07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

和歌山紀北チニング釣行 ~集中力を高め、敗者復活戦~ 

01-p5120006.jpg
 ここ数回の釣行で、チニングゲームの成立を確認出来たこともあり、メイホウのスリットフォームケースを購入して、チニング用のジグを持ち運ぶことにした。釣行時間がせいぜい2時間程度なので、これだけのジグを収納出来れば全く問題なし。移動時にジグがケースの中でゴツゴツと揺れ動くこともなく快適である。

 さて、本日夕暮れのカサゴ釣行では、良い釣果に恵まれなかったこともあり、これで土曜日を終えては後悔が残ると思い、一旦帰宅してから準備を整えて再出撃と相成った。時計は午後9時を過ぎている。風が吹いて少し肌寒いため、フリースのモコモコベストを重ねてポイントへと向かう。
 実は数日前の大雨の後に2度ポイントに入ったが、水が激しく濁り、尚且つ水温も下がっていたせいか、魚のバイトは無く、暗闇の中で肩を落として、敢え無く撃沈している。今日も疑心暗鬼ではあるが、明らかに水の透明度は回復し、更に日中の陽射しで水温も上がっているはずなので期待が持てる。


02-p5140036.jpg
 進行方向に対して、岸から20度、45度、60度程度を目安に3方向にジグを投じて、魚の居る場所を探りながら進む。早速にして、カツカツカツっとバイトがあるも乗らず。ワームがずれていることを確認して、チヌもしくはキビレのバイトであることを確信する。徐々に分かってきたことだが、このようにカツカツカツっと3回叩くような鋭いバイトは小型である場合が多く、逆にとジグの重さがスッ無くなるようなバイトは良型である場合が多い。経験を積めば、色々なことが見えてくるであろう。場所を移動しながらジグを投じる。ボトムの形状を想像しながら、リールのハンドルから微妙な抵抗を感じるように、丁寧にリーリングを続けると、例のカツカツカツっと鋭いバイト。一旦、ロッドのテンションを緩めてから、ジワリとラインテンションを加えると、グググっと重み。鋭くフッキングを入れるとロッドが大きな弧を描き、そしてドラグがジリジリと鳴る。水面が割れて激しく抵抗するが、丁寧にやりとりをしてから、一気に抜き上げる。キビレ29cm。


03-p5140037.jpg
 バイトの位置から想像するに、それほど魚が沖合いには居ないと判断して、ジグを投じる方向を絞り込んで進む。何度か明確なバイト、怪しげなバイトがあるも乗せることが出来ず。今のところ、まだバイトがあった後の食わせ方や合わせのタイミングが分かっていないこともあり、貴重なバイトを度々逃してしまう。何となくではあるが、カツカツカツっとバイトがあった場合には、魚に違和感を与えないようにロッドのテンションを素早く抜いて、その後にジワリとテンションをかけて重みがあればフッキングを入れるという方法が良いと思われるが、まだ確信は持てない。そもそも百発百中が難しい釣りなのかも知れない。
 手に伝わる振動を頭の中で変換して、ジグが地形に沿ってゆっくりと移動する光景を想像する。その後ろにはジグを狙う魚達も泳いでいる。カツカツカツっと鋭いバイト。少し間を与えてからテンションを加えるとジワリと重み。素早くフッキングを入れる。ラインが緩やかに走り、そして激しく水面が割れる。丁寧にやりとりをしてから無事にランディング。キビレ27cm。
 
 まだ潮が上げていて釣れそうな感じが漂っているが、何故かバイトが途切れ、結果、集中力も切れてしまい午後10時を過ぎてから納竿とした。この釣り、結構な集中力が要求されることが分かったのである。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年5月14日(土)午後9時~午後10時20分
 潮回り:小潮、上げ
 天気:晴れ、気温:23度
 ポイント:和歌川
 釣果:キビレ2匹(29cm、27cm)(リリース)

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Cola AKAGANI
(2)ジグ
 ・Cross Factor, Chinu Maru 3.5g, Black & Red

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
04-20160514.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(6) ~元車庫前 丸宮(○宮)中華そば~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~難攻不落、岩礁帯で狙うカサゴ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/279-e58db92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)