06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

和歌山紀北チニング釣行 ~ダウンショット&ジグ再投入~ 


 もはや梅雨空が恋しく、懐かしく、待ち遠しくすら感じてしまう、ここ最近の天気。雲一つない晴れ渡った空からは、夏休み中盤並みの強烈な陽射しが降り注ぎ、外に出れば汗だく。すでに爽やかな汗が出なくなって久しく、我ながら不愉快極まりない。午後6時過ぎに早めに仕事を切り上げて、素早く帰宅して、シャワーを浴びてすっきりした後に扇風機の風を浴びながら釣りの準備に取り掛かる。この瞬間はいつも充実のひとときである。今日は新月後の中潮1日目。満潮からの下げ狙いになる。


01-P5280018.jpg
 以前に購入しておいたジグヘッドとタイラバ用の余りのパーツを利用して、軽量のラバージグを作ることに。通常のチヌ用のジグでは、どうも根掛かりが頻発して、釣行のたびに、1つや2つはロストしてしまい、それほど値段が高いものでは無いものの、海中に余計なものを残してしまったという後悔と、単価は大したことがなくともチリも積もれば何とやらで、ジワジワ精神的ダメージを受けるため、過去に試して効果があったダウンショット&軽量ラバジを再投入することとした。


02-P5280024.jpg
 こんな風にラバーを綺麗に配置出来ると、何故か釣れそうな気になる。もしかすると魚にとっては、ワームの効果が主軸で、ラバーはさほど釣果に影響を与えないのかも知れないけれども、暗い海水の中では、ラバーが水を押しのける際の微妙な波動が魚の側線にグイグイと効くに違いない、っと思うのである。釣具屋の策略なら、オモウツボであるが、釣りは遠回りが醍醐味である。


 午後8時30分、海辺に立つ。湿気を帯びた重たい空気が通り過ぎてゆく。南風が強く、ジグをキャスト出来る方向が限られてしまうが、幸いなことに潮流に対してアップクロスに投じることが出来るため、何とかなりそうな雰囲気。南風に煽られて、海面が波立ち、PEラインが撓み、ロッドを揺さぶられる。ただ、はためくTシャツは気持ちよさそうである。満潮からの下げ潮が効き始めるタイミングを待ちながら、粘り強くジグを投じていく。ダウンショット&軽量ジグヘッドの強みは、やはり根掛かり回避能力の高さと、更にはジグヘッドがボトムからふわりと浮いた状態のため(きっと)魚が捕食しやすい点にある。また、今日のように風が強い時には、ダウンショットシンカーがしっかりとボトムを捉えつつ、ジグが柔らかく追随することが出来るので、さも軽量のジグで攻めているかのような、柔らかい動きを演出できる。


03-P7060068.jpg
 開始から1時間半以上が経過して、またもや坊主の危機である。満潮からの下げ潮が効き始めて、海面には、それを証明するかのうように、大蛇が這うような潮目が街頭の光によって現れている。何度か、バイトらしき振動がロッドに伝わるも、それが本当にバイトなのか、風に煽られた何かがラインに接触したのかは分からない。ボトムをズル引きながら、ストップ&ゴーを繰り返す。ラインの動きを止めた瞬間に、違和感があり、聞き合わせを入れるためにラインにテンションをかけると、ググググ・・・っとロッドに重みが乗る。潮に乗るような形で、ラインが素早く走る。ラインテンションを一定に保つことを心掛け、慎重にリーリングとロッドワークをこなす。最初は緩やかな動きであったが、突如、自分が釣られていて、危機に直面していることを察知したのか、急に抵抗が激しくなり、何度も水飛沫が舞う。早めにランディングしてしまうと、魚が暴れてしようがないので、魚の体力を消耗させてからリーダーを掴んで一気にランディング。思いのほかサイズがあり、チヌ42㎝。


04-P7060070.jpg
 さらに釣り進む。一向に南風は弱まらず、髪の毛はバサバサと踊り、Tシャツもはためく。潮目の境を中心に攻める。大蛇のごとく左右に大きく蠢く潮目が、遠くに行ったり、近くに来たり。小さなバイト。アップクロスに投じていることもあり、シンカーに追随するジグが潮で押されてリーダーが弛んでしまい、繊細なバイトを得ることが難しい。ロッドを素早く立てて、フッキングを入れると明らかに抵抗がない。潮の流れに乗って、更に魚の動きは軽く、あっという間にランディング。チヌ20㎝。

 釣りを開始して既に2時間が経過。平均時速1匹。時間をかければ、まだ数匹を獲れるかも知れないが、ダウンショット&ジグの効果も確認出来たために納竿とした。



■釣行データ
 釣行時間:平成28年7月6日(水)午後8時30分~午後10時30分
 潮回り:中潮 下げっぱなから開始
 天気:晴れ、南風強し
 ポイント:和歌川
 釣果:計2匹(チヌ42cm、20cm)(リリース)

■使用タックル
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン10lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・JACKALL, Cover Craw 2inch, Green Pumpkin ISHIGANI
(2)ジグ
 ・DECOY Violence Jigheads 31F, 0.9g
(3)ダウンショットシンカー
 ・1/8オンス
05-P7060071.jpg

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
06-20160706_3011.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(15) ~中華そば土屋商店~  |  和歌山紀北チニング釣行 ~濃密な湿度、魚の反応は~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/301-6f0f4f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)