08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山中華そば探訪(3)~井出商店~ 

01-P5040180.jpg
 今日のランチは和歌山ラーメンを食らうということでこちら。全国的に名を馳せているらしく、開店時刻である午前11時30分に到着するとGW中ということもあってか、既にこの長蛇の列。駐車場に並ぶ車のナンバーからも県外からの客が多いのが分かる。きっと地元の人達は、何もこんなにも混雑するときに、わざわざ食べに来ないのであろう。外に漂う豚骨の匂いを嗅ぎながら待つこと30分、思いのほか回転が速く、店の中へ。

井出商店
和歌山県和歌山市田中町4-84
073-424-1689


02-P5040188.jpg
 店内はこじんまりしていて、カウンター席が2箇所、テーブル席が1箇所で席数は20ほど。席と席の間は狭い。壁には有名人らしき色紙がズラリと並んでいて、昔ながらの雰囲気が抜群に漂っている。繁盛していなければ、ただの薄汚い店にしか見えない。


03-P5040190.jpg
 メニューは至ってシンプル。「特製」とあるのは、叉焼増しを意味するので、すなわち味のバリエーションは問答無用の1種類のみで、麺を大盛りにするか否か、叉焼を増やすか否かの合計4種類の割り切り具合いに、繁盛店ならではの強気な印象を受けるが、実は和歌山ラーメンと称する店は、たいがい同じようだ。


04-P5040193.jpg
 特製中華そば800円也。臭みのある豚骨スープの匂いが漂っていたので、てっきり脂みっちり濃厚激クサ豚骨スープかと思いきや、スープを啜ってみると奥底に豚骨を感じるものの実にさっぱりとしていて、むしろ醤油の味の方が際立っているほど。少し物足りなさすら感じてしまう印象だ。


05-P5040194.jpg
 麺は中細ストレートで、やや柔らかく茹でてあるようで、勢いよく麺を啜ると、スープを絡めつつ、ちゅるちゅると心地良く滑り込んでくるので、あれよあれよと食べ進んでしまう。ゆで卵や寿司を食べることが前提になっているのか、麺の量は少なめ。メンマは普通。


06-P5040195.jpg
 叉焼は、薄めの豚バラ肉で、脂分が多めで味が程よく染み込んでいる(7枚ほど入っている)。箸でつまんで口に放り込むと、しっとり柔らかく、脂分がじゅわりと染み出てきて、またスープと絡んで非常に美味いが、脂分がやや強めのため、ハタチそこいらの若人ならまだしも、消化機能が鋭意低下中のオッサンには、5枚目辺りから厳しくなってしまう。ということで、まだ叉焼が食いたいなと思える、ノーマルの「中華そば」が最善の選択であろう。

 完璧に好みの問題なのだが、30分並んで食べるラーメンではないというのが素直な印象であるが、夜釣りの帰り際に列に並ばずに食べるには良いラーメンだと思う。更にラーメンを食べ終わる前に、次なる客が狭い店の中に招き入れられるため(待ってる人が多いので回転を良くしたいのは当たり前だが)、背後からのプレッシャーが強すぎて、ゆっくりと食事が出来ないのが難点である。待ち時間30分、食事10分、800円・・・微妙である。


07-P5040186.jpg
 またしても食べ損ねたが、このお店にも、ゆで卵と寿司が鎮座している。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:井出商店

「特製中華そば」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、葱、蒲鉾
 ◇麺:中細ストレート
 ◇スープ:サラサラ豚骨醤油
 ◇叉焼:薄切り脂多め 7枚
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:混雑時は避けるべし
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(4)~紀州湯浅吟醸醤油ラーメン 麺屋ひしお~  |  日本海丹後半島沖オフショアジギング ~パターン不成立~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/270-3bda1afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)