09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

神戸・明石間メバリング釣行 ~二兎追えないもののカサゴ連釣~ 


 午前中は、神戸に拠点を置く某有名ブランドの会員限定セールがポートアイランドの国際会議場で開催されるため、朝も早くから並び、満を持してあれこれ悩んで購入し、充実の時間を過ごせたことで大満足にて帰宅。午後からは悠々と時間を過ごす予定であったが、ふと潮位表を確認し、天気を確認するとフィールドに出てロッドを振らざるを得ないとても良さそうな状況であることが判明し、釣行に備えFGノットでリーダーを結び直し、“PEにシュ”でラインの状態を整えたり、タックルをセットしたりしていると、矢の如くに時間は過ぎ去るものである。釣り具店経由でいざフィールドへ。


01-20151212_03.jpg
 午後5時前に一旦釣り場に入ったものの、潮止まり状態で状況は良くないことが分かり、午後6時に改めて釣り場に入り直す。すっかり潮位表を見間違っていたことを後で知ることになるのであるが、午後6時の時点でも満潮位の辺りで潮位がウロウロとしている。完全に満潮の潮止まり状態である。完全にミスってしまっているが、ロッドを振りながら時間の経過を待つ。潮止まり状態で、本命であるメバルが反応を示してくれるが、この魚以外のバイトは皆無。


02-20151212_06.jpg
 午後7時を過ぎて、ようやくのことで潮が動き始めた。北東からの冷たい風が吹き抜けていく。Fシステムで0.3gの軽量ジグヘッドを投じて、リールのハンドルを回すと言うよりかは、人差し指と親指でハンドルに触れるように優しく柔らかく押すと言うような状態で、全神経を集中してリグの抵抗を感じながら、じっくりとワームを移動させる。メバルが反応すべきポイントを通過した後は、ストップ&ゴーを用いて、ワームをカーブフォールで落とし込んで、ボトムで虎視眈々と獲物を狙うカサゴにも照準を合わせる欲張り釣法で二兎を追う。何度かショートバイトを感知するも乗り切らない。ジグヘッドを1gに変えて、更に質量があるネジワームに変える。ボトム付近を素早く誘う方法だ。これが奏功して、早速狙いどおりにカサゴが反応する。


03-20151212_08.jpg
 立ち位置やトレースラインを変えて、広範囲に誘う。ジグヘッドが沈み込んでいく時間を長く確保するため、リーダーは長めの80cm。釣りのリズムが整い、更には満潮から潮が動きだしたことにより海況が劇的に好転し、1キャスト1バイトの状態となる。ショートバイトを乗せ切れず、時間を無駄にしてしまうが、カサゴが活発に反応を示す。一方のメバルは、ポイントに入ってきていないのか、レンジを外してしまっているのか、ワームの形や色が合わないのか、メバルらしいアタリは皆無である。


04-20151212_09.jpg
 時合に突入したようで、カサゴの反応が良い。数投に1回はメバルを意識したトレースラインとリーリングで状況を確認するが、相変わらずメバルの反応は無く、すでにカサゴ中心の釣りに転じている。良型のカサゴが反応する。


05-20151212_13.jpg
 紋様が際立つ20cmを少し超えるサイズのカサゴ。


06-20151212_15.jpg
 メバル弾丸1gとガイアのネジワームの組み合わせが最良だ。メインベイトがエビなのだろうか、このレッドラメがいつも抜群の釣果を与えてくれる。


07-20151212_16.jpg
 良型の反応の次は小型のカサゴが反応を示す。そもそも良型の数が少ないのか、それもと時合が短いのか、釣れ始めは小型中心で、活性があがると一瞬だけ良型が反応し、そして小型中心に尻すぼみの状態となるのが常である。


08-20151212_18.jpg
 午後8時半頃まで連続的に反応が続いたが、潮が更に効き始めるとカサゴの反応が悪くなり、敢え無く納竿とした。


09-20151212_29.jpg
 帰宅後、タックルなどの後片付けをして、まだ賑わいが溢れている街中へ繰り出す。充実の時間が続く。


10-20151212_26.jpg
 今が旬の牡蠣。酸味のあるタルタルソースから香味溢れるネギやピクルスが弾けて、サクサクの衣を通過すると、熱々の濃厚なミルクと芳醇な海の香りがジュワジュワと溢れだす。美味すぎる。


11-20151212_28.jpg
 牡蠣と茸のアンチョビソースソテー。オリーブオイルとバルサミコ酢とアンチョビの濃厚なソースにも負けず、牡蠣が存在感を放つ。茸の歯触りがまたよろしい。週末の今宵は充実感に満ちながらゆっくりと過ぎていく。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年12月12日(土)午後6時~午後9時15分
 潮回り:大潮、満潮前後
 天気:晴れ、気温:16度、水温:16度
 ポイント:垂水方面
 釣果:計14匹(メバル1匹、カサゴ13匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) フロートリグ用(先糸式フロートリグ)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2)フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ、パールホワイト
 ・ガイア ネジワーム1.5インチ、#02グローモエビ
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ バランサーヘッド0.2g~0.3g
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g
 ・アルカジック ぶっ飛びRocker F7.6g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
12-20151212_2824.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~再現性の確認が失敗に終わる~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~流れ星、転流、メバル~ »

コメント

こんにちは

こんにちは
やはり海はいけますね~
たぶん簡単ではないんでしょうけど
釣果もばっちりですね

いや~酒と料理・・・なんだか渋い感じです
大人な雰囲気です
こっちの居酒屋料理とは・・・大違い
こっちはオヤジの雰囲気になってしまってます
いやもう!ただのオヤジなんで諦めてます
こんな感じになるつもりはなかったんだけどな・・・中学のときは・・・

yutkun #- | URL | 2015/12/14 09:45 * edit *

yutkunさん、こんばんは~

やっぱり簡単ではなかったです・・・。翌日に再現性を確認するために、満潮からの下げで同じようにポイントに入りましたが、パターンは成立せず、しょぼい釣果に終わってしまいました・・・トホホ。

こちらの居酒屋もオッサン感抜群です。特に高架下には理想的な居酒屋が(笑)。若い頃は、居酒屋の雑な雰囲気になかなか馴染めてなかったと思うのですが、今や完璧に風景に同化するようになってしまってます・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/12/15 22:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/234-d6bbc7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)