09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

中国・北京6つの世界遺産を巡る旅(食事編) 



 阪急交通社トラピックスの“ANAで行く!北京6つの世界遺産5日間”では、滞在中の食事11回分が含まれているので、食事の心配する必要が全くないので安心。ただ、現地で自分の気に入った店で好きなものを食べるというのも旅の魅力であり、また現地の人々が利用する店で食事をすることにより現地の人々の生活や文化を垣間見ることが出来るので、食事の自由がきかないツアーは、一長一短であるなと思う。

阪急交通社
http://www.hankyu-travel.com/


01-IMG_8806.jpg
 2日目の昼食。飲茶系の料理。観光バスで観光客が押し寄せるレストラン。


02-IMG_8807.jpg
 お酒もついている。日本酒を濃縮したような味。度数が50%を超えている。


03-IMG_8840.jpg
 2日目の夕食。広東料理。普段食べる中華料理の味に近い。特に豚肉をトロトロに煮込んだ料理が絶品。料理の分量が多いので、随分と食べ残してしまう。中国では、料理が余るほどに大目に出すと言うのがおもてなしの心だと言われるが、毎回の食事で結構な分量の料理を残してしまうので、正直、勿体ないなと思う。人口が多い中国で、全ての地域で、全ての人達がこのような考えであるとは思わないけど、意識改革が必要なのではと思うのであった。


04-IMG_8927.jpg
 3日目の昼食に立ち寄ったレストラン。


05-IMG_8923.jpg
 肉と野菜がバランスよく料理されている。こちらも広東料理のような味。

 ツアーの食事では、どのレストランで食事をする場合にでも、飲み物は別料金で、コーラやスプライトなどのジュース類は20元(約280円)、青島ビールが30元(約400円)。通常の客には、もっと安い別料金で提供されているようで、ツアー客が訪れることによりレストランや現地の旅行代理店が利益を得ることが出来る仕組みになっているようだ。これもツアー自体を安く提供するための手法なのであろう。


06-IMG_9014.jpg
 中国では、色々な場面でお茶が出される。日本のお茶とは異なり、お茶の色、味も薄め。お茶の色からは想像が出来ないほど、良い香りが漂う。

07-IMG_9028.jpg
 3日目の夕食。


08-IMG_9031.jpg
 まさか中国でしゃぶしゃぶを食べるとは思わなかった。こちらもとても美味しかった。


09-IMG_9085.jpg
 3日目の昼食。


10-IMG_9081.jpg
 刀削麺。初めて食べたが、もちもちしていて食感が良く、とても美味しい。


11-IMG_9145.jpg
 4日目の夕食。北京ダックでとても有名なレストラン。


12-IMG_9133.jpg


13-IMG_9140.jpg
 北京ダック。皮だけではなく、身の部分も一緒に食べる。やはり美味い。たまに食べるから美味いのだろうなぁ。


 滞在中の食事は、ホテルの朝食も含めて全て美味しく、非常に満足だった。中国に旅行に来ているので当然だが、あえて欲を言えば、中華料理だけではなく、現地の人達に人気のある別の味の料理も食べてみたかった。また、ツアー会社としては、衛生上、なかなかツアーに組み込むことは難しいと思うのだが、現地の人達が利用する屋台などでつまみ食いが出来れば更に良かったなと思う。


14-IMG_8828.jpg
 3輪バイク。渋い。

スポンサーサイト

テーマ: 世界遺産・遺跡・名所

ジャンル: 旅行

[edit]

« 中国・北京6つの世界遺産を巡る旅(中国語で書くとこうなるのか編)  |  中国・北京6つの世界遺産を巡る旅(世界遺産などを巡る観光編) »

コメント

この時期にチャレンジャーやねぇ…(汗)
ご無事でなにより。

tam #- | URL | 2012/09/05 23:45 * edit *

結果的にチャレンジャーになってしまい・・・。

旅行の申し込みをした時は、まだ問題が勃発していなかったけど・・・出発直前に例の活動家たちが尖閣に・・・。

なかなか理解することが難しいね・・・・・。


明日は、明石からジギング船に乗って旬の太刀魚を・・・!

donfan #mQop/nM. | URL | 2012/09/07 22:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/30-0c7e0f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)