09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山中華そば探訪(12) ~中華そば まるだい(○大)~ 


01-P6190036.jpg
 朝からの大雨のため、店舗横に駐車場が完備されている最寄りのお店へ。お店に向かう途中で小雨となり、更にお店に到着する頃にはすっかり雨が上がり、空が明るんできている。大浦街道を南下した、和歌浦の少し手前(北側)にある。落ち着いた店構え。豚骨の香りが漂ってきている。

中華そば まるだい(○大)
 住所:和歌山県和歌山市西浜3-7-58
 電話:073-447-3100
 営業:11:00~21:00
 休み:水曜日


02-P6190026.jpg
 店内は広々としていて、2人掛けのテーブル席がメインで、カウンター席が無い代わりに大人数用のテーブル席と座敷がある。座席数は全部で30席ほどであろうか。店員さんの威勢が良くて、愛想が良くて、有名店にありがちな高圧的な雰囲気がなく、居心地が良い。


03-P6190035.jpg
 中華そばのお店らしく、メニューの種類は少ないが、珍しく替え玉が出来る。価格も良心的。良く見ると、価格が改定された形跡があるが、以前はもっと安かったのだろうなぁ。


04-P6190029.jpg
 「チャーシューメン」800円也。豚骨スープの香りが湯気とともに立ち上がり、空腹が刺激されて生唾ゴクリであるが、まずは心を落ち着かせて蓮華でスープを掬い、ゆっくりと口に運ぶ。予想どおりに濃厚で厚みのある豚骨が攻めてくるが、醤油がきっぱりと効いていて、バランスが良くて美味い。青葱にはしっかりと味があり、スープと混ぜると絶妙な清涼感が濃厚スープに突き刺していて、この混じり具合が最高である。味がしない青葱が乗っているラーメンがあるが、見た目だけの青葱は不要である。メンマも適当に添えられているのではなく、歯応えも味付けも抜群で脇役ながら主役級である。ふと記憶と味覚が蘇ってきたが、和風出汁を使用している丸田屋の方が少し奥行きがあるが、同じ系列の味である。


05-P6190031.jpg
 お次は、麺を啜る。細麺のストレートで、アルデンテ状の絶妙な茹で具合で、まさに自分の好みである。濃厚な豚骨スープに負けない存在感が良い。麺の量は、少なめ。


06-P6190032.jpg
 胸焼け必死であるが、大好きな叉焼に突入する。厚みも程よくあって大ぶりの叉焼を一気に頬張り、そして噛みしめるとジュワッと脂が溢れ出てきて、醤油の効いた塩味がグイッと押し出てくる。赤身と脂身が半々といったところであり、たまらん美味さではあるが、2枚食べたところで胸焼けの予感。まったくもって貧弱であるが、あまりの美味さに、麺の合間に次々と叉焼を放り込む。叉焼がスープに沈み込んで、枚数不明であったが、なんやかんやで7枚も入っている。麺の量より、叉焼の量の方が多い。

 器の底が完全に見えるまでスープを飲み干して、充実のランチを終えた。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:中華そば まるだい(〇大)

「チャーシューメン」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:細麺、ストレート
 ◇スープ:濃厚豚骨醤油(醤油きっぱり)
 ◇叉焼:脂こってり豚バラ叉焼 7枚
 ◇満足度:★★★★☆
 ◇その他:非常に美味い。次は”中華そば”に替え玉でいこう。
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(13) ~丸高中華そば 六十谷店~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~太刀魚の反応なく、ボトム狙い~ »

コメント

やばいっす、唾液が止まらなく出てきます。和歌山ラーメンええっすねー
濃いーのが食べたいからテンイチのこってりでも食べときます。

どM #- | URL | 2016/06/22 18:25 * edit *

どM殿

やっぱり濃い~のが良いですね~。叉焼の脂が厳しくなってきているのが悲しいですが、濃厚スープは全然OKなんで、引き続き、ヨダレ出そうな旨そうな画像をどんどんアップします!

そろそろメバルが良い感じではないっすかぁ?

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/06/22 22:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/295-6500d0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)