07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

日本海若狭湾沖冠島 平成24年初釣り 

 まずは準備運動がてらにワンピッチ・ワンジャークでゆっくりと誘ってやろうと思い、左舷前方でしゃくりを開始。すかさず船長がマイクで「そんなゆっくりでは喰いませんよ~、ジャカジャカ巻きか、丹後ジャークでスピードを上げて、魚の活性を上げて下さ~い」っと、いきなりのダメだし。フィッシング・マックス神戸ハーバー店の年末年始の激安セールで手に入れた、タックルハウスの”近海仕事人200g”を一気に落とし込んで、丹後ジャークを開始。今まで150gのジグを中心に使用していたので、200gをうまい具合に操れるかどうか不安であったが、この流線型のジグは、実に扱いやすく、丹後ジャーク独特の高速巻き後の超ロングジャークもいとも簡単にこなせてしまう。数度目の投入後、底を取ってから、素早く高速巻きを入れてからロングジャークを繰り返すこと3度目、フォーリングにバイトあり!慎重に合わせを入れるとイイ感じにロッドが曲がる。サイズは大きく無いけれども、元気なハマチが姿を現した。これはいけると思いきや、後が続かず。
 またもや船長が「この状態で釣れないのおかしいですよ~、ハイ、前方の二人~、ジグは何を使ってますか~、そんなジグ駄目ですよ~センターバランスでやって下さ~い、日本海の魚は食ってきませんよ~」っと、同船しているアングラー全てに我々(つまりはY氏と私)の素人ぶりと駄目ぶりが露呈してしまう様なコメントをマイクで大声で。まぁ、郷に入らば郷に従え、プロの船長のアドバイスを素直に聞き入れるしかない二人であった。


 今回も日本海の寒鰤を狙いに宮津発ビクトリーに乗船。金曜日の夕刻に神戸を経ち、西宮のY氏宅を経由して、遠路はるばる宮津へ。事前の天気予報などによると、波高は2メートル近くで、降水確率は60%。しかも気温が零度に近く、雪もしくはみぞれ間違いなし。釣行が実現するのかしないのか不安であったが、金曜日午後7時の時点で、前出の船長がゴーサインを出した。宮津の24時間営業のスーパーで、ビール、焼酎、焼き鳥、お菓子、翌日の食料などを購入し、ビクトリーの仮眠所へ。布団を敷いてから、小さな電気ストーブを背負いながら、焼酎片手にY氏とともにタックルのセッティング。ジグ、アシストフック、ラインなど、お互いの思うところを熱く語りつつ夜は更けていく。気が付けば午前1時30分、慌てて冷たくて重量感がある布団に潜り込む。程なくして夢の中へ。

01-P1140063.jpg
 午前7時40分頃に桟橋に到着し、タックルなどを積み込む。今日も予報どおりのどんよりとした空模様。いつ大粒のみぞれ、もしくは雪が舞い降りてきてもおかしくない状況。フィジー帰りの南国仕様の身体であったが、ここ最近になって、キリリと冷え込んだ朝の空気を気持ちよく感じるようになった。あの肌がチリチリ痛む感触が何とも刺激的で心地良いのだ。長年、日本の四季を感じながら生活をしていたので、1年中温暖なフィジーの気候が身体にとっては楽であったに違いないが、身体はいつになったら冬になるのかと、3年間、ずっと待ちわびていたに違いない。


02-P1140068.jpg
 遠くにおぼろげに見える薄黒い日本三景”天の橋立”を後方に見ながら、船は沖へと進む。


03-P1140073.jpg
 船は、波を左右に掻き分け、時に海面にドスンと落ちながら、白い波飛沫を盛大に上げて、前方の曇天の下に浮かぶ冠島を目指す。フィジーの小舟では、全く船酔いなどしなかったのだが、最先端の機能を積み込んだ日本の豪華な高速船に慣れていないせいか、一度目の釣行で船酔いがひどくて散々な目にあったので、キャビンには潜り込まず、船尾で冷たい風を浴びながら、1時間と少しの移動を立ったままで過ごす。沖に出れば出るほど、波の周期が長くなり、そして波高が高くなってきた。


04-P1140078.jpg
 宮津を母港とする他のジギング船が遠くに見える。大きな波が押し寄せると、船体が波で隠れて、船尾の紺色のスパンカーの先端しか見えない状態になる。事前の予報どおり、波高は2メートル近く、もしくはもっとあるかも知れない。

 最初の1本目を釣り上げた後、なかなか2匹目が出ない。ポイントを何度も変えながら、船長の「ハイ、65メートル、ボトムに反応ありま~す」を合図に、魚群探知機で捉えたハマチの群れにジグを投入するのだが、なかなか魚の活性が上がらず、前回のような爆釣モードにはならない。船長に言われたとおり、センターバランスと言えばこのジグ、ザウルスのヒラジグラを何度も投入するもバイトすら無い。船長には悪いが、今回の釣行のために手に入れたダイワのサクリファイスト200gに結び変える。側面の面積が広くアピール力抜群で平打ちも、ヒラヒラ舞い落ちるフォーリングも抜群で、またリアウェイトなので魚群を一気に直撃出来るので手返しが速くて良い。ジグが着底すると、すかさず丹後ジャークを開始する。高速巻きと超ロングジャークで10メートルほどを移動するリズムだ。水深が60メートル程度なので、食わせる間は4回か5回しかない。1回、1回のフォーリングに神経を集中する。
 4度目のフォーリングにバイト・・・乗った!と思いきや数秒後にフックアウト。すかさず10メートルほど落とし込んで再度ジャークを入れると狙い通りにヒット!しかし、またもやフックアウト。懲りずにさらにフォーリングをさせてジャーキングでまたもや狙いどおりにフッキングに成功するも、大方の予想どおりにフックアウト。1回の流れの中で3連続のバラシは、さすがに心が折れる。魚が小さいのか、喰いが渋いのか、はたまたアシストフックとジグのバランスが悪いのか、あれこれ考えながらジグを投入しては、丹後ジャークを繰り返す。船中では、1回の流しで2~3匹程度がポツリポツリとあがっている。

 その後、丹後ジャークのリズムが魚に合ったのか、微妙に魚の活性が上がったのか、1回の流しで1匹の魚をヒットに持ち込むことが出来るようになってきた。相も変わらず、折角ヒットに持ち込んだ魚をバラシてしまうという失態を繰り返していたが、徐々に頻度が下がってきた。前回のように何をやっても釣れる状態では、何をやっても釣れてしまうので、テクニックやジグ云々では無く、面白みに欠けるのだが、今回のように渋い状況と言うのは、自分のテクニックやジグを選ぶ能力が試されるだけに、魚をヒットに持ち込むことが出来れば、サイズが小さいのが不満と言えば不満だが充実感がある。何となく魚が反応するパターンを掴むことが出来た。ジグが着底した後に、瞬間的に鋭く高速巻きで15~20メートルほど一気に巻き上げて魚を引きつけてから、超ロングジャーク、その後はやや短めの高速巻きを入れてロングジャークを繰り返すと見事に喰ってくることが分かった。


05-P1140084.jpg
 うなだれるY氏。船酔いのせいか、はたまた今日の渋い活性のせいか、寒さのせいか。船長が風向きを確認するために設置している小さな旗が、何故か白旗のように見えてしまう。冠島周辺の海域を何度もポイントを変えて流すも、ドラマティックなことは起こらず、1回の流しで船中に数本ずつのハマチが上がる程度の状況は続かず。しかしながら、今日のスタート時より、徐々に魚の動きが活発化しているようで、魚群探知機を眺める船長が”群れがボトムからあがってきてますよ~、ジグに反応してますよ~、活性を上げて下さ~い”とマイクを通して教えてくれる。これから爆釣モードに突入かと期待できそうになってきたタイミングで、大きくポイントを変えてサワラ狙いに変更するということになった。現在のところハマチ8本。Y氏は9本。


06-日本海 010
 若干の屈辱感を味わいつつ、冠島を後にする。


07-日本海 009
 船酔いから復活したY氏。


08-P1140086.jpg
 ビクトリーの船内には、有難いことにカップヌードルが準備されていて、自由に食べることが出来る。もちろんポットにお湯も沸いている。完全に船酔いから復活して食欲旺盛なY氏とともに、移動時間を利用してカップヌードルを食べることにしたのだが、Y氏がお湯を注いだ後にお湯が枯渇。底だまりのお湯を振り絞るようにカップに注ぐも、無念、4割程度の湯量で力尽きてしまう。すでにカップヌードルを食べる気持ちになっていたので、ここで断念することは出来ず、カチカチの麺を砕いて、何とか底だまりのお湯に麺を浸すことに成功。試練は更に続き、割り箸が枯渇していることも判明。止むを得ず、人差し指1本で食べることに。成せば成る、箸が無くても指1本で見事に完食。

 30分以上経過しただろうか、随分と丹後半島が近くに見える。船はサワラの群れを求めて行ったり来たり。程なくして、海面にボイルが見えた。サゴシサイズがベイトを追ってボイルしている。船が群れに一気に近づき、船長から釣り開始の合図。すかさずボイル目がけてジグを投入すると、船長がマイクで”え~、ボイルしてる魚は釣れませんよ~、軽く投げて底を取ってから斜め引きして下さ~い”と、またもやダメだし。GTにしろシーバスにしろバスにしろ、魚がボイルをしていたら、ボイルを狙うのが当たり前だっただけに、若干のカルチャーショックを覚えつつ、船長の有難きアドバイスに従って斜め引きをする。ジグが着底してから、いざジャークをしようと思ったところで、どんなジャークが効くのか知らないことに気づく。Y氏とともに、どうすんの?と戸惑いながら、取りあえずハマチ狙いの時と同じ操作を繰り返す。Y氏はスロージャークで、私は阿呆のひとつ覚えで丹後ジャークを繰り返す。群れの動きが速いので、その都度、船長が船のポジションを変えてくれる。ほんまに釣れるんか?と疑心暗鬼になりそうなところで、Y氏が船中初のサゴシをヒット。


09-日本海 017
 サゴシをゲットして満面の笑みのY氏。ハマチとサゴシとY氏の夢の共演。


10-日本海 015
 程なくして、サゴシなんて釣れなくても悔しくないぞと、イジケそうになったところでググンとロッドに反応あり。船べりまで追いかけてきて、そしてヒットしたようで、引きを楽しむまでも無く、一瞬でランディング。結局、船中では我々の他に1人がサゴシをあげたのみ。何とも貧相な締めくくりとなった。
 午後5時前に陸にあがり、後片付けをしてから一路我が家へ。



11-P1140095.jpg
 本日の釣果。魚が小さく、その割にクーラーボックスが大きいので、何ともゆとりがある。


12-P1150102.jpg
 翌日の日曜日、少し遅い時間に朝ご飯を食べてから、他人にお裾わけするハマチも含めて、下処理をすることに。今までで一番マシに三枚に下ろすことが出来たので、記念に写真撮影。しかし、喜びも束の間、次のハマチは大失敗。まだまだ経験不足である。




13-20120115_3519.jpg
 魚を下ろし始めてから実に数時間を要して、ようやく料理に取りかかり、これが最初の一品”ハマチの南蛮漬け”。初挑戦ながら、家内のアドバイスと手助けもあり、結果的に良い感じに仕上がった。初日より、冷蔵庫で冷やした二日目の方が美味しかった。


14-20120115_3524.jpg
 定番のお刺身。盛りつけ方が適当なので、どっちを向いているのか分からない状態だけど、子供達には大好評。回数をこなす度に、皮を引くのが上手になってきた。しかし、未だに皮に身を持っていかれることも多々あり。


15-20120115_3528.jpg
 アラの煮付け。私が料理をすると恐ろしく時間を要するので、夕飯に間に合わない可能性が出てきたので、家内に援護を要請し、作ってもらう。何とも手際が良くて驚いてしまう。


16-20120115_3535.jpg
 子供達が作ったハマチのお寿司。20貫あまりが一瞬で子供達の胃袋に消える。





釣行データ
 釣行日:平成24年1月14日(土)
 潮回り:小潮
 時間:午前8時出船、午後4時半頃帰港
 ポイント:冠島、丹後半島の東、経ヶ岬
 釣果:ハマチ8匹(40cm)、サゴシ1匹(50cm)

使用タックル
(1)
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-58/5
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Line: PE 3
 Leader: 50lbs.
(2)
 Rod: Wando Kookai KOCS601RF4
 Reel: Shimano Twinpower 8000HG
 Line: PE 4
 Leader: 50lbs.

ヒットルアー
・Tackle House 近海仕事人200g (ハマチ7匹)
・Daiwa Saltiga SacrificeII 200g (ハマチ1匹)
・Saurus 多治見ジグ 80g (サゴシ1匹)

使用船
ビクトリー
http://www2.nkansai.ne.jp/users/victory/
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 日本海若狭湾沖冠島 本命ブリの道険しく  |  日本海若狭湾沖冠島 正月用の寒鰤を狙え! »

コメント

見事な料理ですね♪

とっても美味しそうです!

ブログのリンク,ありがとうございます!

相互リンクを貼りたいのですが,fimoのシステム上どうしたらいいのか,
いまいちよくわからないので,今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

kazu #udg4x/Zk | URL | 2012/01/17 22:38 * edit *

了解です!

kazuさん、こんばんは~!

相互リンク、楽しみに待ってま~す(←プレッシャーをかけているわけではありませんので・・・(笑))。


料理は全くのド素人ゆえに、毎度、恐ろしい時間を費やしています。盛りつけ時に何とか見た目でごまかしているんです・・・(汗)。以前は、ほぼキャッチ&リリースだったんですが、日本海にジギングに行くようになってからは、料理をすること、食べることも楽しむようになりました。私は、実は生モノがあまり得意ではないので、家族が旨そうに食べている姿を見て、楽しんでいるのかも知れませんね。

温かくなる前に、寒鰤を何としても釣りたいのですが、なかなか。

donfan #mQop/nM. | URL | 2012/01/17 23:16 * edit *

相互リンク完了しました♪ バナーは,オレスタのHPから拝借しましたけど,大丈夫でしょうか? 一度ご確認ください。http://www.fimosw.com/u/kazu

食べる楽しみのある魚釣り。ボクの原点です。リリース前提の湾奥シーバスも面白いのですが,はやり,食べる楽しみは止められませんわwww

だから,寒鰤を目指して釣行するdonfanさんが羨ましいです。是非とも今シーズン中にでっかいのを逮捕してくださいね♪

実は,fimoの中で「食べる!」というコミュニティをやっていて,美味しい肴と美味しいお酒について,ワイワイガヤガヤやってます。

残念ながらfimo会員限定のコミュニティなので,すぐに御覧頂けないのが残念ですが,魚料理のレシピなんかも充実していて,なかなかいい感じですよ。あ,手前味噌ですね(苦笑)

今後ともよろしくですm(_ _)m

kazu #udg4x/Zk | URL | 2012/01/18 21:57 * edit *

kazuさん、こんばんは!

いや、これまた、たいそうな所にリンクを貼り付けて頂きまして、本当に恐縮です。あろうことか、Fishermans Cafeのbottuさんの上に貼り付けて頂いているなんて、なんとも恐れ多いです。

せっかくリンクを貼り付けて頂いたので、kazuさんのブログを汚さぬよう、頑張ります。っと言いつつ、なかなか頻繁に釣行出来ないので、その他の話題でしのごうと思います。

引き続き、宜しくお願い致します!

donfan #mQop/nM. | URL | 2012/01/18 23:20 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/01/20 19:24 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/01/30 23:30 * edit *

5件目のワタシのコメントを「管理人のみ閲覧」設定をしたせいで,6件目に入れて頂いたdonfanさんのコメントも同じ設定になっています。

donfanさんのコメントが読めないので,設定を変えていただけますか?

お手数をおかけしますが,よろしくお願いしますm(_ _)m

kazu #udg4x/Zk | URL | 2012/02/10 12:48 * edit *

遅くなりすいません・・・

kazuさん、ご連絡ありがとうございます。
反応が悪過ぎで申し訳ありません。


6件目のコメントを確認したのですが、実は別の方からの書き込みでしたので、実は私の書き込みではありませんでした・・・・(汗)

先週は仕事で忙殺され、まったくブログの管理が出来ませんでした・・・トホホ。でも、昨日、ようやく日本海に出撃してきました・・・っが、結果は・・・・う”~~~。またブログで報告致します。


kazuさんブログのリンクの順番ですが、kazuさんにお任せしちゃいま~す。

donfan #mQop/nM. | URL | 2012/02/12 11:46 * edit *

了解しました。
では,今のままでいきますね。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

kazu #udg4x/Zk | URL | 2012/02/13 19:52 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/3-fb5c524e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)