07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

神戸・明石間メバリング釣行 ~完全なる時合も太刀魚に翻弄され~ 

01-20151224_01.jpg
 神戸空港でメバルが好調との情報があり、仕事前に爆釣して気持ちの良いクリスマスイブを過ごす作戦に出る。午前4時過ぎに目覚め、まだ夜の帳がしっかりと支配している街中を抜けて神戸空港へ。こんな時間にも、神戸関空ベイシャトル(神戸空港と関空を結ぶ高速艇)のターミナルに向かう人達が多数いることに驚いてしまう。出勤のためか出張のためか分からないが、いやはやお疲れさまです。


02-20151224_03.jpg
 満潮の潮止まりまでは約2時間。夜明けの時間と絶妙にシンクロしていて、釣れない方がオカシイ状況であり、爆釣の時が到来することを大いに期待しつつ、常夜灯が煌々と海面を照らすポイントに入り、釣りを開始する。東から西へと勢いよく潮が動いている。この時期にしては珍しく、微風が南から吹いている。フロートリグで駆け上がり付近を中心に狙うも反応なし。ジグヘッドリグで中層からボトム付近を中心に丁寧に攻めると、ショートバイトがあるも乗らず。岸際のボトムスレスレをタイトに攻めて、お馴染みのバイトがあり、予想どおりにカサゴが姿を現す。


03-20151224_04.jpg
 常夜灯に照らされて、グアニン色素を身にまとったサーベルがギラリと翻る。どうやら太刀魚が入ってきているようだ。ボトムを攻めすぎると根掛かりし、沖合にジグヘッドを投じたうえで、カーブフォールで10秒ほど数えてから丁寧に引くと、ツンッとバイトがあり、直後にラインテンションが消える。太刀魚のナイフのような鋭利な歯で、一瞬にしてラインを切られてしまい釣りにならない。当然ながらメバルも居ない。辛うじて、手前のブロックの隙間を通してカサゴを追加するものの、後が続かず。空が白々と明るくなり、完全なる時合をものに出来ず敢え無く納竿とした。


■釣行データ
 釣行時間:平成27年12月24日(木)午前5時~午前6時45分
 潮回り:大潮、満潮潮止まりまで
 天気:晴れ、気温:13度、水温:14.5度
 ポイント:神戸空港
 釣果:カサゴ2匹(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2)フロートリグ用(Fシステム)
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
 ・ダイワ ビームスティック 2.2インチ、1.5インチ、パールホワイト
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.0~2.0g
(3) フロート
 ・アルカジック シャローフリーク F10.5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20151224_2807.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~粘りのシェイキング~  |  神戸・明石間メバリング釣行 ~パターン成立にてカサゴ連釣~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/240-2e3341ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)