08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山中華そば探訪(19) ~丸京(〇京)中華そば~ 


01-P7240157.jpg
 今日のランチはこちら。和歌山城の北側の地元では有名なブラクリ横丁の近くにある。街中で駐車場を探すのに苦労するかと思いきや、最寄りに複数のコインパーキングがあり、素早くお店に到達(この界隈の料金は、昼間は30分100円が相場の様子)。店の構えは、オシャレな方向を目指しておられるのか、随分と無機質な印象。

丸京(〇京)中華そば
 住所:和歌山県和歌山市雑賀町120
 電話:073-423-5754
 営業:11:00~14:00、16:00~21:00
 休み:木曜日

02-P7240144.jpg
 開店11時ジャストに入店。店の内装も同じくサッパリとしている。ここのお店でも、冷水は自ら冷水器で入れて、なおかつ蓮華も自ら取りに行くことになっている。


03-P7240146.jpg
 メニューはお決まりでシンプルな構成。


04-P7240148.jpg
 「チャーシューメン」800円也。チャーシューメンの醍醐味ここに有りの光景。麺どころか器をも覆い尽くす叉焼。味はもちろんのこと、心躍る見た目も重要であります。さて、まずはレンゲでスープを掬って啜る。柔らかい豚骨の香りが漂い、ジワリと舌に染み渡り、そして輪郭がくっきりとした醤油が広がり、嚥下すればスープの余韻が適度に残る。少し豚骨が弱い気がするが、和歌山中華そばの王道といったところか。


05-P7240151.jpg
 お次は麺。中太でストレート。割箸で摘まみ上げて啜ると、やや硬めの茹で加減で、それも相まってしっかりと腰があり、噛み締めると歯応えが続く。スープとも適度に絡む。


06-P7240152.jpg
 お待ちかねの叉焼。スライスは薄めであるが、口に運んで噛みしめると、控えめな塩分ながら赤身と脂身が混然一体となって、ジュワリと脂が広がり豚肉の旨味を存分に楽しむことが出来る。薄くて脂身が上品なこともあり、これなら胸焼け無用である。叉焼をスープに浸けてしまうと、叉焼の味が分からなくなってしまうので、是非とも割箸で持ち上げてそのまま口に放り込んで頂きたい。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:丸京(〇京)中華そば

「チャーシューメン」
 ◇お値段:800円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、蒲鉾
 ◇麺:中太、ストレート
 ◇スープ:豚骨醤油
 ◇叉焼:薄い豚バラ叉焼が丼一面に
 ◇満足度:★★★☆☆
 ◇その他:
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 神戸・明石間メバリング釣行 ~ボトムフワフワ浮遊釣法~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~風に負けず、答えを導き出せ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/315-d91be4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)