07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

神戸・明石間メバリング釣行 ~メバルのシーズン到来は~ 


 仕事に翻弄され遅くなったり、早く帰宅出来たかと思いきや、強風、雷雨にとどめの雹が降ったり、はたまた癒しの飲み会があったりと、釣りどころでは無い日々が続いていたが、更には、冬の日本海丹後半島沖の寒鰤釣行が荒天のために無念の中止になったりして、この鬱憤を晴らすには、いざ物欲解消しかないと思い、ネット通販のナチュラムで爆買を目論むも、昔のようにアレモコレモ欲しい症候群のスイッチが入らず、分相応に来シーズンのための餌木5本とフロロカーボンのライン2個という、何とも健気な買い物になってしまい、やはりフィールドに出てロッドを振るべしと考え、念のために潮汐と天気を確認した後にいざ三宮から垂水方面へと車を走らせるのである。世間ではルミナリエの季節到来である。


01-20151206_15.jpg
 天気予報では、日没とともに北東の風が強くなるとのことであったが、今のところほぼ無風で快適な環境だ。先週の釣行では、上手い具合にアジを釣ることが出来たこともあり、更なる釣果アップを目論んでフロートリグから開始する。先週の反省点を踏まえて、先糸式フロートリグ(中通し)にリーダーは長めの80cm、ジグヘッドは超軽量の0.2g、ワームは吸い込みやすさを意識してダイワのビームスティック1.5インチという、アジにとっては脅威となる、いきなりの完璧な布陣にて挑むことになるのだが、そもそもアジが居ないらしく反応がない。僅か1週間で海の状況が変わってしまっている。
 深場はノーマルリトリーブにて、表層のアジもしくはメバルに照準を定め、浅場に近づくと、ストップ&ゴーの要領で、ジグヘッドをカーブフォールさせてボトムを意識した釣りを展開すると、浅場でソリッドティップと中通しフロートとの組み合わせによる効果が発揮され、極小カサゴを捉えることに成功する。


02-20151206_18.jpg
 丁寧にジグヘッドをカーブフォールさせてやると、ジグヘッドがボトムに柔らかく着地したところで、ククンっとお馴染みのカサゴのアタリ。フックポイントがまだ新鮮ということもあり、小さなアタリをしっかりと捉えてくれる。相変わらず、沖合の魚からの反応は無い。満潮から潮が下げ始め、良い感じに海がざわついている。


03-20151206_19.jpg
 足元に何やら動くものを発見。蛸がヌルヌルと動いている。手を突っ込んで捕獲しようかと狩猟本能のDNAが騒いでしまったが、なんとかこれを抑え込んで、現代人らしく文明の利器であるジグヘッドで誘ってみるも、全く興味を示さず。やはり手掴みが良かったのかも。


04-20151206_22.jpg
 フロートリグを用いたカーブフォール釣法で、カサゴが良い反応をしてくれる。通常は、ゴロタ場などの浅場では、ジグヘッドリグが主役であるが、根掛かりが多い場所では消耗戦となることも多々あるので、超軽量ジグヘッドを組み合わせたフロートリグの釣りは、新たな可能性を見出してくれそうだ。


05-20151206_23.jpg
 季節はすでに冬であるので、“釣瓶落とし”との表現は適切ではないのかも知れないが、午後5時を過ぎると一気に辺りが暗くなり、外気の冷たさが際立ってくる。相変わらず沖合の潮流があるポイントでは、一向に魚信が無く、一方で浅場ではサイズは期待できないものの辛うじてカサゴが反応を示してくれる。


06-20151206_24.jpg
 お次は、珍しいヨロイメバル。


07-20151206_27.jpg
 ここで反応が無くなり、立ち位置を変えて新たなトレースラインで魚の反応を窺う。浅場でのジグヘッドリグのカーブフォールで、ようやくカサゴが反応する。


08-20151206_30.jpg
 潮が効き、潮の払い出しが強くなり、その影響で反転流も強くなってきた。ロッドを持ち替えて、Fシステムでジグヘッドを遠投する。潮に乗せて、狙いのポイントまでリグを運んでから、潮の流れを感じながら丁寧にリールのハンドルを回す。潮の効きが少し緩んだところで、ツツッと僅かなアタリ。すかさずロッドを引き寄せてラインテンションをかけると、グググっと躍動感ある反応がロッドに伝達される。体高のあるメバルが姿を現した。


09-20151206_31.jpg
 この直後、同じトレースラインを通すと狙い通りにバイトがあり、メバルを捉えることに成功する。遂に時合が来たかと期待が膨らむが、何故か反応がぱったりと途絶えてしまう。時を同じくして、海面を凝視すると、フィッシュイーターらしき魚のボイルがあちこちで見える。タチウオかシーバスか青物か・・・、極小ワームには見向きもしない。念のためエコギア・グラスミノー(2.5インチ)を投じてみるも、これまた無反応。時合が終わったと判断して、場所を移動しつつ魚の反応を窺うが、全く好転せず午後7時過ぎに納竿とした。


10-20151206_43.jpg
 無数のベイト。白く光っているのは全て目玉。シーバスらしきボイルが散発的に起こっているが、やはりワームには反応せず。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年12月6日(日)午後4時45分~午後7時
 潮回り:長潮、満潮からの下げ
 天気:曇り、気温:14度、水温:17度
 ポイント:垂水方面
 釣果:計8匹(カサゴ5匹、メバル2匹、ヨロイメバル1匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) フロートリグ用(先糸式フロートリグ)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2)フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ バランサーヘッド0.2g~0.3g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g
 ・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g


■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
20151206_2824.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~流れ星、転流、メバル~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~本命が釣れずアジに翻弄され~ »

コメント

お早うございます

いやあ少しのあいだご無沙汰しちゃいました

やはり師走……急ぎでばっかりで忙しい
久々にブログ一週とばしちゃいました

海はやはりいい!
いつもその季節に釣れるやつがいる
ナイス釣果

1年1魚種だと落差が激しいですよ

すでに河原は寒さ強烈です

yutkun #- | URL | 2015/12/09 09:08 * edit *

yutkunさん、こんばんは~
ブログの更新がないので、きっと激務なんだろうなと思っておりました。お疲れ様です。1週間あくだけで、随分と隙間感を感じちゃいます。

海の釣りも、すっかり対象魚が変わってしまい、まずは戸惑っています。夏場から通い始めたフィールドが全然ダメなので、少し足を延ばして、あれこれと模索しています。海の場合は、潮が動いたり何らかの変化があれば、様々な魚が反応してくれるので、結果オーライで何とか格好がつきます。一方で、

1年1魚種は、やはり大変ですね。難易度は随分と下がりますが、以前、バス釣りをしていた時には、どうしても冬場が厳しくて、釣れずに撃沈しては、最終的には物欲に走っていました・・・・。

今年も残すところあと少しです。お互い、良い1年で締めくくりたいですね!

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/12/09 23:45 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/232-4f560a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)