07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

神戸・明石間メバリング釣行 ~メバルとの戯れ~ 

 昨夜の不甲斐ない釣果に納得できず、今日こそは早めに仕事を切り上げて、満潮からの下げの絶好の時間帯を狙おうと、仕事を素早く切り上げるべく黙々と・・・と言うよりかは、虎視眈々とケジメをつけて脱出の機会を伺うが、そんな時に限ってなかなか思い通りにいかず、帰宅するといつもながらの午後10時。すでに釣りの準備万端の状態にしておいたので、素早く車に荷物を積み込んで、いざ神戸港へ。昨夜より風が冷たく感じる。

 ジグヘッド2.0gで、まずはメバルを中心に狙うことにする。昨夜より潮の状態が良さそうであるが、やはり干潮目前にして、潮の動きが緩慢に見える。鰯の群れを確認するが、今日もこれらを捕食する活性の高い魚の姿は見当たらない。護岸沿いにジグヘッドを投じて、ジグヘッドの重みを感じながらゆっくりとリールのハンドルを回す。時折、メバルらしき小さなアタリがあるが乗らず。


01-20151015_08.jpg
 ジグヘッドをカーブフォールで沈めている時にコツッと鋭いアタリ。お決まりの小メバルのアタリであることは明らかであるが、なかなかフッキングに持ち込めないのも承知の上なので、下手に合わせを入れずにラインテンションをかけて相手の反応を窺うことにする。普段なら、期待させるようなアタリの後にスポッとテンションが抜けるところ、更にグググとロッドティップが入る。ならばと軽くフッキングを入れると、上手い具合に乗った。小型のメバルだ。


02-20151015_10.jpg
 中層の釣りが成立せず、こんな時は、困った時のカサゴ頼みしかない。ボトム狙いで一気に挽回する作戦に切り替えるも、今宵の魚達は気難しいのか、そもそも魚達が居ないのか、やはり苦戦の時間が続く。ボトム付近を丁寧に攻めるべく、ジグヘッドを2gから1.5gに軽くして、丁寧にトレースする。我慢が奏功し、何とかカサゴを捉えることに成功するも、更に1匹を追加した以降は、やはり後が無い。


03-20151015_13.jpg
 普段は攻めない静穏度が高い場所に移動する。護岸沿いや小型船の横にジグヘッドを投じて、ロッドを立てながらラインテンションを少しだけかけて、カーブフォールとただ引きで誘いをかけると、クンクンクンっと繊細なソリッドティップを震わすアタリ。少し送ってからラインテンションをあげると、躍動感ある小さな水飛沫が弾ける。サイズはまったく期待出来ないが、場所を移動しながら辛うじて更に2匹を追加したところで、眼精疲労で目がしょぼしょぼして、猛烈に疲労が蓄積していることを実感し、とぼとぼと帰途についた。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年10月15日(木)午後10時40分~午前0時
 潮回り:中潮、下げ5分~
 天気:晴れ、気温:20度、水温:22度
 ポイント:神戸港
 釣果:計6匹(カサゴ2匹、メバル4匹) 全てリリース

■使用タックル
(1)ジグヘッドリグ用(ダウンショットリグでも使用)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g~2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
20151015_2807.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~イワシの大群、ボイル~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~強烈な引きの正体は、意外な魚~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/217-5102ea62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)