10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

神戸・明石間メバリング釣行 ~乗らないバイトの正体は?~ 

 午後10時半から開始されるラグビーワールドカップ・サモア戦までにはまだ時間がある。ならばと実に2週間ぶりに神戸港へと向かう。夜風はすっかり涼しくなり、ウインドブレイカーが必要な季節になった。


01-20151003_02.jpg
 まずはダウンショットリグで根魚の様子を窺うことにする。過去の釣行の経験から、ある程度カサゴの付いている場所が分かってきたので、ここぞと言う場所のみを素早く撃っていく。潮が動いているにも関わらず、最初の3投で何らかの反応が無ければ厳しいと言うことになる。すでに厳しい状況であることが判明しているが、ようやく5投目にしてバイトらしき怪しげな違和感を察知。再度同じトレースラインにリグを送り込み、先ほどに違和感があった辺りでじっくりとリグを動かしてみると、普段のコツコツではなく、ググググっと違和感。少し送り込んでから合わせを入れると、およそカサゴとは思えぬ躍動感。小型ながら元気なカサゴが飛び出した。


02-20151003_03.jpg
 合計10投ほどして根魚狙いは厳しいと判断して、ジグヘッドリグに変更する。海面に照明が落ちている場所を凝視すると、海面がピチャピチャと揺れている。ジグヘッドをキャストして、ゆっくりとリーリングするとコツコツとバイトがある。キャストの度に何度もバイトがあるが、全く乗らない。ジグヘッドリグ用のアシストフックとして販売されている“がまかつ”の“鬼爪(Mサイズ)”を装着したうえで、再度投入し、更に表層を素早く引いてみると、ゴンっとフッキング。ドラグがジジジっと快音を奏でる。暫くして姿を見せたのは、高速バイブレーションで写真すら撮ることが出来ないが、元気な鯖が姿を現した。


03-20151003_04.jpg
 鯖を数匹追加したところで、鯖の群れが去ったのか、お次はサヨリがヒット。サヨリの口は小さく、また硬く、おまけに魚自体が軽いため、なかなかフッキングに至らず。何とか“鬼爪”が奏功して、サヨリを捉えることに成功するも、1キャストで何度もバイトがあるにも関わらず、フッキング率で言えば1割ほどしかなく、実にもどかしい。サヨリのバイトを高い確率で捉えることが出来れば、これはこれで面白いだろう。数匹を釣ったところで、反応が悪くなったため、歩いて活性が高そうな群れを探す。


04-20151003_09.jpg
 数分後にサヨリの群れを発見。ロッドを立てて、表層を早めに引いてくると、ほぼ確実にバイトがある。相変わらず、フッキング出来ずに難儀するが、“鬼爪”の効果もあってポツポツと飽きない程度に釣れる。ここで数匹を追加して、合計10匹になったところで場所を移動する。


05-20151003_12.jpg
 以前に鯖ボイルに沸いていた場所に移動する。残念ながらベイトの姿を確認出来ないが、ジグヘッドを護岸沿いに高速で泳がせてみると、1投目からゴツンとバイトがあり、ドラグがジジジっと甲高い音を奏でる。やはり鯖の群れが入っているようだ。キャスト毎にバイトがある。鯖の場合、サヨリと異なり、バイトの瞬間に軽くラインを緩めれば、高い確率でフッキングに持ち込めることが判明する。鯖が反応するジグヘッドの動きもワンパターンでは無く、表層を高速で引いた時に反応が良い時もあり、またカーブフォールが効くこともあり、軽いトゥイッチングに分がある時もある。色々なアクションの練習になる。


06-20151003_15.jpg
 こちらはセイゴ。

 2時間ほどで撤収する予定が、すっかり夢中になっていたようで、気が付けば3時間も経過している。潮止まりも近く、またサモア戦も控えているため、午後9時過ぎで納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年10月3日(土)午後6時~午後9時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ、気温:24度、水温:24度
 ポイント:神戸港
 釣果:計20匹(サヨリ10匹、鯖8匹、カサゴ1匹、セイゴ1匹) 全てリリース

■使用タックル
ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグでも使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
07-20151003_2807.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« ランチパスポート神戸版Vol.5 ~Grill Bar MITSU~  |  瀬戸内エギング釣行 ~今シーズン最後のエギング釣行~ »

コメント

確かに!

今回のラグビーは見逃せないですよね
特に今回サモアと日本は実力が近いので

一大会初の2勝目もかかってましたからね~
日本に勝ちに徹するとか勝ち点の話なんか過去にありえませんでしたからね

魚の話忘れてました
魚種が豊富で楽しそう!
自分なんか鯉以外釣れても似鯉ですから

yutkun #- | URL | 2015/10/06 08:32 * edit *

yutkunさん、こんばんはっ!

いやぁ~サモア戦、非常に面白かったです。組織でプレーする日本と、個人技のサモア、それぞれの特徴があって最高でした。NZを含め、大洋州のポリネシア系の人達のプレーは、スピード感があって最後まで見逃せないですよね。これがセブンスになれば、さらにバックス重視のプレーになるので、NZ、フィジー、サモア、トンガなどの国々が存在感を示すことになります。東京オリンピックが待ち遠しいです。

さて、釣りの話ですが・・・
確かに色々な魚が狙えて面白いですよっ。まぁ本命のがれ的な釣りですけど。これからの季節は、本命のメバル狙いに気合を入れようかと思っています。昨年より、少しはノウハウがアップしているので(たぶん)、今からワクワクです!

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/10/06 22:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/213-07a1b6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)