08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

和歌山紀北メバリング釣行 ~アオリイカ&カサゴ欲張り釣り~ 


01-P8070035.jpg
 朝顔が咲き、蝉時雨が降り注ぎ、高校野球が始まり、いよいよ夏本番といったところ。陽が昇り、気温がぐんぐん上昇し、昼過ぎには体温を越える気温37度。この暑さで釣りに出かけるのは無謀だなと思いつつ、行くか行くまいか悩みつつ、結局、午後4時過ぎにポイントに向けて出発する。早速の試練、国道に掲げられた交通情報によると渋滞の文字。高速道路で事故があったらしく、一部区間が通行止めになり、結果、高速道路から追い出された車が国道に溢れている。一昨日の釣行の際にも事故渋滞にはまり、またしてもの渋滞で、本当にうんざりする。普段なら40分ほどでポイントに到着するところ、2倍の時間を要してようやく到着。


02-P8080100.jpg
 午後5時40分から釣りを開始。すでに潮が上げており、時合を逃している可能性がある。まずは、カサゴの反応を確認すべく、ジグヘッドを投じる。微風が吹いているが、強烈な陽射しが降り注ぐもとでは、その効果も虚しく、汗がダラダラと流れ落ちる。2投目。ジグヘッドを投じてから、ロッドを立てて緩やかにジグヘッドを着底させ、ロッドの操作でボトム付近の起伏を舐めるようにトレースする。海水の透明度が高く、白いワームの動きが良く分かる。岩の隙間にワームが落ちた瞬間に、ラインがピンっと張りつめてバイト。潜られないように一気にラインを張って、ラインを巻き取ってランディング。まずはカサゴ。カサゴの反応を確認することが出来たので、素早くアオリイカの確認に移る。


03-P8080101.jpg
 水深があるポイント。餌木を風に乗せて遠投した後に、30秒ほどかけてじっくりと沈める。縦のシャクリで、深場から一気に餌木を跳躍させて、アオリイカに餌木の存在を明らかにする作戦。縦のシャクリ、フォーリング、縦のシャクリ、フォーリング・・・、その後はトゥイッチングで表層をトレースする。偏光グラス越しに数杯のアオリイカを確認する。一旦、餌木を引き上げてから、数杯の餌木の近くにピッチングで柔らかく落とす。少し沈めてからワントゥイッチ。乗った。


04-P8080103.jpg
 別のトレースライン。深場から丁寧に寄せると、アオリイカが餌木を追尾する姿を確認できる。サイズが異なるアオリイカが数杯集まると、まずは小型から反応するため、小型が餌木に食腕を伸ばした時は、フッキングを入れず、良型に狙いを絞るが、アオリイカが数杯集まると、より競争心が露わになって、結果、小型が先に乗ってしまう。良型を選んで釣ることが、今後の課題になりそうだ。


05-P8080105.jpg
 出来れば深場から良型を浮上させて、2度目から3度目のフォーリングで勝負をかけたいところであるが、今回は、なかなか深場からの立ち上がりでアオリイカを掛けることが出来ず、止む無く、手前まで寄せてからサイトで小型を仕留めることに。トレースラインを変えて、更に4杯を追加して、アオリイカの反応を十分に確認して、カサゴ釣りに戻る。


06-P8080106.jpg
 釣りを開始して、既に1時間が経過している。残り1時間をカサゴ釣りに充てる。一気にまとめ釣りをするべく、実績ポイントにピンポイントでジグヘッドを軽くキャストしてからカーブフォールで緩やかに落とし込む。過去の経験から、完璧なトレースラインにジグヘッドを送り込んでいるにも拘わらず明確な反応がない。海水の透明度が高すぎるのか、時合が過ぎているのか、魚がいないのか。何とか粘って1匹。これに続いて、更に小型を2匹追加。


07-P8080107.jpg
 いつしか日が短くなっていて、午後7時半を過ぎると、一気に夜の気配が増してくる。幾分、風が涼しくなったものの、まめに水分補給をしないと喉がカラカラに乾く。風でPEラインがたわみ、ラインメンディングが甘く、貴重なバイトへの反応が遅れてしまい、一気に岩陰に入られてしまい無念のバラシ。その後、何とか1匹を追加したものの、状況は好転せず、最後にアオリイカを軽く確認して納竿。なかなか思い通りにはいかないものであります。


■釣行データ
 釣行時間:平成28年8月8日(月)午後5時40分~午後8時00分
 潮回り:中潮、上げ
 天気:曇り、気温:37度
 ポイント:和歌山下津
 釣果:計12匹(カサゴ5匹、アオリイカ7杯)(全てリリース)

08-P8080110.jpg


■使用タックル
(1)ジグヘッド用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-710ULS
 Reel: Shimano Complex CI4 F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs
(2)エギング用
 Rod: Valleyhill Exquiver EQS-81LT
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500S
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン5lbs

■使用ルアー、リグ
(1)ワーム
 ・ダイワ ビームスティック2.2インチ、パールホワイト
(2)ジグヘッド
 ・カルティバ メバル弾丸・ジグヘッド1.5g、2.0g
(3)餌木
 ・YO-ZURI、アオリーQ大分型布巻 2.0号(6.0g)

■潮汐
出典:Tide736.net(http://tide736.net/
09-20160808.png
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 和歌山エギング釣行 ~ポイント開拓のため炎天下の調査~  |  和歌山中華そば探訪(21) ~しま彰~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/323-291243fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)