
海でいるのはキス・カレイ・アジ・イワシ・サバ・・・
あと東京湾はシーバス天国です

この前のポークカツレツ・・・ネーミングが関西ぽいですね
関東なら迷わずトンカツかな
中身がビーフ自体関東じゃ以前はお目にかからなかったですし

YUTKUN #- | URL | 2015/10/05 13:49 * edit *

yutkunさん、こんばんは~。

10年以上前に神奈川県の横須賀市に通算8年ほど住んでいたことがあり、三浦半島の油壺や葉山あたりにアオリイカを狙いに行ったことがありましたが、いつも撃沈していました。今思えば、随分とハズれた釣りをしていたなと思います・・・・。

また相模大野にも3年ほど住んでいたことがあり、知人がボートを持っていたこともあって、アクアラインや千葉の富津界隈でシーバス狙いをしていました。いつも期待を裏切らないフィールドで、今でも良い思い出です。

久しぶりに関東で釣りをしたいところですが・・・なかなか機会がなく。

釣りも食べ物も関東と関西では違いがあって、その差を楽しむのも面白いですね~。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/10/05 22:22 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/211-034e0c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)