09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山紀北メバリング釣行 ~パターン不成立~ 


 昨日に引き続き、もうこうなったら意地でもあるしヤケクソでもある。午後6時前に和歌山下津のポイントに到着。陽が随分と傾いているが、まだその威力は凛としていて、じりじりと肌が焦げる。吹き抜ける南からの風が救いであり、夕涼みには丁度良く、意を決して早々に釣りに来たことに充実感を覚える。今日は中潮で、午後8時半の満潮に向けて、グイグイと潮があげている。海中を覗き込むと、偏光グラス越しに数千匹、数万匹単位の小魚の群れが回遊している。これほどまでにベイトが居たのでは、むしろ釣れないのではと、一抹の不安がよぎるが、まずはカサゴを重ね釣りして、心を癒す作戦に出る。ジグヘッドリグを投じる。


01-P7220117.jpg
 夕涼みには最適の風ではあるが、ライトリグには完全に敵である。海面も乱れていて、ボトムに転がる捨石の位置を確認が出来ずトレースラインが定まらず、そればかりかPEラインが風に煽られてしまい、狙いのコースにジグヘッドを通すことが出来ず、根掛かり頻発である。かなりの時間を要して、ようやくカサゴの顎を捉えることに成功するも、後が全然続かない。何故だ。


02P7180097.jpg
 風対策として、少し前に釣具店で格安で購入しておいたメタルジグを投入することに。出来ればこれでボトムを捉えて、柔らかいリフト&フォールで根魚を狙い撃ちしたいところであるが、どうやら根魚達はお留守らしく一向に反応がない。護岸沿いに落とし込んで、所謂、岸ジギなることを試すと、カマスが何度か反応を示すも、これまたフッキングに至らず。この段階で、かなり焦りを感じ、心穏やかでは無いが、最後の切り札、夕暮れの時合に一縷の望みを託してロッドを振り続ける。


03-P7220120.jpg
 中層狙いに変えて2投目。メタルジグがフォールしている時に、クンッとバイト。軽く、素早く手首を返してフッキング。先ほどまでは風で煽られて、本当にだらしがなかったPEラインが、一直線に凛々しく張り詰めている。重量感はあるが、スピード感は無い。付け加えるとロッドを叩くような鋭い躍動感も無い。ドラグが時折唸り、ラインが引き出される。青い海に白い魚体が翻る。まさかの魚である。時間をかけて、消波ブロック地帯まで移動して、消波ブロックを慎重に伝いながら海面近くまで下り、ようやくにしてランディング。魚の種類が違えば、狙いの魚であれば、喜びひとしおであるがボラ殿である。しかし、この渋い状況で、ロッドを大きく曲げて楽しませてもらったので感謝の気持ちで素早くリリース。


04-P7220121.jpg
 風が少し涼しくなってきている。相変わらず風に悩まされながら、ジグヘッドを投じて、ロッドの角度を保ったままにカーブフォールでボトムを捉え、そしてジワリとジグヘッドを操作するつもりが、風で一気に動かされてしまう。バイトも分かりずらく苦戦が続く。ようやくにしてバイトを捉えることに成功する。


05-P7220122.jpg
 時合の威力が発揮される時間帯に突入している。連続でカサゴが反応する。


06-P7220123.jpg
 さらに追加。これから爆釣が始まるかと思い気や、何故か突然パタリと反応がなくなってしまう。傾向が全く掴めないままに時間が過ぎる。


07-P7220125.jpg
 午後7時30分、日没後の最後のチャンスに望みを託し、ワインドで太刀魚狙いに転じるも、太刀魚の反応も無く、敢え無く、午後8時過ぎに納竿とした。更に涼しくなった風が、相変わらず吹いている。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年7月22日(金)午後6時~午後8時
 潮回り:中潮、上げ止まり前まで
 天気:晴れ
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計5匹(カサゴ4匹、ボラ1匹)(全てリリース)

■使用タックル
(1)ジグヘッド用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン6lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・Maria ママワーム シラウオ2.0inch、Glow
 ・Gulp SW Baby Sardine 2inch, PW
(2)ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g、2.0g
(3)メタルジグ
 ・ima 市松5g

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
08-20160722.png

スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山紀北チニング釣行 ~ビビビ・・・っなバイトを捉えよ~  |  和歌山紀北チニング釣行 ~微細なバイトの正体は~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/312-1125f94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)