08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山紀北メバリング釣行 ~難攻不落、岩礁帯で狙うカサゴ~ 


 潮位差が少ない潮周りになり苦戦が予想される。夕暮れの時合いに照準を合わせて、有田市にある急峻な地形に包囲された漁港へと向かう。潮位表を事前に確認すると、潮止まりからの釣り開始となるが、時合いの威力があれば、何とかなるだろうと考えてハンドルを握る。

01-P5140019.jpg
 人相と言うか、猫相の悪い猫。

 漁港には、数匹の猫がたむろっていて、釣り人がごそごそと準備をしていると、何か良いものを貰えるのではないかと、尻尾をピンと立てて、まさに猫なで声で擦り寄ってくる。近頃、こんな風に擦り寄ってくれる人がいないので、少し嬉しくなっている自分に気が付いてしまう。ヤバイ。猫達は、コイツからは何も貰えるものが無いと分かれば、いち早く普段の生活に戻る。この辺の見切りの良さは、普段の仕事や釣りの際に見習いたいところである。 


02-P5140023.jpg
 漁港の北側には、荒々しい自然の地形が残っていて、いかにも釣れそうな雰囲気であるが、自然剥き出しの環境での釣りの経験が乏しく、攻めあぐねてしまう。海水の透明度は恐ろしく高くて、偏向グラスで覗き込むと海底までしっかりと見える。険しい岩が沈んでいて、海草が揺れている。


03-P5140025.jpg
 時合いに突入するまで、岩陰に潜む魚をおびき寄せて釣る作戦だ。ダウンショットリグを軽く投じて、海中の岩と岩の間をスルスルと動かしていると、ズンっと鋭いバイト。陽が落ちれば、カサゴなどの夜行性の魚達が支配する時間帯となり、割とその場で居食いするようなバイトになるが、明るい時間帯でのバイトはカサゴと思えぬ俊敏さでなおかつ力強い。


04-P5140026.jpg
 フグの猛攻を交わして、何とかバイトを取ったと思いきやネンブツダイ。ワームが次々にボロボロになり、費用対効果が著しく低い釣りを展開している。


05-P5140030.jpg
 視界にトンビの舞う姿がちらほら入り、空を見上げてみると、夥しい数のトンビが無音で舞っている。両翼を広げて悠々と飛ぶ姿は、迫力満点である。僅か数分の出来ごとであった。


06-P5140033.jpg
 数人の釣り師と会話を交わすが、いずれもヤエンで巨大なアオリイカを狙っている方々ばかりで、私のような根魚を小さなワームでツンツン狙っているようなセコイ釣り師は、異端で酔狂な印象を与えてしまうようだ。時合いに突入する時間帯であるが、魚達の反応はイマイチで潮の動きが悪いのか、攻め方が中途半端なのか。海底は激しい岩礁帯でカサゴが居つくような凹凸を攻めるには、あまりに根掛かりのリスクが高いため、タイトにリグを送り込めていない状態である。突堤に移動して、足元にリグを落とし込んで、緩やかな潮の流れを利用しながら軽量のジグヘッドを流していると、ココンっとバイトがあり何とかカサゴを捉えることに成功する。サイズは小さい。


07-P5140034.jpg
 時合いに突入したかと思いきや、特にドラマティックな展開は無く、時間だけが過ぎる。更に何とか1匹を追加するも後が続かず、午後7時半をもって納竿とする。これでは終われない。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年5月14日(土)午後6時~午後7時30分
 潮回り:小潮、下げどまりから上げ
 天気:晴れ、気温:23度
 ポイント:逢井漁港
 釣果:カサゴ3匹(全てリリース)

■使用タックル
(1)ジグヘッド&ダウンショットリグ用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・ダイワ ビームスティック1.5インチ、パールホワイト
(2)ジグヘッド
 ・カルティバ バランサーヘッド0.2g~0.3g
(3)ダウンショットシンカー
 ・1/11オンス

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
08-20160514.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北チニング釣行 ~集中力を高め、敗者復活戦~  |  和歌山中華そば探訪(5) ~丸花(○花)ラーメン~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/278-a899211a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)