09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山紀北メバリング釣行 ~蝉時雨、カサゴの後が続かない~ 



 朝から雨が降り続き、週末の釣行が危ぶまれたが、昼過ぎには雨があがり、雲が流れ、青空が現れると、満を持して待ってましたと言わんばかりの蝉しぐれ。風情があるレベルをとおり越して、うるさいレベルをも凌駕し、もはや騒音レベルである。子供の頃はアブラゼミとニイニイゼミが大勢を誇っていたが、気が付けば、気候変動の影響か知らないがクマゼミが圧倒的な勢力を誇るに至っている。つまりはこれが、自分が思い描く夏の風情とのギャップを生んでいるのかも知れない。

 午後5時40分、現場に到着してタックルを準備して釣りを開始する。

01-P7090096.jpg
 雨の影響で港内側は濁っている。偏光グラスで海中を覗き込むも、随分と視界が悪い。小魚や産まれたてのアオリイカの群れを確認する。まずはジグヘッドで大きな岩が転がる合間を丁寧に探る。ジグヘッドを着底させてから、リーリングで攻めると瞬く間に根掛かりに見舞われるため、ロッドの上下によって、ラインのたわみを利用して、僅かにジグを動かす程度にする。魚に対しては、カーブフォールでジグの存在を知らしめたうえで、後はジグをボトム付近で漂わして、捕食の間を与える。開始から数投目で早速のバイトがあり、岩陰に潜り込もうとする魚の動きを制して、まずは1匹目。


02-P7090098.jpg
 釣行を重ねると、カサゴの居着いている場所が把握できるため、蓄えた情報をもとに狙うべきトレースラインが少しづつ確立していく。干潮からの上げ潮が効き始めていて、まだ明るい時間帯であるもののバイトがある。海水の濁りが好釣果に結び付くのではないかと期待をしていたが、残念、開始早々に渋い方向であることが分かる。根掛かり、ラインブレイクの危険と釣果とを秤にかけて、岩陰を中心にトレースする。


03-P7090099.jpg
 サイズは大きくても20㎝に達しはしないものの、昼間のカサゴの俊敏な動きは実に感動的で、また根に入ろうとする力強い引きがとても魅力である。バイトの瞬間を目視出来る場合もあるし、ラインの動きによる場合もあるが、もたもたしていると、たちまち岩陰に入られてしまうため油断は出来ない。2~3投に1回程度の頻度でバイトがある。透明度の高い港外側にもジグを投じるが、何故か反応はいまいち。海面が荒れていて、ボトムをしっかりと攻め切れていないのかも知れない。


04-P7090102.jpg
 港内側を中心に攻める。飽きない程度にバイトがあるが、午後7時前頃から風が出てきたために、ジグヘッドをコントロールすることが難しくなる。呼応して、バイトの回数が激減する。


05-P7090105.jpg
 このポイントでの特徴は、陽が落ちて暗くなり始めると、暗くなる時間帯に潮が動き始めるなどの潮流の変化がある場合は別として、カサゴのバイトが極端に少なくなってしまう。カサゴの反応が鈍くなったことを確認して、お次はワインドで太刀魚狙いに切り替える。


06-P7090108.jpg
 潮目が近くを蛇行している。餌釣り(引き釣り)での太刀魚狙いの釣り師達は、時折、小さな太刀魚を上げているが、どうやら相当に渋い様子だ。こちらも漏れなく渋く、バイトすらなく時間が過ぎる。40分ほどジグを投げ倒すも、一向に好転する気配はなく、蚊の攻撃を受けて、遂に気持ちを維持することが出来なくなり、午後8時前に力尽きて納竿とした。


08-P7090111.jpg
 久しぶりに踏切を通過する電車を見る。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年7月9日(土)午後5時40分~午後8時
 潮回り:中潮、上げ
 天気:晴れ
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計15匹(カサゴ15匹)(全てリリース)
07-P7090110.jpg

■使用タックル
(1)ジグヘッド用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン10lbs
(2)ワインド用
 Rod: DAIKO Bartlett BARS-83EMH
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン10lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・Maria ママワーム シラウオ2.0inch、Glow
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW
(2)ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g、2.0g
(3)ワインド用
 ・Cultiva D-AX 15g
 ・ECOGEAR Power Dart Minnow 105mm、Glow

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
09-20160709_3009.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山中華そば探訪(16) ~中華そば専門店 正善~  |  和歌山中華そば探訪(15) ~中華そば土屋商店~ »

コメント

こんにちは

ご無沙汰しちゃいました
仕事で完全に缶詰状態でした

昨日釣りに行ったのですが・・・消化不良・・・
今週末も釣りに行きたいな~

来週あたりはマヒマヒを狙おうかと画策中です

yutkun #- | URL | 2016/07/11 12:50 * edit *

15匹は凄いですね❗️カサゴは根掛かりとの闘いですよね >_< 着底するとフックが上を向きやすいシンゾーベイトはオススメですよ( ´ ▽ ` )ノ

kazu #v0pgKixI | URL | 2016/07/11 19:45 * edit *

yutkunさん、こんばんは~

ブログの更新がなかったので、きっと激務なんだろうなぁ~と思っていました。仕事で徹夜って・・・。私は、昔に仕事で徹夜したことがありましたが、もう本当にシンドイですよね。いまや釣りで貫徹っぽいことをしたら、向こう1週間くらい、吐き気がして気持ち悪いです。

マヒマヒですか~。もしかして手竿?・・・じゃないですよね~(笑)

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/07/11 21:55 * edit *

kazuさん、こんばんはっ。

 最近はチニングの調子が悪いとカサゴに癒される方向にすぐ流れています・・・。ここのポイントは、ごつい岩がゴロゴロとあって、トレースラインを間違うと、すぐに根掛かりしちゃいますので、普段の生活ではありえないぐらいに集中していますよっ。
 そろそろ神戸でもカサゴが調子のイイ時期になるので、週末に戻った時に攻めてみようかと思います。こちらはマンメイドストラクチャー絡みなのですが、根掛かりが少なくて快適です。

シンゾーベイトですか!また試してみます!

donfan #mQop/nM. | URL | 2016/07/11 22:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/303-793f00e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)