03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

和歌山中華そば探訪(20) ~味 中華そば~ 


01-P8060271.jpg
 本日のランチはこちら。前回に引き続き、和歌山市内の繁華街であるブラクリ横丁近くにある昔ながらの中華そば店。近くにコインパーキングが複数あるので、車で乗り付ける場合も安心。お値段は良心的で、最安値で45分100円也。夏も盛りで汗だくの毎日であり、遂に食欲がなくなり、ラーメンを食べる気力をも喪失するのではないかと真面目に心配をしていたが、無用である。夏は夏で、塩分と脂分を含んだラーメンを身体が欲するのであります。

味 中華そば
 住所:和歌山県和歌山市元寺町1-63
 電話:073-423-2646
 営業:11:00~翌05:00
 休み:無休

02-P8060273.jpg
 開店時刻である11時過ぎに入ると、まだ他に客はおらず。お店の方々のテンションが著しく低いので、こちらも併せて低くなってしまうが、もしや営業時間が午前5時までなので、故に皆さん疲弊されているのではないかと、勝手に心配をしてしまうのである。程なくして、次々にお客さんが暖簾をくぐり、にわかに客サイドが活況を呈しているが、依然としてお店サイドはテンション低めである。こちらの店内では喫煙可能なので、遠慮なく煙草をふかす人もいて、食事の前から気分が悪い。


03-P8060274.jpg
 麺の増量は150円、叉焼増しは200円、ネギ増しは100円。いずれも税抜き。


04-P8060277.jpg
 「チャーシューメン」810円也。正統派の和歌山中華そばの構えである。まずはスープを啜る。スープの温度はそれほど高くなく、どちらかと言えばぬるい。角が取れた柔らかい豚骨の味がふわりと漂い、塩分はやや効いているものの、醤油の存在感はあまりない。和歌山中華そばの平均的な味より、やや薄い印象であります。


05-P8060278.jpg
 麺は細めのストレート。割箸で麺を摘まみ上げて、そして口に運んで啜ると、やや硬めに茹でられていて、スープと具合よく絡んでは、つるつると気持ちよく滑り込んでくる。麺の味がしっかりとしていて、噛み締めれば美味さ倍増である。もう少し、麺もスープも温度が高ければ良いのになぁ。


06-P8060282.jpg
 お次は叉焼。脂身と赤身の比率が4:6程度のバランス。細長くて小ぶりな叉焼なので、一気に口に放り込んで噛み締めれば、塩分がしっかりと効いていて、豚肉らしい味がジュワリと広がり、美味さに溢れている。枚数は5枚で少し物足りないのが残念。脇役のメンマは、やや柔らかく味がしっかりとしている。スープの味がマイルドなのは、叉焼やメンマなどの味が濃いからだろうか。


ラーメン探訪備忘録
--------------------------------------------------------------------------------
店名:味 中華そば

「チャーシューメン」
 ◇お値段:810円
 ◇トッピング:叉焼、メンマ、青葱、鳴門巻き
 ◇麺:細麺ストレート
 ◇スープ:ふんわり豚骨醤油
 ◇叉焼:細長の豚バラ叉焼5枚
 ◇満足度:★★☆☆☆
 ◇その他:喫煙可能なので困る
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

[edit]

« 和歌山エギング釣行 ~予期せぬ大物~  |  和歌山紀北メバリング釣行 ~風を攻略し、狙いのトレースラインを攻めよ~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/319-ff29569f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)