07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

神戸・明石間メバリング釣行 ~流れ星、転流、メバル~ 


01-20151208_05.jpg
 こんな時の段取りは我ながら素晴らしく、服を脱ぎ捨てたかと思いきやカラスの行水の勢いで風呂に飛び込み、瞬く間にタックルの準備を整えて、イメージ的には牛飲馬食のダイナミックさで夕食を終えたかと思えば、疾風の如くラゲッジに荷物を放り込んで、髪の毛が濡れたままに車のアクセルを踏み込んで、いざ明石方面へ車を駆る。家族からは、少しは落ちついて行動すればといつもの助言があるが、ドップラー現象のように歪みながら後ろに流れていく。街中には、仕事帰りの車が溢れていて、真夜中の山手幹線の快適さとは随分とかけ離れているが、今日は仕事を早く切り上げることに成功したこともあり、気分は高揚している。FMラジオでは、シノラーと名乗る甲高い女が何やらわめいている。

 午後8時、目的の場所に到着する。天気予報によれば、北東の風が多少は吹くとのことであるが、松の木々を見上げても、僅かに松葉が揺れている程度である。夜空には、満天の星空が広がり、飛行機が横切ったのかと思いきや、長い尾を引いた流れ星が通過する。


02-20151208_03.jpg
 満潮からの下げからスタートしているので、いきなりの爆釣モードに突入するのではないかと、大いに期待に胸を膨らますが、間もなく妄想であることが判明する。潮が勢いよく流れていて、フロートリグを投じた方向と、戻ってくる方向が随分と違い驚いてしまう。かれこれ1時間、生体反応は皆無。見上げると、またもや流れ星が視界に入る。1日に2度も流れ星を見ることが出来るとは、良いことがあるに違いない。
 下げ潮の状況は変わらないままであるが、潮の強さと動きに変化が現れる。明石海峡では、潮の干満と潮の流れが同調しない場合がある。フロートリグで丁寧に捨て石の上をなぞると、クンッと僅かなアタリ。手首を返してロッドの角度を変えると、グググっと本日初の生体反応。20cmには満たないまでも、綺麗なメバルを捉えることに成功する。


03-20151208_04.jpg
 色々な方向にリグを投じては、メバルの反応を探るが、アタリがあるのは潮下の流れが淀んだ場所に限定されていることに気が付き、集中的に攻めるとフッキングに何度か失敗しつつも、ようやくのことでロッドが曲がる。明石海峡の激流に育つメバルの引きは格別だ。
 同じトレースラインにジグヘッドを試しに投じてみるが、沈みすぎるのか反応がない。フロートリグに軽量のジグヘッドの組み合わせが良いようで、更に2匹のメバルを追加する。その間、わずかに30分。非常に短い時合が終了し、またしても生体反応なしの状態に戻ってしまう。粘っても釣果が上向かないと判断して、午後10時に納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年12月8日(火)午後8~午後10時
 潮回り:中潮、満潮からの下げ
 天気:晴れ、気温:10度、水温:15度
 ポイント:神明間某所
 釣果:メバル4匹(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2)フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ バランサーヘッド0.2g~0.3g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20151208_2815.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~二兎追えないもののカサゴ連釣~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~メバルのシーズン到来は~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/233-370d30ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)