09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

神戸・明石間メバリング釣行 ~釣り初めで意外な魚が~ 


 新たな年が始まって早1週間。真冬とは思えぬほどの暖かい日が続いていることもあり、例年なら炬燵に足を突っ込んで、芋焼酎のお湯割りを啜りながら釣り雑誌を眺めたり、録画した釣り番組を観たり、釣り具をいじったりと、完全なる引きこもり状態になってしまうところ、この気温なら夜の釣行にも繰り出してやろうという気持ちになる。車に荷物を積み込んで、まだ活況を呈する街中をくぐり抜けて神戸港へ。


01-20160107_02.jpg
 気温は9度、西からの風が吹いている。ジグヘッドリグ2gで護岸沿いを丁寧にトレースして、まずは魚の反応を大雑把に把握しようと試みるも、満潮からの下げで状況は悪くないはずであるが魚の反応は全くなし。護岸沿いを諦めて、潮が効き始めている場所に移動して、ややアップクロスでジグヘッドを投じる。底を取ってから、シェイキングで魚を誘いながら、時折、リフト&フォールを織り交ぜてリアクションバイトを狙う。トトンッと鋭いバイトがあり、手首を返して軽くフッキングを入れると、重量感は無いものの軽快な動きがロッドに伝わる。丁寧に引き寄せると、何と姿を現したのは良型の鯵。これは幸先が良いと思い、扇状にジグヘッドを投じると、即座に鯵が反応して2匹目。これは爆釣かと思いきや、潮の流れに乗って群れが移動したのか、その後は鯵のバイトはなし。常夜灯がくっきりと海面に落ちていれば、きっと鯵の群れを引き留めることが出来るのかもしれないが、このポイントにはメリハリがないためにやむを得ない。


02-20160107_04.jpg
 場所を移動しながら、引き続き、航路からの駆け上がりを丁寧に攻めると、ツンッと小気味良いバイト。素早くフッキングを入れて、鯵の可能性も考慮しながら、口切れしないように丁寧に引き寄せると本命であるメバルが姿を現した。


03-20160107_06.jpg
 なかなか思いどおりにいかないもので、ボトムに張り付くメバルを狙おうと、駆け上がりを中心に攻めると、お次はココンッとお馴染みの鋭いバイト。産卵を控えたカサゴだ。


04-20160107_07.jpg
 カタクチイワシの群れが蠢いていて、時折、海面が盛り上がり何らかの魚に追われている様子であるが、ジグヘッドを投じても、小型のミノーを投じても反応はない。恐らくカタクチイワシの群れの下には、グアニン色素を身に纏った太刀魚が虎視眈々と獲物を狙っているのだろう。早々に諦めて、場所を移動しながらボトムを中心に丁寧に攻めるも、微細なバイトを何度か察知するものの、うまく乗らずに時間だけがズルズルと過ぎていく。ようやくのことで捉えたバイトは、カサゴであった。徐々に風が強くなり、寒さが身に染みてきたために午後9時をもって納竿とした。冬場の釣りはなかなか厳しい。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年1月7日(木)午後7時~午後9時
 潮回り:大潮、下げ
 天気:晴れ、気温:9度、水温:14.1度
 ポイント:神戸港
 釣果:計5匹(メバル1匹、カサゴ2匹、鯵2匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1) ジグヘッドリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1) ワーム
 ・Gulp 2.35” Micro Shaky,(#104 Clear Green Holo, #100 Clear Lavender Pearl Holo,#105 Clear Gold)
(2) ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド2.0g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
05-20160107.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~再現性の確認~  |  謹賀新年! »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/246-b4f11e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)